おじさん教師のひとりごと

長年高校教師をした後中国の大学で日本語を教え、3年間過ごして帰国しました。今は引退して年金生活です。個人的な意見を書いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全481ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 昨日まで仕事でした。毎日仕事をしていると1週間あっと言う間に終わります。ところで、今話題なのが厚労省の統計問題です。
 さまざまな統計指標のもととなるデーターの取り方で不正があったのです。官界の不正は去年は財務省でした。今年は厚労省です。
 厚労省のデーターの扱いについては労働時間についてもありました。今回は官僚同士が激しくやりあっています。総務省と厚労省です。総務省の担当者が厚労省は総務省をなめているとまで言いました。
 常識ある大人の世界で、お前はおれをなめているのかという発言はめずらしいです。総務省は相当怒っていると思います。
 民間ではデーター改ざんが続出しました。今度は官界です。そういえば、検察でも以前書き換えがありました。昨日テレビを見ていたら、このようなことが起こる背景に行政の無謬性があると言っていました。
 懐かしい言葉です。おじさんが行政法の聴講に行ったとき教授が言った言葉です。行政の場合、行政の言うのが正しいということを前提に物事を進めないと困るので、取りあえず行政の言うことは正しいということですべてを進めるという考えです。
 文句があるなら、後で言えということです。そのため、行政が間違っていましたというのは極めて難しいのです。そんなことをすれば行政全体の恥だということになるのです。
 行政の根本は江戸時代以来の前例主義です。前例が一度できるとそれを変えるのは極めて難しいです。たとえその前例に問題があってもです。
 悪しき前例を作った人より、その過ちを指摘して改めた人の方が恨まれます。余計なことをして仕事を増やしたとか、黙っていればよいのにということになります。
 しかし、思いがけないことで悪しき前例がばれてしまうのです。その時は大問題になります。今回は厚労省でしたが、どこの省庁にもこんな問題があるのでしょう。
 中国の統計が当てにならないという意見がよく見られます。しかし、現状を見ると日本の統計も当てになりそうもありません。統計の取り方が間違っていたら、出てくる結果も違ってくるのです。
 統計調査の根本は調査対象をきちんと決めることです。全数調査なのか抽出調査なのかでは、出てくる結果は違ってきます。そのあたりを混同させるなど調査のイロハのイの時点で間違っています。
 企業も官庁もこんなことばかりやっていたら信頼をなくすでしょう。以前安倍さんは美しい日本を作ると言いましたが、今見えているのは醜い日本です。
 ここがすごいぞ日本という番組が多いですが、現状を見るととてもそうはいえそうにありません。明日は日曜日なので教会です。以前行っていた教会に行きます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 やっと少し時間が取れたので、これを書いています。今日は中学の仕事でした。時間割の変更で1日仕事でした。本来午前中だけなのですが、午後までありました。
 ところで、今日は阪神淡路大震災から24年目になります。そういえば先日火砕流に追いかけられる夢を見ました。あわてて風呂に飛び込んだ夢です。
 阪神淡路大震災の時、おじさんの勤務する高校の修学旅行があっていました。朝7時頃駅に見送りに行ったら新幹線が動いていないのです。
 おまけにテレビでは地震のニュースをやっていました。火災が起こっているようでしたが、その時はこれほどの大災害とは思いませんでした。
 その後様子が分からず生徒さんは駅に待機のままでした。学校からは様子を知らせろとの催促ですが、どうにも判断できませんでした。
 その時は教頭と一緒でしたが、教頭も困っていました。だんだん様子が分かってきました。その時の修学旅行は長野へのスキーでした。
 大阪経由で名古屋まで行き、そこからバスで長野に行く予定だったのです。旅行社は空路東京に出てそこからバスで群馬に出て長野に行くコースを提案しました。
 しかし、校長はこんな大災害の中修学旅行でもあるまいというので中止になりました。その学年は次の年に修学旅行に行きました。
 おじさんは関西地方の高校に5年間勤務したので、阪神間には思い出があります。もちろん被害の中心となった神戸には何度も行ったことがあります。
 知人も大勢いたので電話しました。被害はなかったので安心しました。大都市での地震は関東大震災以来だと言われました。
 その後まさか東北大震災があるとは想像もしませんでした。阪神淡路大震災も早朝でなく通勤時や昼間だったら今以上の大災害になっていたと思います。
 修学旅行中であれば、おじさんの学校の生徒にも被害が及んだでしょう。東北大震災の時は中国にいました。テレビで見てびっくりしたのを覚えています。
 次は南海大地震だと言われます。怖い者の代表が地震だと思います。何とか無事今の人生が終わるまで大災害に遭わないよう祈っています。
 明日は専門学校の授業です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 昨日は教会でした。新しく行き始めた教会です。1年近く通っているので、牧師さんとも顔なじみになりました。映像などを使って説教するなど新しい試みをしています。
 奇をてらうのでなく、説教理解の手助けにしているのです。県庁所在地にある教会なので、新来会者も多いです。と言ってもほとんど地元のキリスト教主義学校の生徒さんです。後旅行者などもいます。韓国からの旅行者が大勢来たこともあります。
 ところで、問題が少しも解決しないのが対韓国問題です。徴用工問題に続いてレーダー照射問題です。落としどころが少しも見えません。
 韓国の態度も問題があります。日本のことを無視しているようも見えます。文大統領には北朝鮮と中国しか見えていないのかもしれません。
 さりとて、日本の言い分をそのまま聞いたら韓国世論が黙っていないでしょう。日本も建前と本音の国ですが、韓国もそうだと思います。
 建前は対日強硬論だが、本音は現実的な解決を願っている韓国の国民も結構いると思います。逆を考えても明らかです。
 日本で韓国に対する融和的な意見を言えば、保守派の人から袋叩きに会うでしょう。今与党では対韓強硬論一色です。庶民の方もそうだと思います。
 ところで、先に捕鯨に関する国際機関から脱退しました。今韓国を相手にするな、断交しろとか経済制裁をしろという意見が起こっています。
 かっての悪夢を見る思いです。国際連盟を脱退し、国民政府相手にせずと交渉を拒否した歴史です。強気に出れば相手が引っ込むものでもありません。
 韓国政府としても、日本政府が強気で来ているのに、こちらが頭を下げるわけにはいきません。そんなことをすれば、野党から攻撃され支持率が大きく下がるでしょう。
 ここは時間稼ぎしかありません。日本人は熱しやすく冷めやすいので、少し時間をおいて落としどころを探したらいいと思います。
 韓国に対して断交とか経済制裁をすれば、ロシアや中国を頼るだけです。かって、韓国はロシアに頼った歴史があります。日本の歴史を見ても白村江の戦いでも秀吉の朝鮮出兵でも韓国は中国を頼りました。
 朝鮮戦争でも北朝鮮を助けたのは中国とソ連です。中国に居た時、中国人も韓国人は扱いにくいと言っていました。強国の中国と日本に挟まれていつも難しい立場に立たされているのです。
 それだけに日本や中国に対抗意識があります。中国は巨大国家ですから、従ってきましたが、日本に対しては強い対抗意識をもっていると思います。近代でこそ負けたけれど、古代や中世には自分たちの国の方が先進国であったという思いがあるのでしょう。
 さてさてこの先どうなることやら。一庶民であるおじさんにはどうしようもありません。明日は専門学校の授業です。来週は卒業試験があります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は久しぶりにのんびり過ごしています。今まで歩いて20分くらいのところにある本屋さんに行って帰ってきたところです。
 今日は何について書こうかと思っていました。対韓国問題もいいなあと思っていました。サイトを見てみると三角関数論争が出ていたのでこれについて書こうと思いました。
 発端はお騒がせの橋下氏です。三角関数など社会に出て何の役にも立たないからやめろというものです。測量技師でもならない限り三角関数は不要です。
 というより高校の数学は入試以外ほとんど社会では不要です。その点でいえば高校の科目はほとんど社会では不要なのです。
 もちろん大学の理系に行くなら物理・化学・生物の知識は必要ですし、英語や数学の知識も必要です。国語の知識がないと論文も書けません。
 逆に文系の大学に進学するとしても数学や英語、国語に社会は必須です。国語と言えば、皆さんお嫌いな文法ですが、実は法律学の学習には必須なのです。
 経済学部では数学が必須です。となると古典などはどうでしょう。ある本で読んだのですが、ある国で古典など現実生活に意味がないと言って学校で教えることをやめたそうです。
 するとその後の学生の成績ががくんと落ちたので復活させたようです。話を三角関数に戻しますが、実は高校の数学は頭の体操として極めて有効なのです。
 論理的思考力の訓練になります。図形の証明などまさにそうです。ある法則に則って論理を積み上げていくのです。法律の世界に極めて近いです。
 また高校の数学は抽象世界です。記号の世界になります。世の中、具体的な事象ばかりではありません。コンピューターの世界はまさに抽象の世界です。
 古典学習は先人の知恵を学ぶことです。発展著しい中国でも古典特に漢詩の世界は大変重要です。小学生向けの漢詩暗唱大会もあります。中国では本屋さんでも古典が山積みされています。小学生向けの有名な100の詩を掲載した本もあります。
 最後に大学の時ゼミ教官から聞いた言葉を書きます。大学紛争の時代おじさんは国語学(文法学)のゼミにいました。演習の時、先生に、こんな昔の文法を学んで社会の役に立つのでしょうかと聞きました。
 先生は、すぐ役に立つものはすぐ役に立たなくなります。真理は永遠に残りますと仰いました。また大学は真理の探究の仕方を学ぶところです。役に立つことだけを学ぶなら専門学校に行った方がいいですと言いました。
 今でも同窓会に行くと高校時代学んだ授業の話を教え子がします。高村光太郎のレモン哀歌の授業を覚えている教え子さんもいました。
 やはり短期的な目で見るのでなく、長い人生で考えると理解できなくても三角関数を学ぶことに意義があると思います。明日は日曜日なので教会です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 このところ忙しかったので、ブログを書くことができませんでした。久しぶりに書いています。8日から学校が始まりました。
 今日は中学の仕事です。8日が始業式で、9日が課題テスト、そして今日が授業はじめです。今日は時間割の変更で1時間しか仕事はありませんでした。
 その代り明日の専門学校の準備をしました。ところで、今日の相場は典型的な円高株安です。対ドル相場は107円台まできています。
 日経平均は263円安で、それでも何とか20000円台はキープしました。20000円割れというのは一つの節目なので、注目されるところです。
 以前に比べれば日経平均はずいぶん下げています。何気なく持ち株を見ると去年の今頃と比べて半値水準まできているものがあります。
 海運株です。さすがに年初来安値から戻しましたが、それでも下落幅が大きいです。海運は世界中の景気動向に左右されます。
 今アメリカも中国も貿易が減少しつつあります。それに円高ですから踏んだり蹴ったりです。アベノミックスの被害者の銀行株もひどいものです。
 都銀はそれでも何とかなっていますが、地銀は3割方の下げです。そういえば、世界の景気とかかわる鉄鋼株もひどいことになっています。
 もちろんこの下げ相場の中でも元気な株もあります。年初来高値に近いところで頑張っているのが、電力株と電機株です。
 電機株の方は以前は為替の影響が大きかったのですが、どちらかと言えば国内産業になったので、あまり為替の影響を受けません。
 円高で良い影響があるのが電力株です。海外から購入する燃料費などが安くなるからです。まだ2019年は始まったばかりです。
 これからどうなるか全く予測不能です。世界経済を動かす最大の国アメリカのトップがあの体たらくではどうにもなりません。
 国内的には一定の支持があるようですが、日本の世論はアメリカの動向に否定的です。アメリカの対するイメージが相当悪くなっているようです。
 対韓国問題もどこで落としどころを見つけるのでしょうか。韓国を見捨てればよいという人もいますが、そうなれば、日本は大陸に足がかりを失います。
 アベノミックスも安倍さんが退陣すれば潰えるでしょう。参議院選挙で自民党が敗退しないまでも議席を減らせば、ポスト安倍が一気に進みます。
 さてさてこれから、政治も経済も相場もどうなるのか全く先行き不透明です。明日は専門学校の授業があります。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全481ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事