ここから本文です
山の日のひとり言
馬返しコースのチングルマ満開です!

書庫全体表示

 毛無森には過去2度登頂しています。
 沢からと残雪期に鶏頭山から登っています。
 正直なところ、今回の山行は、この山行にインスピレーションを得て企画しました。
 半分下見を兼ねての入山だったので、登頂できればラッキー!ぐらいの気持ちでしたが、やっぱり敗退は悔しいですね。
 なんとか今シーズン中にリベンジできればと思います。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


 道の駅はやちねに集合して、車1台で入山目標地点を目指します。
 この時期の除雪状況がわからなかったので、道路の除雪状況を確認しながら進むと、目標にしていた道路が除雪されていました。
 そこを登っていくと1件の民家があり、そこで除雪が終わっていました。
 最終除雪地点い車を停め山支度をしていると、民家の旦那さんがやってきたので、挨拶をして車を置かせてもらいたい旨お願いしました。
 毛無森に行くと話したら、以前にもここから入山した方がいたようで、途中で断念して戻った人がいると聞かされました。
 行けるところまで行って帰ります!と全員山スキーで出発です。

 地図にはない作業道を快適に登って行きましたが、あえなく途中で道がなくなりました。
 このまま尾根に取りつくしかないとスキーのまま登っていきますが、微妙な雪の量と結構な斜度ににっちもさっちもいきません。
 ここでスキーを諦め、スノーシューに履き替えます。
 急登をジクザクに登り、斜度が落ち着いたところでスキーに履き替えます。
 ここからしばらくは快適な尾根歩きが続きます。

 しばらく登ると辺りはカラマツ林になり、作業道を横断してカラマツ林を抜けるとニセ鶏頭を望む展望地に出ました。
 展望地の上は自然林となり、小休止のあと少し狭い尾根をどんどん登っていきます。
 ラッセルを交代しながら登りますが、スキーで踏んでも全然締まらない雪に大苦戦です。

 しばらく登ると急登の雪壁に突き当たりました。
 どう登ろうか考えながら、とにかく斜面に取りつきます。
 ここの雪が一番厄介でした。
 何と表現したらいいのか難しいのですが、決してパウダーではありません。
 雪の密度は高いのでスキーが雪に刺さると思うように抜けなくなります。
 かといって、雪を踏んでも踏みごたえがなく、どんどん崩れていきます。
 密度が高くて乾いた雪!って感じでしょうか。

 この急登を何とか登り切ると、鶏頭山とニセ鶏頭を望む展望地に出ました。
 この先の尾根は狭く雪庇が張り出しています。
 結局、今日の行動はここまでとし展望を楽しんだのち、急登の雪壁の下まで戻ることにしました。
 出だしはスキーで下り始めたのですが、どうにもうまく滑られずにスノーシューに履き替えました。
 これで快適に真っ直ぐ下れると思ったら、すぐに腰まで埋もれてしまい、なかなか前に進みません。
 とにかく雪に埋もれては這い出して、なんとか雪壁の下までたどり着きました。

 大休止後、再び下山開始です。
 狭い尾根もスキーでは無理とスノーシューで下ります。
 時折腰まで埋もれたりもしましたが、比較的順調にカラマツ林まで下りました。

 ここでスキーに履き替えますが、登った通りに下ればスノーシューに履き替えた急登が待っているので、林道沿いに下って途中から沢沿いに下ることにしました。
 林道をいい感じで下り、途中から沢筋に入り、スギ林に突入します。
 初めはブッシュもなく快適に下れたのですが、途中からブッシュが酷くなり、ちょっと苦労して、今朝の作業道に戻ることができました。
 ここから車まではあっという間です。
 無事下山し、道の駅はやちねに立ち寄ります。
 後片付けをしながら、ほかにいい登山ルートがないか地図とGPSをにらめっこしながら作戦会議です。
 ひとつ閃いたルートがあったので、帰りにそこに至る道路の除雪状況を確認してから帰路につきました。笑

 すべての写真とルート図はヤマレコで!

  • 顔アイコン

    スキーやスノーシューを履きわけて、、、それも腰までの雪。

    私だったら泣きたくなってしまいますし、、、
    それ以前に歩きませんね(^^ゞ
    皆さん凄い!新たなルートも見つかったのでしょう、、頑張って!!

    [ nadeshikokobuta ]

    2013/1/29(火) 午前 6:11

  • 顔アイコン

    ps:毛無森って鶏頭山からの夏道はないのでしょうか?踏み跡っぽいのが見受けられたのですが。。。

    [ nadeshikokobuta ]

    2013/1/29(火) 午前 6:13

  • 顔アイコン

    酔いどれです。毛無森、お疲れ様でした♪今年は雪が多いですね〜!私は2011年4月上旬に七折の滝手前の尾根より取り付き毛無森の山頂に登りました。春なら問題ないかと…。その時の記録は以下の通りです。http://mugen3.com/sizennotobira95.html

    [ oga**a2 ]

    2013/1/29(火) 午前 9:19

  • nadesikoさん>
    毛無森に至る夏道はないので、当然、鶏頭山からの道もありません。
    だからこそ出かけたくなるんですよね。笑
    今回かなり苦労したので、もう少し雪が締まってからリベンジします。
    新たなルートは「当たり」だといいな!

    タラ

    2013/1/29(火) 午後 0:20

  • 酔いどれ師匠>
    師匠の記録を再確認しました。
    見覚えがある雪壁や雪屁の尾根の写真がありました。

    毛無森には、スキーで登って、スキーで下りたいと考えていました。
    今回の尾根は無理そうなので、別の尾根でリベンジしたいと思います。

    タラ

    2013/1/29(火) 午後 0:35

  • おはようございます♪♪
    コメントが遅くなりました(>_<)
    鶏頭山の頂上に立ったときに、道が続いているように見えるのが毛無森ですよね。
    毛無森は不思議と惹かれますが、私は登山道がないと行けません。
    やっぱり雪は深かったんですね。
    またチャレンジしてください(*^^*)

    *チェリリン*

    2013/2/4(月) 午前 8:38

  • チェリリンさん>
    こんばんは。
    コメントに早いも遅いもないので、気にしないでくださいね。

    鶏頭山から北西に望める山が毛無森です。
    毛無森の山頂付近には木がないので、雪がある時期だと真っ白になります。
    すぐそこなので、夏道を拓いて欲しいところです。
    リベンジがんばります!

    タラ

    2013/2/4(月) 午後 6:23

  • 毛無森は目視で終わった過去です。
    ズーット沢沿いを苦悩しつつ独り5時間ラッセルしながら
    暗闇を前進した事を思い出します。

    今は。そんな体力はない現在デスw

    れんれん

    2013/2/4(月) 午後 7:29

  • れんれんさん>
    暗闇を5時間ラッセル!?
    それはがんばったねえ〜。
    体力は焦らず時間をかけて戻しましょう!

    タラ

    2013/2/4(月) 午後 7:51

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事