むにゅ’s のぉと

現在、自分のリコメはしていませんが、直接コメントいただいた方のブログに訪問、コメントを最優先させていただいております。

全体表示

[ リスト ]

破魔矢の門柱

イメージ 1

イメージ 2

神戸で見つけた古いお宅の門柱。
わかりにくいが、矢絣の模様が入っている。
矢絣の家紋なのか?とも思ったのだが、
あまり矢絣の家紋というのは聞かないので、
伝統的な着物の柄をあしらってみただけだろうか?
仮に矢絣の家紋というのがあったとしても、
わざわざ家紋を門柱に使うだろうか?
家紋を重んじるならば、逆に門柱には使わないような気もする。
着物の柄の矢絣をあしらったとすれば、
それは、それで、「オシャレ」ということになる。
矢絣というよりは、矢羽根と見た方が良いのだろうか?
ちなみに表札に書かれていた名前は、
「矢」とは無縁そうな名前だった。
もしかして、弓道家として有名な方のお宅だったりして・・・・


☆☆と、ここまで記事を書いていたところ、
  sendodazoさん(http://blogs.yahoo.co.jp/sendodazo)から情報を
  頂いたので記事を少し訂正させていただくことにした。
  古武術をやっていらっしゃるだけに、正しい情報だと確信する。

よく神社などで売っている「破魔矢」だそうで、
魔よけの意味を込めて作っているのだろう。
さすが、日本の大工さんはこういうところにも
細かい気配りをさり気無く施してくれたものだ。

sendodazoさん、ありがとうございました!
  






閉じる コメント(34)

顔アイコン

魔よけなるのなら我家にも欲しいです でも私自信が入れなくなったりして あっ 集合住宅で門柱なんて付けられないわあ 良かったぁ

2007/5/18(金) 午後 0:46 ぶんた 返信する

顔アイコン

デザイン的には現代にも通じる斬新さがありますね。ポチ

2007/5/18(金) 午後 5:25 kot*ra1*46 返信する

顔アイコン

こういうさりげなく自己主張しないデザインって素敵ですね。

2007/5/18(金) 午後 9:34 [ - ] 返信する

TOKUさん>かなり珍しいと思います。まず、破魔矢を買う風習のあるお宅でないとダメでしょうしね。(アタシの実家では、そのような風習は一切なかったんですよ〜)宗教的な意味合いもあるでしょうしね〜

2007/5/18(金) 午後 11:02 むにゅ 返信する

末利花茶さん>かえって、探すとないんですよね。どうしても、無心状態の方が目につくのかもしれませんね〜アタシも変に功名心のようなものを持って歩くとまず、ろくな物しか見つけられないんですよ。

2007/5/18(金) 午後 11:03 むにゅ 返信する

tyaraさん>一度、通り過ぎようとしたんだけど、また戻って撮ったのよ〜思いっきり不審者だったかも・・・

2007/5/18(金) 午後 11:04 むにゅ 返信する

のっこさん>まさか、何十年もたってこんなに黒っぽくなるとは思わなかっただろうね〜なんでもメンテした方が効き目が上がるみたいなんだって〜

2007/5/18(金) 午後 11:05 むにゅ 返信する

ユージーンさん>あ〜じゃあ、やっぱりそうだわ!sendodazoさんは(多分)もともと関西方面の方だと思うんだけど、いろいろな古典的なことに造詣が深い方なのよ〜ユージーンさんの証言とあわせると確定だね〜

2007/5/18(金) 午後 11:07 むにゅ 返信する

メラさん>破魔矢だよ、これ。でも、家紋のネット検索は危険だよ〜家紋もかなり奥が深いからネットだけで調べない方がいいよ〜むしろ、やらない方が安全かも。

2007/5/18(金) 午後 11:09 むにゅ 返信する

はなちゃん>頭にスカーフだかバンダナ巻いてた人かな??

2007/5/18(金) 午後 11:10 むにゅ 返信する

虚空菩薩さん>そういえば、結構、お寺さんとか回っていらっしゃいますもんね〜アタシもこれ初めて見ました〜

2007/5/18(金) 午後 11:12 むにゅ 返信する

ぶんたさん>あ〜考えてみたら、うちもだ!うん、確かに家族で自分だけ中に入れなかったら、すごく悲しいかも・・・

2007/5/18(金) 午後 11:14 むにゅ 返信する

KOTORAさん>そうだね〜今、見ても決しておかしくないデザインだよね。

2007/5/18(金) 午後 11:15 むにゅ 返信する

おおむぎさん>昔、新築当時は目だったのかなぁ?今では、ボロボロになってしまって、パッと見てもわからないのにね・・・

2007/5/18(金) 午後 11:17 むにゅ 返信する

顔アイコン

ふ〜ん、破魔矢ねー!私も矢羽根かな〜と読んでた。。珍しいね初めて見ました〜ポチリ

2007/5/19(土) 午前 0:11 モモ猫 返信する

秋篠宮悠仁親王殿下がご誕生の際、矢のない弓の弦を2度引き放つ鳴弦の儀が行われましたね。悪霊の調伏にも鳴弦の儀は行われます。相撲でも弓取り式があるし、流鏑馬も神事だし、弓矢というのは魔よけに使われますね。今日見たテレビでも、風水に凝った女性が玄関に破魔矢を刺していましたよ。それにしても、門柱にこの模様は珍しいですね。

2007/5/19(土) 午前 0:45 眼とろん星人 返信する

破魔矢!実家では、毎年初詣の時にいただいていますよ。こんなに大きな破魔矢だったら、どんな悪いことも大丈夫って感じですね♪

2007/5/19(土) 午後 11:38 みっちゃん 返信する

モモ猫さん>う〜ん、もしかしたら矢羽根と見たアタシたちは別の意味で古いのかもね〜かなり古典読んだでしょ?今の人は矢羽根と見ることはまずないでしょうしね〜逆に魔よけの方のが自然な発想なのかもね〜

2007/5/25(金) 午後 5:04 むにゅ 返信する

スジャータさん>古代から矢というのは、日本では特別だったんだよね。「返し矢恐るべし」っていうくらい、呪いの念のあるものだもんね。逆にめでたい意味もあったはずなんだよね。でも、多分、ここのは破魔矢なんだろうね〜めでたい意味よりも呪いの念を払うためのものだろうね〜

2007/5/25(金) 午後 5:09 むにゅ 返信する

みっちゃん>もしかして神道でも破魔矢をもらう場合ともらわない場合があるのかな?うちは正式な神道ではないのよ。神棚はあったけど。だから一度ももらったこともなく、聞いたら、うちの場合はもらわないんだって言われたのよ。宗派とか神道にもあるのかな?よくわからん・・・

2007/5/25(金) 午後 5:10 むにゅ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事