全体表示

[ リスト ]


引き渡し直前の新築現場。

イメージ 1

キッチン対面カウンターの下に収納スペースを作ったようです。
扉は引き戸。
その引き戸が滑る鴨居を取り付けるのに、ビスで固定させたようです。

イメージ 2

おそらく、カウンターの上にはキズがつくのを防ぐ為に、
厳重に養生が施されていたのでしょう。
鴨居を取り付けたときには、
ビスが突き抜けていたことに気づかなかったくらいですから。

イメージ 3

鴨居を取り付ける業者さんは、
まさかビスが突き抜けているとは思っていなかったのでしょうね。
付けたビスが全て天板の表面まで突き抜けていたのにはびっくりしたと思います。

この度の依頼は、このビス穴を判らなくして欲しいというものです。
大まかな作業工程は、パテ埋め、着色、塗装です。
周囲に溶け込ませるように、
ひとつひとつのビス穴着色を行いますが、
塗装はビス穴付近だけで無く、カウンター天板上面全体に施します。

イメージ 4

こんな感じに仕上がりました。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

高窓からの西日が反射して、中央付近がわかりにくいですが、
そのあたりも、手前付近の状態と同じように上がりました。

カウンター取り替えも、監督は考えたようですが、
新しいカウンターが出来上がってくるのは、お客様の入居後。
壁をつぶしてキッチンを動かし、カウンターを取り付けた後、
キッチンを戻して壁を作りクロスを貼るという一連の作業を、
お客様の入居後に監督は遣りたくなかったのでしょう。
監督の気持ちは理解できます。


この度の仕上がりは、お客様も満足してくれたようです。
監督と鴨居を取り付けた業者さんからは、丁重なお礼の言葉を戴きました。

ウレタンハードコート仕上げです。
元のカウンターよりもキズがつきにくくなっていると思いますよ。


イメージ 6



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事