Muito Bonito:Jessie & walkeriana

ミニチュアダックスのジェシーちゃんと、洋蘭原種ワルケリアナの気まぐれブログです。(画像の無断使用厳禁)

全体表示

[ リスト ]

ST-51の初花(Rouge Magic)

朝から絶好の内張り日和で、昨日からの作業が昼まで順調に進んだのですが、2時過ぎから突然南風が強くなり、明日に順延となりました。

兎に角、丘の上の温室なのでチョット風が吹くとビニールがあおられて危ないのです。
そんな訳で、無風好天が必須条件なのです。

今回は、ビニールを新調したので温室のサイズに合わせてのカットがまた大変なのです。
2m幅で100mの巻いた筒状のものは、やっと運べる位の重さで、引っ張り出してカットしていきます。

画像は天井部分を借り張りしたところで、ここまででお昼になりました。
午後からは側面のセットと本張りの予定でしたが、ここで中断となりました・・ (^^ゞ
イメージ 1


時間が空いたので、先ほど撮った画像を紹介します。
オリジナル実生<ST-51>の初花「ルージュ・マジック」です。
C.walkeriana s/a(perola)'Rouge Magic' 
イメージ 2

親は、C.walkeriana s/a 'Puanani Sato' HCC/AJOS x (s/a 'Tokyo No.1' x self)で、プアナニのメリクロン変異個体(4N?)のセミアルバと有名花のセルフ(4N?)との交配です。

この交配の初花で、余り大きくない株で開花しました。
まだ株に力が無いので1輪咲きで、リップも小さめです。
ペタルとセパルの長さもアンバランスです。

この個体は、4Nではないかと思います。
4Nは減数分裂で、殆どが(2N+2N)に、3Nは(2N+1N)に、2Nは(1N+1N)になります。
3Nで知られているのは、'Feiticeira'で、「天使の雫」で有名です。

次の開花では、一回り大きく咲くと思われるのでペタルがオーバーラップすると思います。
そうなると、いわゆる「しずく」が完成すると思います。
※一部記事を修正しました。(11/12)


◆「天使の雫」の記事のページ
 http://blogs.yahoo.co.jp/muito_bonito_jp/25471023.html


この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

いつも質問ばかりですみません。Muito Bonitoさんがご指摘されている通り、Feiticeiraは3Nとして知られています。ところでTokyo No.1とFeiticeiraを交配した実生苗が市中に出回っています。一般に2Nと3Nの交配では種はほとんど取れませんし、仮に取れてもごく僅かで市中に出回るほどの量を確保するのは難しいと思います。このようにFeiticeiraのような3N個体の稔性の悪さを勘案すると、Tokyo No1は2Nと考えるより4Nと考える方が妥当ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

2008/11/12(水) 午前 11:55 [ R ] 返信する

顔アイコン

調べ直して見ましたが、Tokyo No.1は4Nの可能性が高いと思います。どうやら記憶違いだったようで記事を修正しました。ご指摘有難うございました。

2008/11/12(水) 午後 9:15 [ muito_bonito ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事