ここから本文です
mul*usy**arouのブログ
たわいない自転車ライフのブログです。
猛暑、豪雨、1日分の時間が取れず
先送りになっていたスタンプラリー
奥能登ルートの再開です。
18日まで能登里山海道の一部が
土砂崩れで通行止めだったので
正しく再開です。
今日のスタートはここから!
イメージ 1
ほぼ昨年と同じルートで回ります。
昨年は前日の祭りで膝を痛め
最悪のスタートでしたが
今年は普通に回れそう?^^;
イメージ 2
「健康福祉の郷 なごみ」
手前の坂!やはりしんどかった^^;
足のコンディションを考えると
衰退してる?
イメージ 3
やっと海に出て(-。-)y-゜゜゜
何人か釣りをしてて(小松市民)
眼下にはアオリイカが沢山(@_@;)
やはり見える魚は・・・ね!^^;
イメージ 4
「コンセールのと」
ここまでは昨年同様難無くクリヤーです。

昨年はここからバイパスルートで
峠に向かいましたが
今年は更に近道してパイパスに上ります。

急がば回れ!ん〜本当じゃ!
バイパスに出てから峠まで
昨年の倍くらいに感じました^^;
イメージ 5
トンネルの向こう側が道のピークです。
イメージ 6
やっぱ!(-。-)y-゜゜゜でしょ!

昨年は海岸線にこだわって行止りに!
結局スゲー坂登る破目になったので
今回はその1本山側のつもりだったが
更に山側だったので「恋路海岸」を
スルーしてしまった(/・ω・)/

海沿いの道に出ると「ツールド能登」
2日目の人達が走って来ます(^O^)/
イメージ 7
見附公園から湧いて出て来ます(^O^)/
スタッフさんに聞くと輪島出発は7:30
ここへは早い人で10:30との事です。
イメージ 8
私も見公園にとうちゃこ!
イメージ 9
「ツールド能登」参加者の
順番を待っての撮影です^^;
台湾から参加のアベックさんも!

12時!珠洲の街を抜けたところで
「ツールド能登」の最後尾とすれ違いました。
その間カゴ付きのママチャリを
3台見掛けました。凄過ぎます。
イメージ 10
「道の駅すずなり」
昨年はお祭りか何かのイベント?
お弁当が沢山売られてましたが
今日は無し^^;
イメージ 11
隣のFマートで^^;
他にも金沢からのロディーさんが5名
ツールド能登の全くの逆ルートで
2日目との事でした。
スタート日まで合わすんかい!
イメージ 12
昨年はここでかなりの疲労感を覚え
ましたが、今年は大丈夫そうです。
さぁ!帰ります(^O^)/
イメージ 13
珠洲市役所近くで
へ〜初めて現物を見ました。
この山は高さは8mですが
16mの山もあるそうです。

ここからは昨年と違うルートで帰ります。
見附島公園辺りの西側から山に入り
能登町入りを目指してみます。
イメージ 14
坂に向かう前に栄養を(^O^)/
珍しいのがあったので・・・ちっちゃ!

想像以上の坂!小刻みに登り下り^^;
下りがある分標高を稼げないので
勾配がキツイです(>_<)
イメージ 15
「小屋ダム」
もう足が〜・・・助かった^^;

ピークか?いや半分位しか来てないはず
イメージ 16
写真はトンネルを抜けた所
で、
イメージ 17
まだまだ続きます^^;
でも、
イメージ 18
やっと登って来た気が^^;
それにしてもココに来て
初めて車と擦違います^^;

しばらく登り続けると右手の茂みが
ガサガサ!ん!?
バキバキ!ボキ!バキバキ!
何かが動いたと思った瞬間!
雑木林の草や木を揺らしながら
山に沿って動いて行きました。
何だ!人生最大の恐怖&鳥肌!
メットの中で髪の毛が逆立つ感じ!
猪?木の折れる音!迫力もの!
イメージ 19
もう足が・・・と思った瞬間!
やっとピーク点に到達です!
でもここからの下りは
道が荒れており怖かった^^;
イメージ 20
程無く・・・いや8km位走って
やっと大通りに合流です。
丁度バイクで来た地元の人に
さっきの事を話し聞くと
猪だね!あいつはブルトーザーだし
合わなくて良かったね!との事
(;^ω^)
ここでピーク点恒例だった
カロリーメイトと(-。-)y-゜゜゜
最後の力を絞り出します。

いや〜新ルートは
坂嫌いの私向けでは無かった^^;
ひたすら先の見える坂が辛いからと
掛けに出てみましたが
(薄々覚悟してました^^;)
地図だけで判断しちゃ駄目ですね!
(土砂崩れ場所も3ヶ所あり)
イメージ 21
緑のルートが行けなかったルート
赤のルートは昨年の王道ルート
イメージ 22
イメージ 23
残すは「のと里浜ルート」の
「古墳の湯」と「宝達山」です。
あ〜宝達山か〜

この記事に

半年ぶりに

最後に乗ったのは4月1日
イメージ 1
それ以来アンカーRL8ばかり
今日の午前中は雨の予報でしたが
早々に雨は上がりました。しかし
先ずはこいつをヤッツケます。
イメージ 2
現在EL-WAY号に付けている
シマノWH-6800(現RS-500)
4年前に1,000km走って転倒
スポーク交換時に一寸だけ覗き
グリスを足し・・・更に5,000km程?
不具合、自覚症状は無いものの
メンテナンスを試みます。
イメージ 3
先ずは片側のカバーを外します。
爪で簡単に外れます。
イメージ 4
六角レンチで軸受の止めネジを外します。
そして押え側のベアリング受けを回し
イメージ 5
ハイこんなん出ました!
片側は少しグリスが少ないですが
思ったより綺麗です。
イメージ 6
グリスは余り汚れてません。
イメージ 7
ベアリング(ホルダー毎)取り出そうにも
手前のパッキンが外れません^^;
思い切って・・・破れたら大変です。
グリスは然程汚れて無いので
拭き取り&継ぎ足しで対応します。
イメージ 8
外した軸側のパーツは灯油で洗浄
左側の玉受けの筋が気になります^^;
イメージ 9
グリスは最初擦り込むように塗り
追いグリスをして組立てます。
WH-6800(現行の殆んどの商品)は
玉当てと軸の止めネジは
別々に締められる構造で
特に玉当ては手締めで行える為
当り取りは簡単・・・
前回の半解体時はベアリングの
グリグリ感があったのですが
今回は滑らかで解り辛い!?
グリスのヌメヌメ感〜弱いグリグリ感
〜固くなる所の見極め(感触)を探ります。
完成(^O^)/

一旦、買い物に出掛け、昼食を済ませ
いざ!
イメージ 10
あっ!
RL8に移植した為、空気入れが無い!
自作アタッチメントもネジが届かない!
急遽、空気入れ付属のアタッチメントを
そしてお茶を持って試走にお出掛けです。
(^O^)/
初めてRL8に乗った時ほどの違和感は無く
慣れ親しんだこれはこれで良い感じです。
しかし不意のゴツン!
路面はしっかり見ましょう(硬い)^^;
イメージ 11
軽く美川まで(^O^)/ん〜風が・・・
ウィース!
途中、他のロディーさんに抜かれるも
以外に苦戦?
彼は下ハン、私はノーマルポジション
3kmほど付かず離れず
途中で左折して行きました。
イメージ 12
美川の休憩場で先輩(年上)
ロディーさんとお喋り^^;
お蔭で蚊に沢山刺されました。

EL-WAY号はレスポンス(発進)は
良いんだけど
やっぱ!RL8の方が軽いです^^;
今度、同じコースを交互に乗ってみるか

この記事に

先ずは交換してから

今日こそ雨と高を括っていたら
晴れたじゃん!
予報が当たったのは土曜日だけ
昨日は帰宅後チェーン洗浄と
注油は済ませておきましたが
やはりこれも済ませてから^^;
(昨日の事件でやっと交換する気が^^;)
(川北町役場には連絡しました( `ー´)ノ)
イメージ 1
後輪は買い置きしてたこれに!
で、もう一本は・・・
イメージ 2
RL8の純正(標準)装備の
ブリジストンEXTENZA RX1
オールラウンド軽量モデルとの事で
この700C25cで190g
(因みにGP4000SⅡの23cは205g)

まだ未走行、地面にも付けた事が無い!
このタイヤを剥ぎ取り移植します。
それにしても薄っぺらタイヤです。
店の人も良いタイヤですが減りも早いよ!
との事だったので前輪用として使います。
イメージ 3
こんな軽量タイヤを付けてるんだから・・・
上が入っていた25-32c 0.6mm 75g
下が愛用中の18-25c 0.6mm 67g
ん〜でか!パンクリスクを恐れず!
愛用の18-25cの方を使います。
(まぁ普通はこっちでしょ!)

その前にGP4000Sの使用レポート
イメージ 4
使いに使った4年間^^;
でも半分も減って無い?
あっ4000Sと4000SⅡの違い発見!

さぁ作業です
イメージ 5
この差、解ります?
イメージ 6
組付け後なんで最大圧8.5BARに近い
8BARの空気を入れて測定すると
RX1の25cタイヤの幅は26mm
(実走圧7BARでは25.5mm)
イメージ 7
同じく8BARの空気を入れて測定
GP4000SⅡ23cの幅は25mm
(実走圧7.5BARでも25mm)
前後バランスもOKです^^;

未だ出発出来ませんよ^^;
イメージ 8
お出掛け前は髭を剃ります。
イメージ 9
スッキリ!
空気抵抗?重さ?(すね毛の脱毛レベル?)
いや〜目の前でクルクル(@_@;)
気になって仕様が無いんですよ!

さて!昼飯食ってから試乗(^O^)/
イメージ 10
4.5km先で早くも!?
食後のコーヒーブレーク^^;
前後見比べる人なんて居ませんよね!

それにしても走りが変わりました!!
・ハンドルが若干軽くなりました。
・加速も若干軽くなりました。
・振動も少なくなりました。
(おNewによる嬉しアドレナリン分泌?)

たった公表値15gですが
一番外周に当たる位置故に
影響は大きいみたいですね。
(もっさり感が無くなった感じ)

そりゃ〜薄っぺらのタイヤですから
乗り心地が良くなってあたり前
凸凹でのバルーン感は否めませんが
ビリビリ伝わる荒れた路面の振動は
(ガサガサ状や亀裂等の細かな振動)
嘘の様に軽減しました。

懸念はトレッド面の耐摩耗ですね!
(もう1本(もう片方)ありますが^^;)

もう13:50を回ってますので
遠くには行けません^^;
小松辺りで折り返す予定です。
(美川⇒安宅⇒小松駅)

小松駅の「ぶっさんや」
物凄く賑やかなんですが!!(ー_ー)!!
アニメソング?声優さん?
TVで聞くような可愛い声が!
恐る恐る覗いてみると
イメージ 11
駅前広場で「アイドルファスティバル」
ってのが開催されてました。
如何にも「オタク」って感じの人
「コスプレ娘」「一般人」が入り乱れ
\(^o^)/
(注意!スピーカー前なので音が大きいです)
私をインスタUPして〜💛
って叫んでましたんで
著作権には触れないかと!

しかし観戦無料の様ですが
酒でも飲まないと中には^^;

さて帰ります!(寺井⇒川北経由)
小松市内の旧8号線、旧松任市の8号線
ザラザラ路面はもう気になりません!
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
昨日の久々ライドで筋肉痛が
でも軽く感じた割には速度は
足の割には楽だったと言う事で^^;

この記事に

落とし穴に注意!

昨日まで今日は雨の予報でしたが
朝から日が射してる( ゜o ゜)
時間予測を見ると
午前は曇り降水確率40〜50%
午後から雨で降水確率50~70%
ん〜様子を見ながら走ろ〜!
先ずは降水確率の低いうちに
降りやすい山手から攻めっか!
イメージ 1
「白山市観光連盟」
レンタルサイクルは残り1台!
胡散臭い空模様なのに盛況ですね!
建物の中の電動アシストバイクは
まだ数台残ってました。
イメージ 2
「いっぷく処おはぎ屋」の「お隣」
ん!!9月から営業と聞いてましたが
工事は余り進んで無い?
吉野のお店は盛況だし急がないのか?
10月だとしても2週間しかないぞ!
イメージ 3
おはぎ屋さんの店先フリーマーケット
きゅうり、なす、トマトは姿を消し
「ジャガイモ」に^^;
イメージ 4
昨日、TVで見たぞ!
どうやって食べるんだっけ?

天狗橋から寺井側の道を下ります。
途中、小雨が(=゚ω゚)ノ
道はベタベタに成る程では無く
川北町役場横のFマート(11:10)
イメージ 5
最近はスタート15km圏内で
一発目のブレークをしてましたが
今日は急ぎやっつけの為
25km走ってのブレークです。

Hotが美味しい季節に^^;
序でにおやつも(^O^)/
イメージ 6
川北町役場の真裏、敷地内の道で
前の車が停車、バックで駐車場に!
停車後、少し間があったので
右側を追い越そうとした瞬間!
ハンドルを切りバックし始めたので
更に右(道の中央)に回避すると!
うわ!
イメージ 7
グレーチングに前輪がガポ!
解ります!?
グレーチングが裏返し!
転倒こそしませんでしたが
心臓が止まるかと^^;
よく見ると
役場裏側一帯のグレーチングが裏返し
しかも!
イメージ 8
(写真は裏表のハイブリッドバージョン)
しかも支えが取れてる物が大半!
もしかして傷んだんで裏返しに?
巧妙なトラップ!落とし穴です。
<(`^´)>
真面に嵌ったら垂直落下(/・ω・)/
怪我は勿論、ホイールはお陀仏!
被害は
イメージ 9
擦り傷、ひび割れだらけのGP4000S(Ⅱ)
サイドカットが加わりました(/ω\)
大丈夫か!傷は浅いぞ!
プクっ!ってなって無いので行きます。
(役場に殺す気か!って文句言ってやる!)

美川〜シーサイド松任を経て
まだ降りそうも無いので
少し遠回りしての帰路(13:00)
イメージ 10
チャンピオンカレーで昼食です。
チキンカツカレー790円(平日690円)

食べながら雨雲レーダーをチェック!
そろそろ限界か?家に向かいます。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
でもタイヤは痛かった!
かなりお疲れタイヤとは言え
なんせ減らないGP400S(Ⅱ)
換え時は・・・今年一杯は・・・怖い(:_;)
次も買ってある事だし<(`^´)>

この記事に

雨だから^^;メンテ!

前回お出掛けしたのは9月3日が最後
2週連続で雨・雨 この後も雨
こんな日は・・・
イメージ 1
最近気になり始めた
CYLVA F27 のフロントハブの
メンテナンスをしてみます。
(走行距離は4,227km)
イメージ 2
前輪を手で回すも少し重い感じ
摩擦抵抗の大半は
防塵・防水用パッキンが
大半のはずなんですが
軸側を指で回してみると
少し当りが強くザラついてる気が
イメージ 3
よくブログで拝見するほど
真っ黒では無いですが
グリスも少な目な感じです。
ここまで来たら後には引けず
もうヤルきゃないですね。
イメージ 4
ハブ本体側はグリスの拭き取りと
パーツクリーナーでブシュ〜!
(多湿の性で回りは結露)
傷は無さそうです(^O^)/
イメージ 5
軸受側は灯油で洗浄し
クリーナーで濯ぎます。
こちらも傷は無さそう(^O^)/
イメージ 6
他のパーツも灯油で洗浄
ベアリング玉は左右の当りバランスが
崩れないよう左右別々に洗い別けます
(抜いた方の玉受けは分解せずそのまま^^;)
イメージ 7
玉受けにグリスをタップリ塗って
ベアリング玉をピンセットで
1個づつ安置していきます。
玉を落さないよう!緊張!
溝は深くグリスが溢れましたが
押え側にもグリスを塗って
(手はベタベタ!もう撮影どころでは^^;)
ドッキング〜!
イメージ 8
玉当りは2回程締め直して
ん〜こんなもんか(^o^)
終わった〜\(^O^)/

パッキン無しでは
ホイールバランスで重い方に回るが
パッキンを付けると
動きはかなり鈍く(重く)なりますね。
(ロードバイクだったら許せない!)
でもそれなりに滑らかになりました。
さぁ!
雨止まないな〜
後輪の方も・・・
めんどくさ〜

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事