コンピュータ・書評・お仕事の記録

少しでも毎日、少しだけどきっちり。(のんびり、しっかり)

全体表示

[ リスト ]

時の娘
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51b2fVLNQpL._SL160_.jpg
ジャック・フィニイ、ロバート・F・ヤング他/中村 融 訳

「本が好き」プロジェクトからの献本。いつもありがとうございます!

さて、「時」に関わるSF&ファンタジーといえば、日本の作品で筒井康隆原作の小説と、その映画化作品『時をかける少女』があまりに存在感が大きい。

最近の洋画で類似のテーマの作品として思い浮かぶのは、タイトルそのままの『タイムマシン』。そして忘れてはならないのが『イルマーレ』

え?『イルマーレ』って、そんな作品だったっけ?って思う方、いると思うんです。そう思った方、よく思いだしてみてくださいね。確かに、そうなんです。で、更にびっくりなのは、これが韓流映画のリメイクだったってこと!

いやー、びっくり。是非とも韓流の方を観てみなければ。


本書、『時の娘』の冒頭の作品「チャリティのことづて」は、『イルマーレ』とは異なるアプローチで時を超え、男女が愛を育む。育む、というのは言い過ぎか。いや、しかし・・・。まあ、どう感じるか、読者諸氏にお委ねする。「チャリティ」では『イルマーレ』よりは、よりSF的、ファンタジー的な手段を用いる。1967年発表の本作品は、SFと言うよりはファンタジーの色が濃い。どんな手段で交流するのかは、ここで述べるまい。これから読もうとされる方にはそれこそがこの作品のキモであるからだ。

ちょっとネタバレになってしまうが、「チャリティのことづて」では、よくあるハッピーエンドの映画のようには、越えられない壁「時」を、最後まで越えることの出来ない2人。その不可能性があるからこそ、「チャリティのことづて」はシンプルで、何の変哲もないようでいて、これほどまでに心に迫る物語になっている。

障害は、安易に越えられないからこそ障害であり、物語を客観的に「楽しむ」ことの出来る我々読者は、この淡くも「カナワヌコイ」を受け入れることが可能なのだ。

実際、どんなありふれた恋であれ、それが叶わないものとわかれば心を千々に裂かれる。病は気からとはよく言ったものだが、恋煩いから死に至った人の歴史上どれだけあったことか。

せめて、SF、ファンタジーの世界であっても、叶わぬ恋というものを第三者として「楽しむ」というのは、これ以上ない贅沢ではないだろうか。

原作、大林作品映画『時をかける少女』。これらでは見事に時をこえることで叶わないはずの恋が叶うことを歌い上げた。信じる気持ちがあれば乗り越えられる、という青春賛歌だろう。

しかし、アニメーション作品『時をかける少女』では、実らぬ恋として幕を閉じる。あまりに時を遠く離れてしまった2人には、ただ最後に確かめ合った一言だけが残される。

「チャリティのことづて」に静かに重なる。ファンタジーでありながら、実にリアル。厳しくも美しい。

「チャリティ」の想いに嘆息し、「紺野真琴」の潔さに涙した。

それでも何もかも出来すぎた物語というか?言わせておけ。誰がどう笑い飛ばそうと、幾つになろうと、恋をする人間の気持ちの引き裂かれる力学は、永遠に変わりはしないのだから。笑うものの愚かさを憐れめ。

本書には、この作品の他表題作を含む9つの短編が収められている。どれもロマンあふれる秀作揃い。歴史に埋もれ、忘れ去られかけていた作品を見事にすくい上げた本書は、SF、ファンタジーファンならば、必携である。

まさに、人が人を恋する思いは「さびしさ」であり、また時をこえるものなのだ。本書を読んで、再確認した。

収録作品(西暦は邦訳発表年)
チャリティのことづて ウイリアム・M・リー    1975
むかしをいまに    デーモン・ナイト      1969
台詞指導       ジャック・フィニイ     1974
かえりみれば     ウィルマー・H・シラス   初訳
時のいたみ      バート・K・ファイラー   1977
時が新しかったころ  ロバート・F・ヤング    初訳
時の娘        チャールズ・L・ハーネス  1968
出会いのとき巡りきて C・L・ムーア       初訳
インキーに詫びる   R・M・グリーン・ジュニア 1977

閉じる コメント(2)

ぜひ読んでみたいです♪
決して逆らうことの出来ないものとして存在する時間でさえも、障害としない強い愛・・やはりドラマティックです。
・・そうそう、韓流イルマーレも私の大好きな映画です!

2009/11/15(日) 午後 11:10 さきの 返信する

顔アイコン

さきのさん、こんばんは。
本書は、SFをあまり好まない人にもうったえるところのある良書だとおもいます。
淡い恋物語あり、ちょっと大人な描写もあり、楽しめることうけあいます。

韓流イルマーレ、ご存じなんですね!いかがでした?ハリウッド版は湖畔、韓流は海辺、というぐらいしかまだ知らないんです。リメイクされるほどですから、よほど良かったんでしょうね。鑑賞するのが楽しみです。

2009/11/15(日) 午後 11:38 mummykinoi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事