女性自身

女性自身の記事に載せて頂きました。
美智子さまグルメ・・・

むべは、毎年皇室へ献上されています。
美智子さまが、ガーゼで絞られてむべの果実を飲まれているとお聞きしています。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

新発売「むべソーダ」

8月1日「むべソーダ」販売です。

鹿児島のタートルベイさんでむべのサイダー作っていただきました。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

毎日新聞に載せて戴いた記事です。

ツイッターで写メが投稿されていたようです。

有難い記事ですね。

この記事に

開く コメント(0)

近江神宮

近江神宮へむべの飴を納品に行きました。

お天気は曇り空・・・
イメージ 1

近江神宮に「むべ」を奥津島神社から献納されています。

御鎮座記念祭  11月7日
 1350年の往昔、天智天皇は、琵琶湖西岸・近江大津宮に遷都し、この都に即位されました。大津宮に近江令の施行、戸籍の編纂、時刻制度の開始、国立学校の創設など、国家の礎となる諸事業を展開されました。
明治以降、滋賀県下では天智天皇奉祀神社の創建運動が盛んになり、政府に請願書をたびたび提出の末、昭和13年5月、昭和天皇の御聴許により、近江神宮を創建、御社格を官幣大社に列せられる聖旨を賜るに到りました。御造営工事では全県下のべ71000名にのぼる勤労奉仕、3500本に及ぶ献木植樹をいただいて神苑は整い、昭和15年11月7日、勅使参向の下、御鎮座の祭儀が厳修されました。
近江神宮では毎年この日を記念して御鎮座記念祭が執り行われます。祭典では、天智天皇の往時の故事に因んで、近江八幡の大嶋奥津嶋神社宮司より「むべ」が献納され、続いて創美流華道家元による「献華式」、清和四條流家元による「包丁式」が大前に執り行われます。また、高松宮殿下のお言葉により、滋賀県内各神社を通じて頒布いただいている近江神宮神札頒布の頒布式が行われます。

この記事に

開く コメント(0)

大雪


「まるやま水郷巡り」の素敵な雪景色

イメージ 1

水郷の雪化粧はとってもきれいです。
イメージ 2

まるやま水郷巡り

夏はこんな感じ

イメージ 3



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事