七田チャイルドアカデミー宗像教室のブログです♪

母と子の幼児教育。右脳教育で、子育てをいっしょに楽しく♪

宗像教室だより♪

すべて表示

イメージする事の大切さ!!

秋らしい空をみかけるようになりました。

ところでみなさんイメージトレーニングをしていますか?

七田教育は、イメージトレーニングを重要視しています。

なぜイメージトレーニングを重要視するのでしょうか?

 
右脳は6才以降になると、普段は、眠っていて休止状態になります。ところが、イメージすることで右脳は目を覚まし、素晴らしい力を発揮し始めます。そのためには、軽く目を閉じて、深呼吸などをして、心と体がリラックスさせる必要があります。リラックスすることで、イメージがしやすくなります。また、イメージをする以外でも、何かをする前に深呼吸をして心を落ち着かせると、右脳が使いやすくなります。だから勉強でもスポーツでもリラックスする事は、とても大切です。リラックスした状態でイメージをすると、右脳はイメージが実現するように働いてくれます。右脳は、イメージを受け取ったとたん、持っている力を発揮して、次の3つの能力を発揮します。
 
①「目標を立てたらまっしぐら!夢を叶える人(目標達成機能)」
②「成功する方法・法則を教えてくれるアイデアマン(方法発見機能)」
③「自分の病気や悪いところを治してしまうお医者さん(自己治癒力機能)」
 
自分がこうなりたい!こうしたい!ということを強くイメージすると右脳は、願いや思いを叶える道へと案内してくれます。または、自分では今まで気づかなかった素晴らしい能力に気づいていけます。
例えば、カーナビ付きの車があるとします。目的地(イメージ)をカーナビ(右脳)に伝えると、カーナビ(右脳)はそこにいく道(方法)を教えてくれ、目的地まで案内してくれます。そんなカーナビのような役割を、右脳はしてくれるのです。

七田チャイルドアカデミーの卒業生の中には、スポーツの分野で活躍している方が多くいます。右脳が発達すると、身体をイメージどおりに動かす能力が高まり、動体視力も良くなるからです。たとえば、R君は、小学校3年生の時、テニススクールに入りました。R君の動きがのんびりしているのを、お母さんが「運動神経が鈍いのではないか」と心配し、テニスを勧めたのです。お母さんの不安と正反対に、R君はめきめきと頭角をあらわし、あっという間に選手コースに選ばれ、大会で活躍するようになりました。R君は、「相手のボールがどこに飛んでくるのか、球筋が見える。そこへ行って待っていればいいだけ。」と語っています。さらにコーチによると、R君は、コーチのフォームをそっくりそのまま再現できるので、上達が早いそうです。
イメージ 1
 こんなに素晴らしいツールを知っていて使わないのは、もったいないと思いませんか?各教室の勉強会等でもイメージトレーニングの実践等を行っています。是非、イメージを使い、そのイメージの素晴らしさを体感してみてください。

その他の最新記事

すべて表示

1月のベビープレイ

2014/1/14(火) 午前 8:50

0歳〜1歳の赤ちゃんを持つパパ・ママ必見!! ベビー・プレイ赤ちゃんの集い 「赤ちゃん期の体操は、全ての核になる」と言われています。「でも、こんな小さい子にどんな体操をしたらいいの?」そんなパパ・ママ必見です。 ...すべて表示すべて表示

講演会のお知らせ

2013/2/22(金) 午前 1:58

  株式会社七田チャイルドアカデミー 代表取締役 藤山守重による      夢を叶えるモチベーションアップ術           〜これからの時代に活躍できる子どもを育てるコツ〜 講演会の内容 ...すべて表示すべて表示

1月のお休み

2013/1/22(火) 午前 11:45

           1月のお休み   1月のお休みは、1月1日(元日)〜5日(土)、1月14日(祝・月)、29日(火)、30日(水)、31日(木)となります。              ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事