ここから本文です
無限空間-Cafe
日毎のよもやま話

書庫全体表示

記事検索
検索

全134ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

快晴12℃無風 爽やかな空の下、元気に漕ぐ
ハンドルの握る部分にバーテープを二重に巻く
ドロップ⇒ブルホーンに交換した時、古いテープを再使用した余りを巻く
Brooksレザーテープなので手触りが良い(捨てるのが勿体ない)
手の平にピッタリでいい感じだ
イメージ 1
指で差している範囲が太い(左右共同じ位置)
イメージ 2

この記事に

快晴10℃微風 爽やかな気分で、今日も元気に漕ぐ
交換したブルホーン(牛の角)ハンドルは、実に快適で有る
ブレーキも瞬時に掛けられるので、安全性が格段に向上〜
スピードを出したくても出せないBikeに、
ドロップハンドルは、全くの不要品で有った! とさ
イメージ 1
バイクだと、セパハンは公道では全く不要!なのと同じ感覚
NSRに乗っている無限さんが言うのもなんですが(苦笑)

この記事に

快晴12℃微風 気持ち良いおてんきの下、元気に漕ぐ
佐藤A作さんも貰ったんだからね〜
イメージ 1

この記事に

曇天2℃弱風 寒〜い中、元気に漕ぐ
改良したシフターの操作が気持ち良い
イメージ 1
こんな形状のシフターに
イメージ 2
アルミ材を被せて形状/操作性を確認し、
イメージ 3
形状をざっと仕上げて完成!!
イメージ 4
親指も届く長さになり、違和感無く操作できる
イメージ 5

この記事に

快晴6℃無風 穏やかな日差しの下、元気に漕ぐ
ドロップハンドルから、ブルホーンバーに交換した
ポジションも改善され、頭でっかちだった外観も軽くなった
が、チェンジアップがやり難いので、改善策を考えよう
イメージ 1
R部(曲がり部)を握っていてもブレーキが掛けられるので安全だ
イメージ 2
シフターに親指が届かない
イメージ 3

この記事に

全134ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事