ここから本文です
香美町観光案内所 香美町村岡観光協会ブログ
兵庫県の北部 香美町村岡の観光案内、イベント情報などなど最新情報をお知らせします!!

書庫山陰海岸ジオパーク

記事検索
検索

全1ページ

[1]

 山陰海岸ジオパーク
 ジオツアー視察〜山編〜
 
 
    こんにちは
 
    昨年10月に、『山陰海岸ジオパーク』の『世界ジオパークネット
    ワーク』加盟が認定されてから早8ヶ月
 
    一言に山陰海岸ジオパークと言っても、対象地区は鳥取県から
    京都府まで広範囲にわたります 山陰“海岸”の響きから、海
    を連想されがちですが、山もエリア内に入っているんですよ
 
    そして、鉢伏山から日本海まで続く細長い香美町は、海・山・川
    の魅力満載な町なんです
 
 
    そこで、香美町内3区の観光協会(村岡・小代・香住)が合同で
    ツアーを組んで、お客様に香美町のジオを満喫してもらおうと、
    ただいま企画を進めております
 
    まずは、ツアーで立ち寄る候補地の視察ということで、6/15に
    『山のジオ』、小代区と村岡区を巡ってきました
 
 
    最初に訪れたのは、昼食予定地の「滝見亭」さんです
    小代区の久須部渓谷の入口にあるお食事処です
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    2階の座敷からは久須部渓谷を見下ろせます
    山菜料理や但馬牛、川魚など、地元の山の幸たっぷりのコース
    を用意して頂きました ツアーは11月下旬の実施予定で、
    写真の料理内容とは多少異なりますが、その時期の旬の食材を
    使った料理をご賞味頂く予定です
 
イメージ 2イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
イメージ 13イメージ 14
 
 
 
 
    食後は、久須部渓谷を散策しました
    滝見亭から渓谷沿いの道を進むと、5分も歩かないうちに
    があり、渡って左手に「要の滝」、右手に「三段滝」の三段目
    があります
    さらに階段を上っていくと、「三段滝」の二段目が見られます
 
イメージ 15イメージ 16
 
 
 
 
 
イメージ 8イメージ 9
      「要の滝」
 
 
 
 「三段滝(三段目)」
 
 
 
   「三段滝(二段目)」
 
 
 
 
 
イメージ 1
   次は「吉滝」です
   駐車場横にジオパークの
   看板が設置されました
   近くに「落石注意」の看板   
   もありましたので、道中、
   ご注意を
 
   滝までは舗装された坂道
   を5分程下っていきます
 
 
イメージ 5イメージ 6
 
 吉滝手前の渓谷
 水が冷たくて気持ち
 良かったです
 
  別名「裏見の滝」とも
  言われる「吉滝」
  落差30m(上段25m、
  下段5m)で、360度
  ぐるりと滝を見られる
  珍しい滝です
 
 イメージ 7
    吉滝の近くにある、日本の
    棚田百選「うへ山の棚田」
    にも立ち寄りました
 
    徐々に苗が伸びて、緑が
    濃くなっていきますが、今
    はまだ、水面にうっすらと
    空が映るくらいでした
    稲穂がギッシリになった時
    も、キレイですよ
 
 
    小代区の後は村岡区で、日本の滝百選 名勝 「猿尾滝」や、
    「女郎滝」などを見に行きました
 
イメージ 10イメージ 11
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   猿尾滝(村岡区日影)       女郎滝(村岡区耀山)
 
    募集広告に使用する写真撮影や、移動距離・時間の確認も
    出来ました
    ツアーの詳細が決まったら改めて紹介しますので、それまで
    楽しみにお待ちください
 
    実は、後日、ジオツアー視察〜海編〜にも行ってきました
    そのときの様子は、また今度紹介しますね
 
 
 
         村岡の観光・宿泊のお問い合わせは   
 
   0796-94-0123   0796-94-0331
  
  テ レ ホ ン ガ イ ド   0796-94-0001
  FAXポーリング機能  0796-94-0331
  Twitterアカウント    tajimamuraoka
  
   近隣の地図・パンフも置いています
      お気軽にお立ち寄り下さい
   同窓会・クラス会用の地図・パンフ等、
     人数分ご用意致します
      お気軽にお申し付け下さい  
  
  香美町ゆるきゃら 『但馬牛太郎』です

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事