フランスに魅せられて・・・

南仏旅行記を少しずつUPしていきますね

全体表示

[ リスト ]

ルイ16世やマリーアントワネットを始め、歴代のフランス国王の墓があると言われている
サン・ドニの教会。
 
そんな教会を一般公開してしまう、フランス人は心が広い。
 
教会でありながら、墓でもある・・・
 
14世紀以降、国王の遺骸に防腐処理施す時に、内蔵類を取り除いたそうです。
取り出された内臓は、決して同じ場所には置かないこととなっており、
この教会では遺体のみがあるそうです。
 
どの教会も、地下には納骨堂があるのでしょうかね?
 
あるとすれば、ここも一晩寝る事は、辛いかもしれない。
勇気ありますか?ここで眠るの?
でももしかしたら夢の中フランスの王様に会えるかもしれませんね。
 
さて、今回はパリの北、サン・ドニ市にある、サン・ドニ大聖堂のステンドグラスの写真を整理してみました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
この教会の正面に入口があるのですが、お墓のあるところまでは行く事が出来ず
一度、右手の扉から外に出て、博物館の入場料金を払い、別の入り口からもう一度教会に入ります。
 
ここまでくると、ステンドグラス(vitrail)も綺麗に見えます。
 
ステンドグラスに色が付いていなかったら、教会の中ってとっても薄気味悪くなってしまいそうですね。
 
訪問されているブロガーさんへ
もっと幅広く、フランスの素晴らしさを知ってもらうことを
目的として、ブログ村へ登録しています。
 
フランス旅行 - 旅行ブログ村 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

ステンドグラスが大好きで、どこの教会でも、
しばらくうっとりしています。 削除

2011/1/16(日) 午前 3:50 [ ルンルン ] 返信する

顔アイコン

私もステンドグラス大好きです。 ランスのノートルダム大聖堂だったけ? シャガールのステンドグラスは、絶対死ぬまでには見るつもりです。

2011/1/16(日) 午前 10:01 [ カノープスちゃん ] 返信する

顔アイコン

とん爺の言うようにステンドグラスのおかげで温かみが生まれている気がします。夜に泊まるのは絶対お断りだけど、お昼でも教会で一人になるのは怖いなあ。

2011/1/16(日) 午後 2:37 [ プッチイヌ ] 返信する

アバター

ここで泊まるの・・う〜〜んm><m日本のお寺のような
湿っぽい足の無い幽霊では無さそうだけど・・・
ペスト菌にとり憑かれそうで 恐いです。@@。
でも、明け方のステンドグラスの色の変化は観て見たいです♪

2011/1/17(月) 午前 11:46 [ water−lily ] 返信する

顔アイコン

ルンルンさん、パリにはステンドグラスの素敵な教会がいっぱいありますよ〜

2011/1/17(月) 午後 11:21 とーにん 返信する

顔アイコン

カノープスさん、シャガールのブルーのステンドグラスはランスの
教会にありますよ〜
必見ですね!これ

2011/1/17(月) 午後 11:28 とーにん 返信する

顔アイコン

プラッチ、昼間は大丈夫でしょう・・・
まさか、奈良の大仏もひとりで見に行けないの???

2011/1/17(月) 午後 11:30 とーにん 返信する

顔アイコン

水ゆりさん、明け方や夕方の色の変化を見たい時は、日照時間の短い冬が良いでしょうね。お日様が雲に隠れた時も、色の変化があって綺麗ですよね

2011/1/17(月) 午後 11:34 とーにん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事