ここから本文です
香美町観光案内所 香美町村岡観光協会ブログ
兵庫県の北部 香美町村岡の観光案内、イベント情報などなど最新情報をお知らせします!!

書庫村岡城下めぐり(歴史)

記事検索
検索

全1ページ

[1]

村岡城下めぐり 〜見どころたずねどころ〜


☆山名家墓所・一二峠墓地☆

   こんにちは♪

   今日は、村岡区萩山地区から小代区に抜ける一二峠(ほいとうげ)

   にございます、山名家墓所・一二峠墓地をご紹介します。

    村岡藩主第3代山名矩豊公が寛永19年(1642)初入国した時、

    初代豊国公の供養のため、造ったものです。

    豊国公が全領地を見渡せるようにと、中心地に近い、この地に

    造った訳です。

    この墓所におまいりすると毛虫に刺されないと言われています。



   ↓一二峠へはコチラ
イメージ 1


   ↓峠の頂上付近、「香美町村岡有機センター」の看板の先を

     右折すると、階段の前あたりに駐車できます
イメージ 2イメージ 3

   ↓案内板
イメージ 4


   ↓階段を上ります
イメージ 5イメージ 6


   ◆◇ お問い合わせ ◇◆

     ☆ 香美町村岡観光協会 TEL:0796-94-0123

この記事に

村岡城下めぐり 〜見どころたずねどころ〜


☆黒野神社☆

   こんにちは♪

   今日は、黒野神社をご紹介します。

    平安時代に黒野経秀が創建したといわれる延喜式内社です。 村岡の氏神社として

   敬われ、七美の郷の総社志都美(上・下)神社をいっしょにまつり、伊津岐三柱大明神

   と仰がれて現在に至っています。 江戸時代に、村岡藩主山名氏より、守護神として

   厚く敬われました。 したがって山名氏の大名行列の諸具をはじめ、遺品がたくさん

   保存されています。 また、国指定重要文化財で、室町時代のものといわれる釈迦十

   六善神像図が所蔵されています。 繊細で、色彩も鮮やかです。 さらに鎌倉時代の

   貴徳面も所蔵されています。


   ちなみに、釈迦十六善神像図のレプリカが、村岡歴史館に展示されています。

   ↓釈迦十六善神像図(レプリカ)
イメージ 1イメージ 2


   ↓黒野神社の場所はコチラ
イメージ 3


   ↓この鳥居が目印
イメージ 4イメージ 5

   ↓階段の手前、右側に、金刀比羅宮天満宮
イメージ 6イメージ 7イメージ 8

   ↓階段上って正面に、黒野神社
イメージ 9イメージ 10

   ↓天満宮
イメージ 11イメージ 12

   ↓稲荷神社 愛宕神社 西宮神社
イメージ 13イメージ 14

   ↓皇大神社
イメージ 15イメージ 16

   ↓本殿の屋根組み・彫刻
イメージ 17



   黒野神社では、毎年『村岡ゑびす祭り』があり、境内の西宮神社を中心に

   1月9日(宵ゑびす)と10日(本ゑびす)の2日間、とても賑わいます。

   ↓祭りの様子
イメージ 18イメージ 19イメージ 20



   ◆◇ お問い合わせ ◇◆

     ☆ 香美町村岡観光協会 TEL:0796-94-0123

この記事に

村岡城下めぐり 〜見どころたずねどころ〜


☆山名家墓所・坪谷墓地☆

   こんにちは♪

   今日は、山名家墓所・坪谷墓地をご紹介します。

   第3代村岡藩主山名矩豊公から第10代山名儀問公までの8代公の墓と

   重臣であった中村氏、三上氏、垣屋氏の墓があります。


   ちなみに、第11代義済公、第12代義路公、第13代義鶴公の墓は、

   御殿山公園の記事で紹介した桜山御廟にあります。


   ↓山名家墓所・坪谷墓地の場所はコチラ
イメージ 1


   ↓この看板が目印
イメージ 2


   ↓コチラの坂道を上ります
イメージ 3イメージ 4

   ↓重臣の墓
イメージ 5


   ↓上に歴代藩主の墓があります
イメージ 6


イメージ 7イメージ 8


   看板にもございますように、聖域の尊厳を汚さないよう参観して下さい。


   ◆◇ お問い合わせ ◇◆

     ☆ 香美町村岡観光協会 TEL:0796-94-0123

この記事に

村岡城下めぐり 〜見どころたずねどころ〜


☆御殿山公園(山名陣屋跡)☆

   こんにちは♪

   今日は、歴史シリーズ第2弾!! 御殿山公園をご紹介します。

    村岡山名藩祖の山名豊国公は、慶長5年(1600)関ヶ原の戦の功により、翌6年

   (1601)正月、七美郡(旧村岡・旧美方両町と旧関宮町の一部)を徳川家康公より

   与えられました。 最初、陣屋を福岡に構え、ついで山名矩豊公が、村岡の民族資料館

   "まほろば”附近に移しました。 文化3年(1806)8月に御殿山に城郭造りの陣屋

   を新築し、以後、明治4年(1871)の廃藩に至るまで続きました。


    山名氏は禄高6700石の旗本並みでありましたが、家系を重んじられ、3代矩豊公

   のときに寄合衆に列せられ、外様大名待遇とされました。 明治元年(1868)第11

   代義済公のとき加増され、11000石となり、村岡藩と呼ばれるようになりました。

   義済公は廃藩に際して、いち速く自ら陣屋を壊して尊皇恭順の意を示したといわれて

   います。 この一隅に義済公、第12代義路公、第13代義鶴公の墓があります。



   ↓御殿山公園の様子

イメージ 1


   ↓桜山御廟
イメージ 2

イメージ 3


   ↓陣屋奥方部屋
イメージ 4


   こちらの奥方部屋の襖に使われていた取手金具が、先日紹介した

   村岡歴史館に展示されています。↓

イメージ 5




   ちなみに、御殿山公園は桜の名所の1つでもあります。

イメージ 6 イメージ 7

   ↑左右ともに、2009年4月撮影。

   ↓今のところ桜の蕾は硬く、まだまだほころびそうにありません

   でしたが、今年の開花はいつ頃でしょうか。。。

イメージ 8


   もう少し温かくなりましたら、桜の様子もお伝えしていきたいと

   思いますので、ブログをチェックして下さいね♪



   ◆◇ お問い合わせ ◇◆

     ☆ 香美町村岡観光協会 TEL:0796-94-0123

この記事に

村岡城下めぐり 〜見どころたずねどころ〜


    江戸時代の初期、山名氏が陣屋を構えてから、香美町村岡区(旧村岡町)は11,000石の

   城下町として栄えました。 かっての町には殿町に武家屋敷、旧街道に形成された町人町

   と、それに交差するこの殿町を登りつめた山麓に陣屋がありました。 侍町と町人町とは、

   中小屋川と街道に開く郭門で区切られていました。 現在、殿町に残る武家屋敷が、村岡

   の昔日の姿を伝えています。 町を北から南へ流れる昆陽川と、これと交差する旧街道付

   近に、まとまって古い町並みが残っております。 路のつきあたりの寺、旧街道筋に町家

   がつらなり、川筋の情緒など当時の面影が残されています。


☆村岡歴史館☆

   こんにちは☆

   今日は、村岡歴史館をご紹介いたします。

   以前は御殿山公園の村岡藩資料館にあった資料を、

   香美町村岡地域局の3階に移設しました。

   見学受付は1階の地域振興課で、使用申込書に記入すると、

   係の方が鍵を開けてくれます。

   土・日・祝日は地域局がお休みのため、ご利用頂けません

   のでご注意下さい。


   天井のライトが映りこんで見にくい写真もありますが、

   中の様子はこんな感じです↓


イメージ 1イメージ 2

 ↑ 左: 陣羽織など   右: 山名候入部の景

イメージ 3

 ↑ 大きな地図

イメージ 4イメージ 5イメージ 6

 ↑ 左: 家紋幟  中: 村岡藩の藩札  右: 藩札と私札

イメージ 7イメージ 8

 ↑ 左: ミニエール銃  右: 陣屋瓦など

イメージ 9イメージ 10

 ↑ 左: 山名系図  右: 村岡藩年表

イメージ 11イメージ 12

 ↑ 山名 子供大名行列の様子

イメージ 13

 ↑ 村岡ふるさと探偵団の手作り資料


   見学中、展示品にお手を触れないよう、お願い致します。

   また、お帰りの際は、地域振興課に一言お声掛け下さい。


   ◆◇ お問い合わせ ◇◆

     ☆ 香美町役場 村岡地域局 TEL:0796-94-0321

     ☆ 香美町村岡観光協会 TEL:0796-94-0123

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事