マレーシアから見たセドナ

2016年6月30日をもちまして本ブログは終了となりました!3年間応援いただき、本当にありがとうございました♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


本日、7日目となります、『マレーシアから見たセドナ・オンラインイベント』ですが、先日に続き、投稿が遅くなりすみませんでした!!明日はいよいよ仕事の任期が終了し、現在、住んでいるところから、クアラルンプールへ移動ということで、結構バタバタなのです><

そんな話はさておき、今回も非常に凝ったイラストやイベントやイベント後、ゲーム関する思い出を書いた記事をいただいております!いつも通りですが、アンディーメンテの好きな方であれば、非常に興味深く感じられる記事かと思いますので、是非ともお立ち寄りください!



本日の記事投稿者様は、以下の3名の方となっております!!

1:  amk 様
2:  ロン
3:  淡い月光


********************************************************************************************


1: amk 様


イメージ 2


********************************************************************************************


2: ロン様


エメラルドさんにご依頼をいただき文章を書かせていただきます、ロンと申します。なにかわからないことや、聞いてみたいことなどがあればいつでも話しかけてください。やさしく教えます。


1.私とアンディーメンテ

まずはアンディーメンテとの出会いから。
いくらかの方がそうである気がしますが、フリーゲーム雑誌というフリゲのたくさん入ったCD-ROMつきの雑誌が私のアンディーメンテへの入り口でした。便利ソフトであるとか、練習用に作ったようなゲームソフトまで幅広いものがありましたが、その中に明らかに他のゲームとは一線を画したおもしろさのゲーム、アンディーメンテ社製のゲームがありました。ある時からは、アンディーメンテのゲームが目に留まればプレイしてみるという位にハマっていたのでした。

最初にプレイしたあたりのゲームで鮮明に覚えているのはクレイジーコロシアムです。やりこみできるゲームを探していた私は、そのアイテムの多さ、終わりの見えなさにのめりこんでいました。たまにフィールドに現れる宝箱を開けてはアイテムを集めるのが止まらず、さらに意味があるのかわからない謎のアイテムがどんどん増えていくのが楽しくてしょうがなかった記憶があります。ゲームを進めると出てくる謎のワードも拍車をかけて、奥の見えない未知の探索の楽しさを感じていたように思います。
何かまだ見ていないものがあるんじゃないか、知らないものがあるんじゃないかという疑問が今でも一番の楽しみです。

また、その頃のあばたえくぼのホームページには作者であるジスカルドさんの情報は今に比べるとほとんどなく、ぼんやりとしかわからないような写真や、少女漫画を読んでいるといったような断片的な情報しかなかったように記憶しています。とてもミステリアスな存在に思えたものです。その頃の印象とはまた違いますが、今のジスカルドさんも私にとってかなりミステリアスな存在です。


2.アンディーメンテで一番楽しかったイベントの思い出

しばらくはゲームをプレイするのみのファンだった私ですが、それも少しずつ変わってきた様に思います。プチオンリーであったり、PIP、ライブイベント、アナログゲームオフなど様々なイベントに参加するようになりました。
その中でも一番を挙げるとすれば、初めて行った公式イベントの2011プチオンリーになると思います。それまではまったく一人でゲームを楽しんでいたので、同じものが好きな人が集まって話ができることがこんなに楽しいということを初めて体験したのでした。皆でパソコンを持ち寄り、イベント終了後に別の場所で会合を開いたのは今でも思い出せるくらい楽しい思い出です。このイベントが楽しかったことがきっかけになって、他のイベントにも参加しいろんな方とお話するようになったのでした。

イベント中ももちろん楽しいのですが、帰り途中の電車などでアンディーメンテの話をするのも楽しみの一つになっています。それぞれの人に好きなものがあって、なかなか熱い話になることもよくあります。もし、イベントなど参加してみようかなと思っている方がいたら、行ってみると新しい楽しさが発見できるかもしれません。一人になってしまうのではという不安は私も最初ありましたが、一回で諦めてしまうのはもったいないのかもしれませんよ。


3.忘れられない人

一人をあげるとしたら羊兄さんことsheepさんかもしれません。なかなかお会いできないという意味も含めて印象深かったように思います。とても話しやすい穏やかな方で、アンディーメンテのことに限らず、住んでいる地元のことなど幅広いお話をされていて今も当時話したことをよく覚えています。もしまたお会いできたら、聞いてみたいことや報告したいことがたくさんあります。
最後に

エメラルドさんこのようなご依頼をいただきありがとうございました。これをきっかけに、ブログのイベント感想記事で当時のことを思い出したり、懐かしい気分に浸ることができました。また、他の方の記事とても楽しみにしております。このたびはお声掛けいただいてありがとうございました。


********************************************************************************************


3: 淡い月光様


主にシーツリーとかをプレイしている、淡い月光と申します!
お題を一つに絞って、一杯詰め込ませてもらいました!


1.僕とアンディーメンテ

僕がアンディーメンテを知ったのは、およそ四年ほど前です。
当時フリーゲームの存在を知った幼い僕は、ツクール製のゲームや、ブラウザ上で遊べる脱出ゲームなんかを好んで遊んでいました。そもそもフリーゲーム、もといゲームに様々なジャンルがある事を、何となくでしか理解できなかったのもあり、プレイしていたゲームジャンルはやや偏ったものでした。食わず嫌いだったのも原因の一つだと思います。
人気のゲームなど、既に世で広く知られるゲームをプレイするというのは、流行を後追いしているような気になり、あまりプレイしていませんでした。

そんな訳で僕は捻くれたゲームの探し方をしていました。ふりーむのジャンルに、「その他」がありますよね。つまりはそういうことです。そこをガサゴソと漁っている内に、アンディーメンテを知るキッカケとなった「きみが忘れていった水槽」を見つけました。
プレイしてみて思ったのは、「最早これはゲームじゃないな。」と言うような感じでした。起動してからは生まれ行くセルを眺めるだけです。本当に、生き物の入った水槽を眺めているなあと言う感じでした。

現実世界で金魚を飼っているものの、それを一種の義務感で育てていた僕は、そのゲームと現世の水槽は同じものだと思いました。ただ、どうもこのゲームからは今までプレイしてきゲームと違う雰囲気が漂っている気がして、ゴミ箱に捨てる事はありませんでした。

その後の記憶は曖昧ですが、恐らく僕はその時のゲームにくっついてたテキストから、アンディーメンテの名を知り、サイトまで辿り着けたんじゃないかと思います。

四年前にプレイしたのは、アールエス、電子海、炭鉱、スミレの花など、この辺は確実にプレイしたと思います。
最も、ゲームがそれほど得意でもない僕は、どれも中途半端に終わらせてしまったのですが。
ただ、スミレの花の寂しい感じが、個人的にとても好きでした。スタート画面の音楽や絵が凄い神秘的と言うか、宇宙的できれいだなと思っています。

四年前から色々と事情があり、少しアンディーメンテのゲームに触れられなくなりました。
再び手を出せるようになったのは去年からです。
それから今に至るまでに、シーツリーを中心に色々なゲームをやってみて、やっぱり何か凄いなあと思いました。どのゲームも何かしら他のゲームと繋がっていたりして、ワクワクします。

ちなみに、今一番攻略できているのはライスタリターンズです。最近ようやく執着するファンタジスタを倒しました。次はマジカルを倒さないといけないのですが、正攻法(踏みつぶす)では勝てない感じがプンプンします。ステータスを大幅に強化したり、魔力を解き放つだけで一撃必殺なのですから、ラスボス感が凄いです。ですがまあ、一度は勝てたのですから、きっと何かしら攻略法があるんでしょう。ゆっくり探したいと思います。

アールエスも一年前からプレイしているのですが、未だに28話くらいです。鬼の人を倒しました。
70レベルまで育てたルイン達が消えてジスロフ達が現れて、なんだか怒涛の展開で焦りました。今はレベル上げに専念しています。多分もうあと二年はクリアまでかかるんじゃないかなと。

あと進めているのは、ジスロフ帝国の興亡です!
何人をお嫁さんにしたかは分からないですが、難易度が12くらいの人を説得するのに時間が掛かっています。もうゲーム内では名声が神格化したり、70年が過ぎたりしているので、一国の王様としては十分な功績を挙げているんじゃないでしょうか。

今現在プレイしているゲームはこんな所です!あとはシーツリーや電子海を放置気味にプレイしています。
今年は夏祭りに初参加できたらいいなーと思っています。あと、大晦日のクイズ大会とか、この前は下から数えて何番目かだったので、次回はもう少し順位上げれたらな…と。

怠け癖で中々アンディーメンテの世界観を把握しきれてはいないのですが、皆さんの様なスペシャリストに僕もいつかなれたらいいなと思います!


********************************************************************************************


以上が本日の記事となります!!
明日以降もいただいた記事の順に掲載させて頂きますので、
是非とも足を御運びいただければ幸いに存じます。

緑のエメラルド


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事