りんちゃんブログ

レスキュー再開。預かり犬「シュン太郎」里親さん募集中!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

いずもと立石へ

曇り空の昨日、ふと思い立っていずもと立石へ

イメージ 2
立派な体格の柴犬になったね


いずものクレートの横に布団を敷き、添い寝すること早一か月。
半月位は毎日私が布団を敷くたびに
「ウー!ウー!」と、それはそれは激しく唸ってたけれど
そういえば最近唸らなくなった。


イメージ 1
「いずも、写真撮ろう」

私が話しかけると耳を倒してくれる。

ここまでくるのに一年かかった。
やっと信頼してくれたね。

ありがとう、いずも。

開く コメント(0)

関東に台風が上陸して久しぶりの大雨。
我が家は、朝の5時から小雨の内にお散歩してなんとか乗り切りました。


先月の事ですが、7月30日で卒業して丸3年のカイジロウから
可愛い最近の写真を頂きました。


イメージ 1
まじめ顔からの

イメージ 2
にこっ!


カイジロウは自分が癒し系の犬だと自覚しているようで
知らない人からも名前を呼ばれると「ハイハイ、どうぞ撫でて」と頭を差し出すそうです。


お漏らしもなくなって腎臓の数値が落ち着いているようです。
適切にアドバイスしてくれる獣医さんとカイクンに合ったフードが見つかって良かったですね。

うちのリンの方が年下かと思うほど見た目がおじいちゃんだったカイジロウでしたが、
なんだかすっかり若返って、うちのリンの方が年取っておばあちゃんに見えます。



こちらはごろまる
イメージ 3
里親さまからごろまるが突然痛がってキャンキャン!鳴き
座り込んでお散歩に行きたがらないと相談がありました。

以前、うちで肉球の皮膚炎を舐め壊して痛いとそんなふうに座り込んでいましたが
今回は皮膚炎は見当たらず、関節を痛めたのだろうかと
あれやこれや心配して病院で診てもらうと、しっぽの付け根に出来た皮膚炎が怪しい
ということになったそうで、そこを治療したら良くなったとのこと。

毎日痛いからと歩くのを断固拒否するので、
抱っこして車に乗せてお散歩場まで行ってくれたそうです。
おしっこ&うんちはちゃんと普通にでき、
しかもボール遊ぶはへっちゃらでやっていたようで。。。


イメージ 4
ごろまるはいつまでも子犬気分が抜けない感じで、
柴犬特有の頑固さも出ている少々めんどくさいタイプ。


カイジロウには和犬にはあんまりない軽い分離不安があります。
飼い主と離れると吠えて大変。
里親さまと居られる時間が限られている今の生活は、
カイジロウにとって程よい距離でバランスがいいのではと思います。

飼い犬と飼い主にはほどよい距離が大切。
ほったらかし〜も時に大事。
大人同士の関係でいきましょう。

で、自分の時間を大事にする。
且つ!
健康管理はまめに目を配る。
ってのがペットを飼う大変さですね。


その点、柴犬は独立心があって楽〜♪
でも、ほったらかされ過ぎてヤバイ性格になりがちなのが柴犬なんだな〜
そんな飼い主の尻ぬぐいはご免だわ 


いずもにカメラを向けたら

イメージ 5
めっちゃ、寄ってきた。

「うちの犬はカメラを向けると顔をそむけるんで困ります」という飼い主さんがいますが、
そういう子の方が飼いやすいですから。

開く コメント(1)

ど〜ん!
イメージ 3
すっかり雪見大福みたいな体になった
満2歳のこなつ。


白猫は紫外線注意だっていうのを軽く考えて
屋上で日向ぼっこをさせていたら、2年分のうっかり日焼けで
鼻の頭のほくろがどんどん大きくなってしまった。

その他予備軍のシミもポツポツとたくさん出てきて
イメージ 2
こりゃヤバイ!癌になったら大変。
ということで紫外線禁止に。


日がなごろごろ寝てばかりの毎日
イメージ 1
こなつ:退屈だにゃ〜

トントン(現ごろまる)が卒業して遊び相手がいなくなってしまったこなつ。

いずもと遊んで欲しいけどちょっと怖いこなつです。
いずもはこなつを襲うタイプの犬ではないので
適当な距離を置いて一緒に過ごしています。
こちらが放っておいても平気だろう。

そのいずもはうちに来て1年が経ちました。

毎日毎日訓練した日々が走馬灯のよう過ぎて
なんか今回はすっごく早く過ぎた気がする。


2か月前から完全室内犬になりました。
イメージ 4
ちょっと、いい顔するようになったね。
やっと最近私には慣れて、親だと思って手をペロペロなめて甘えたりする。

イメージ 6
いずも:冷房LOVE

室内に入ってもクレートから殆どでてこないいずも。


でも昨日はちょっと進歩あり。
イメージ 5
クレートから出てきて私の前で寝てみている。

でも、触れないよ。
私の横で眠るこなつを撫でていたら
聞き逃してしまうくらい小さい低い声で「ウーウー」と警告吠え。
「俺にはやるなよ」か、もしくは「お前のその動作が嫌」のどちらかかな。

まだまだ油断禁物。

と、思っていたけれど先日うっかりミスりました。
狭い玄関の空間でいずもの横に立つ旦那。
私には慣れたから平気かな〜なんて思って見過ごしていたら

旦那が自分の頭を掻いた動作でいずもにスイッチが入った。
旦那がっつりやられました
イメージ 7
5日経ったキズですが
お見苦しい写真を載せてお詫びします

お盆休み初日にやられて不機嫌な旦那です。

よ〜く分かった。
いずもはやられるまえにやるっていう噛み方なのね

これでいずもちゃん、うちの子決定です

でも私、いずもちゃんが今までの犬の中で一番好きかも。
(痛い思いをした旦那には悪いが)
訓練性能はとても高く賢い犬で、よい警察犬になれる犬だと思う。

でもこんな噛み方するように育ててしまった前の飼い主さん。
無知がゆえに良い犬の素質を殺してしまいました。

今から警察犬の訓練をしたらこの子、なおさら壊れてしまいますから
我が家でのんびりゆったり、少しずつ遊びながら
服従心を育てる訓練をしていきたいと思っています。





開く コメント(0)

ごろまるサマーカット

サマーカットにしました!と里親様から写メが送られてきました。
柴犬カットのごろまるです。

先月1度トライしたものの、ごろまるはバリカンを断固拒否。
トラウマになるのを防ぐためにトリマーさん断念されたそうで。

最近の蒸し暑さはごろまるの皮膚には危険なんで
ごろまるになってから初めてのサマーカットです。
さぞやトリマーさん、奮闘したことでしょう。

かなり不機嫌そう...
イメージ 1
「いっぱい吠えてやったよ

でも、しばらくすると「なんか楽♪」ってご機嫌になるんだよね

紫外線には注意ってことで
この夏はどうか、かゆくなりませんように


開く コメント(0)

旅行に行きたくても
うちのメンバー全員”噛む子”なもんで
代わりに面倒を見てくれる人を探すのが一苦労。

噛む子だと話しただけで断るシッターさんが殆どだもんね。
そりゃ、気持ちは分かりますけどね。
でもこの度やっと、プロフェッショナルなシッターさんに巡り合えました

うちのメンバーに会ってもらい
「アプローチ間違えると本気噛みして穴があきますけど大丈夫ですか?」穴あく位なら軽い方だし
と何度も確認したけれど、
「ぜひ、お世話させてください!」と言って下さったたくましいお方

偶然、お世話になっているトレーナーのコナオさんと繋がりのある方でして
どおりでプロ意識が違うわけだ。

で、噛む子を託す以上、ぶっつけ本番はできないので
本番のゴールデンウィークまで1か月前から週に2回来てもらい
直前は週3回、みんなと慣れる練習をひたすらしてもらいました。
一度怪我したらキズは一生治りません。シッティング費用は惜しまない!


練習の甲斐もあって安心して旅行に出かけられ
またシッターさんが元気ハツラツな方だからメンバーも楽しかったんだろうね。
みんなシッターさんが大好きになったもよう。

うちでは犬より猫が人懐こい
イメージ 2
シッターさんいわくコナツが一番犬っぽいらしい

イメージ 1
うん、いい顔してる
いずもともすぐに仲良しになってくれました

イメージ 3
遊ぶと目つきが急変するりんさん

りんとも遊んでもらうようにお願いしたら
普段はおとなしいりんの目が急変したのを見てビックリしたシッターさん。
噛む子の片鱗を見たね〜
シッター業はただの犬好きには務まりません。
犬は難しいですからね。飼い主もね。

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事