Muito Bonito:Jessie & walkeriana

ミニチュアダックスのジェシーちゃんと、洋蘭原種ワルケリアナの気まぐれブログです。(画像の無断使用厳禁)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「ワシントン条約」とは象牙の密輸入なので時折耳にする言葉です。
一方、「サイテス(CITES)」はランの輸入の際に必要な手続きの名称ですが、
実は同じことを指しています。

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」の通称が「ワシントン条約」で
"Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora"の
頭文字を取って"CITES":サイテスと呼びます。
元々は動物の規制を念頭に於いて作成され、途中から植物が追加された経緯があり
その為、植物の規制が実態にそぐわないと長年言われ続けているようです。

※CITESの公式サイト:http://www.cites.org/index.html
 外務省の解説ページ:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/wasntn.html

パフィオペディルムは「附属書 I」に指定され、商業取引は原則禁止されています。
ワルケリアナは「附属書 II」に指定され、輸出国の許可を受けて商業取引を行うことが可能です。

 * * *

今年の5月のブラジル渡航で、現地で手配したサイテスの認可取得の報告が今朝ありました。
今年は手続き方法が変更になったそうで、以前には一ヶ月で済んだものが三ヶ月近く
掛かってしまい、サイテス業者さんも困惑していました。
サッカーのワールドカップや役人のストなども遅くなった理由のようです・・ (^^;)

認可が取れても直ぐに発送は出来ません。
植物検疫の手続きがあり、これも登録業者にしか出来ません。
当然航空便のEMSを使って日本に届く訳ですが、順調にいっても
8月末から9月の初めになりそうです。

今回はノビリオール・アマリエの山採り栽培株があり、
暑い内に根を活着をさせたいので、ぎりぎりの日程になりました。
植え込み後に改めてSatox Japanのサイトでご案内いたします。

※画像は数年前にワルケリアナ等をブラジルから輸入した際の、
 サイテス・インボイス等の書類です。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

蘭の輸入は大変なんですね。 ワルケリアナの実生苗も色々ありますか? ホームページで商品がアップされるのを楽しみにしています。

2006/8/19(土) 午後 0:59 wal*e*so 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事