ここから本文です
忠さんの独り言
忠さんの日常です

白銀の素晴らしさを魅入ったばかり、今度は真っ赤に染まる夕陽の美しさを見ようと話したら妻、すっかり病人?老人?扱い、一人では危ないと老老介護の付添いつきで崖上に・・・。 さぞや空中のチリも雪で拭い去ったかと期待したが、120km遠方の富士山界隈は雲に覆われ、しかも スッキリ感も見られなかった。

書庫その他の最新記事

すべて表示

    記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事