りんちゃんブログ

レスキュー再開。預かり犬「シュン太郎」里親さん募集中!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今年も犬達とのことで様々なことがありましたが


悲しい出来事。
それは突然やってきました。

我が家の最初の卒業生
カイジロウの身に。

イメージ 3
一年前はこんなに毛艶が良く
譲渡時に懸念していた腎臓病もアカラスもフィラリアも
里親様が3年かけて克服し、元気いっぱいのカイちゃんになって
よく我が家に会いに来てくれていました。
すごく安心していたのに。



イメージ 1
「ボク行かなきゃ、ママ先に行ってるよ」

この写真を撮った一週間後に、巨大食道症という病気との闘いが始まってしまったのです。

巨大食道症は治療困難のとても辛い病気です

イメージ 2
経管栄養の手術を受けて


カイちゃんはKDPにいた時も、我が家に来た時も
飼い主となった人が世界で一番大好きになる犬で
片時も離れるのが辛く、ワンワン吠えてしまう犬でした。

だから一日でも多く飼い主さんと居たい
その一心で辛くても頑張って生きようする。
そのカイちゃんの気持ちに答えようと飼い主さんは
大変な介護を選択し命尽きるまで寄り添ってくださいました。


イメージ 4
パパさんの手当てに癒されるカイジロウ

イメージ 5
満面の笑み
パパの手が一番って言っているみたいね


もし、カイちゃんがずっと我が家に居たなら
このような献身的な介護を選択することはなかったと思うと、
福島県で被災して放浪し、KDPにレスキューされ湘南に来たという
波乱万丈な犬生を送ってきたカイちゃんの最後の安住の地として
里親様のMさんにお任せ出来て、本当に良かった間違いがなかったと
改めて深く深く思う。


そして
カイジロウは半年間
闘病の末力尽き
10月中旬、天国へと旅立ちました

イメージ 6
佐渡島に行ったし、雑誌の表紙モデルにもなったカイジロウ
自分は人間と一緒にいるべき犬
そんなプライドを持っているようで、飼い主さんのお陰で
たくさんの人と触れ合い、猫派の人も魅了した犬でした。


カイジロウの事、大切に大切にしてくださって
本当にありがとうございました!

またどこかで会おうね、カイちゃん!


嬉しい出来事はまた次回!



開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事