全体表示

[ リスト ]

ウム料理

 
サモアで最も伝統的で有名な料理方法としてウム料理がある。ウムとは、焼き石かまどのことである。村の首長であるマタイが、若い男性が一人前になるために、その調理方法を教えている。各家庭には、トタン屋根の調理小屋があり、その中央部には石を焼くための火床が設置されている。
 
日曜日の早朝から準備をし、教会から帰ってきた人たちをもてなすもので、聖餐(トウナイ)と言われている。我々は、ウム料理の見学と試食会に参加するため、まず、サバイィ島のプアプアにあるサモア人のLさんの家庭を2泊3日で訪問する機会を得た。
 
早朝から私達のためにウム料理の準備が始まった。お母さんが青いバナナの皮を剥き、水に漬けてさらしていた。隣の煮焚き用の小屋ではココナッツの殻の炭が燃え、ごろ石が赤く燃えていた。
 
息子達が庭を走り回る子豚を1匹掴まえて、丸焼きの準備をした。首を絞め、動かなくなるまで押えた後、火のところで毛を焼くとつるつるの白い肌が表われた。さらに湯を掛け、ナイフで丁寧に毛を剃っていた。つぎに、ナイフで内臓を取り出し、きれいに洗った後、燃えた石をお腹に入れ、臭みをとるためにマンゴーの木の葉を更に押し込んだ。
 
初めは少しかわいそうだ等とも思って見ていたが、次第に豚は食材に見えてきた。息子達は黙々と手際よく作業を進めていた。娘はかぼちゃの皮を空き缶できれいに削り取った。最後にそれらをタロ芋青バナナとともに、パンの木の葉等を重ねた火の床で蒸し焼きにしていた。
 
教会から帰ってきた私達は、トオナイ(聖餐)として、豚肉、鶏肉、タロ芋、バナナ、かぼちゃやトマトにラーメン入りのスープなどたくさんのご馳走をいただいた。食事はまずお祈りで始まり、栄養豊かなウム料理を堪能させていただいた。
 
次に、訪問する機会を得たのはウポル島のKさんの家庭である。日曜日の朝十時頃訪問すると、すでに真っ赤になった焼き石からなる火床が用意されていた。石の大きさは直径10センチメートル程度である。
 
薪や椰子の実から作った炭などを使って、数多くの石を十分に焼き上げていた。この焼き石を広げてヤム芋、皮を剥いたバナナ、ブレッドフルーツなどを焼いた。片面を焼いた後反転した。
 
ウム料理用の焼き石からなる火床
イメージ 1
 
焼き上がる前に、カワハギという魚をバナナの葉でくるみ形がくずれないように丁寧に編み上げた。さらに、ココナツミルクを2・3枚のタロの若葉でこぼれないようにしてくるみ、さらにアルミホイールで包囲した。これはパルサミと呼ばれ、タロ芋やヤム芋に付けて食べる調味料である。
 
我々も一部手伝うことができ、パルサミは自分自身のものをそれぞれ作成することができた。最初は、ココナツミルクをタロ芋の葉っぱで包むことができず、こぼしたりしていたが、何とかうまく包み込むことに成功した。
 
つぎに、バナナの葉っぱを何枚か敷き、その上に先ほどの魚、マーケットから買ってきた鶏肉、豚肉を置き、パルサミを包んだアルミホィールを並べていた。これらの食材の上にバナナの葉っぱを10数枚覆い掛け、熱が逃げないようにて、おおよそ40分間蒸し焼きにしていた。
 
楽しみにしていたウム料理がテーブルに並べられると、豚肉や鶏肉の良い匂いが漂ってきた。また、鶏肉と野菜を入れた美味しいスープが出された。さらに、ムニエル風に調理された魚料理、コンビーフ(塩漬けにした牛肉)が出された。
 
お腹一杯になってしまったが、さすがはサモア人、ケロッとしていた。楽しい会話の一時をすごすと、これまた偉大なるアイスクリームのかたまりが大きな器に入れられて配膳されてきた。これにはすっかりたまげたが、別腹にすっぽりと入ってきたのは何と不思議なことであった。
 
サモアの家庭では、毎週の日曜日、教会へ行き、その後、家族と共に美味しいウム料理を聖餐として食しているのである。広い調理場があり、食材が豊富にあり、さらに燃料費が安いことなど、これは大変うらやましい生活習慣であると思った。
 
火床の上にバナナの葉っぱを敷き、その上にパルサミを置いている
イメージ 2
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事