ここから本文です

三宅島 初上陸!

2/16(土・夜)〜19(火)
今年は絶対に行ってみよう! と決めていた三宅島。行ってきました!

16日(土)
22:30発の橘丸。初乗船。さるびあ丸とは違うところがたくさん
ママは腕と足が筋肉痛で、船内探検せずに就寝。パパは探索 
イメージ 1

イメージ 2


17日(日)
4:50 三池港に到着。まだ真っ暗。お世話になる ホテル海楽さんの車に、もう一人のお客様と乗車し宿へ

この日は磯案内を頼んでいなかったので 堤防でやろうと思っていたら 桟橋は波が被っている。入口のゲートも閉まっている。もちろん 見える近くの磯も波を被りダメ。歩いて行ける場所は近くの港だけ。
宿の方に送ってもらい、「こんなところもありますよ」と いろいろ教えて頂きながら 釣り場を決定し、準備開始

潮のにごりがあって 底が見えない
なにかいそうな感じ・・
三宅島の1匹目
パパは タカッパ!
ママは デカイ! うそでしょー いきなりこんなのが来るの〜
心の準備も身体の準備も出来てない中で ブトちゃんがドーン!
イメージ 3

イメージ 4


その後は
チビフエフキが活発になり
チビフエ、チビフエ、たまに メジコ(リリースサイズ)やクロサギ、ブーちゃん、クロちゃん、ムロアジにオバQ、チビソイ、名前のわからない魚が楽しませてくれました
パパの最大メジコは尾長の43.5でした
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


夜は定番 ハタンポ攻めで終了

20時〜夕食を頂きました
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12


18日(月) 晴れ
バイキングの朝食を食べ
イメージ 13


ママの体調がイマイチなので、磯案内は次回に持ち越し、徒歩で桟橋へ

浮きグレが長い帯を作って ぐれてました
パパは ぐれてるメジコを1匹釣ろうと投げ続けたけど すべてスルー

際は秒殺、沖もエサ取りの中で、なかなか釣れません

午後になり、際でエサ取りを突破できた時に 足裏超サイズが数匹

14時位に場所を替え(堤防の反対側)
パパの第1投 グイ―――ン! 来たよ来たよ! 重い! 最近好かれてるサンちゃんをゲット。パパはサン連でサンちゃんゲット!
イメージ 14


ママの第1投 グン! ブーちゃん。

こりゃー何か来るぞーーと思ってたら
ヒュッ! ん?重い! グイ―――ン ジ―――。なんだこれ 強い! パパと交代してゲットしたのは オキナメジコ
イメージ 16


同じ所でもう一匹。2.5kg47を超えるデカオキナでした

その後はパパに イッシ―もゲット

三本岳に太陽が沈む「ダイヤモンド三本」 眩しかった!
イメージ 15


夜になり、気分転換で堤防の反対側の際に仕掛けを入れると・・・サバ
パパもサバ

元の所に戻り 遠くに投げると・・・ デカサバ
際でひっそりとやったけど 定番のハタンポ で終了

19日(火) くもり
ママは体調不良のため、パパだけ釣りへ
まずサバ。足裏超のメジコを2匹ゲットで 終了

片づけして 昼食を食べ
13:45発の橘丸で帰宅
イメージ 17


ママは 法定伝染病ではなかったけれど、いまだに完治せず。
ふらふらママにはオキナメジコ様は重すぎたので 卵たっぷりだったけど扱いやすかったブトちゃんの魚拓を取りました。オキナ様ごめんさない!

近くに見えた磯もいい感じだったので 体調の良い時に また行ってみたいな!
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27


1/18、19(金、土)
地磯カップのメジコをゲットするために 去年と同じく大島へ

初日
竹芝→大島→熱海の周遊ジェット船きっぷでお安く行くために 竹芝出発は13:20
船内で昼食。いざ大島へ!
イメージ 1


パパは直接、ママは宿で準備して磯へ

パパは でっかいメジコ様をゲットしているイメージをしていたのに 予定していた磯には先客が4人も! 仕方がないので 近くの磯へ。でも初めての場所
パパは水深や根やママが入れるかを確認しながらも、先客がいる場所が捨てがたく、いつまでいるかを確認に行ったそうな

そちらは釣りを始めたばかりと言うことで、あきらめて
初めての場所でチャレンジすることに

準備をしながら夕陽が沈むのを見る。 『おー びゅーてほーー!!』
イメージ 2


釣り始めてすぐに 魚の気配あり
数投目に チビメジコをゲット。小さいのでリリース
イメージ 3


続いてメジコ。大きいのいるかもねー と思ったけど 釣れない
向かいに入った釣り人さんは メジコらしき魚をゲット
後ろの釣り人さんは ふぐ

その後、魚の気配がなくなり 餌が残り 沈黙〜
遠投したり たなを変えたりしたけど 沈黙〜

向かいの釣り人さんがこちらにやって来た
「こんばんはー どーですかー」
おっと HAYAさん。全然分からなかった! HAYAさんは 「気になる場所」へご移動!

潮が引き始めてしばらくすると・・・
ウキにかすかな反応。「何かいる」・・・ その正体はメジコ

やっとやっと釣れたメジコ様。目標サイズより小さいけれど 5匹揃えるために
パパは2匹、ママは1匹をキープ
それ以外は 「おじさんでもいいから来て!」って言ったら ホントに ちいさなオジサンが来てくれたのでキープ

22時ちょっと前に終了し宿に戻り HAYAさんとプチ宴会
イメージ 4


2日目
前日入れなかった場所に入るため 日の出前に磯へ

メジコ来い! と念を込めて餌を投入するのに なんも来ない!と言うか 餌が丸残り。たま〜に 取られる時があるけど メジコ食べではない。パパは結構 餌を取られていたみたいだけど 何も掛からない

10時頃 HAYAさんがやって来て その場でお湯を沸かして あったかいコーヒーをごちそうしてくれた。「あー おいしぃーー!」
さすがに大島、極寒ではないけど 何も釣れず 動かないので寒い。足も固まっていたので めちゃ嬉しかった!
イメージ 5


ママは 昨年釣った まーちゃん(真鯛)も釣りたかったので まーちゃん来い!メジコ来い!!
と 言いながら釣り続けたけど 餌はきれいに残ることが多かった
そんな中 チビハタ君を2匹ゲット。でもメジコは釣れず 時間だけが過ぎていく

夕方になると いきなりアタリが出始めた
コマセにも この日初めて魚が群がった。 ついに来たぞと思ったけど 来たのはクサフグ。パパはしっかりゲットした!

そのクサフグも長くは居座らずに どこかへ行ってしまい、また沈黙が・・・

またまた夕陽が沈む時間が来てしまった。秋の雲 ウロコ雲も きれいで感動!
イメージ 6


7mくらいの向い風の予報。それほど強くは感じなかったけれど 波とうねりが強くなってきた

月のあかりはあったけれど 完全に夜になると 遂についメジコ様がお出ましになった
波があって メジコがなかなか たもに収まらない。タモ係のパパは相当頑張った!

21時の時点で ママは5匹ゲットに でかでかオジサンもゲット
パパは4匹。あと1匹がなかなか来ない

パパ頑張れ!といいながらママが仕掛けを入れると ママの餌を喰って来るメジコ
この日のメジコはママが好き!

でも パパの餌も喰った! ウキがすーっと沈んだのに パパ合わせない!
なぜだ? お茶を飲んでた。直ぐにやり取りしないで泳がせてる
水筒の蓋を閉めて ようやくやり取り。余裕だね〜
メジコはかなり大きい。タモを出し、メジコがすーっと網に入って行くのが見えたので おめでとう〜 と言ったとたん。「あっ!」とパパ

ハリスが切れて メジコは逃げて行った・・・

あと1匹が釣れないパパに また掛かった。重そう きっとデカいぞ!
良かったね〜 と言いながら 浮いて来た魚を見ると 赤い! オヤジだ!!

オジサンか〜と言いながら タモに入れ よいしょよいしょとタモを縮めていくと・・・
いきなりバシャ!! 何が起きた???
タモの網のネジが緩んでいたようで・・・ 落ちた!
タモ網は即 海中に沈んで行ってしまったけど オヤジはしっかり針に掛かったまま

重いオヤジをビューーンと振り上げて ゲット!

さあ、あと1匹。どうする。でっかいメジコ様が来ても タモはない
タモがなくても やるっきゃない! 覚悟を決めたパパだけど メジコが掛からない

最後の手段。この日はママが好きなメジコたち。ママが好きなんじゃなくて ママの竿が好きなんだ! とママの竿に掛ける

餌を付け投入! 仕掛けがスーッと入って行くと いきなりウキが反応。
掛かった! 掛けが当たった!!
けっこう大きい。ママの竿なら大丈夫! メジコ様が宙を舞い 磯に着地
デカイ! 針を外そうとすると暴れ 海の方向に跳ねた!
パパは足でメジコ様の行く手を阻み タオルで優しく(ではなかったかも)包んで クーラーにどさっ!

「やった〜 獲ったど〜〜!」

まさに この言葉がぴったりのメジコ様ゲット
二人とも5匹をゲット出来たので終了

宿に戻り 23時頃からプチ宴会

1/20(日)
この日は釣りはせず
ママは ご主人とHAYAさんに御神火温泉に連れて行ってもらい 温泉に入る
パパは お片付け。

10:35発の熱海行のジェットに乗船。熱海からはHAYAさんの車で早川の検量所へ

強風の中、温かいおでんを頂き 検量
結果は・・・

おっと ママ1番でした。パパは3番、HAYAさんは4番でした

YAHAさんに早川駅まで送ってもらい 電車で帰宅
イメージ 7


早速、メジコ様とオヤジーさんを捌き 
「HAYAさんは4回(も)切られたらしい。逃がした魚は何だったんだろう。釣りたいね!」と話をしながら お刺身としゃぶしゃぶで頂きました 

翌日 ママのデカメジコを捌こうと まな板に乗せるとデカイ!
こりゃー 魚拓サイズ! と魚拓を取る(メジナ選手権は夜釣りメジコはダメなので提出は出来ないけれど、記念だね!)

3ヵ月振りの磯釣り。楽しかった!
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


2018.12.31〜2019.1.1

しっかり釣りは10/22の大島以来。ゆる釣りは12/9の和歌山以来(アドベンチャーワールドに赤ちゃんパンダを見に行ったついで!)

今回は、椅子席の船は厳しいので 島はパス!
島を見ながら初日の出を見ようと東伊豆に決定!

12/31(月)
米神、根府川、江の浦、北川・・・ あれっ? いつもより釣り人さん少ないので
行く堤防も少ないと思って行くと・・・ けっこういる

うねりがあって先端は波が上がって来ていた。空いているところに入って 釣りスタート!
ママは1〜3匹目にメジコ。でも小さいのでリリース。4匹目からはショウサイフグの連続
パパも 初めはメジコが釣れたけど(ちっちゃい!) その後はフグ攻め
周りの人は たまにフグが掛かっていたけど他の魚も掛かってないみたい
イメージ 1


しばらくフグ攻めが続くので 熱海で買った駅弁を食べる
イメージ 2


夕方になるとフグのあたりとは違うアタリが来始める
パパは 潮が引いて来たので 先端に場所を移動。メジコをゲット!

日没前後に パパは36cmをゲット。パパもママも数匹ずつメジコをゲット。ママは小さなタカノハダイもゲット
17:15終了

夕食後に宿の温泉。熱かったけど ゆずが浮いた白田温泉で身体はぽかぽか!

23:45 近くにある 志理太乎廼宜(しりたおぎ)神社に初詣に出掛ける
イメージ 3


1/1(火)
0時 神社の参拝が始まり 玉串が手渡され・・・ 供えて 2拝2拍手1拝

みんな元気で楽しく 釣りが出来ますように・・・

初日の出と初釣りのため・・・ おやすみなさい

6:20 海へ
予報より雲が厚い。しかも日の出方向が厚い。
初日の出号の初日の出を見る駅になっているので 電車が到着すると たくさんの人が降りてきて、堤防や防波堤は 人がいっぱい

6:51 日の出時刻。残念ながら雲で見えない
イメージ 4


当分 太陽は見えそうもないので 駅に向かうと 伊豆急のハッピを着た男性から コンソメスープをいただいた
あったかくて美味しかった!
イメージ 5


再び海に向かうと 雲の切れ目から太陽の強烈な光が数秒間見えた! 一応、初日の出が見えた!!
イメージ 6


朝食後、チェックアウトして 釣り場へ

風も波もほとんどなく釣り日和。でも 初めから・・・フグ!
友達曰く、フグはフク→福 なので いい年になるよ! と言ってくれたけど
食べられないし ハリスはギザギザ、針はツルツル、体はヌルヌル・・・ 釣りでは喜べないな〜
イメージ 7


でも フグばかりでなく メジコも釣れた。ベラも釣れた
お隣さんはイシダイ仕掛けで エイを釣った(パパは「網ですくって下さい」と頼まれ、「壊れる」と言いながら 渋々すくう。タモは無事でした)
イメージ 8


10:30終了

1年が本当に早い。去年は釣って食べたかった「城ヶ島のデカアジ、シイラ、ソーダガツオ」が釣れなかったので 今年は釣りたい!
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


式根島

7/15〜17(日〜火)

16日までの大会のエントリー魚がいないパパは…式根島をチョイス
デカメジコ 釣れるといいけど・・・・

15日(日) 晴れ 暑い!
7:20発 大島経由のジェット船で式根島
イメージ 1

イメージ 2


宿で準備して 磯へ
風はそよかぜ程度。波もなし・・・ 暑い!

海は水族館。カメも数匹 夏です!!

最初の魚は パパのぶりっ子
続いて ママにイシガキフグ
二人揃って カイワレ
イメージ 3


他にはママにチビフエフキ。二人とも チビメジコはリリースして、ちょっと型の良いのをキープ

最後の1投で パパがズーミン。今日一番のやり取り! で終了
イメージ 4

イメージ 5


16日(月)晴れ 暑い!
まだ暗いうちに起きて堤防へ
すでに釣り人がいたので のんびりスタート

午前中に皆さんお帰り、日中の暑い時間は 二人だけ

この日は潮の方向も流れの速度もコロコロ変わり、仕掛けを替えたり、入れるところを替えたり・・・

際はチョウチョウのじゅうたん
その先にはデッカイズーミンにその子分ズーミンたち
イメージ 6


メジコもちらほら見えるけど掛からない
掛かるのは 子分のズーミン。しっかり口に掛かってて針が取れないし、あばれてウンチばらまくし、溜息がでちゃう
美味しかったら許しちゃうんだけどな

型の良いタカベもたくさん。短い竿を忘れてしまったけど、仕掛けを替えて
釣るぞ! と海を見たら タカベが消えた!
タカベを釣って 泳がせで大物狙い!と考えたけど 小物が釣れない

夜の7時半まで頑張って
パパは 大物はイシガキフグ。それも2回。
他にもデカイのを掛けた
1回目は針外れ!
2回目は、最初デカズーミンだと思ってやり取り。姿を見たとたん、二人とも驚き!50cmを超える真ん中に黄色の線、尻尾も黄色の青物!(ヒラマサかな?)
パパは慎重になり、ママはタモ入れ準備完了。よしあと一歩!というところで、一気に海中へ潜られ そのまま針外れ!
うわー もったいない!美味しそうだったな〜!食べたかったな〜!!!

3回目は、2回目よりすごい引き、道糸がグイーーンと出ていく。今度は絶対ゲットして〜! と思ったけど またまたバレた
その後、2回もバラしてしまった。娘さんメジコとチビカンパチのゲットのみ

ママは トビウオに本流の中でメジコを1匹。途中から投げ続けたカゴで、メジコを1匹ゲット
イメージ 7


きれいな夕焼けを見ながら、パパはデカメジコを来るのを待ったけど
タイムオーバー。次回に持ち越し

美味しい夕食を食べながら、冷たいビールをゴクゴク飲んで水分補給
イメージ 11


17日(火)晴れ この日も暑い!
釣りはせず 片づけ。朝ごはんを頂き
イメージ 8


10時25分発のさるびあ丸に乗って帰宅
トビウオが団体で飛ぶ姿を見ながら お疲れ様の一杯!

お持ち帰りの魚たちの記念撮影をして、お刺身を食べながら また一杯

カイワレ、トビさん、子カンパチ、子ブリにメジコの刺身の食べ比べ
味の素をかけた? というくらい 旨味のある カンパチに   
他の魚たちも トロ―っとして 美味しかった!
イメージ 9

イメージ 10


「6/3〜5の大島、9〜10のご近所さんと伊豆北川」の未アップ分は後回しにして、

6/25〜27(月〜水) 大島釣行〜〜!

25日(月)
往復割引の乗船券を使って・・・ 竹芝14:15発のジェットに乗船
数日前に 東京湾でクジラが出現したため、途中まで高速運転なしでの航海

予定より15分位遅れて岡田港に到着

宿で準備して 磯へ!
風もあり、海も少々荒れ気味

17:15 釣りスタート!
夏至を少し過ぎたけれど まだまだ明るい
コマセに群がるのは小イワシ。フグもいる

いいアタリは小メジコ。大きいのは食べてくれません
イメージ 1


キープメジコなしで 夜の部へ

ザッキー! お〜シマアジも来た〜!!
ズーミンも来た
イメージ 2


この後... ママが寝るまでに覚えているのは
「磯からクーラーを運び、キャリーに付けたこと」「パパから もう食べないの?と夜ごはんの時に聞かれたこと」だけ

ママは記憶を失ってしまった!

26日(火)
起床
ママ:「記憶がないんだけど 何か釣った?」
パパ:「釣ったよ!」
クーラーを見てビックリ!
ギョギョ!! ハマフエフキをママが釣った ら・し・い
(写真は釣った後、パパが撮ってくれた)
イメージ 3


仕掛けの投入、アタリ、やり取りはもちろん、その前後の記憶がぶっ飛んでいる

夜の磯でデカイの掛けたから、脳がビックリしちゃったんだろう と言うことで
この日は堤防へ行くことに
朝食を食べてから ご主人に送ってもらいました
イメージ 4


イシダイ狙いのおじいちゃんが一人。その隣でやらせてもらうことに

小さなタカベが回って来たけど 小物は狙わない

イシダイ狙いのおじいちゃんは イシガキダイを2匹ゲット!
イメージ 5


自分たちは ほとんど小メジコ。そして 小さいシマアジ

夕方、熱海に帰る前にクリハンさんが、大島に到着したヤシの実さんとHAYAさんが堤防まで会いに来てくれた!???
(ママは うっすらしか覚えていないのです・・・)

27日(水)
朝。
どうやって寝たんだろう。あれ?風が強いってことは 最終日のはず
ん〜〜 記憶がない!
たしか昨日も記憶がなくなったはずだよね。ボケちゃったのか!ヤバイ。本当にヤバイ!!
恐る恐るパパに聞く
「あの〜 昨日も記憶なくしたよね。今日も覚えてないんだけど。また何かやった?大きなの釣ったとか・・・」
「うん 釣ったよ!」

あちゃ〜 またやっちゃったんだ

パパから聞いた話ですが
昨日・・・ 夜仕掛けにして、釣れたのはシマアジ
その後、ママに魚が掛かり、ジーーーーーーっと止まらず、テトラに突進する魚を必死に耐えて釣りあげたらしい
釣ったのはコロちゃん

その後、メジコも釣り、片づけもし、ご主人がお迎えに来てくれた車で宿に戻り、夕食を頂き、ヤシの実さんやHAYAさんとおしゃべりをして 寝た
ら・し・い
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


堤防なら大丈夫だと思ったのに、前日より重症!

「ママ、すごいの釣ったね!」と言われても????
魚見ても 「これ 釣ったんだ」と記憶は蘇らない

連ちゃんの記憶障害。今後、大きいのが掛かったら また記憶なくしちゃうのかな〜?
と言うより、どんなやり取りをしたのか分からないのが残念なんだけど・・・!

朝食を頂き、片づけ。
イメージ 10


夢と現実もごっちゃになってるし、ぼーっとしたまま13時半に帰宅

お持ち帰りの魚たちの記念撮影
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15


パパはご近所さんに 魚を配った後 仕事へ
ママはデカイ魚以外をさばき ジュニアの練習へ

夕食で いろんな魚のお刺身を美味しく頂きました

翌日、ママは釣った記憶はないけど 記録に残してあげないと魚がかわいそうと
30℃の部屋で汗をかきかき、ハマちゃん コロちゃんの魚拓を取り
イメージ 11


解体作業。コロには卵、フエには白子がたっぷり
煮つけとフリッターで頂きました
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事