直筆UPもある万年筆収集家&モノ好きのウチ&北ペン倶楽部のブログ

ウチの私的ブログでもありますが、北ペン倶楽部の公認ブログでもあります。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
11年前の1999年に1000本限定で発売されました。
 
丸善の創業130周年を記念して、京都の丸善を舞台にした梶井基次郎の小説「檸檬」から名付けられた万年筆で、レモンイエローの軸が当時は話題になって発売早々品切れとなり、今では中古市場にもめったに出ることのない「幻の万年筆」の1つにもなりました。
その後、小学館の雑誌「ラピタ」の付録でこの万年筆を85%に縮尺した「ミニ檸檬」が登場したり、同様のタイプのボールペンや、更に10年後にもこれを大型にしたタイプの創業140周年「檸檬」が発売される等、影響力の強い1本でもあります。また、箱には「檸檬」の文庫本がついていたことも話題になりました。
 
写真1枚目 全体図(収納時)
写真2枚目 全体図(筆記時)
写真3枚目 ペン先
写真4枚目 キャップとクリップ
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
ミニ檸檬、140周年の檸檬(2代目)と比較してみました。
 
130周年の初代檸檬はパイロット カスタム742をプロトタイプにしてますが、140周年の2代目檸檬はパイロット カスタム743がプロトタイプになってます。また、ミニ檸檬は中国製で、ヨーロッパ型のショートタイプのカートリッジを使うタイプです。(他の2つはパイロットのコンバーター・カートリッジが使えます)
ペン先はミニ檸檬がスチールで、他の2つが14金です。
 
写真5枚目 全体図(収納時) 左から、ミニ檸檬、初代、2代目
写真6枚目 全体図(筆記時) 順序は写真5枚目と同じ
写真7枚目 ペン先 上から、2代目、初代、ミニ檸檬
写真8枚目 キャップとクリップ 順序は写真7枚目と同じ

閉じる コメント(3)

顔アイコン

檸檬、ラピタのときに買っておけばよかったと後悔しています。
明るい黄色で、存在感がありますね。三本そろうと、壮観ですね。

2010/6/23(水) 午後 10:59 愛媛

アバター

そういう意味でのレモン色なんですね〜
貴重なものですね(^_-)-☆

2010/6/24(木) 午前 8:43 レイ

この檸檬、
要らなくなったら、聖橋から捨てましょう(^^♪

2010/6/24(木) 午後 6:59 ぐるオヤジ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事