おじさん教師のひとりごと

長年高校教師をした後中国の大学で日本語を教え、3年間過ごして帰国しました。今は引退して年金生活です。個人的な意見を書いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全468ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今日は午後から忙しいので今これを書いています。相場は50円近い下げです。まあ経済合理性より国際政治が相場を左右する今日この頃ですから、相場の予想は全く不可能です。
 終戦記念日厳密には敗戦記念日から少したちましたが、おじさんと戦争について書きます。もちろん、おじさん自身は戦争体験がありません。
 戦争が終わって生まれたからです。それでも戦後間もなくだったので、戦争の名残があちこちにありました。おじさんの町にも占領軍がいました。
 今市役所が立っているあたりに米軍の大きなキャンプがありました。先の大戦の時は生まれていませんが、今話題の朝鮮戦争については記憶があります。
 市内の駅に行くと朝鮮に送る戦車が列車に積まれているのを見ました。空には双発の輸送機が飛んでいました。朝鮮戦争で亡くなった戦死者を記念する塔もあります。
 身近なところでは叔父が戦争で亡くなりました。本家には遺族の家というプレートが貼ってありました。ある時先祖調べをしていたら、この叔父さんの死亡経過が分かりました。
 海軍の某総監部からの志望通告が掲載されていたのです。南方のある海域で死亡したと思われると書かれていました。サイパン島で玉砕したと聞いていたので意外な気がしました。
 海軍だったと聞いていないので、南方に行く途中の海域で輸送船が撃沈されて亡くなったのでは思っています。父は運よく戦死せずに帰ってきました。
 工兵だったようで、その時使っていた飯盒が後に家に残っていました。兵長で復員したので、たいして偉くなかったようです。父の弟は准尉まで昇進したようです。
 おじさんの結婚式で担任(学徒出陣で少尉で復員)が叔父に戦争の時どこまで行きましたかと聞きました。叔父が准尉でしたというとほうと感心していました。
 学徒出身の少尉とたたき上げの准尉では軍隊における評価が格段に違うのだと思いました。飯盒のことを書きましたが、庭に降りる時の踏み台は弾薬箱でした。
 おじさんが中学の頃まで防空壕がありました。そういえば、中国で教えて居た頃、その町にはまだ防空壕が残っていました。もちろん防空壕としてではなく倉庫として使っていました。
 その町は日本軍の空襲を受けたので、防空の日があって、その日にはサイレンがなりました。何とか70歳まで戦争にならずに済みました。
 息子が34歳なので、まだ戦争があれば徴兵される可能性があります。取りあえず今の平和が続いてもらいたいと思っています。明日は忙しいのでブログはお休みです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は久しぶりに以前通っていた教会に行きました。大体月に1回以前通っていた教会に行っています。今日の説教はマタイ福音書9章14節以下からです。
 この箇所のサブタイトルは「断食についての問答」とあります。この話はマルコ福音書やルカ福音書にもあります。この質問をしたのは「ヨハネの弟子たち」と呼ばれる人です。
 ここでいうヨハネはヨハネ福音書の著者ではなく、預言者のヨハネです。彼らは自分たちもファリサイ派の人も断食をするのに、なぜあなたの弟子たちは断食をしないのかと聞くのです。
 当時も現代も神や仏から救いを得るためには、苦行をする必要があると考えられたのです。苦行や修行をして、俗世の欲望を絶つことで救いが得られると考えたのです。
 だらけた世俗の生活をしていては救いは得られないと考えるのは誠にもって納得がいきます。厳しい修行のはてに救いがあるといえば、納得できます。
 しかし、イエスはそれを否定するのです。イエスの答えは「花婿が一緒にいる間、婚礼の客は悲しむことができるだろうか」です。
 この場合の花婿はイエスを指します。イエスがともにいるので、断食などしなくても救いを得られるというのです。当時としては革命的な発言であったと思います。
 事実イエスはタイトルの有名な発言をします。新しいぶどう酒つまりイエスの教えは新しい考えを持たねば受け入れられないというのです。
 新しいぶどう酒を古い革袋に入れると、袋は裂けてしまうというのです。これは当時の生活から来た教えだったのでしょう。あたらしいぶどう酒は発酵がまだ活発で、膨張するので古い革袋に入れると裂けてしまうのでしょう。
 実はその前に「織りたての布から布切れを取って、古い服に継ぎをあてたりはしない。」とあります。これも当時の生活の常識だったのでしょう。新しい布は洗うと縮むので、古い布を引っ張って破ってしまうのです。
 イエスの言葉は、なかなか深みのある言葉です。断食をするのはやはり自力救済の考えでしょう。キリスト教の考えは他力救済です。
 自分の努力の結果救われるのではなく、キリストの十字架の贖いによって救われるとするものです。では何もしなくて良いのかといえば、いつもキリストとつながっていなければなりません。
 その証として教会生活があるのだと思います。浄土真宗も他力本願といいます。キリスト教とくにプロテスタントの教えは浄土真宗の教えに近い気がします。
 明日は家の仕事をします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日の相場は数十円高のようです。国際政治がからんでいるので、相場を経済合理性だけで考えることはできません。とにかく投資家にとってトランプ大統領は大迷惑です。
 ところで、先日から大阪市の市長が学力テストの結果が悪いと教員の評価を下げるという発言をしています。教育現場にいるものからしたら、全くバカげた意見です。
 思い出すのはおじさんが若かった頃、日教組は教師は労働者だと言い、自民党は教師は聖職者だと言いました。今頃教師のことを聖職者だと思っている人はいません。
 大阪市長も教師は労働者なのだから、成果に対して賃金を支払うということになるのでしょう。しかし、いくらでも反論はできます。
 まず文部科学省は学力テストはあくまでも生徒の学習の参考にするのであって、他と比較するためのものではないと言っています。学力テストの結果を教師の評価に使うのは学力テストの目的外使用です。
 かって、学力テストが学校の評価に使われたために、事前に過去問をやったり、成績不振の生徒を休ませたりしたことがあります。その弊害が大きくてやめたという経緯があったのです。
 さらにいえば、学力と家庭環境とくに経済力とが大きくかかわっていることは教育関係者にとって常識です。経済的に困難な地域の学校の点数が、経済的に豊かな地域の学校を上回ることはありません。
 経済的に困難な地域には教育困難校があります。逆はありません。経済的に豊かな地域の学校で教育困難校があったとしたら、それは学校と教師の責任です。
 どんなに教え方の上手な先生でも、家庭状況が厳しく、家庭で予習復習ができない生徒の学力を飛躍的に上げるのは無理です。現場の先生は皆そのことを知っています。
 大阪市が学力テストの成績を上げたかったら、まず生徒の家庭環境をよくすることです。もし、学力テストの成績で教師を評価するようになれば、優秀な学生が大阪市の教員採用試験を受けないでしょう。
 教師になるなら大阪府でも神戸市でも兵庫県でもよいのです。阪神間というくらいですから、前述の3か所は大阪市に近接しています。小中学校であれば、待遇もたいしてかわりません。
 もし、大阪市の小中学校の管理職の責任を問えば、管理職のなりてがいなくなるでしょう。家庭環境の問題は管理職がどんなに頑張っても改善するのは難しいのです。
 サマータイムといい、今回の大阪市の動きといい、無理筋を強引にもってくる姿勢が目立ちます。やはり社会が劣化しているのでしょう。上は中央官庁から下は大阪市まで官界はどうも変です。
 早く定年になって良かったと思う今日この頃です。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

お盆も終わります。

 13日から孫たちが来ていました。厳密には13日に長女夫婦と孫がきました。孫の親の次女は用事があって来れませんでした。
 昨日下の孫が帰りました。下の孫は今日からキャンプなのです。上の孫だけ残りました。長女夫婦は13日にお婿さんの実家に行きました。
 上の孫は高校3年生で今受験勉強の真っ盛りです。気分を変えるためにうちに来ています。昨日と今日は近くの図書館に行って勉強しました。
 孫たちが小さかったころは庭でバーべキュウをしたりしました。それ以前には別荘で過ごしたりしました。別荘も4年くらい前に手放しました。
 別荘の敷地が広いので(120坪)65歳を過ぎると管理が大変だったのです。今の時代、田舎の土地は売れないのですが、別荘のあるあたりは田舎ですが人気で何とか売れました。
 と言っても高度成長期やバブルの時代を経ているので、現金をそのまま預貯金したのとあまり変わら②値段です。将来売却も考えていたので、整地の際の領収書や建物を建てた際の領収書を取っていたので、税金を余り払わず済みました。
 上の孫も明日帰ります。ところで相場の方は乱高下です。おととい大きく下げて、昨日それを埋めました。ところが今日は再び150円程度の下げです。
 やはりトルコ経済の問題でしょう。一時トルコリラや南アフリカのランド建ての債券などが売り出されました。この2つの国は高金利だったのです。
 ランドの方は今いくらくらいするか知りませんが、トルコリラはこの数週間のうちに大きく下げています。以前トルコリラ建ての債券を買った人は大変な通貨安で評価損がでているでしょう。
 このまま持ち続けてもトルコリラが元の値段に戻るか不明です。損キリも大変ですが、だからと言って買い増すのも怖いです。
 この水準で下げ止まるかもわかりません。ほとんどギャンブル状態です。トルコがアメリカに妥協すれば、トルコリラは大きく値上がりするでしょう。
 今世界経済は国内政治に翻弄されています。イラン情勢も分かりません。こんな時は黙って嵐が過ぎるのを待つのが一番です。
 明日はのんびり過ごします。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

 今日は長女夫婦と次女の孫が来ました。上の孫は高校三年生で下の孫は小学5年生です。皆で食卓を囲んで焼肉でした。以前は庭でバーベキューをしていました。
 長女夫婦は食事後お婿さんの実家に向かいました。孫はまもなく盆踊りに行きます。ところで今日の相場は大きく下げました。トルコリラショックです。
 これもトランプ政権のせいです。トルコを敵視しているので、圧力をかけています。トルコ政府もそれに対抗しています。通貨安を防止するには金利を引き上げるしかありません。
 金利を引き上げれば国内産業には打撃です。それを防止するために金利をそのままにすれば通貨安になります。トランプ政権の支持基盤がキリスト教福音派なので、イスラム勢力に対して厳しい政策を取っています。
 反イスラエル勢力に対して厳しいのです。トルコの前はイランです。この二国は今イスラム勢力が優勢です。イスラム勢力としてはアメリカに屈服するわけにはいきません。
 トルコはEUに近いので、EUも影響を被ります。おかげで、対円でユーロも上がっています。EUはイギリスのEU離脱に加えて中東でのアメリカの攻勢に苦しんでいます。
 トルコもイランも妥協する気はないので、中東情勢はホットなものになるでしょう。とにかく世界経済はトランプ政権の政策に振り回されています。
 アジアでは米中貿易戦争が大変です。日本だけが蚊帳の外というわけにいきません。日米貿易交渉も一筋縄ではいかないでしょう。
 トランプ政権も中間選挙が終われば変わるといわれていますが、中間選挙が終われば、次はトランプ再選に向けての動きが始まるでしょう。
 中間選挙では民主党が有利だと言われています。これも分かりません。とにかく今相場は政治によって動かされています。
 当分投資をする環境にはなりそうもありません。明日はお墓参りに行きます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全468ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事