コンピュータ・書評・お仕事の記録

少しでも毎日、少しだけどきっちり。(のんびり、しっかり)

全体表示

[ リスト ]

読んで癒される

書評を読んで、癒される、という経験をした。


シンプルで、短くて、ストレートな内容。

奇をてらうでもなく、ただただ、その書籍の内容をまとめ、紹介したひと綴りの文章。

それなのに、まわりがシーンとして、活字が立ち上がって、木々や秋の草の穂のように揺れているような意識を与えられた。

世辞ではなく。世辞ならこんなところにわざわざ書く意味はない。


私は、私も、こんな文章を書きたい。

素直で、混じりっけが無くて、真っ直ぐな。




この記事に

閉じる コメント(4)

絵本を描く根性と素直さがいまのにこにはないです(泣

2009/9/8(火) 午後 10:16 [ にこ ] 返信する

顔アイコン

どうされましたか。にこさん。
日々あれだけエネルギッシュに活動されているのに。

|書く/描く|って作業は、確かに苦行です。楽しい一面もありますが、仕上げるという段階は、必ず苦しい。
そこを越えたときの喜びのために、書きましょうよ!素直さは、きっと、苦しみながら無になったときに、有るんじゃないでしょうか。

(にこさんに向けてですが、同時に自分に向かってのエールだなぁ)

2009/9/8(火) 午後 10:23 mummykinoi 返信する

顔アイコン

ご紹介くださってありがとうございます!
とっても嬉しいいです。
もっと自分の納得のゆく文章を書いてゆきたい…そんなことを思いました。
精進せねば! 削除

2009/9/9(水) 午前 5:53 [ ましろ ] 返信する

顔アイコン

ましろさん、おはようございます。
ましろさんも、「本が好き」プロジェクトに参加されているようですね。

どうもこのところ、素直に書評を書けなくて、苦しい思いをしていたのです。
「ブロガーの本棚」でましろさんのこのエントリに出会って、なんだかふわっと癒されたのでした。「難しく考えすぎだよ」って頭をなでられたような、肩を抱かれたような。

文章と出会う、とは、こんな事なのだろうなぁ、と思いました。
出会いとはふしぎなものですね。

2009/9/9(水) 午前 6:08 mummykinoi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事