ここから本文です

閉店ガラガラ…

この記事でYahooブログは終了し、後は、
年末に消えるのを待つだけですね…(笑)。

2018/06/25の開設ですから、
1年と2ヶ月ちょっとになりますかね…。

最初は人が来てくれなくて、
どうしようかと思ったこのブログも、
皆様のご協力で、来訪者1万名越えの、
”そこそこブログ”になりました…(笑)。

ひねくれ者の老人の戯言を、
ご愛顧頂き感謝しております…。

まあ、場所を変えて同じ事を続けるので、
感慨に耽る必要は無いのですが…(笑)

と、言う事で、お引っ越し先のURLを載せて、
ご挨拶代わりにしたいと思います。

新しいブログは以下の3つとなります。

メインブログ:FC2ブログ
https://noarihito.blog.fc2.com/

サブブログ:アメーバーブログ
https://ameblo.jp/yamanoue-093

倉庫:ライブドアブログ
http://yamanoue.blog.jp/

記事は同じ物のコピーなので、
どのブログでも同じだと思います。
お好きなものを選んで下さい。

皆様、どうも有り難う御座いました。

イメージ 1

にほんブログ村に参加しています。
このバナーは新ブログ(FC2)のものです。

9月2日午前8時になっても変化無し。
昨日(日曜)はお休みにした様です…(笑)。

Yahooブログに書く記事は、
事実上これで最後になるので、
お役立ち情報の方が良いかと思い、
SEO対策の話にしますね。

何度か書いているのですが、
古いブログを残すと、重複する記事の、
検索で苦労する事になります。

検索では、出来るだけ同じ内容のものは、
一つにまとめて表示した方が、
見る人にとって探し易い状況なので、
出来るだけまとめようとします。

例えば私は現在4つのブログを所有し、
それぞれに記事を書いていますが、
エゴサーチの検索結果で出て来るのは、
このブログ(Yahoo)1つだけです。

まあ、この現象を知っているので、
アメブロさんとライブドアさんは、
自分の所にブログが有ると言う事を、
記事にしてくれているので、
その分は表示されていますが…。

記事では、どのブログやHPに、
存在るかに関係なく、
その内容が同じだと判断されると、
書かれたのが最も古い記事か、
最も読まれた記事にまとめて、
他は表示しない様にしています。

最も古いものがオリジナルだと、
判断するのが基本なので、
こうなっているのでしょうね…。

私の最近の記事を検索してみると、
アメブロさんと、Yahooの記事は、
表示されましたが、FC2さんと、
ライブドアさんの記事は表示されず、
代わりに検索ワードに近い記事が、
載っているという現象でした。

後者の2社はおそらく、
検索ワードの記入(入力)ミスに、
対応するための配慮だと思われます。

アメブロさんの方が上位でしたが、
これはアメブロさんの記事エディタが、
エディタを開いた時点の時間を、
登録時間に書き込む仕様なので、
同時に投稿したつもりでしたが、
アメブロさんの方が早く投稿した事に、
なってしまった結果だと思われます。

と”ウダウダ”書いて見ましたが、
要するに古くて実績の在るブログを、
残して置くと、その影に隠れて、
検索出来なくなる可能性が有ると、
言う事なのです…。

良く見られた、「ハンドルネームも、
ブログタイトルも同じだから、
検索して下さい。」は、例えばFC2だと、
Yahooブログの影に隠れてしまうので、
とても危険な選択となります。
(URLでのお知らせをお薦めしました。)

私の場合はホームページとの絡みで、
ブログを残して置く必要が有るのですが、
ブログをベースにしている方は、
不要な古いブログは、早く消す方が、
断然お得になります…。

リダイレクト(自動転送)は、
ブログを残していないと出来ないので、
消去をためらう方も多いと思いますが、
検索を重要視されるなら、
諦めてもらうしか無いと思います。

それに、Yahooの記事を、外部検索で、
見付けてジャンプすると、自動的に、
新ブログのトップページに飛んでしまい、
目的の記事に辿り着けない場合があり、
”だましリンク”みたいになると、
嘆いていた方もいらっしゃいました(笑)。
(この現象には気付きませんでした。)

一定の周知期間は必要でしょうが、
早めに古いブログを消して、
新しいブログに切り替えた方が、
結局はお得なのではないでしょうか。

まあ、何を重視するのかは、
個人の自由なのですが、
古いブログが存在する期間は、
新しいブログの検索にとって、
悪い影響を与える事だけは、
知っておいて下さい。

イメージ 1

にほんブログ村に参加しています。
このバナーは新ブログ(FC2)のものです。

「(日本では)幽霊に足が無いのは何故」の、
チコちゃんの回答は、
「売れっ子画家が足のない幽霊を描いたから」
だった様です。

江戸時代中期の売れっ子画家である、
”円山応拳”が初めて”足のない幽霊”を、
描いた人物として紹介された様ですね。

「1人の画家が書いた絵によって、
後世に大きく影響を与えたようだ。」と、
まとめた様です。

実は私も去年の7月3日に、
「幽霊に足が無い理由」と言う記事を、
書いています。

 【参考資料】 「幽霊に足が無い理由」

”円山応拳”説は、オカルト好きには、
定番と言える有力な説なので、
絵画系にも興味を持っている人として、
その無理難題さに焦点を当てて、
ちょこっと書いてみた記事ですね。
(詳細な説明はしていません。)

この記事の10日後に書いた記事に、
書いたのですが、幽霊は昼夜問わず、
普通の人間と同じ姿で現れるそうです。
(幽霊目撃者のアンケートの結果。)

もちろん見える人にはですが…(笑)。
見える人と見えない人が居るから、
幽霊な訳ですよね。

従って、それが幽霊だと解る絵を書く事は、
実際には不可能なのです…。

お説教で使うお坊さん達に、
それを「何とかしろ」と丸投げされた、
絵師がたいそう苦労した事は、
想像に難くないと思います…。

今で言うゾンビ(生きている死体)を、
幽霊として描いていたのですが、
”円山応拳”が下半身が半透明の、
幽霊を発明(?)したので、
モンスター(怪物)との差別化が、
初めて出来る様になり、
その手法が広まったと考えるのが、
妥当な様です…。

ここら辺までちゃんと書いていれば、
”チコちゃんに圧勝”と書けたかも(笑)。

まあ、どちらにせよ、放送を見逃したので、
何とも言えない所ではありますが…(笑)。

イメージ 1

にほんブログ村に参加しています。
このバナーは新ブログ(FC2)のものです。

今回の障害の公式コメントが出た様ですが、
完全に修復できてはいない様です…。

Yahooの最後っ屁?

いや、驚きました、最後の最後に、
これだけハッキリした障害を起こすとは。
流石ですねヤフーさん…(笑)。

私が気付いたのは3時ごろなので、
1時間半近くの全面停止となりました。

皆様の所は如何でしたでしょうか。

一応、念の為にお知らせしておきます。

おそらく、まだ公式アナウンス等は、
出ていないと思います。

イメージ 1

にほんブログ村に参加しています。
このバナーは新ブログ(FC2)のものです。

結局今日も2記事になって…(笑)。

NHKのチェックが厳しくなったのか、
YouTubeの投稿制限が変わったのか、
あるいは両方なのか判りませんが、
チコちゃんが投稿されない様です。

仕方ないので、記事にしてくれる、
”SIRABEE”さんの内容で、
推測して書くしか無さそうですね…(汗)。

観ていないので、順番は判りませんが、
「鳥が卵を温める理由」と、
「パラリンピックのパラって何」と、
「幽霊に足が無い理由」の3本立てで、
放送された様です。

今回は気になっていた「幽霊…」の、
話以外を処理しておきましょう…。

「鳥が卵を温める理由」の、
チコちゃんの回答は、
「体が冷えて気持ちいいから」でした。

鳥は、「卵が温まると孵化する」と言う、
事実を知らないと説明した様です。

おそらく専門家の先生の解説は、
以下の様なものの様です。

鳥は繁殖期になると胸〜おなかの羽毛が抜け落ち、
抱卵斑という場所が生まれる。
抱卵斑の部分と卵が触れ合うことによって、
卵が温まって成長が進む仕組みになっている。
親鳥が「卵が温まると孵化する」事実を認識していなくても、
ひんやりして気持ちいいから卵の上に乗っかる。
こうした動きを体にプログラムされた仕組みであると説明した。

さて、反論しましょうかね…。
先ずどうやって、
「卵を温めると孵化する」と言う事実を、
鳥が知らないと調べたのでしょうか。

生存に必要な情報は、そのメカニズムは、
解っていませんが、誕生時には持っていて、
学習しなくても良い様になっていますよね。
(基本的に彼らが”本能”と呼ぶものです。)

更に動物も学習する能力が有るのですから、
子育てと同じ様に学習している可能性は、
高いと考える方が自然ではないでしょうか。

「鳥はバカだから何も考えない」と言う、
偏見が元になっている様で、
気分の悪い回答ですよね…(怒)。

まあ、卵なら直に温まりますし、
その温度をキープしなければ、
雛は産まれないのですから、
”ひんやり”しているからでは、
抱き続ける意味が解りませんが、
まあ、その程度の人なのでしょうね。

鳥が自分の卵を特別視しているのは、
何度も確認されている事実でしょうに…。

この論法でいくと、人間の母親が、
赤ちゃんに授乳するのは、
「授乳しないと乳が張って痛いから」に、
なってしまいますが、
流石にこれを言ったら叩かれますよね。

流石に、この説はTYで紹介する様な、
レベルの説だとは思えなかったと言う、
老人のボヤキでした…(笑)。

「パラリンピックのパラって何」の、
チコちゃんの回答は、
「パラプレジア(下半身麻痺)のパラ」で、
元々は車椅子に乗った人だけが、
出場している大会の事でした。

前回の東京オリンピックで、
始めて共同開催され、中断の後、
ソウルオリンピック以降は、
共同開催が普通になっています。

差別用語の恐れがあるのと、
車椅子以外の人も参加するので、
現在は「パラレル(並行)」と、
意味も変わったとあります。

もちろん、その通りです。
取材ご苦労様です。
何も言う事はございません…(汗)。

流石に”石原さとみ”まで呼んでの、
オリンピック・パラリンピックの広報は、
ちゃんとしていますね…(笑)。

イメージ 1

にほんブログ村に参加しています。
このバナーは新ブログ(FC2)のものです。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事