ここから本文です
無学のブログ
食べ歩き飲み歩き、そして交友録の徒然日記。上部画像は安曇野・中房川。記事に関係無い宣伝コメントは即刻削除!

書庫全体表示

記事検索
検索

全528ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 17
再掲・蒲田『鳥万』
蒲田西口・ドンキホーテの真裏

4月21日に初めて鳥万に来て、5月5日と
この日が5月12日で3回目の来訪でした。

イメージ 1
今日のサービス「すずきの刺身・200円」

入店して来た客が真っ先に「サービスちょうだい!」と叫ぶ。
この黄紙に表示されたものが「サービス」
毎日サービスのメニューは変わります。

イメージ 2
早速サービスを注文 すずきの刺身200円

イメージ 3
マグロのぶつ 380円

イメージ 5
串カツ 2本注文して180円だったかな。
1本は食べた後。

イメージ 4
ナポリタン 380円

〆で注文しました。
イメージ 6
この時はカウンターが空いていましたが
数分後客が入って来て あっという間に埋まって行きました。
張り紙に表示されているメニューも とてつもなく多い。

店員さんの接客は そっけなく愛想も無いですが、
それを補って余り有る『安い!うまい!雰囲気良し!』

だから つい来てしまう『鳥万』


この日も大満足!


美味しゅうございました。

西糀谷・中華『香蘭』

イメージ 2
自分のブログを調べたら昨年7月以来の来店でした。

イメージ 1
餃子 500円

イメージ 3
タンメン 630円

イメージ 4
半チャーハン
これ幾らだろう?1人前が680円なので
340円だろうか?

瓶ビール(大瓶)を注文したら720円に値上げになっていた。
蒲田の鳥万の大瓶ビールが490円なので鳥万が
如何に安いかが分かります。

ビールは ともかく餃子もタンメン、半チャーハンも
みな うまし!

昨年は随分この店に通っていました。

7月23日のブログでは全く同じメニューを注文していました。
また この店にちょいちょい来そうです。



美味しゅうございました。

イメージ 1
蒲田西口駅前 ドンキホーテの真裏になります。
 
イメージ 2
421日以来、昨日の来店でした。
4階まであります。
 
イメージ 3
おもての路上看板

イメージ 4
本日のサービス」青柳のヌタ
「本日のサービス」は何だか知らず注文しました。
200円と絶対に安く美味しいこと確実なので。
 
イメージ 5
鶏のから揚げ 420
これが抜群に旨い!
前回も頂きました。衣はカリカリ、実はふっくらと
柔らかく旨味充分です。
鳥万に来たら絶対に注文すべし!

イメージ 6
ピータン 320
トマト、豆腐、ネギも入っていました。
 
イメージ 7
揚げ茄子 320
 
この他に ちくわ揚げ300円を注文しました。
 
アルコースはビール(大瓶)490円を2本注文。
 
レシートを見たら消費税が加算されて
トータル 2,640円でした。
あれっと思ったのはテーブルチャージ料100円を
取られていました。
これだけ安くて美味ければ たった100円のチャージ料は
どうってことないです。
 
 
以前なら森下の『魚三酒場』が都内最強の居酒屋でした。
しかし、店員の接客が悪く看板メニューを押し売りに
回って来るので鬱陶しくなって
「最強居酒屋」のレッテルを外しました。
 
今や安い!美味い!居心地良し!の
最強居酒屋『鳥万』です。
 
 
 
美味しゅうございました。

昨日は西蒲田『インディアン』で昼食を食べようと
思っていましたが、念の為インディアンさんが発信している
ツィーターを確認したら、御主人が腰痛再発の為に
臨時休業すると呟いていました。
残念!
『インディアン』さんは娘さんが店を手伝うようになってから
ツィーターを発信するようになったので
臨時休業が分かるようになりました。

支那そば半カレーを食べたかったなぁー!と嘆息しながら
ではでは、糀谷のマルエツで弁当でも買いに行こうと、
自転車を飛ばす途中『中華そば さとう』の前を通ったら
暖簾が下がっていました。
イメージ 1
空港バス通り沿いに有る『中華そば さとう』
てっきり休みと思っていました。

2階には大家さんヨッチャンの布団が干している。
そのヨッチャンと私と『中華そば さとう』店主の さとうさんが
房総半島ドライブに行った時のレポートが
このブログカテゴリー下段の方に
『房総半島ドライブに行って来ました。』カテに
保存されているので興味のある方は御覧下さい。

さとうさんはサーファーで休業日の毎週月曜日には
房総半島で波乗りを やってます。
イメージ 2
メニューは中華そばとカレーライスだけ。

缶ビール2缶、おつまみチャーシュー、中華そばと
半カレーをチョイス。トータル 1,800円でした。
イメージ 3
おつまみチャーシュー 200円
中華そばの のせものもにもできますが
私は いつも おつまみで注文。ビールを飲むので。

メンマが さとうさんのサービス。

このメンマが またうまいんだわ。
蜂蜜で煮込んであるのでは?と推測するほど甘みが上品です。

勿論チャーシューも郡を抜いて旨いです。

美味しいので御土産で買いたいと所望する客がいるそうですが
お断りするそうです。
イメージ 4
来ました。中華そば(600円)。

黄金のスープですよ。初めに蓮華でスープを啜る事が
中華そばを頂くマナーでしょうね。
いつも のせもの卵を注文するのだが、この日は忘れてしまった。

イメージ 5
半カレー300円
インディアン』のように独特なカレーではありません。
昔よく食べた懐かしい一般的なカレーの味。
万民に好かれるカレーの味です。

『中華そば さとう』さんを紹介する度に書いています。
さとうさんは元々寿司職人でした。
ロスアンジェルスとオーストラリアで合計5年間
寿司の板前さんをやってました。

帰国してからは大衆一般に受けるには寿司より
ラーメンの方が適するだろうと『中華そば さとう』を
開店しました。

開店してからラーメンオタクのSNS発信で
あっという間に『中華そば さとう』の美味しさが
拡散し繁盛店になりました。


この日も大満足!



美味しゅうございました。

淺草・中華『味楽』

イメージ 1
淺草へ来ると洋食か寿司、和食が多いけど、
この日は中華でした。

店名テントはキタナトラン風。
美味しい事を予感させる。
汚くて まずければとっくに閉店しているだろうから
汚くて存続していれば絶対に美味しいだろう、という
幻想だね。

実際に美味しいかどうかは食べてみなければ分からない。

イメージ 2
カウンター

イメージ 3
ランチメニュー

イメージ 10
先ずはビール ナッツが付いてます。

イメージ 4
ランチメニューには餃子は無かったのですが
特別に作ってくれました。

イメージ 5
鶏肉ナッツ炒め

辛そうで辛くなかった。
イメージ 8
麻婆豆腐
相棒が注文。ここの食事も相棒の奢りです。

ありがたや!ありがたや!
イメージ 9
相棒が注文した麻婆豆腐定食。
定食なので御飯、ザーサイと卵スープ、これに
杏仁豆腐が付きました。
これで780円は安い!

イメージ 6
私は中華丼 880円
イカ、エビ、豚肉、きくらげ、小松菜、
皆おいしかった。
これにザーサイ、卵スープ、杏仁豆腐が付きました。

餃子、鶏肉ナッツ炒め、麻婆豆腐、中華丼と頂いて
化学調味料の味は感じられず、自然な旨味のように
感じました。

この『味楽』、イケマス!うまし!

次回、違うメニューを頂きたいです。
イメージ 7
淺草に日本人も外国人観光客も大挙押し寄せていますが、
いったい浅草の魅力って何なんだろう?と考えてしまう。

結局、多種多様なレストランと食堂が集まって
趣味嗜好で自由に選べる店が必ず有る、と言うのが
淺草の魅力なんだろうな。

全528ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事