おじさん教師のひとりごと

長年高校教師をした後中国の大学で日本語を教え、3年間過ごして帰国しました。今は引退して年金生活です。個人的な意見を書いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全410ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

仙台市長選挙の衝撃

 今日は庭の手入れとか教会関係の資料作成とかで過ごしました。久しぶりでのんびり過ごしています。明日からはまた専門学校の授業です。
 ところで都議選に続く地方選挙の仙台市長選挙が終わりました。自公の推す候補者が完敗です。数千票差くらいなら接戦ということもありますが、1万7千票近い差です。
 完敗と言ったところです。今回注目されるのは投票率の上昇です。前回より14%近く上昇しています。投票率の上昇は有権者が自分の意志を示そうとした現れでしょう。
 どうでもよい選挙なら投票に行きません。ところで毎日新聞が世論調査を発表していましたが、何と支持率26%です。不支持率はその2倍の56%です。
 おまけに安倍首相が交代した方がいいとする人は62%に上っています。意見サイトを見るとネットでは50%とか60%の政権支持率があると書かれています。
 これは新聞社などとネットでは調査方法が違うからです。もしネットでいわれているような支持率であれば仙台市長選挙であんな大差で負けるはずはありません。
 若者に安倍政権の支持者が多いそうです。となればネットをよく使うのは若者ですから当然支持率は高くでるでしょう。事実仙台市長選挙でも若者の支持は自公推薦の候補者が高かったようです。
 残念なことにまず投票に行くのは中高年の人です。おまけに若者より中高年の人口の方が多いはずです。シルバー政治などと言って揶揄することもありますが、所詮民主主義というのはそんなものです。
 多数決なのですから、選挙に行って投票する人の意見が通ります。ネットで何を言ってもしょうがないのです。ここまで流が変わるとさすがに安倍さんも焦っているでしょう。
 これで憲法改正へと突っ走ると国民投票で否決などと言うことになりかねません。そうなれば今後10年近く憲法改正議論はできなくなるでしょう。
 前述したようにとにかく中高年は安倍政権を信じていません。信じられていない政治家の提案を受け入れるとは思えないのです。 
 次の内閣改造でも骨格は代えないようです。そうなると斬新さに欠けます。これでは支持率アップは難しいでしょう。アメリカの政治も行き詰っています。政権の顔である報道官が辞任しました。
 主要な政治任命ポストも決まっていないようです。こんなことは最初から分かっていることなのに、なぜアメリカ人はトランプ氏を選出したのか分かりません。
 国際政治も国内政治もデッドロックに乗り上げています。結局中露を喜ばせているだけでしょう。対北朝鮮政策も先が見えません。
 おじさんとしては早く安倍さんが辞任して岸田さんあたりと交代してほしいと思っています。解散総選挙を秋にしても多分改憲勢力で三分の二を取るのは難しいでしょう。
 安倍さんにとっては暑い夏になりそうです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 昨日は繫華街の本屋さんに行ってきました。「人口減少時代の土地問題」(中公新書)と「一九四五 占守島の真実」(PTHP新書)を買いました。
 前者は題名から内容は推測できると思いますが、後者は何のことか分かりにくいと思います。実は戦争が終わった八月一五日以降もソ連軍と日本軍の間で戦闘があったのです。
 そのことについて描いた本です。いずれの本についても後日紹介します。さておじさんが取っている朝日新聞に人は見た目が一番かということについて特集しています。
 第一印象が大事と言われるくらいですから、どうも現代では見た目が大事なようです。古代においてはどうでしょう。古代においても見た目が大事だったようです。
 今日の説教はサウル王に代わって次の王が選ばれる話です。主が選び、主の選んだ人間に預言者が香油を注ぐことによって王となるのです。
 サウル王は国民の熱烈な求めによって選ばれます。サウルについて書かれた部分を引用すると「美しい若者で、彼の美しさに及ぶ者はイスラエルにはだれもいなかった。民のだれよりも肩から上の分だけ背が高かった。」とあります。(サムエル記上九章二節)
 美男で背が高ければ現代社会でもイケメンとして大人気です。しかし、そうして選ばれたサウル王に対して後に主は「イスラエルの上に王として立てたことを悔いられ」るのです。(サムエル記上一五章三五節)
 主は新しく王を選ぶ決心をし、預言者サムエルをベツレヘムに遣わします。そこでエッサイを言う人の子供達から次の王を選ぶことにします。
 サムエルは長男を見て彼こそ王にふさわしいと考えます。主がそれを否定した言葉から、なぜサムエルが彼に決めたかが分かります。主はサムエルに「容姿や背の高さに目を向けるな。」と言います。(サムエル記上16章7節)
 続けて「人は目に映ることを見るが、主は心を見る」と言われます。その昔おじさんの家では朝食の前に聖句を読んでいました。
 1月分の聖句カレンダーがあって、それをみんなで読んでいたのです。その中にこの聖句がありました。「人は外の顔形を見、主は心を見る」でした。
 この聖句が実はサムエル記から来ているとは知りませんでした。そういえば子供の友達で髪を染めている子がいて、あんな子供と付き合うなと言ったら、この聖句で子供から反論されました。
 負うた子に教えられるです。確かにこの聖句は真理を示していると思ったことがあります。ずいぶん前ある学校の文化祭の時募金を担当しました。 
 見るからに先生から注意されそうな服装の外部生に募金を呼びかけました。もう一つは見るからに模範生の生徒にも呼びかけました。
 結果はすでにお分かりだと思います。募金を沢山してくれたのは見るからに注意されそうな服装の外部生でした。やはり姿形で判断してはいけないと思いました。模範生は募金の呼びかけに無視です。
 募金の時いた補助の生徒さんは先生あんな格好の生徒に呼びかけてまずくないですかと言いました。そんなはずはないと思っていましたが、事実喜んで募金をしてくれました。
 もちろん姿かたち通り悪い人もいます。しかし、ただ姿かたちでけで判断するのは危険だということです。サムエル記に戻ると、その場にいなかった少年ダビデが王に選ばれるのです。
 来週からはサウル王につかえるようになるダビデの話です。明日は仕事がないので教会の資料作りをします。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は一日家事にいそしみました。買い物に庭の手入れです。最近お掃除に来てもらっています。シルバーバンクの方です。1時間掃除をしてもらっています。
 庭の手入れは以前やったのですが、全部一度にできないので、少しずつやっています。今日の相場は40円ちょいの値下がりでした。それでも日経平均は20000円台を確保しています。
 対ドル相場では111円台まで円高が進んでいます。やはり円高株安のようです。以前おじさんの持ち株もほとんど含み損のままです。ただ含み損の幅が縮まってきたのでありがたいです。
 ところでこのところ連日政治家の発言が問題になっています。タイトルの言葉は論語から来ています。この文章については、民に信義の心がないと社会は成り立たないという解釈と民に政治に対する信頼がなければ社会は成り立たないという解釈です。
 今回は後者を採用します。防衛大臣の隠蔽疑惑から書きます。本人は知らないと言っていますが、防衛省のトップの会議で議題として挙がったのですから知らないはないと思います。
 高官たちは大臣が何も言わなかったので了承したと受け取ったようです。大臣が居眠りでもしていなかったのなら、問題の事実は知っていたはずです。
 高官たちにしたら、何もいわないで、後で知りませんでしたはひどいということになります。防衛大臣については以前も問題の当事者とは会ったことがないと言っておきながら、実は法廷で会っていた事実があります。
 今回も多分ことの重要性が理解できず黙ったいたのでしょう。認識がないから知らなかったと言っていると思います。防衛省それも高官からのリークです。
 完全に官僚たちから政治家が信頼されていないことが分かります。政治家が官僚を守ってくれないなら、自分たちの身は自分たちで守るということになります。
 官僚も民に一員ですから信(信頼)がなくなったら政治家を守る必要がなくなったのでしょう。このところの一連の官僚側からの情報リークはこの辺から来ているのでしょう。
 そういえば加計学園問題で地方創生大臣がやり玉に挙がっています。こちらの当事者は官僚でなく外部団体です。議事録の内容と大臣の発言が食い違っているのです。
 外部団体が議事録を改ざんして大臣を困らせるというのは無理筋です。普通に考えれば大臣が発言したのをそのまま記録したということになります。
 おじさんも書記を何度もやりましたが、ポイントになるところは必ず記載して後で上司の決済を取ります。書記が勝手に書いたりするはずはありません。
 ここでもこの大臣は民の信頼を亡くしました。安倍政権のやることはこんなことばかりです。どうせ野党は何もできないと思っているからでしょう。
 選挙で負けさえしなければ何ということはないと考えているのです。しかし、こんなことが続けばどんな政権でも崩壊します。民はどんどん政治に対する信頼を失ってきています。
 まもなく何かのことをきっかけに政治が成り立たなくなるでしょう。論語は3000年近い昔の言葉です。しかし真理であるからこそ長い年月すたれずに続いているのです。
 歴史や古典を軽視するものは歴史に復習されるでしょう。ソ連の崩壊ではありませんが、巨大な政権でも崩壊するときは一瞬なのです。
 明日はお出かけして忙しいのでブログはお休みです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日はだらだら過ごして今頃これを書いています。今日の株式相場は123円高です。さすがに日経平均20000円割れはなくなりました。
 対ドル相場も112円台ですが少し円安に振れました。ところで今日の日銀の発表では物価上昇率が目標を下回ったので目標達成の期限を1年延長したようです。
 もちろん今後も金融緩和政策続けるようです。黒田総裁も最初は自信たっぷりだったのですが、4年も経過して全く先が見えないので落ち込んでいるようです。
 黒田総裁によれば物価が上昇しないのはデフレ意識が根強いからだそうです。今失業率も低下し雇用情勢も好転しているので、賃金上昇、商品値上げ、物価上昇へと好転すると主張しています。
 年金生活者であるおじさんからすれば物価が上昇しては困ります。高齢者の数が全人口の25%近い現在においてシニアは物価上昇など全く望んでいません。それにシニアは最低限度の商品しか買わないのです。
 おじさんたちが若かった頃経済も右上がりで賃金もどんどん上がりました。結婚して子供も生まれ、家を建てたので沢山買い物をしました。
 今は食料品以外買うこともありません。自動車も、もう一度買い替えるか考えています。後10年もすれば団塊の世代が自動車を手放すでしょう。新規購入どころか買い替え需要も激減します。
 田舎だと一家に車が2台とか3台あります。この需要がなくなるのです。衣料についても以前はスーツが必要で何年間に一回買い替えていましたが、年金生活ではスーツも不要です。
 このように日本は超高齢社会で需要が以前に比べて相当減退しているのです。一時流行したシニアの旅行もまもなく減少するでしょう。子供が98万人しか生まれないのですから、将来需要が拡大する見込みはありません。
 若者も非正規社員では物をどんどん買うわけにはいきません。つまり物価を上げようにもこれだけ需要がなければ上げれないのです。
 非正規社員や年金生活者の増大はそもそも購買力を以前に比べて大きく減少させました。大規模な金融緩和で銀行の利息が減少しました。逆説的ですが、銀行利息が大幅に上昇したら預貯金を多く持つ年金生活者が物を買うかもしれません。
 大規模な金融緩和は供給側には有利ですが、需要者である庶民には不利です。また将来の社会保障への不安から買い物を控えていると言います。
 将来の社会保障の不安を取り除くには税収をあげるしかありません。現在のシニアの社会保障(年金・医療)を切り下げたら政権は持たないでしょう。
 しかし、消費税引き上げは再度延期のようです。結局日銀の政策をいくら続けても物価上昇はありません。無理に物価を上げれば、物が売れなくなるだけです。
 上に政策あれば下に対策ありです。おじさんも今の年金を下がったり、物価が上がってきたら物を買うのを控えます。一日家にこもってお金を使わないようにするだけです。
 結局物価が上がらないのは需要がないのに供給が多すぎるのです。しかし、供給を減らすということは企業業績を下げ雇用を減らすことになりますからできません。
 このままずるずる限界まで異次元緩和を続けて最後に破たんするしかなさそうです。先の大戦でもじり貧を怖れてドカ貧を招きました。歴史は繰り返すのでしょう。
 明日は家事にいそしみます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日も専門学校の授業でした。試験が近いので問題を印刷しようと思ったらプリンターとパソコンをつなぐケーブルがありません。
 先日プリンターを買いに行った時、前のプリンターにつけたままだったのです。買ったプリンターには電源ケーブルはあったのですが、USBケーブルがありません。今日もまた仕事ができませんでした。
 木曜日は忙しいので金曜日に買いに行かなければなりません。株価の方は20円ちょい高でした。対ドル相場も112円前半です。大きな動きはありません。
 先日書いた松居氏対船越氏のバトルは続いています。おじさんは船越氏に深く同情しております。逆に夫婦としてのモラルを逸脱した松居氏の行為に不快感をもっています。
 タイトルに書いたのは有名な格言です。今松居氏にあるのは船越氏への呪いに近いものでしょう。船越氏も松居氏に呪われているとも思っているでしょう。
 呪いは一方的なものなのです。呪われる側はたまったものではありません。船越氏が土下座して謝れば許してくれるかもしれませんが、そんなことをすれば船越氏のプライドはずたずたになるでしょう。
 たとえ船越氏でもそれはできないと思います。タイトルの穴二つの意味は一つは相手を落とす穴ですが、同時にもう一つは自分が落ちる穴です。
 今日もNHKに船越氏が出演しているのはけしからんと訴えています。と言ってNHKも松居氏の言い分を受け入れて船越氏を罷免するわけにもいかないでしょう。
 それはともかく、船越氏の出演料が1回40万円であることを暴露しています。たとえ将来離婚することが決まっていても夫の給料を世間に暴露するのは完全にルール違反です。
 こんなことをしていたら、結婚に恐怖心を抱く若者も出てくるでしょう。どんなに幸せそうに見えても、いつ妻にこんな仕打ちをされるか分からないと思ったら心を開くことはできません。
 同時になぜ多くの視聴者や読者が松居氏につくかと言えば、他人の不幸は蜜の味だからです。まさに野次馬根性で面白がって見ているのです。
 相手が有名人であればあるほど庶民にとって面白いのです。しかし、先日も書いたように夫婦喧嘩は犬も食わぬです。「面白うてやがて悲しき鵜飼いかな」ならぬ「面白うてやがて悲しき暴露かな」となります。
 今は面白がって皆映像やブログを見ているでしょう。しかし、こんな品性下劣なことをいつまでも続けるわけにはいきません。
 その時がこの騒動の終わりです。まあこれは松居氏の一種の自爆テロです。巻き添えをくらった船越氏がお気の毒ですが、好きで結婚したのですから仕方ありません。
 「天に向かって唾を吐く」という言葉があります。松居氏がしていることはまさにこれです。今は皆面白がって松井氏の動画やブログを見ていますが、いつか矛先は松居氏に向くでしょう。
 品性に劣る行為をする人は必ず報いを受けるものです。お金はあるので生活には苦労しないと思いますが、こんな秘密を暴露するような恐ろしいことをする人と仲よくなりたい人は少ないでしょう。
 いつ自分がこんな恐ろしい目に会うか分からないからです。多分この騒動が終わった後松居氏は孤独な人生を歩むことになるでしょう。まいた種は自分で刈らねばならないのです。
 明日はだらだら過ごす予定です。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全410ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事