ここから本文です
いろいろな銘木や古材を紹介していきます

書庫全体表示

こんにちは、たかしです。

朝、顧問会計士さんが来られました。

そして来月4日、関西学院教授邸に棟梁と
建具屋さんと僕とで行ってきます。

その折に、紅タブ玉杢板ときょう木取りした
黒柿真黒の引き手を持って行きます。

イメージ 1

一番右が黒柿、真ん中と左が黒柿真黒の材です。
目方、艶が全然違います。まるで黒檀のように重いです。

この材で引き手をすれば硬さ、艶が申し分ないです。


そして2階の部屋から出て来た桑板の燻製。
時間を長く掛け過ぎて、裏面は一部おこげが
出来てしまいました。

イメージ 2

うずくりを掛けました。まるで黒神代のように
なってしまいました。           
小さな作品の置き台(花台)に案外面白いです。

長さ600x195x15  @3,000




           たかしのHP木のぬくもり「夢宇庵」  
      古物商許可証 大阪府公安委員会 №622031004256

           http://mu-an-taka.sunnyday.jp/



さて、きょうは「リグナムバイタの数珠」を紹介します。

イメージ 3

20年前に最後のリグナムバイタを商社から仕入れ、挽きました。

産地はメキシコ、これを最後にワシントン条約に指定され
輸出入がストップしたのです。


イメージ 4

白太もすごい脂があるので、箸に作り使用しています。

この材は消費国でそれぞれ異なった呼び名が付けられています。
日本では癒瘡木(ユソウボク)、又は「生命の木」とも呼ばれます。

このリグナムバイタを数珠屋さんに一部販売、
そして店にも置くことにして、15組ほど作りました。

イメージ 5


リグナムバイタの数珠@8,000

現在は3組位しか残っていません。






何か質問がございましたら
コメントかメールをお願いします。


じゃあ、きょうはこの辺で。
次回をお楽しみに!!









本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事