スケッチ

すべて表示

滝のスケッチ 54 震災の真因 7

 昨日も曇り空ながら穏やかな初夏のように暖かな陽気で、半そでの人もいたぐらい。1週間延ばしの読売残党スケッチ教室を立川公園の根川で開いた。11名のおばちゃまの賑やかなこと。桜はほとんど葉桜となってスケッチにはかきにくい。しかし皆頑張ってそれらしく仕上げていた。  その余の時間は拙著「震災の真因」献本先のTVなどでよく顔を見る高名な地震学者先生への添書を一人一人書き始めた。地震はプレートテクトニクスで起き、液状化は砂粒子の配列の並び直しで起きるとの定説を覆さないとならない。いわば挑戦状!  さて、今日の「震災の真因」は東日本大震災の津波火災で被害を受けた気仙沼。津波によって海底のヘドロが巻き上げられ真っ黒い海水となったが、海面は真っ白く泡立っておりヘドロの中に溶存していたメタンガスが湧出したのであろう。重油タンクから漏すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

昨日も絶好のスケッチ日和ではあったが、老い支度のファイル整理と不要となった論文や本の廃棄。足痛はかなり良くなり少しビッコを引きながらもあまり痛くは無くなった。どうやら痛風の発作が踵に出たようだ。 さて、今日も号外の号外で液状化問題。一昨日のNHKの夕どきネットでの「地歴書」や昨日の東京新聞1面トップでの「地中に多数の空洞」などまたまた液状化 ...すべて表示すべて表示

 昨日は残暑厳しい中、いつもの連中とラウンドを楽しんできた。グリップを交換して望んで85点はまずまず。  さて、昨日の東京新聞朝刊 31面トップに東京都が発行した「液状化マップ」の予測がはずれ、見直すことになったとのこと。  これは当然の結果であり、黒い所を白であると云い、白いところを黒といって液状化の危険性を予測してい ...すべて表示すべて表示

 昨日がこの夏の暑さのピークとのことではあるが、今朝の暑さもかなりなもの。  このところの液状化問題で、現役の頃なら学会発表や周囲の学者連中とディスカッションをするこのなろうが、学者としての現役終了後20年近く経つと現在の基準を立案した先輩たちを含めて話し相手がいなくなってしまった。そこで止むなくこのブログでブツブツ言っているのが今一つ反応が ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事