全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

『井伊直弼という名をあなたがたは御存知でしょうか。

徳川末期の幕府の大老で、その開国政策によって水戸の浪人たちに桜田門で殺された人でありますが、茶の湯の方でも有名で、『茶の湯一会集』という書物があります。

その中に「独座観念」ということを言っています。

「主客とも余情残心を催し、退出の挨拶終われば、客も露地を出るに高声に咄さず、静かにあと身かへり出で行けば、亭主は猶更のこと客の見えざるまで見送るなり、扨中潜り猿戸その他障子など、早々締立などいたすは不興千万、一日の饗応も無になる事なれば、決して客の帰路見えずとも、取かた付け急ぐべからず、いかにも心静かに茶席に立ち戻り、此時にじり上りより這入り、炉前に独座して、今暫く御咄も有るべきに、もはや何方まで可被参哉、今日一期一会済みて、ふたたび返らざることを観念し、或は独服をもいたす事、是一会極意の習なり、此時寂寞として、打語らふものとして、釜一口のみにて、外に物なし、誠に自得せざればいたりがたき境界なり。」こう申しております。

これであったら、つまり茶の湯の真の精神がまごころをもって客をもてなすことであり、その気持ちを自分が一人担った時にも失わないということであったら、あなたがたもよく理解していただけると思います。

この精神が真に茶の湯の精神ならば、われわれはもちろんこれを現代にも生かすことができます。

そしてそれは必ずしも茶の湯というような形式をとらないでもこれを生かすことができます。』(講談社学術文庫版より)

今回は、徹三の最も大切な内容だ。

茶の湯を介した、その精神の大切さを述べている。

私も、ここのところが、一番大切と思っている。

その精神は、徹三が述べているように、必ずしも、茶の湯の形式を取らなくても生かせる。

ここに、茶の湯の持つグローカル性がある。

茶の湯は、その様式において、わが国の特異であるが、その精神は、人間関係において、普遍的で、グローバルだ。

それ故に、茶の湯はグローカルなのだ。

残念なことに、今日の茶の湯に、その精神があまり感じられないことだ。

画像: 嘉峪関 小山硬作 http://www.japan-fineart.info/
Image Designer: 森 泉


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事