りんちゃんブログ

レスキュー再開。預かり犬「シュン太郎」里親さん募集中!

預かりのスタート

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

預かり犬2号の不思議ちゃん、
トントンは元気に回復しています。
 
レスキュー時、痩せてボロボロだったので、おじいちゃん犬に見えましたが
実年齢2〜3才というところでしょうか。
 
イメージ 1  
只今、やりたい放題中
 
 
去勢後は大きな変化がみえませんが、
今まで吠えなかった大型犬に吠えるようになってしまいました。
イメージ 2
しかも狂ったように
精神が不安定で恐怖心が強くなったのでしょうか。
 
そろそろ譲渡会デビューの用意を始めなくてはいけませんね。 
 
結構この子ハッピーラッキーみたいなところがあるので
ワサワサが治まるように引き続き、リハビリを頑張りましょう。
 
 
 
よくわかりません、タロスケ。
 
突然、キャオー!キャオー!と叫び、
舌を赤紫にして動けなくなったタロスケ。
 
胸のあたりを触ると痛がります。
でも、1時間もすると元に戻り、
お散歩も食欲も普段通り。
 
こんなことが1日に1回、金曜と土曜日と2日連続で起こり、
大事を取って日曜日の譲渡会を中止にしました。
 
日曜日は朝一で病院へ。
しかし、レントゲンで見た限りでは異常は見られず。
また同じことが起きた時に、動画を撮って獣医に見せることにして
とりあえず、経過観察することにしました。
 
日曜日は一度も発作は起こらなかったのですが
昨日、軽く同じ状態になりました。
 
鳴きやんだ直後の様子
イメージ 2
暫くの間、じっとしてました。
 
もしかしたら、ストレスかな。。。
 
先週はヘビーな1週間でした。
トントンが去勢手術をして数日間、傷が不快だと叫んで騒がしかった。
私もトントンに振り回されイライラしていたし。
 
タロスケはトントンが嫌いで、
トントンが玄関でクレージーになっていたもんだから、耐え難かったのかな。
 
再び、個人ボランティア生活について反省する
 
 
朝はストーブにかじりつきのタロスケです。
イメージ 1
柴犬ってストーブ前が好きなのね
毛がモコモコなのに。
体重がレスキュー時の倍、11キロになったトントン。
適正体重になったので、火曜日に去勢の手術をしてきました。
 
 
イメージ 1
最近は夜は玄関の中です。
手術後はずっと寝ていました。
 
じぃ〜
2匹の視線の先はクレート内のトントン
イメージ 2
心配している?いやいや
変わった臭いのするトントンを確認したいだけのようです。
 
術後の状態は犬によって差があるようで
トントンは患部の腫れがひどいほうみたいです。
歩かないのでおしっこさせに、抱っこしてお外に出します。
体重が増えたのはいいけど、これが重たい
お水も注射器で与えないと飲みませんでした。
 
手術をするのは犬にも飼い主にも体力がないとダメですね。
1週間の辛抱です。頑張ります。
 
4日前におやつを取り合って
大ゲンカしたばかりのりんとタロスケ
 
また私、下手こいたと思いながら、
2匹の傷のチェックをしてみると
あら?よだれだけ?
 
おーーー!!この2匹の関係いいとこまでいってるってことか?
 
 
朝、また座布団をシェアしていたので
イメージ 2
くっつけてみました。
 
 
 
自然とくっついたのではなくて
イメージ 3
くっつけてみた。
 
互いに引かずにそのままくっついてました
ママ嬉しいよ。
 
 
初めはこの2匹が、ここまでになれるとは思っていませんでした。
これで安心できるようになりましたが
2匹に対して、ママは気を抜いてはいませんよ。
 
興奮度合い、イライラなどの心理状態
私や他人、他犬の有無、おやつやオモチャ
居る場所、スペースや距離
それらを踏まえて犬らを見とかないと
犬なんで、状況が揃えば1秒以下の待ったなしで喧嘩が始まっちゃいます。
 
いまの関係なら血は見ないかもと思いつつも
まだまだ未熟なりんママは安心できませんね。
 
 
8月にタロスケ
9月にトントン
りんファミパックに入ってホント、しんどかった〜
 
 
他人・他犬NGなガードドッグ気質のりんと
センターから出してきた犬をマッチングさせるのは
素人の私には高度過ぎて、毎度一杯一杯です
でもすごく勉強になりました。
 
 
センターから出した初日のテンパメントテスト
イメージ 1
写真左下の子は初めてレスキューした「いずも」
 
この笑顔の「いずも」は私の力量には高度すぎる性格のため
我が家では環境を整えてあげられず、めぐっぺさんちにお願いした子です。
 
Aさんとめぐっぺさんには大変ご迷惑をおかけしてしましました。
 
「いずも」は私の大好きな子なので、
技量と環境を得て、いつか迎えに行きたいです。
 
 
 
トントン、体重が10キロ超えました。
自転車引きのお散歩をしてもいいくらい元気な子に変身です
 
  
最近やっと、落ち着きが身についてきて
撫でられるようになってきたね。
イメージ 1
なでなで
(トントン)・・・・
 
タロスケもそうでしたが、
トントンも頭を撫ようとすると
興奮して手を口で追いかけます。
イメージ 2
(私)落ち着いたから撫でてみようかな。。
 
 
イメージ 3
(トントン)なにっ?
 
 
イメージ 4
(トントン)うれしいな♪
 
 
 
イメージ 5
(トントン)アグアグ
 
よその犬を可愛がるとき
いきなり頭を撫でようとしてはいけないのはこれですよ。
叩くことでしつけをされた子は怖がるし
タロスケ、トントンのように、自分を支配しようとしていると思う犬もいます。
 
譲渡会に行ってみようと思う方は犬との接し方に気を付けて下さいね。
 
 
かっちり上下関係つけないといかんねぇ、トンちゃん。
イメージ 6
(トントン)すんまそん・・・・
 
いやいや、これ謝っているのではなくて
イメージ 7
カメラを向けられるのが嫌いだそうです。
カメラをおろすとニコニコしてくれるのですけど。
 
 
 
タロスケもトントンも、
最初からお座りのコマンドは入ってました。
お座りは教えるのは簡単だからね。
肝心な子犬の頃に甘噛みをやめさせるしつけをしっかり出来ないから
捨てたくなる子に育ててしまうのだろうな。
子犬の頃は可愛がっても、、3才〜5才くらいになると
飼育したくないってなるのかそんな年齢の捨てられる子多いです。
 
 
 
トントンは譲渡するにはまだまだリハビリが必要です。 
体力が回復したので、これからは人間の言葉が届く子に します。
まぁ、トントンは本来サミッシブな子ですから
たぶんできるでしょう。
 

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事