コンピュータ・書評・お仕事の記録

少しでも毎日、少しだけどきっちり。(のんびり、しっかり)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全506ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019/07/20
『プログラミング言語Rust 公式ガイド』スティーブ・クラブニック著( Amazon > https://amzn.to/2Y9KvMb )を読みながら体験してみる。この「公式ガイドブック」はその名に恥じないわかりやすさ。実行しながら学べる良質な入門書。今日は第1章。マイクロソフト社でRustを高く評価しているという記事を読んで関心を持った。

記事 > https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1907/18/news122.html 2019年07月18日 19時00分 公開

ダントツにスマートに感じたのが、Rustに付随するツールcargoである。ソースコードをコンパイルし、実行形式に変換する手順を、コマンド一発で劇的に簡略化する。そればかりではなく、ソースコードの問題をチェックもしてくれる。各種のパッケージもマネジメントしてくれる。コマンドラインツールであることに、現代のプログラミング入門者、初心者は抵抗を感じるかもしれないが、少し慣れればグラフィカルなIDEよりもこのほうが便利であることに気づくだろう。現在大変人気のプログラミング言語Pythonでは、上述の仕事を、個別のツールで行う。Pythonの総合開発環境を使うならば、メニューバーやツールボタンから選択して実行するので、個別のツールを呼んでいる感覚が無いかもしれない。cargoはオプションを指定して実行することで、cargo一つで必要な作業が済んでしまう。これは、各種ツールに関する学習の負担が減るメリットがある。必要なツールを揃える環境準備の手間もない。
実行ファイル作成にあたって、三つの段階をオプションで切り替えられる。私は今回、それらの段階を(1)チェック段階、(2)デバッグ段階、(2)リリース段階と勝手に命名した。実際それがオプション指定時の文字列そのままなので適切と感じたからだ。

* (1)はソースコードにコンパイル時の問題がないかどうかをチェックするため。実行ファイルは作成されないので、短時間で終了する。
* (2)は実行ファイルを作成し、動作をチェックできるようにする。作成された実行ファイルには実行時に必要なリソースが揃っていないため、次の(3)に比べればコンパイル時間が短い。
* (3)は完成した(あるいは完成と考えられる)ソースコードを、単体で実行できるように全てのリソースを付加した実行ファイルに変換する。このため(1)(2)に比べると時間がかかる。

更に、これらは段階に応じたディレクトリに出力される。コンパイル実行時に、作業者が「これはデバッグ用だからdebugディレクトリに・・・」などと考えて、コンパイルオプションをプチプチ打ち込む必要がない。およそプログラマとして活動する人にとって、当たり前の作業はこのcargoがまとめて引き受けてくれる感覚である。

まだまだHello, world!を体験しただけなので、Rustの言語としての機能は知らない。現状、C言語を簡略化したような文法のように感じている。安全でマルチパラダイムな言語との謳い文句がどれほどのものなのか、これからじっくり学んでみたい。

P.S. プロジェクトを開始するには

```
cargo new hello_cargo --bin
```

とすれば、hello_cargoディレクトリが作成され、直下にsrcディレクトリとスケルトンなソースコードが作成される。これもありがたい。

ここでは、授業や講義に参加する学生が、机上で iPad(第6世代)(以下では(6g)と略す。)と、Apple pencil(第1世代)(以下では(1g)と略す)を使用する場合を想定している。

前提条件として、授業講義の間は機内モードを設定してもらい、ネットワークからは切り離し、講義に集中してもらう。ネットワークにアクセスする必要がある単元では機内モードを解除して使ってもらう。その辺りはその授業講義の開講時に約束をしておこう。繰り返すが、授業講義に集中してもらうためには、機内モードを前提とする。

そして、GoodNoteやNoteshelfなどのノートアプリケーションを利用し、ノートを取る。
宿題やレポート提出は、ノートデータをPDF化してメールに添付すれば良い。教師目線だが、「手書き」なので、同級生同士がのデータをそのままコピーして提出などという「ずる」を防ぎやすい。

この使い方が快適にできるのはiPad(6g)とApple pencil(1g)の組み合わせによって完成する環境があってこそである。Apple pencil以前のスタイラスでのタブレットへの筆記は、とても日用の学習に使えるものではなかった。何故かあまり報道されないのが不思議なのだが、Apple pencilとiPadの組み合わせは、学習環境のブレイクスルーだ。

これまで、紙のノートを使用して授業・講義を受けていた学生にとって、iPad(6g)で出来ないことは「ほぼない」だろう。あるとすれば、ページをハサミで切り取る、ノリで付箋を貼り付けるぐらいで、それらはデータのコピーやペーストで代えられる。残念ながら、教科書を読むことと、ノートを取ることは同時にiPadではできない。2画面表示することはできるが、教科書はページ全体を見渡しながら学習する方が良いと考えるので、オススメできない。理想的には、左側にノートPCを置き教科書PDFを表示、右側にiPadでノートを取る学習方法だ。既に、大学生にはこのようなスタイルが見られるようになった。公立高校の机の上で、このようなスタイルをとって学習しているところを寡聞にして知らない。が、私学では既にあるのではないだろうか。

iPadに代表されるタブレット端末は、これまでは主に電子教科書の閲覧ツールとして捉えられていた。確かにそれも使える用途であるが、高校生段階ではむしろ紙の教科書の方が適切である場合が多い。電子教科書の有効な場面があることを十分認識した上での結論である。iPadはノート用、書き取り用のメディアとしてこそ効果的である。現在流通し始めた、第6世代のiPadこそがそれを変えた。iPad proでは既に実現していたApple pencilの利用だが、如何せんiPad proは高価である。とても学生の身分で気軽に入手できないし、故障を恐れていては使えたものではない。選択肢はiPad(6g)一択である。

高校や大学に入学した学生が買い求めるべきは、ノートの束と筆記用具ではなく、このiPadだ。最新の第6世代iPadと第1世代のApple Pencilならば、セットで5万円を大きく切る価格。入学時に100セット単位で購入すれば、かなり値引きが効くのではないか。この負担額は、一般的な教材費として法外なものではない。市町村の教育委員会単位で導入すれば、半額程度にならないものだろうか?使ってみなければわからない、この環境の素晴らしさ、既に実用の域を超えてそこにある。あとは決断を待つばかりである。我が子の進学を目前に控えている親としては、早い実現を祈る。

通勤バックパック

2011年3月に「ドイター アドベンチャーライト8」( https://amzn.to/2HgM5T5 )を購入してからもう8年間。当初は萩往還復路用に用いていたが、ウエストポケットの位置が走行時の自分に合わず、2016年4月に「ザ・ノース・フェイス マーティンウィング6 L」( https://amzn.to/2JAjgm0 )へ、2018年4月に「ザ・ノース・フェイス リュック Martin Wing 16」( https://amzn.to/2Hh5kfs )へ切り替えた。そして、ドイターのバックパックは通勤用へ。これがなんとも便利で重宝している。ドイターのこのバックパックの優れているところは何と言っても背中に当たる部分の通気性。極限までの軽量化を優先すれば余分な部品であるが、背中に当たる部分にはクッション材が配置されている。このクッション材が背中の両端に縦に配置され、縦へ熱気が抜ける構造になっている。これがちょうど夏の暑い時期の通勤にぴったりなのだ。そもそも、ランニングやサイクルスポーツ用に開発されたバックパックなので、快適性が非常に高い。容量も8リットルもあれば、通常の通勤の荷物には十分である。さらに収縮性のある構造なので、中のものが揺れない。揺れないのでぶつかり合わない。傷がつきにくい。

私の場合、財布や手帳以外にノートPCと、文献をいくらか運搬するので、別にビジネスバッグがもう一つ必要になる。世にはたくさんのミニマリストがおられる。私も私なりのミニマリズムを追い求めるのだが、なかなかうまいところに到達しない。バックパック一つだけで通勤したいと思っている。
ならば、息子に持たせている大きなバックパックに切り替えるか。現在の息子のバックパックはasicsの40L( https://amzn.to/2HfiBVJ )。ランニング用バックパックは同じ要領でも収縮性で小さく感じる。通学や部活を意識して作られたバックパックはパンパンに張り詰めた状態を意識して作られているようで、もっと大きく感じる。実際表記の数字よりも大容量ではないだろうか。これならPCも楽々入るが、中のものが揺れ動く。揺れるというより踊る。

自分の用途に適したバックパック選びは難しい。難しいからこそやりがいがある。

結論が否定的なので、あえて製品名を挙げない。

現在数年利用している8インチのKindle(FireHD8)に手書きアプリを入れて、3千円程度のアクティブスタイラスでメモが取れるのか試してみた。アプリはMetaMoJi Note Lite(Kindle Tablet Edition)。

私は6mm角程度の細かい文字をよく書く。これにはとても使えない。更に、アプリにもよるようだが、今回利用したアプリでは、書き始めが綺麗に反映されない。最初の部分が描かれない。
以前、指で字を書いて遊んでみたが、とても仕事に使えるものではなかった。
今回アクティブスタイラスならば?と期待したが、この遅延は我慢ならない。

このスタイラス、iPhoneのアプリ、「手書きメモ帳 Touch Notes シンプルな手書きアプリ」( https://itunes.apple.com/jp/app/%E6%89%8B%E6%9B%B8%E3%81%8D%E3%83%A1%E3%83%A2%E5%B8%B3-touch-notes-%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%81%AA%E6%89%8B%E6%9B/id677982391?mt=8 )ではほとんど遅延を感じずに入力できた。これなら、と思うのだが、このアプリ、手で書いた文字を画面上に並べていくだけのアプリ。自由なメモ帳、という私の求めるものではない。図を描き、そこにメモを入れ、という使い方ができないのだ。

残念ながら、今回選んでみたアクティブスタイラスは、仕事に使えるレベルではなかった。もしかしたら、iPadに使ってみれば結果が違っただろうか。後日試してみたい。
かつてPalmというOSを載せた携帯端末が存在した。当時はPDAというくくりで流通しており、機種も、製造会社も複数あった。このPalmの文字入力には、Graffitiという特殊な方法が採用されていた。大変使いやすい方法で、これに慣れてからは紙の手帳を手放して、PDAを電子手帳として利用していた。


私はAndroidスマホを利用している間はこのGraffitiをインストールして使用していた。現在iPhoneを利用していて、利用可能なアプリにGraffitiが無いため、仕方なくフリック入力に移行した。

Graffitiの良さは、手先(指先)の動きが最低限で済むところ。入力領域は大変小さくて済み、数字、英文字、記号の入力切替に、いちいち入力モードを切り替える必要がない。以上の特徴により、Graffitiに習熟すれば、ブラインド入力ができる。すなわち文字入力をする領域に目をやる必要がない。フリックにしろ、ソフトウエアキーボードにしろ、入力のたびに入力領域を注視する必要があるし、文字種を切り替えるために切り替えボタンをタップする必要がある。これが大変ストレスである。

もちろん、フリック入力の良さがある。例えば、日本語のひらがなを一文字入力するために、フリック入力なら1ストロークで済む。それも上下左右、あるいはタップをたった1度だけである。これに対してGraffitiはローマ字入力を行うので、少なくとも2ストローク必要である。フリック入力に習熟すれば、ブラインド入力も可能なのだろうが、Graffitiよりも難易度は高いように思われる。入力領域が広いため、入力に用いる指の移動距離が大きいからだ。

トータルして考えれば、フリック入力の方が速い場合もあるだろう。例えば、英数字だけを入力し続ける、日本語だけを入力し続ける場合には、フリックの方が速いはずである。しかし、日本語の文章中に、頻繁に英数字、あるいは記号が入る場合には、Graffitiが有利である。入力モードの切り替えに、思考を遮られない。有料でも良いので、GraffitiがiOSで利用できるようになることを強く望んでいる。

全506ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事