おじさん教師のひとりごと

長年高校教師をした後中国の大学で日本語を教え、3年間過ごして帰国しました。今は引退して年金生活です。個人的な意見を書いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全397ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今日は午前中授業で午後から依頼された論文を読みました。するともう一つ論文の依頼がありました。今度は「性差別的表現について」です。
 こちらは40枚程度なので有難いです。前の論文は木曜日くらいまでに読み終わる予定です。残り10枚くらいになりましたが、さすがに読み疲れました。明日は授業とポスティングの準備で忙しいので読めません。
 さて最近本屋でおもしろい小説を見つけたので読みました。「屋上のテロリスト」(知念実希人著 光文社文庫)です。
 設定からしてSF的です。何と日本の終戦が遅れて日本が東西に分割されたところから始まります。実は日本が敗戦した当初から本当に日本分割案があったのです。
 おじさんはずいぶん昔その話を聞いたことがあったのですが、元防衛大学校長だった人の著書で確認しました。そこでは北海道を旧ソ連に、本州はアメリカ、九州はイギリス、四国は中国だったと思います。
 もしこの案が通っていたら日本は朝鮮半島やドイツのように東西に分割されていたと思います。また、中国が、四国を占領していたら、国共内戦後敗れた国民党の一部が四国に来ていたかもしれません。
 そうなると今以上に難しい現状があったでしょう。まさに台湾の二の舞になるところでした。逆に四国にいた国民党が共産党に投降したら日本は東西に共産圏を持つことになっていたでしょう。
 ところで「屋上のテロリスト」では西側は大統領制の共和国になり、東側は東日本連邦皇国となっています。西側は分かるのですが東側の国名は変ですね。
 実は小説では皇室が戦火を逃れて仙台に逃れたところで北からソ連軍がやってきて占領したのです。ソ連軍も国をまとめるのに皇室の力が必要だと思って皇室を残したのです。
 しかし、実質は共産党が支配することになります。ただ形式的には宮内卿という皇室を代表する職が元首のようです。実はこの人が最後で大きな働きをします。
 内容は非現実的で奇想天外ですが娯楽小説として読めば楽しいです。おじさんは現実に日本分割案があったことを知っているので身につまされました。
 作者については全然知らなかったのですが、何とお医者さんでした。森鴎外以来お医者さんの作家は多数います。人間の生の姿を目の前でみているし、医学というのは人間を冷静に観察する学問なので小説家に向いているのかもしれません。
 あるお医者さんは医学は人文科学でしと言っていましたが言い得て妙です。是非一度読むのをお勧めします。前述したように明日は授業とポスティングの準備で忙しいのでブログはお休みです。
 

この記事に

開く コメント(0)

 今日は久しぶりに友人と隣県へミニ旅行に行きました。隣県といってもおじさんの市と隣接しているので、JRで運賃280円で行けるのです。
 地元の有名高校を見学したり、近くの私立大学の博物館を見学したりしました。これまで行ったこともない町だったのでとても興味深かったです。
 今は以前勤務した中国の大学の先生の依頼で修士論文の添削をしています。今回は日本語教授法にプレゼンの手法を取り入れたらどんな効果があるのかという実証研究です。
 今回の学生さんはどうも論文の表現が口語的で困っています。ビジネス文書にはビジネス風の言葉遣いがあります。例えば「自分の会社」ではなく「弊社」と言ったりします。それと同様に論文にも論文独特な表現があるのです。
 「前に書いたように」ではなく「前述した通り」とか「とても足りません」でなく「極めて不足している」と言った書き方です。ところが今回の学生さんは「前に書いたようにとても足らなかったのです。」のような書き方をするのです。
 こんなことにならないように普通は学部生の頃に論文の書き方といった授業を受けるのです。大学院の場合別の大学から入学することもあるのでこんなことが起こります。
 それでもここまで口語的な表現の多い学生さんは珍しいです。また文末表現も「〜だから。」と言った表現や「〜すること。」と言った表現は論文では使いません。まして「?」のようが記号を使うことは絶対にないのです。
 ところが文末に2か所も「?」を使っていました。ただ今回の論文は自分の大学の学生さんを対象に調査をしてそれを統計ソフトを使って統計処理をしています。
 統計処理というのは有意差検定とか相関係数とかです。社会調査や心理学の検査結果を統計処理する時に使うのです。
 おじさんは大学の時心理学研究会に所属していました。データー処理でこの統計処理をする必要があるので勉強したのですが、100%文系のおじさんにはおよそ理解不能でした。
 「教育と心理のための推計学」という本だったと思います。今は統計ソフトがあるのでそれにデーターを入力すると簡単に処理できるそうです。
 おじさんの時代と隔世の感があります。今半分くらい読んだところです。以前の学生さんはA4で70枚を超えていたので大変でした。
 今回の学生さんは60枚程度なので有難いです。これを書いた後また少し読みます。明日は授業ですが、午後空いているので、また論文の添削です。

この記事に

開く コメント(0)

 昨日は家の片づけが忙しくてブログを書くことができませんでした。おじさんも今年古希なので、子供達に迷惑をかけないよう家の整理をしています。
 以前から少しずつ始めたのかなり片付きました。昨日は食器の整理とアルバムの整理が中心です。ツマクマのみが写っているアルバムや過去に勤務した高校の卒業写真などを整理しました。
 現実には市の処分場に行って処分するのです。昨日は土曜日だったので沢山来ていました。ところで今日は日曜日なので教会ネタです。
 礼拝説教の方は旧約聖書の民数記というおよそ日本人になじみのない箇所からなので別のことを書きます。先日読み終えた「プロテスタンティズム」という本についてです。
 このところ宗教関係の本をよく読みます。前に読んだのは「パウロ」(岩波新書)「浄土真宗」(中公新書)そして今回です。
 鎌倉新仏教と呼ばれる浄土真宗もそれ以前の仏教の影響を大きく受けていたというのが「浄土真宗」の内容でした。今回の「プロテスタンティズム」にも同様なことが書かれていました。
 この本のサブタイトルは「宗教改革から現代政治まで」です。また帯には「現代の保守主義、リベラリズムの源流」とあります。
 なかなか面白い表題です。そもそもプロテスタンティズムの創始者と言われるマルチンルター自身自分が新しい宗派を作ろうという意志はもともとなかったようです。
 ただカソリック教会のやり方がひどいのでそれを正しい方向に向けようとして始めた運動のようです。それに教会の門に抗議文を打ち付けたというのも都市伝説のようです。
 ルターの教えが急速に広まったのにはグーテンベルクに始まる印刷術の進歩があったようです。それまで聖書は教会や図書館にしかなく、またラテン語で書かれていたためほとんどの人が見ることも読むこともできませんでした。
 だから聖書を理解していたのは教会関係者だけだったのです。しかし、ドイツ語訳の比較的安価な聖書が大量に出回るようになって、人々が自分なりに聖書を理解するようになりました。
 そして、ルターはそれでよいとしたのです。いわゆる「万人祭司」です。この動きと政治動向が結びつきます。当時どの宗教を信じるかは個人でなく領主次第であったのです。
 プロテスタントを信じる領主の領民は皆プロテスタントであり、カソリックを信じる領主の領民は皆カソリックということになりました。
 カソリックの場合生まれたらすぐ洗礼を受け自動的にカソリック教徒になりますが、プロテスタントでは自ら信仰を告白して洗礼を受けます。
 そのためプロテスタントの場合自覚的な信仰が求められるのです。つまり神は個人と直接対峙することになります。カソリックの場合は教会を通して神と向かうことになります。
 ですからプロテスタントの場合罪の赦しは直接神から与えられますが、カソリックの場合は神父さんに罪を告白して罪の赦しを受けるということになります。
 プロテスタントでは個人の聖書理解が中心になるため多くの聖書理解が起こります。それで様々なプロテスタント教会があるのです。
 なかなか面白い内容なので現代のプロテスタント教会について理解したい方はぜひ読むのをお勧めします。明日はミヤジイと恒例の小旅行です。

この記事に

開く コメント(0)

 先日「出世と肩書」(新潮社新書)を読みました。日本は肩書社会なので肩書が大きな役割を示します。と言っても企業や国、地方自治体ではいろいろな肩書があります。
 また「肩書」と「地位」のバランスがラインでない場合難しいです。またラインであっても地位の上下を判断するのは難しいです。
 例えばおじさんの県の知事部局の場合「局長」と「部長」では部長の方が偉いのです。普通は局長の方が偉いと思います。
 では「理事」と「部長」ではどうかと言うと、教育委員会(おじさんの県では教育庁と呼びます。)では理事の方がえらいのです。
 それでは「校長」と「理事」ではどちらが偉いかと言うと当然理事です。しかし、教員出身の理事は学校に戻る時は校長で戻ります。
 すると同じ校長なら古株の校長の方が上位に立ちます。つまり教育委員会にいた時は上司でも現場に戻ると下っ端と言うことになります。
 そうなると理事のころ威張っていると後で大変なことになります。教員の場合、指導主事などになると出世と思われますがそうでもないのです。
 おじさんの県では係長級の指導主事と課長補佐級の指導主事とがあります。係長級の指導主事の場合、戻るときも平の教員で戻ります。
 課長補佐級の指導主事だけが教頭として戻るのです。平の教員の場合、新卒から定年前の教員までいます。しかし、皆一律に扱ったのではボーナスなどの時困ります。
 そこである号給以上だと係長待遇、さらに年をとると課長補佐待遇でボーナスを出します。50才を過ぎると給与面では課長補佐レベルまで行きます。
 もちろん事務系も負けてはいません。ライン職ではポストの増設は難しのでスタッフ職で待遇します。以前事務室では事務長と主査と主任だけでした。
 ところが事務長については参事をつけて参事事務長としたのです。もちろん参事のつかない事務長もいます。これで事務長になってもさらに上の肩書が出来たのです。
 当然主査もその上に事務次長を作りました。それに参事補佐をつけて県の課長補佐クラスにしたのです。主査は大体係長級です。
 主査自身にも上の位を作って企画主査としました。とにかく細分化です。事務室の場合職員が少ないのでこれでよいのですが、参事補佐も増やせないので今度は企画主査の上に企画幹を作りました。
 おじさんたち教員の世界ではせいぜい主任とか主事くらいが肩書です。と言っても行政の人と違ってその任期が終われば単なる教員に戻ります。
 手当も一日200円程度です。それでも政令で決まっている教務主任とか学年主任などになると一応辞令をもらいます。
 図書主任などは政令で決まっていないので辞令がありません。ところが図書館で働く司書の人は年を取ると事務主査や企画主査になります。
 と言っても上司は図書主任なので平の教員なのに部下にあたる司書は係長級の事務主査や企画主査なのです。となると教員は少なくとも係長級以上の地位ということになります。
 事務職員の場合肩書=地位なのですが、教員の場合肩書が実質ないのに部下は結構えらいということになります。多分医者の世界でもそうだと思います。専門職とはそういうものなのでしょう。
 ちなみに教員は事務職より給与が高いので、事務職で出向すると給与が下がります。そうならないように、例えば教育研究所の研究主事などに出向する場合、一端教頭に昇格させてそれに相当する事務職員の給与をもらうそうです。
 そして現場の教員に復帰させるときはまた平の教員の戻すそうです。警察でも知事部局に出向する時その手を使うそうです。警部補なら警部に一端昇任させて、復帰する時また警部補に戻すそうです。
 ある時そんなことが書いてある本を読んでなるほどと思いました。検事も同じで検事兼○○課長で出向するようです。これだと給与の高い検事の資格で給与がもらえるのです。
 行政の場合、何の落ち度もないのに出向などで給与が下がるのを避けるためにいろいろな便法を使っているようです。ある小説でも自衛隊の3曹が警察庁の出向した時警部で待遇されていました。普通幹部は尉官以上ですからこれも出向の際肩書を上げていると思います。
 万が一平の教員が県警に出向するときは教頭に一時昇格させて警部で出向ということになるでしょう。普通でいえば平の教員は警部補級です。
 今日はさまざまなおじさんお県の肩書について書きました。明日は家の片づけをします。

この記事に

開く コメント(0)

相変わらずの低迷相場

 昨日は授業が終わって帰ってきてからポスティングの準備で忙しかったです。今日は午前中はポステイングで午後からは庭の手入れをしました。
 春本番になってから庭の雑草が目立ちだしました。芝の方はまだですが、その他の雑草が伸びています。草刈機の調子が今一なので庭ばさみで切りました。
 今モッコウバラが満開です。しばらくツマクマの墓前の花はモッコウバラになりそうです。ところで相場展開は相変わらず不透明です。
 ちょっと前まではトランプ相場をはやして20000円越は確実と騒いだものですが今相場は見る影もありません。20000円どころか18500円割れしています。
 今日も一時値上がりしたのですが、終わってみればわずかですが下げて終わっています。おじさんの持ち株も小動きです。
 一時金融株の動きが良かったのですが今はこちらもダメです。某都銀などは数日前年初来安値更新です。某電機株も某海運株も相変わらずです。
 やはり輸出関連株は円安にならないとダメなようです。今は108円台です。以前は117円くらいしたのですから大幅な円高です。
 一時年末には対ドル相場で130円まで行くと言われたのですが120円台でさえ夢のまた夢です。そもそも今回の相場をけん引したトランプ政治も今では全く顧みられていません。
 政治任命の主要幹部さえ決まっていないようです。それに政権内部の争いもあります。トランプ大統領自身発言をころころ変えています。
 オバマケアー失敗から相場に見放されてしまいました。こんな短期間に評価が下がった大統領は久しぶりです。おじさんはクリントン氏支持だったので、やはりアメリカ人の選択の失敗が現在を招いていると思います。
 北朝鮮をめぐる騒動も終わってみれば状態です。北朝鮮近海に来ると言われた空母も実はとんでもないところにいたというオチまでついています。
 相変わらずトランプ氏は人騒がせな人です。残り4年近く任期があると思うとうんざりです。この先この人に相場も振り回されるでしょう。
 明日はお出かけで忙しいです。もし時間がなければブログはお休みです。

この記事に

開く コメント(0)

全397ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事