ここから本文です
公務員実名記載ブログ!!(旧かしわの犬 広域版)
問題公務員を実名で取り上げる!!
この話は今まで何度か記事にした。なぜ再度書き直し記事にするかと言えば、これに関係するYouTube動画を最近見たためだ。(上記タイトルで「思い出」と記した。そのように記すのはふさわしくないかもしれない。しかしそれ以外に考えつかなかった。)
 私が数年以上前、都内で塾講師をしていた時の話である。その時塾にきてはいなかったがエミ(仮名当時13歳) という子の話である。最初エミの話を聞いたときに非常に驚いた。本当なのか?と思った。小学生の時から1人で住んでいるのだと言う。「え??」と思った。よく聞くと次のような経過であって本当だと思った。最初本人を残し両親がどっかいってしまった。(実はこういう話は結構あるのだ) そこで児童養護施設に入ったと言う。でも児童養護施設はとても嫌だったらしい。「らしい」と言うのはこの話を聞くと、エミは黙ったまま何も言わなくなってしまうからである。しかし「黙ったまま何も言わない」と言うのは逆にかなり嫌だということが想像がつく。
 ではこういう子たちはどこへ行くのだろうか。暴走族やゲーセンにたむろすると言うのは全くの一昔前の話だ。読者諸氏もゲーセンに行ってみればいい。(ゲーセン自体の数も少なくなっているが)夜になると10代はほとんどいない。さらに暴走族と言うのもほとんど存在しないだろう。
受け皿は暴力団と風俗でしかない。時代は全く変わっている。例えば「援助交際」は 10代の間では「ダサイ」と言われるようになっている。家出をしてきた少女やお金のない少女がやっているーと言うのが最近の状況である。気楽に援助交際をしてますっていうのはバブル期の話だ。またピン(業界用語で1人) で援助交際をする少女と言うのはあまり存在しなくなっている。まず、ピンで援助交際をすると、取り締まりが強化され補導される可能性があるからだ。(少女側に罰則は無い) 
またピンで援助交際をすると様々な危険があるためである。だから最近は違法な風俗に行くケースが多いと言う。
 エミもA会と言う暴力団と知り合いになった。暴力男側から少女たちを集め飲み会などをやっているのだ。私はある時エミに聞いた。「なんでそういう奴らのところに行くんだ? 」エミは《困ったことがあったら何でも言え。助けてやるって言われたから》と言っていた。(当時13歳のエミは働くことが法的に許される年齢ではない。雇用した側も労働法や労働基準法違反になる。私はこの時『そんな所へ行くな』とか、『児童養護施設へ帰れ』などと勝手な事は言えなかった。エミの状況を知っていたし、私が言ってもその通りにしない事は分かっていたからだ) 
 この様に記すと、エミはものすごく世間にズレした、タチの良くない少女と思うだろう。しかしそれは全く違う。話してみればわかるが「幼い少女」でしかなかった。否むしろ純真だったかもしれない。ある時私が「エミは、もったい無いんだよな。いろんなことをものすごくよく理解する。理解力もある。性格も悪く無いし」するとエミはじっと真剣に聞き言っていた。こういうところがあるから憎めない。本人も仕事をするか(前記した様に13歳では働くことができない)学校へ行きたいと思っていたのだろう。
 それから何年かしてエミはメイクの学校に言っているとうれしそうに言っていた。おそらく暴力団のまとめ役の男に費用を出してもらったのだろう。そして最後に携帯で話したときエミはざわざわとしたお店の中にいて酔っ払っていた。しかしとても丁寧な口調だった。
最初、私は小学生の時から1人で住んでいる子(といっても同居はしていないが、エミの様に誰かに保護されていたりもするのだ)がこの日本に存在するのか!と衝撃を受けた。しかし同時に、私は世間を知らないのだーと思った。その児童養護施設を見学もした。
児童養護施設の現状については下記の動画が参考になる。
(赤い三角ボタンをクリックすれば再生される)


次の著書は7年くらい前のものである。また現状は変わっているかもしれない。


(リンク先がAmazonになっているが広告の目的でのリンクではない。本の紹介がこれしかなかったためである。)

塾講師をしていた都内某所。
イメージ 1

ゲームセンターはそもそも10代のたまり場ではなくなった。
イメージ 4

 10代は夜にはいない。
イメージ 2


よくエミ達がたむろしていた繁華街。エミは同じような境遇の子たちと友達になっていた。今はエミ達を見かける事は無い
イメージ 3


この記事に

このブログについて。

このブログの前身である 「かしわの犬」でも記しているように、このブログは複数名で週に1 、2度集まって記事を持ち合って発信している。ブログのIDとパスワードはそれぞれが使えるようになっている。原則的には集まって発信することにしている。ブログの趣旨と異なることを発信するのをそれぞれチェックするためだ。(ただし原則的には個々の発信は自由) そして、このブログの機能である日時指定投稿(予約発信) で投稿を行っている。
 したがって記事の内容が前後したりする場合がある。 
またコメント欄を閉じてあるのは次の理由による。市役所職員名を名乗った書き込みなどが度々あったため。また無関係な質問をしてくる人(お断りしているにもかかわらず複数回してくる) 。このブログの発信と同時に市役所に対する取材もしている。つまり、エゴな質問に対し答えている時間や労力をさらに使わされるのは迷惑である。また質問といっても問題解決の質問をされた場合、適切な回答するためには、それらについて調べなければいけない。それは前記したように他のことも行っているのだから労力や時間に限度がある。またこのブログは仕事でもなければ、費用をもらっているわけでもない。つまり、誤解を恐れず、あえて率直に言えば、それらに回答する義務はない。(このような記し方を冷たいと思うか?なぜこのように記すかと言えば、最初は丁寧にお断りしていた。しかし、それでもさらに質問してくる人たちがいる。従って明確に記すことにした)
そして、これらのユーザに対しブロック機能が機能しない場合がある。(例えばリンクから飛んでくる場合など) よって、コメント欄を閉じた。
以上、誤解を無き様。

この記事に

また、あの馬鹿げた我孫子市のことを記そう。ネットで検索してみればわかる。検索して出てくる我孫子市議員のブログ、 Twitter 等は全て市役所賛美、我孫子市賛美の馬鹿げた有様である。そもそも賛美しかないと言うこと自体、胡散臭くないか?と言うか胡散臭さそのものである。言い換えれば、悪い物にふたをしているに過ぎない。仮にすべていいと考えていたら、その議員はよほど無能であろう。www
 あるいはネットも出来ない、もしくは出来ても多少だけの高齢ジジババ議員。こういう議員たちは、仮に良い考えを持っていたとしても、将来は暗い。そもそも、今時チラシがポストに入っていても読むか? (もちろん市政報告も行わないあの議員よりも良いかもしれない。ww)私は郵便物以外は、全てゴミ箱に入れている。
 特に20代ともなればそんなものを読むひとは、ほとんどいないだろう。また新聞を読まない、ひとも多い。(それがいいかは別だが)つまり、そういった20代に対し何の発信もできないのだ。さらに20代の場合どちらかと言えば市役所のやっていることをそのまま信じている人が多いのではないか。
つまりこのような馬鹿げた状況が千葉県我孫子市なのである。くだらない自治体である。ww


$(function(){
    $(document).on('contextmenu',function(e){
        return false;
    });
onselectstart="return false;">

この記事に

転入はやめておいた方が良い理由!
1市民への扶助は少ない。逆に職員は自分たちの給料たくさんアップしている。(県内でもトップクラス) 
イメージ 1

イメージ 2

 2子育てのしやすい街は真っ赤な嘘。保育園の空席が多いだけ。その理由は人口減少の為。子供の福祉に力を入れているわけではない。それに付け足しのような扶助はしている。それも恵まれたものへの扶助である。家を建てられる人への扶助。

 3 上記1の結果、市民への扶助を切りまくる。デタラメを言ってまで切りまくる!!
                        クリック!!
(チャンネル登録はこちらから➡https://youtu.be/vjk339n1gRA

 4とても不自由な市町村である。自由にものが言えない。このブログのように率直な感想を書いただけでも、やめないと訴えるなどと市役所から通知が来る。

イメージ 3

イメージ 4

エゴで身勝手で被害者意識が強いのがこの我孫子市役所の職員である。
そして自分たちは不祥事し放題!!

逮捕者が続々と!!
イメージ 5

イメージ 6

税金の無駄遣いが多いと言う評判の!無愛想な市長!!
イメージ 7


$(function(){
    $(document).on('contextmenu',function(e){
        return false;
    });
onselectstart="return false;">

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事