寅とリリーの3ndライフ・札幌編

左欄アーカイブの【必見・桜の思い出】を是非ご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

鯨を食べて温泉巡り

イメージ 1

 捕鯨で有名な和歌山県の太地町を通った。寅達は、ご当地の名物は必ず食べようと決めていたので、昼食は鯨定食にした。寅の子どもの頃、牛肉は高価だった。学校給食で肉といえば鯨。甘辛く揚げてあって、みんな争っておかわりしたものだった。
 今日、我が国の捕鯨が制限され、鯨肉は高級品になってしまった。物は需給の関係で価格が決まる。
余談だが、この分でいくと、いずれイワシが獲れなくなった時、イワシ1匹が数千円という時代がくるかもしれない。すると大人は口々に「昔、ネコはイワシを跨いでいたんだよ。」と子どもに言う。そして、子ども達は「一生に一度でいいから、イワシをお腹一杯食べてみたい。」………と。
 さて、期待して鯨定食を食べてみた。しかし、刺身はあまり旨いとは思わなかった。桜(馬肉)のような感じで、途端に昔の給食の味が懐かしくなった。

 入湯だけの目的で、勝浦温泉「ホテル浦島」へ行った。ここは次男夫婦のお薦めのホテル。
勝浦には小さな岬や島が無数にある。「ホテル浦島」はその一つの岬の山全体をホテルにしている。
「ホテル浦島」へ行くには、カメの形をした渡し船の「浦島号」(無料)に乗らなければいけない。一日中ピストン運行しているので待たずに乗れる。船の中で大阪弁のオバチャン達が話していた。「お風呂は6つあるさかい、3つ入らんと元がとれへんで!」と。 どうも町の銭湯めぐりと間勘違いしているようだ。

 「ホテル浦島」は、岬全体に配置された「本館」「なぎさ館」「日昇館」「山上館」の4館からなっている。総収容人員は3200名の大きなホテルだ。この4館は、廊下やエスカレーターでつながれている。宿泊価格はリーズナブル。特にクリスマスには、朝食付きで大人一泊3000円というから、実に庶民的だ。館内のバイキング(2000円)が美味しくて大変お得とのこと。

 ホテルのフロントで1000円の日帰り入浴券を購入した。タオルと一緒に、館内の見取り図が渡された。裏には入湯ラリーのスタンプを押す欄があった。6つの大きな風呂が一日中入り放題。しかも3つ以上入ると、フロントで素敵な記念品が貰えるとのことだった。せっかくなので、寅は記念品を目指して6湯すべてに入ることにした。

 全館にクリスマスソングが流れている。「赤鼻のトナカイ」を聞きながら、寅はリズミカルに脱衣した。湯槽に音楽は聞こえてこない。実にゆったりした気持ちになる。
 ところで、一カ所の入湯時間が10分間とすると、全部で60分もお湯に浸かっていることになる。
広い館内の移動時間も考えると相当な時間となる。そこで、ひと風呂の入湯を5分間にした。

脱衣場に戻ると、またクリスマスソングが流れている。今度は「ジングルベル」だ。
・曲にあわせて、慌ただしく服を着る。
・曲にあわせて、慌ただしく次の風呂へ移動する。
・曲にあわせて、慌ただしく服を脱ぐ。
・5分間だけ湯槽に浸かり、静かな中で、しばしゆったりとした気持ちになる。
・曲にあわせて、慌ただしく服を着る。
・曲にあわせて、慌ただしく次の風呂へと移動する。…………これを6回繰り返した。 
 
 リリーは3つで脱落。さっさと土産物コーナーに行ってしまった。しかし、寅は男。一度決めたことはやりぬく。
でも、普通、温泉に入ると疲れがとれるはずなのに、寅はどんどん疲れていった。
 一番良かったのは「忘帰洞」という名の大きな洞窟を利用した露天風呂。目の前に海が見える。波音を聞きながら湯船に浸かる。その名の通り「帰ることを忘れる」ぐらいにすばらしい風呂だった。

 6つのスタンプを集めた寅は、ふらふらヨロヨロになって、やっとフロントにたどりついた。
フロント嬢に、誇らしげに入湯ラリーの紙を渡した。すると、フロ嬢は「お疲れ様」の言葉に添えて、記念品の小さな小さな入浴剤を一袋渡してくれた。これを見た寅は、更にどっと疲れが出た。

 さて、この勝浦温泉「ホテル浦島」は実に素晴らしいホテルだ。皆さんには、是非ご家族で行かれることをお勧めする。(ただし、お風呂は3つまで?)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私の小さい時も牛肉は高価でクジラ肉を食べていましたよ。。
それが今では高級(@_@;)なんだか得した気分です❤
6湯すべてに入ると決めたらやりぬく所は主人も同じ(>_<)
温泉に入り疲れて行く姿が想像できるからおかしい(^^ゞ
私は、きっとリリーさんと同じです(-"-)

2007/12/5(水) 午後 10:58 ショコラ 返信する

顔アイコン

【ショコラ】さんへ……ショコラさんのブログで、京都でのお着物姿を拝見しました。本当にお似合いです。さて、ショコラさんのリアルタイム旅日記はいいですね。一緒に旅している気持ちになります。ですから、アクセスがどんどん増えていますね。 大和の寅

2007/12/6(木) 午前 8:35 [ 寅とリリーの2ndラ・Part ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事