りんちゃんブログ

レスキュー再開。預かり犬「シュン太郎」里親さん募集中!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

こなつを拾ってからもうすぐ1年を迎えます。

当時は1才を迎えられるとは想像できないほど危険な状態が続き、
こうして大きくなったこなつを見ると嬉しくて涙が出ます

こなつ:ちょっと、パソコンなんかしてないで私とあそびなさいよ
イメージ 1
しっぽをブンブン振って睨む噛む引っ掻く。怖いお姉さんです

体重5キロ。大きな猫に成長しました。
性格の方はというと私の願いもむなしく
ホンワカとした優しい性格にはなってもらえなかった

性格が強すぎて里親希望の方に断られること数回
夫には申し訳ないけど、結局わが子として飼うことになりました。

イメージ 2
女ボス犬とボス猫、手と手を合わせて一緒に生きてゆきます

途中、りんに一度だけ首筋を噛まれてしまいました。
私の管理不足です。
おやつを咥えて運ぶこなつを「それアタシの!」でガブリ。
アゴに穴があきましたが幸いにも大事に至らず
強いこなつは、噛まれた後も恐れることなくりんのそばを離れませんでした。


こなつ:アンタ、誰さ
イメージ 3
外飼いのいずもを見るこなつ
いずものことをタロスケに似ているけれど
タロスケではないことをちゃんと理解しています。


懐かしい写真を見つけました
イメージ 4
ある日のタロスケとこなつ
もうこんな可愛い姿をみることはないな〜

新たにいずもを迎えて今のリンファミは
飼い主泣かせのピリ辛なメンバー揃いとなりました


いずも再び

2年前、事情があって他の預かりさんの
ところに行っていた「いずも」

今週から一緒に暮らすことになりました。
イメージ 1
到着してすぐのいずも
まだ緊張が抜けていませんでしたが

たっぷりのお散歩とおいしいご飯を毎日与えて
4日目の今日はこんな人懐こい表情で
私を見るようになりました。

イメージ 2

イメージ 3
瞳に優しさも感じられます

イメージ 4
こなつもいずもを見に来ました。
いずもはこなつを見て喜び、案外猫が大丈夫なタイプかもしれません。

りんちゃんとの相性は予想以上に良いようで
安心しました


いずもはフードアグレッションがある子で
体を触られるのも断固拒否の子です。
ゆっくり時間をかけて良い家庭犬を目指していきます。
今のところ譲渡対象ではありません。

Kさん、Aさん、いずものことで無理を言って大変申し訳ありませんでした。
こうしていずもと一緒に暮らせることがとてもうれしく、お二人には感謝しています。
夫もいずものことをとても可愛がり、毎日一緒にお散歩を楽しんでおります。
大切に飼育してまいります。この度は本当にありがとうございました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事