コンピュータ・書評・お仕事の記録

少しでも毎日、少しだけどきっちり。(のんびり、しっかり)

全体表示

[ リスト ]

かつてPalmというOSを載せた携帯端末が存在した。当時はPDAというくくりで流通しており、機種も、製造会社も複数あった。このPalmの文字入力には、Graffitiという特殊な方法が採用されていた。大変使いやすい方法で、これに慣れてからは紙の手帳を手放して、PDAを電子手帳として利用していた。


私はAndroidスマホを利用している間はこのGraffitiをインストールして使用していた。現在iPhoneを利用していて、利用可能なアプリにGraffitiが無いため、仕方なくフリック入力に移行した。

Graffitiの良さは、手先(指先)の動きが最低限で済むところ。入力領域は大変小さくて済み、数字、英文字、記号の入力切替に、いちいち入力モードを切り替える必要がない。以上の特徴により、Graffitiに習熟すれば、ブラインド入力ができる。すなわち文字入力をする領域に目をやる必要がない。フリックにしろ、ソフトウエアキーボードにしろ、入力のたびに入力領域を注視する必要があるし、文字種を切り替えるために切り替えボタンをタップする必要がある。これが大変ストレスである。

もちろん、フリック入力の良さがある。例えば、日本語のひらがなを一文字入力するために、フリック入力なら1ストロークで済む。それも上下左右、あるいはタップをたった1度だけである。これに対してGraffitiはローマ字入力を行うので、少なくとも2ストローク必要である。フリック入力に習熟すれば、ブラインド入力も可能なのだろうが、Graffitiよりも難易度は高いように思われる。入力領域が広いため、入力に用いる指の移動距離が大きいからだ。

トータルして考えれば、フリック入力の方が速い場合もあるだろう。例えば、英数字だけを入力し続ける、日本語だけを入力し続ける場合には、フリックの方が速いはずである。しかし、日本語の文章中に、頻繁に英数字、あるいは記号が入る場合には、Graffitiが有利である。入力モードの切り替えに、思考を遮られない。有料でも良いので、GraffitiがiOSで利用できるようになることを強く望んでいる。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事