おじさん教師のひとりごと

長年高校教師をした後中国の大学で日本語を教え、3年間過ごして帰国しました。今は引退して年金生活です。個人的な意見を書いています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全439ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今日は中学の仕事でした。1年生の授業補助が中心です。今日の授業はクラス討議です。テーマを決めて話し合います。意見が出なくて困るのではと思ったのですが、活発に意見が出ていました。
 今勤務する中学は以前教育困難校と言われていたので、隔世の感があります。先生方や地域の努力の結果だと思います。
 帰って相場を見ると年初来高値更新だったのに引け値は下げていました。24000円台達成後の利益確定売りがでたのでしょう。一日で300円幅の動きでした。おじさんの持ち株では某不動産株が年初来高値更新です。まだ数万円の含み益なので持続です。
 さて、今日学校からの帰りに血糖値の検査を受けました。一番心配したのはa1c1と呼ばれる3ケ月の平均値です。6.2以下が正常ですが、今回は6.3でした。
 9月も大体そのくらいでした。主治医からも、まあいいでしょうという言葉をいただいて安心しました。まもなく古希ですが、一番怖いのは病気です。
 50代の頃は検診でも全く心配したことはありませんでした。ところが60代になって標準値を越える数値がでてきたのです。
 まず前立腺の数値です。こちらは10年近く年2回検査に行っています。数値は高いのですが、高止まりなので、前立腺肥大で前立腺がんではないということです。
 5年くらい前細胞検査までしてもらったので、数値が安定していれば高くてもいいそうです。3年くらい前から血糖値に黄信号がともりました。
 結構上がった時があって、これ以上上がったら薬を服用してくださいと言われました。その後大好きな甘い物断ちをしたので数値は安定しています。
 その他の肝臓・腎臓・胃・大腸などは問題なさそうです。アルコールに関する数値が高かったこともありますが、今回は問題ありませんでした。血圧も大丈夫です。
 目の方はいつか白内障の手術をしなければならないようです。数年後でよいと言われました。古希を目前にすると健康が一番気になります。いくらお金があっても健康を害したら何もできません。
 さりとて健康でもお金がないと辛いです。取りあえず健康とお金は何とかなっています。最後が生きがいです。男性にとって仕事は最大の生きがいです。こちらも取りあえず専門学校の方はやめてくださいと言われてないので来年もできそうです。
 後は今度新規に応募した某特殊機関の学校と中学で仕事ができたらありがたいです。年金で何とか生活はできますが、プチ贅沢には足りません。
 おじさんが働く仕事はコンビニや飲食店より時給が良いので、働き甲斐があります。教職を天職にしてよかったと思っています。特殊機関の面接は2月末か3月にあるそうです。
 ここは人文科学科目担当教官(非常勤)というとても格好の良い職名なのでぜひやりたいと思っています。ただ年齢が年齢なのでさてさてどうなることやら。
 明日は中学の仕事です。その後忙しいのでブログはお休みです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

阪神大震災の思い出

 今日まで専門学校の授業でした。来週は火曜日だけ授業で水曜日試験です。ただ、その後3月まで授業があります。成績を出して出入国管理局に提出しないといけないのです。
 それに基づいて次年度の在留許可が出るのです。審査に時間がかかるので、早く成績を出さないといけないのです。ただその後の授業が大変です。
 成績も出た後なので、学生さんのやる気は最悪です。ところで、今阪神大震災についていろいろ言われています。阪神大震災については、思い出があります。
 それは、ちょうどその日修学旅行だったのです。おじさんの学年ではなく、見送り要員として付き添っていたのです。新幹線の駅についたのは大震災直後でした。
 朝の7時頃だったと思います。もちろん新幹線は止まっています。地震の影響だと放送されていましたが、あんなに大きな地震だとは思いませんでした。
 東京では地震がよくあっていましたが、阪神間で地震の話は聞いたことがなかったからです。すぐに復旧すると思いました。しかし、テレビを見ると相当被害が大きそうでした。
 それでもまだあれほどの出来事とは思わなかったのです。結局修学旅行はとりやめになりました。その時は長野へのスキー旅行でした。
 新幹線でなく飛行機で東京まで行って、そこから新潟へ行き、長野へ向かうコースもあると言われました。しかし、校長が、これほどの被害の中修学旅行でスキーとは言えないだろうということで中止になりました。
 翌年の春結局1年遅れで修学旅行に行きました。おじさんは以前阪神間に住んでいたことがあるので、知り合いに電話しました。
 おじさんの知り合いに被害はありませんでした。ずいぶん昔のことですが、昨日のことのように思い出します。明日は中学の仕事です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は専門学校の授業でした。来週期末試験なので、試験範囲をやりました。できるだけ広い分野で出題しようと思っています。
 漢字の読み・反対語・熟語・カタカナ語・並べ替え・会話・作文です。カタカナ語というのは、ファーストと言えば一番のような外来語です。
 英語圏の学生さんも英語で書けばすぐ意味が分かるのですが、カタカナは本来の英語の発音と別なので、耳で聞いても意味が分からないのです。
 さて今日の相場ですが、大きく値上がりしていました。日経平均で200円以上の値上がりです。期待して持ち株を見たら何と某不動産株以外皆値下がりです。
 いつも書いているように、日経平均がどれだけ上がっても、全ての株が値上がりするのではないのです。以前の相場なら、日経平均に連動してどの株も値上がりしました。
 今は値上がりどころか値下がりしているのです。おじさんの持ち株はほとんどオールドエコノミの会社です。そのせいかもしれません。
 ただ同業他社も持ち株より100円以上高いのです。さりとて今更損切して別の株に乗り換える気もしません。今までの経験でいえば、売ればその後値上がりするのです。
 某建設株などその典型でした。建設業界は今後冬の時代が来ると言われて、ちょっと値上がりしたところで売却しました。すると、五輪景気の上に、リニア建設で建設株を大きく値上がりしたのです。と言っても定期預金にしても利息はわずかです。
 今回定期預金の利息について通知がきていましたが、1年で百円単位の利息です。個人の利息を取り上げて企業にまわす、異次元の金融緩和はけしからんと思います。
 これでインフレなどなったら、年金生活者は生きていけません。ままぼやいても仕方がないのでこれでやめておきます。それでも仕事があるだけ幸福なのかもしれません。
 明日も専門学校の授業です。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は中学校の仕事でした。今漢詩をやっています。古文は懐かしいです。中国では漢詩の朗読などがとても盛んです。本屋さんでも漢詩の本がたくさん売っています。
 また漢詩の朗読大会などもあります。そういえば子供向けの漢詩百選と言った本も売っています。以前一番弟子の高校を訪問した時、有名な李白の「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に行くを送る」と言う詩の書き下し文を教室の黒板に書いたら大好評でした。
 また漢詩で有名な洞庭湖に行くと湖畔にずらりと漢詩の碑が並んでいました。ある時本屋さんで唐詩の本があって懐かしいので口に出して読んでいると高校生の人が不思議がって見ていました。
 外国人がそれも日本人らしき人が中国人の大人でもあまり読まない唐詩を声を出して読んでいるのです。もし、中国人が万葉集の歌を詠んでいたら驚くでしょう。
 それも北京や上海などの大都会でなく、日本人が数百人しかいない地方都市なのです。それで、おじさんは名刺を出して、この町の国立大学の日本人教師であると自己紹介しました。
 拙い英語で、日本では中学高校で必ず漢詩を勉強するのだと告げました。そういえば、西安の楊貴妃にまつわる温泉に行った時も、華清池だったと思いますが、そこでは長恨歌が書かれていました。
 やはり懐かしくてつい口に出して読んでしまいました。おじさんの町にある陶磁器の積出港に行った時もおもしろいものを見ました。
 読者のみなさん科挙をご存じですか。世界で一番難しく過酷な試験と言われるものです。これに合格すると進士の資格がもらえます。
 日本でいえばキャリアです。出世まちがいなしの試験です。それにこの港町から何人も合格したのです。その港には翰林院という私塾があったのたのです。
 おじさんは感動してこの翰林院の説明板を読んでいました。すると中国人の学生さんがやはり不思議そうに見ていました。現代中国の学生さんにとって科挙など歴史の中の出来事です。
 その説明を外国人それも東洋人が熱心に読んでいるのです。もちろん中国語で書かれていますが、所詮漢字なので大体の意味は分かります。
 中国人が日本の文化財の説明板を読んで感心しているのを日本人が見る感覚なのでしょう。現代中国の人には中国嫌いと思われている日本人が古代中国の文学をまなんでいるとは想像しにくいでしょう。
 そういえば日本でも有名な李白はお酒のブランド名になっています。李白はお酒が大好きだったのです。現代日中は離反していますが、かって文化の先輩として日本は中国から多くのことを学んだのです。
 現代の中国共産党も古典文学を大事にしています。だから漢詩の朗読会や子供向けの漢詩の本が本屋で売っているのです。孔子のドラマも中国のテレビでやっていました。
 中国の滞在してみていろいろなことが分かりました。明日は専門学校の授業です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 今日は日曜日なので教会でした。最近40代の男性が増えてきました。と言っても2人だけですが。40代というのはやはり物思う年代だと思います。
 説教はテサロニケの信徒への手紙という教会関係者以外余りなじみのない箇所からだったので、別のことを書きます。今日は壮年会がありました。
 壮年の方同士でテキストを読んで話し合うのです。今日は死についてでした。以前の日本では死について触れることはタブーでした。
 死の話など縁起でもないというところです。ところが高齢者が全人口の25%近くなると死が身近になってきました。それで今では終活という言葉まで普通に使われるようになりました。
 高齢者は子供達に死後のことを放さなければと雑誌などでも書かれるようになりました。しかし、皆が皆死について受け入れられるものではありません。
 死に対する恐怖心を抱く人は大勢います。キリスト者でも余命宣告を受けた途端落ち込む人もいます。おじさんも子供の頃から死の恐怖を感じていました。
 死んだらどうなるのかと言った恐怖です。自分という存在が無くなることへの恐怖と言ってもいいでしょう。しかし、両親、親友、ツマクマと亡くすなかで段々死に向かう覚悟ができてきました。
 キリスト教では死は終わりではありません。そもそも死後の世界についていえば神の国へ戻っていくという考え方です。そして終わりの日にまた復活するという考えかたでもあります。
 先に神の国へ帰った人たちがまっていてくれるとも考えます。数年前ツマクマを介護しているとき、死んだらどうなるのか尋ねられました。
 神の国へ帰るだけだと答えることができました。この時ほど信仰をもっていて良かったと思ったことはありません。そういいつつも現実に余命を宣告されたら取り乱すかもしれません。今日の話合いでも、そのことがでました。それはそれでいいのではということになりました。
 キリスト者と言えども普通の人間ですから、死に対して恐怖心をもっていてもいいのです。死ぬのはいいが、痛みで苦しむのはいやだという方もありました。
 今は緩和ケアーがずいぶん進んで痛みを減らすやり方がいろいろあります。ツマクマも医療麻薬を使って傷みをコントロールしていました。
 年々痛みのコントロールができるようになっているようです。痛みがなければ、死に向かうのもずいぶん楽になります。人生振り返って思い残すこともないので、痛みさえなければ神の国に安心して帰れそうです。
 延命治療はしないように子供達にも言っています。できれば眠るように死にたいものです。明日は中学の仕事です。授業は漢詩に入ります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全439ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事