暮らしの工房&ギャラリー無垢里

ホームページはhttp://www.geocities.jp/mukuri_d/です。facebookはぎゃらりー無垢里です。

お知らせ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

4月28日(金)から無垢里で始まる『春のむくりのお茶じかん 2017』に合わせて、葛飾区青戸でお手製珈琲豆屋を開いているアオトコーヒーの珈琲豆が届きます。

イメージ 1

こちらは『春のむくりのお茶じかん 2016』での1枚です。
今回はアオトコーヒーのお店で販売しているブレンド3種とシングル豆10種を予定しています。
シングル豆はすべて豆のままでのご用意となりますので、挽いた粉でのご購入をご希望の場合には、ご来店の3日前までに無垢里(03-5458-6991)までご連絡くださるようお願いします。
無垢里の喫茶では、ホットは中深煎りのむくりブレンドかノンカフェインをお選びいただき、アイスは深めブレンドで作った水出しアイスコーヒーをお出ししておりますので、こちらもお試しください。

この記事に

4月28日(金)から無垢里で始まる『春のむくりのお茶じかん 2017』に合わせて、栃木県宇都宮市で美味しいお菓子とお料理を作っている伊澤商店のスコーンが届きます。

イメージ 1

こちらは『春のむくりのお茶じかん 2015』での1枚で、伊澤商店のスコーンと『春のむくりのお茶じかん 2017』にも出展される奥絢子さんのうつわです。
今回の伊澤商店のスコーンは、1週目に黒糖、ごま、メープルシロップ、苺、柚子の5種類、2週目に黒糖、ごま、メープルシロップ、栗、ブルーベリーの5種類が届く予定です。
お持ち帰り以外に無垢里喫茶でもお試しセットをご用意する予定ですので、ぜひお楽しみ下さい。

この記事に

無垢里喫茶の定番メニュー、くるみとオレンジのブラウニーが先週しばらくぶりに、こばらプレートは本日より再開します。

イメージ 1

こちらは、竹之内太郎さんの平皿に盛り付けたくるみとオレンジのブラウニー、バニラアイスクリーム添え、高松純子さんのガラスのうつわに盛り付けたアオトコーヒーの深めブレンドで作った水出しアイスコーヒーです。
木のフォークは須田二郎さん、染色コースターはmanimani コバヤシミナさんのものです。

この記事に

5月12日(金)から無垢里で展示会が始まる、kisakishoes 木佐木愛さんの会期中の13日(土)・14日(日)・15日(月)・16日(火)・17日(水)の5日間に、手縫いで作る「革のくつベラキーホルダー作りワークショップ」が開催されます。

イメージ 1

こちらが、無垢里に見本として置いてある革のくつベラキーホルダーです。

イメージ 2

こちらが、くつベラにつけられる革の飾りの見本です。

*革のくつベラキーホルダー作りワークショップ*

 講師 → kisakishoes 木佐木愛

 日時 → 5/13(土) 11:30〜18:00 (受付)
      5/14(日) 11:30〜18:00 (受付)
      5/15(月) 11:30〜18:00 (受付)
      5/16(火) 11:30〜18:00 (受付)
      5/17(水) 11:30〜16:00 (受付)

      こちらのワークショップはご予約不要です。

参加費 → 1,000円 (講習費、1個分の材料費、税込み)

 内容 → お好きな革の組合せで、ちくちくと手縫いして、
      小さいけれど存在感のある、持ち歩きできる
      キーホルダー型のくつべらを作成します。
      所要時間30分くらいです。

この記事に

8日(水)まで無垢里で行われていた手描染 眞水さんによる「芽吹きの頃 ー眞水春の装い展ー」の会期中、2日間開催された「手描きTシャツワークショップ」が無事終了しました。
好きな色を選んで自由に描く子供の部、眞水さんの定番柄である藍乱菊を描く大人の部がそれぞれ、和気あいあいと行われました。

イメージ 1

こちらは子供の部の描き途中です。

イメージ 2

こちらは子供の部の描き始めです。

イメージ 3

こちらは子供の部で、表を描き終わって裏を描いている様子です。

イメージ 4

こちらは子供の部で、出来上がったTシャツを持って記念撮影です。

イメージ 5

こちらは前の写真の裏面です。

イメージ 6

こちらは大人の部で、眞水さんが用意した藍乱菊の絵柄を見ながら筆を進めている様子です。

イメージ 7

こちらは大人の部の描きあがったTシャツの表面です。

イメージ 8

こちらは大人の部の描きあがったTシャツの裏面です。

大人の部は、眞水さんが実際に描くデモンストレーションから始まったのですが、普段は垣間見ることのできない作家さんの作業風景を目の当たりにして、ワークショップに参加しているお客様、無垢里のスタッフから、思わず感嘆の声があげる感動的な瞬間だったので、またこのような場を設けられたらと思います。

この記事に

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事