ここから本文です
無学のブログ
食べ歩き飲み歩き、そして交友録の徒然日記。上部画像は安曇野・中房川。記事に関係無い宣伝コメントは即刻削除!

書庫信州・松本と諏訪

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
先日,帰京する時に乗った14時49分松本発スーパーあずさ22号

イメージ 2
2017年12月23日にデビューしたばかりのE353系車両でした。

イメージ 5
再掲・E353系車内
こちらは新宿7時発スーパーあずさ1号車内。
イメージ 3
スーパーあずさ22号と同じ車両でした。

イメージ 4
引っ掛けボタンを外すとテーブルになり
高さを調節出来ます。
食事が しやすかったです。パソコンを持ち歩く人は
操作しやすいと思う。

前座席下にはコンセントが有り、パソコンを接続出来たり、
携帯の充電ができます。

旧車両のE351系に比べると利便性は良くなり、
車内は綺麗だし揺れは少ないし非常に快適でした。

なんかグリーン席に座っている気分でした。


次から絶対スーパーあずさ だね。

イメージ 1
昨日の新宿7時発松本行き。

ホームに着いたのが2分前でした。焦る事よ。
20分位余裕を持って家を出たのだが
京浜急行線で人身事故が有り遅れてしまった。

自死を選ぶなら他人の迷惑を考えて
富士樹海くらいへ行ってくれ!と言いたくなります。

指定席券を持っていましたが自動券売機で買う時間が
なかったので自由席へ。

車内は満員でした。
満員なのに自分の席隣りに鞄を置いて座らせないように
している馬鹿者がいる。

「すいません、空いていますか?」と
丁寧な言葉使いで聞きましたが、本音を言えば、
「テメー、いい加減にしろよ!混んでいる時に
あけんかいっ!」と怒鳴りたいですよ。

座った前席でも隣りに鞄を置いて座らせないように
していた馬鹿女性がいた。
2つの席とも20代の人間でした。

先日の秩父行きの西武線帰路混んでいる時にでは
中年オヤジでした。

イメージ 2
車内では珈琲320円、日本酒260円。
酒飲んで眠るつもりが眠れなかった。

イメージ 3甲府城
新宿から甲府駅まで約1時間30分

イメージ 4
山なみ右側に微かに富士山が見える

イメージ 5
韮崎観音

イメージ 6う〜ん!何の山?

松本へは3,4分遅れの9時45分頃到着。

義弟に向いに来て貰い浅間温泉に向いました。

イメージ 1
浅間温泉『枇杷の湯』から
松本駅舎店・日本蕎麦『欂木野』に来ました。

イメージ 2
店内

イメージ 3
18時頃 まだ空いていました。

イメージ 4
生ビールを飲んだ後、地酒「佐久の花」を注文。

イメージ 5
お通し
なめこ下ろしと お浸し。
お浸しは菜の花かと思ったら そうではなく
野沢菜を茹でたもの。信州では良く使われるらしい。

580円の地酒注文で このお通しが付くのは有り難い。
お通し代が150円位取られていたのかな?

イメージ 6
天麩羅
ふきのとう、筍、アスパラ
ふきのとう は1個80円でした。苦みが旨し!

イメージ 7もりそば大盛
幾らだったろう?
私は御馳走になったので値段は不明。

松本では日本蕎麦の美味しい店が幾つも有ります
深志の「浅田」、筑摩の「信濃家」、中央の「源智のそば」、
浅間温泉の「アルプスそば」・・といったところか。
他にも美味しい日本蕎麦屋さんが有りますが、
最近はもっぱら この『欂木野』に来て
日本蕎麦を頂いています。
18時35分松本発の「スーパーあずさ」に乗る直前まで
『欂木野』で食事しています。

イメージ 8
帰る時、義弟の親戚の方が持たしてくれました。
煮物、キンピラ、お浸し。

イメージ 9
手作り五目御飯
鮭、ワカメ、胡麻だったかな?

イメージ 10これも手作り干し柿
歯応えが有って甘く滋味豊か。

イメージ 11
生チョコレートまで御土産に入っていました。

今回の松本行き、信州人の人情と もてなしに接し、
癒やされました。

皆さん どうも有り難う。

イメージ 1
昨日、新宿7時発松本行き「スーパーあずさ1号」に乗りました。
2時間位経った小淵沢の辺 雪が積もりだしている。

イメージ 2
4月に入ったと言うのに・・・・

イメージ 3
どうなっちゃってるの?

イメージ 4
雪は降る〜♪あなたは来ない〜♪

イメージ 5
通過駅「すずらんの里」

イメージ 6
これは岡谷の手前だったかな〜?

終点・松本駅に着いたら 物凄い雪になっている、と
予想していたら松本には雪はなく意外でした。

寒かった〜!この日1日。

久々の松本でした。

もう3カ月も松本へ行ってなかった。
イメージ 1
『はなまるうどん』の「塩豚温玉ぶっかけうどん」

義弟と姪っ子と3人で『はなまる うどん』松本筑摩店へ
昼食に行きました。

うどん自体はコシがあって美味しいと思うのだが、
出し汁がしょっぱ過ぎて 美味しいと思えない。
一瞬、塩加減を間違えているのではないか、と疑った位です。

一度、原宿の『はなまるうどん』で食べた事が有りますが
こんな しょっぱくはなかった。どうしたんだろう?

義弟もショッパイ!ショッパイ!と言いながら
お湯を足していた。

イメージ 2
昼食の後は温泉『ホットプラザ浅間』へ。
私のブログでも度々紹介しています。

イメージ 3
2階の休憩所
30分昼寝をしました。

イメージ 4
休憩所窓から南側を見る。
左上白壁の向う側に
日本蕎麦の美味しい『アルプスそば』が有りますが、
いつも水曜日休業で食べられない。
私が松本へ行くのが いつも水曜日なので。

イメージ 5
東側を見ると小さな山。
尾根伝いに登って行くと美ケ原高原へ至ります。

イメージ 6
「私達の街には松本山雅がある」フラッグ。
サッカークラブ「松本山雅」が昨季J2から
J1に良く昇格したと思う。
第1戦で強豪の「名古屋グランパス」と引き分けた。

熱狂的な松本山雅ファン。名古屋だろうが、
広島だろうが何処までも1万人弱がアウエー地へ
応援に行くそうだ。
アウエーの敵サッカークラブはチケットが売れて
大喜びだそうです。

イメージ 7
義弟の親類が手作り料理を持たせてくれました。
煮物、金目鯛の煮付け、もやしとキャベツのサラダ。
帰り電車の中で食べるつもりが ほぼ寝てしまって
昨日の昼食に頂きました。皆美味しかった。

イメージ 8
これも義弟親類が持たせてくれた。
純米吟醸十年古酒『大洋盛』

イメージ 9
「米」の字冠の左下の絵は杜氏が樽を掻き回している
イラストか?右イラストは砂時計ですね。
砂時計で長く十年寝かせた、
という事を表しているのでしょうね。

イメージ 10
十年寝かせているのでクリーム色に
なっているのかな、と思いましたが、
無色透明でした。
コクが有りながら淡麗にして
深い味わいを感じます。今まで飲んで日本酒の中で
最高峰だと思う。感激しました。極上の味です。

始めはハイボールで頂こうと思いましたが、
美味しい酒はストレートでチビリチビリやりました。


美味しゅうございました。

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事