いくぜ・・・ むらちゃん!

2015年の言「今一度…夢さがし!」

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 

今日は、一人身なのでふらふらと…
 
 
いつでも気が向いたときに行けるように買っちゃいました。
 
 
 
イメージ 1
 
今シーズン初めてのワカサギ釣り。
どんな様子かな?とのぞくと見覚えのある車があり、やはり鈴なり名人がいらっしゃいました。
相変わらず優しくてそばに入れてもらい、私は、ひたすら1匹ごと?丁寧に釣っていました。…。
帰宅し、ざるの重さをひいてからワカサギを乗せると、なかなかの量でした。
そして先ほど、天ぷらにしていただきました。
 
イメージ 2
 
諏訪湖漁協のHPをよく見ると今のシーズンのワカサギは、ユスリカを食べているのでおいしくないと描いてあり…、複雑な気分でした。
 

スモークの味は?

昨日薪小屋が完成したので、息子と実家に軽トラックを返しに行ってきました。
そして、持ってきたものが、七輪!
前の引っ越しで私の七輪が捨てられたので、やりたくてもできなったことをやりました。
それは、「ザ・燻製作り」
 
夏休み、理科準備室のお片づけをして、エタノールの空き一斗缶が、2個で出ました。
それでふつふつと脳裏によみがえってきた燻製作り。
仕事の合間に燻製作りの方法を見ていると七輪で簡単燻製作りなるものを見て、これも夏休みやりたいと思っていました。
ただ、一斗缶を家に持ち帰るとまた、「かみさんがごみを増やして(怒)。」といわれるので、家にあるもので考えました。
イメージ 1
実家から、家に帰ると息子と桜の木のくずを七輪に入れ、火を入れました。
どうなるか興味津々。
途中明けてみたいのだけれどもそこは我慢。
イメージ 2
息子は、買ってきてガンプラ作り(もう一人でできるようになりました)。さすが小3.
で、私は、家まわりにほったらかしてある工具などの片づけ。
我慢とか言いながら、ちょっと覗くとなかなかいい色。
でもこのことが息子にばれ、怒っていました。
 
およそ、2時間黙々とやっているいるといい香りが…。家まわりを包みます。
で、息子がガンプラを完成させるともう夕方。
取り出してみると
あら、いい色。そしておいしい。
イメージ 3
早速夕飯に頂き、大好評。
ちょっと癖になりそうです。
 
 

かぁなり、疲れた♪

昨日、この夏休みに作ろうと決めていた薪小屋が完成。
薪片づけの際、長い原木だけを取っておき、長さをチェーンソーでそろえ、カインズホームで波とたん5枚を買ってきてやっと完成。休み休みやりながら、作成期間は5日。
イメージ 1
手前は、けがを冒してまで玉切りにしてある原木の数々。
奥は、作っている最中の薪ハウス。
一番奥は、今じゃ物置小屋&バイク小屋と化している初代薪小屋。
 
イメージ 2
昨日、波トタンを取り付けている風景。娘がとっておりました。途中巻が崩れ、こけたりもしました。また、ハチの巣もあり、虫よけスプレーで戦ったりもしました。原木の皮をむけばいいのですが、そこまではずくがなく…。自分としては納得の出来です。
イメージ 3
そして、昨日は、完成記念パーティをかみさんが開いてくれて、金賞受賞蔵の大好きな越後の日本酒を開けました。その味が美味くて一人でぽくぽくと4合近くいただきました。
今思えばもったいないですが…。
 
夏休みのやりたかったことが一つ完成です。
 
やっと、気持ち的に復活し、頑張るぞぉ♪8月に入ったとの矢先。
家の前にある大量の薪の材木をかたづけ用としたときに…。
 
チェーンソーの鋭い刃が左すねに当たり、すぱっと2㎝程切れました。
引くが削られ、びろぉんと、まぁ自分の足といえども気持ち悪い。
そして痛い。油断していました。
医者に行くか迷いましたが、我が家の看護師さん(かみさん)がホチキスをするより、今いいバンソウコウがあるから、切った部分の肉が盛り上がるのを待って…ということで、珍しいバンソウコウをしている羽目に…。
なんか体内の液がバンソウコウから見え、我が家の子どもからはミミズがはってるみたいと笑われ…(意気消沈)。
 
それでも、今年は、陸水研究会の研究をさぼる明けにもいかず、一応8月4日から毎日、投網を打ってます。
 
で、また薪片付けネタです。
おととい、本格的に連休休みになったことだし、薪ハウスを作ろうと薪を片づけていたところ、あしなが蜂にチクッと刺され、右手が膨れ上がりました。
よく、2回目以降なら、どんな蜂でも刺されると死ぬ可能性が高くなるといわれますが、何とか助かりました。久しぶりにアシナガ蜂にやられました。
今でも腫れていて、かゆみが始まって、やってられない今日この頃。
 
で、オリンピックも終わりましたが、毎夜、見てました。
なでしこにしろ、男子にしろサッカーなんて、私が本気ではじめから見ると負けるジンクスがついてしまいました。
なので、女子バレーは見なかったら、見事に韓国を下し、男子サッカーのリベンジを果たしてくれました。
 
早々釣りのほうは、さっぱり釣れません。
朝部活を陸水の調査ついでにちょこっとルアーを投げているのですが…。
で、いよいよ釣りの本題。
今日それでも、と思い、調査地でエッサマンでぶっつけのもやっとしたところで、1本出てくれました。
調査地は、天竜でも絶対魚が一時休憩するところ、いるはずだと決めて遡上調査をやっているところ。
ルアーでも、一回ググッと来ましたぁがありました。
でも、一向につれないので、今朝はエッサマン。
 
ちなみに調査に入る前、5時ごろ、下伊那天竜でもこの夏季シーズンの超有名場所に立ち寄ると某ハンドメルアーマンがやっておりました。超有名場所は、激混みです。この土日も朝早くから人がいました。
あいさつでもしようかと思ったけど、時間がもったいないのでやめて調査地に…。
で、調査で投網を打つと、朱点がないアマゴが採れました。
天竜の水位は、調査始まって最低水位。よく遡上したものだ。
丁重に奔流に戻し、調査を終わりにし、いよいよエッサマン。
上のぶつけから、どんどんテトラ帯にぶつかるところを3B+2Bで、強引に出目探っていくともやっとしたところで、ふわぁんと目印が変な動き、おやっとあげると、ちびヤマメ?朱点がないんです。
こりゃ、また、偽物アマゴが採れました。さっきより幾分でかいです。
ふと、先日、山吹支部の理事の方が、金、土当たり、アマゴを放流すると聞きましたが、もしかしてそれ?と思うが、放流サイズは、この2分の1サイズのはず。
本当に不思議です。
しかもマス針10号のデカい針にデカいミミズ君のえさに17㎝魚がかかってきました。
お気の毒としか言えません。
でも、さすがマス針、返しが強く、そっと抜いても魚はダウン。
リリースサイズですが、これは先が短いと思い、キープ。
しかも取り組むときにいっちょ前に本流の流れに乗りながらローリングをするので、ラインのまきつき跡が残っています。
ストリンガーでつけるのもなんかかわいそう。
そして、また探っていくと、同じようなもやっとしたところで、ごんと勢いよく目印と手元に来るあたり、即座に合わせると、引きます引きます。
こりゃぁ、アマゴ君の本命かぁと、嬉々として寄せるとニジマス君。
でも、今年の下伊那天竜では、虹君でも貴重な一匹。
測ると31㎝。
イメージ 1
 
いつもの賞味1時間半くらいの朝部活なら、納得サイズです。
 
で、7時半に納竿し、雨が降ったりやんだりの中、薪ハウスを作っていました。
 
おまけに土曜日の話。
調査地で、網を打っていると1匹アユがとれたので、家に引き返し、調査地上で初アユの友釣りをやりました。
なんと、2回の親子どんぶり(泣きました)を合わせると3匹も、天竜本流でアユを仕留めることができました。
ナイロン0.3号では、天竜本流のアユは、抜けません。
天竜の急瀬だとハリスは、長めが良いとか手持ちのスティング6.5号より、Jトップ7、5号のほうが良いとか身をもっていろいろ勉強しました。
アユの22㎝ってでかいです。
イメージ 3
調子に乗って、土曜日は、5時間も天竜本流にドップリつかっておりました。
それにしても天竜本流で、アユ竿を握っている人はほとんど見かけません。
みんなどこに行ったのかしら?
でも、豪快の引き味にまた、機会あったら、やろうかなぁと・・・。
今度はメタルの1.25号の仕掛けがあるので挑戦したいなあとと思っていたら、この雨…。
まぁ、あかぐされをとってくれる恵みのアユかな?
 
 
 
 
おっと、我が家のカブトムシもお盆なので、里に帰れということでふたを開放しました。
自然に自然に帰ってくれということです。
夏を楽しませてくれたカブトムシともお別れです。
また、来年ということで、息子も納得の様子。
イメージ 2
 
ぼやきなブログを読んでくれてありがとうございます。
では、また…。

7月なお得なこと

7月より、我が家に大量のカブトムシ毎日毎日に訪れました。
外にこのようにスイカ(下痢を起こすからやめなと息子に言われるのですが、カブトムシも食糧難なので、バナナ、スイカ、メロン、モモ、ありとあらゆる果物を餌として入れます。
するとたくさんのカブトムシが、一晩に2〜3匹は来るんです。
イメージ 1
その合計、60匹近く。
息子と採りに行かなくて済んでいました。
それより、外に置いてある、カブトムシ入れのそばを見るのが毎回楽しみな日々。
イメージ 4
でも、8月に入ったら、ぱったりと飛んでこなくなりました。
やはり夏は、カブトムシです。
 
 
これも7月のこと、本当に疲れていて、川に入る元気もないので、久々のルアーの感触を味わいに平谷フィッシィングスポットに行ってきました。
以前、JAFから届いたお得な情報を見ていると、会員だと500円OFF.
そんな割引のきく管理釣り場は耳にしたことがないのではないので前から行きたいとおもっていました。
我が家からおよそ50㎞。でも標高800m。
さぞ涼しいだろうなぁと、バイクに管理釣りタックルを載せていくも、風は冷たくて気持ちよかったのですが、釣り場は日差しを遮るものもなくめちゃくちゃ暑いです。
一日やって釣果は以下の通り。
朝の9時くらいで辺りは遠のきました。
イメージ 2
 
イメージ 3
ハンドメキャッチは、2匹。
いずれも虹…。
キープしたのは、25㎝〜30㎝くらいの虹と岩魚です。
ばらしも多く、しぶぅい時間が多かったです。やはり管理釣り場は小さいルアーで餌に似たもの、そして、見切り(すれる)のも早いです。
 
久しぶりルアーマンでのブルルン♪を感じたのですが、私にとって1日中同じところでぐるぐる回って釣りをするのは、体力的にも精神的にも疲れました。
でも、魚がどういうところにいるかが改めてわかるいい勉強にもなりました。
 
 
そして、一昨日、実家に泊まって、朝練をして昨日9時半までに帰ってきました。
わが子の学校のプール当番。
そして、教育会の陸水研究会の調査が始まりました。
魚の遡上に月の満ち欠け、つまり、大潮は関係あるか?です。
どうなることやら・・・です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事