ここから本文です
むさしのサンゴアクアリウム
Zeni−Naiyoシステムと べっぴん珊瑚 なるべく自作機材で やってます
え〜
すでに 使用開始している オゾナイザーですが
仕様変更がありました
ボリューム部分に ノブがなかったので
注文していたのですが
ま〜〜アマゾンが遅い!!
で 
やっと 到着
早速 装着
ついに 完成
(ラップみたいに)

イメージ 1
市販レベル!!???
自画自賛

販売するなら 15000円くらいかなw

この記事に

開くトラックバック(0)

はい 続きですね
エアードライア〜?ってのをつくります
まず 100均へ行って使えそうなものを 物色
イメージ 1
ぴったりw
これに 穴を開けていきます
イメージ 2
イメージ 3
蓋と 底に
チューブをつけるようにします
イメージ 4
こんな感じになりますね
本体の上に 塩ビ固定用のものを 切断して
ステー代わりにしました
イメージ 5
そこに 激安シリカゲルを入れます
イメージ 6
こんな感じ
イメージ 7
こうすることで 湿気と匂いをある程度 取り除くことでしょう
設置ですが スキマーのエアー取り込みのところにかますのが
一般的なので
イメージ 8
こうしました
制御は デジタルタイマーです
イメージ 9
これ。
エアーポンプは 大昔から使っている
イメージ 10
これ 丈夫で 調整性もあり
交換部品もたくさん持ってるしw
しかし 古いな 知らないでしょ?
で ここまで来て メーカーさんが取説を送ってきました
イメージ 11
超簡単w
ですが ボリュームが ちょっと違ったようです
なので もう一度分解して
イメージ 12
付け替え。
どうせ 分解したので
安全 安心のために
イメージ 13
パイロットランプも つけました
通電しているかどうか 見た目ですぐに分かるようにしました
やっぱり オゾンですからw
市販ぽくなったでしょ??
まだ ボリュームのノブが まだ届いてませんが
ほぼ 完成と云うことで・・・

この記事に

開くトラックバック(0)

ちょっと前に 予告した
自作シリーズです

今回は 全く流行遅れ 時代遅れの
オゾナイザーです

まあ 魚中心に飼育されているアクアリストさんの中でも
諸先輩方は ご存知かと思います
昔流行りました
殺菌灯のように 病気を抑えて 水質を改善すると言うやつですね
詳しくは どっか調べてw

で なぜ作ろうと思ったかと言うと
もう 自作シリーズのネタ切れ・・・w
あ 違った
うちのサンゴ水槽のORP値が180前後で 変化ないので
いっそ 強制的に 上げてしまおうと 安易に考えた訳ですよ
でも そのために 何万もするものを 買えるほど 裕福では無い
それどころか ほとんど販売されていない!!

DIY用に某国産もあるのですが 信頼性が・・・
高電圧がかかりますからね〜〜

なので 色々と探したのですが 無い!!!!
困り果てて 以前キットを販売していた
「若松通商」さんに問い合わせ。。もう販売してませんとの回答。
う〜〜断念!!と思った時に メールで 1個だけ倉庫に残ってました!!
はい 即答で 購入です(ボリュームも入ってなければ 取説も無い)
まあ いいです 購入できたので
イメージ 1
これですね〜嬉しい
イメージ 2
ここは 電源でしょう。
イメージ 3
ボリュームは きっと 右に写ってる白い3pinコネクターですね
これも 古い!!!!
最初の難関が ここ ネットで調べても 分かりません
なので 他のパーツを買わなきゃいけないでの 秋葉原へ
勉強会以外では 40年ぶりくらいですかね〜〜
オタクばっかりで怖い!
また 電子系パーツも どんどん店がマニアックになってて
一見さんお断り感満載
ま 買うの決まってたので 我慢
イメージ 4
はい
ボリュームの3pinのオスが分からなかったので
イメージ 5
適当に ダメなら 基盤から外してもいいな〜って
このうちの 右側が なんと偶然フィット!
さあ あとは 淡々に作ります
買ってきた ケースに
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
穴あけ
イメージ 9
位置決め
ボリュームも 適当に 手元にあったもの
ついでなので 電源用の配線にスイッチを割り込ませて
一応 手元でも ON-OFF出来るようにしました
そうしないと パイロットランプも無いので ONになってるかどうかが分からず
オゾン垂れ流しの可能性もあるため 危険・事故防止ですね

何せ 設計図も取り説も無いので 基本適当

で 出来ました
イメージ 10
イメージ 11
電源配線の処理が 販売してる奴みたいでしょ?w
イメージ 12
全体。
これに エアポンプをかますと オゾンが排出されます
IN側を後ろにして OUT側を裏にしたのは
単に スッキリさせる事と 基盤が そうなのでw
(INとOUTは 逆でもOK)
これで 本体は 完成ですが
この後 まだ 作るのがあります
オゾンを乾燥させた方が 機械が長持ち?するらしいので
エアードライア〜?を作ります
あと すでに作業は終わってるのですが
完成後に メーカーさんから ボリュームが届いたので
付け替えしたりします
その辺は 後日 まとめてUPしますね〜〜

自作シリーズ musashiも
これで
大型プロテインスキマー・カルシウムリアクター
zen-naiyoリアクター・小型水槽用zen-naiyoリアクター
オーバーフロー水槽・照明スタンド・水槽台(廃棄)
サイドフロー水槽・キャビネット用コントロールパネル
自動給水器(廃棄)・無電源給水器
ドーシングポンプラック・・
ま〜〜〜作りましたね〜
もう 本当にネタ切れですねw
其の2は また後日

この記事に

開くトラックバック(0)

また 何か作ります

最近 色々と困難な状況があり
なかなか 時間が取れない。

まあ さておき
とりあえず ぽちっとな
イメージ 1
また 何か作りますよ〜〜
全然 設計もなく
材料も まだ 何もありませんがw
しばらく時間くださいwww

この記事に

開くトラックバック(0)

サイドオーバーフローを自作したので
水流用のポンプなどが 当然増えました
今までは・・
イメージ 1
こんなの作って 使ってたのですが
見ての通りの チープさw
最近のアクアリウム用の機材は コントローラ部分が別になってるのが多いので
置く場所に困りますよね〜
なので 今回 集中パネル?を作る事にしました
場所は
イメージ 2
ここ。サイドオーバーフローの水槽台です
中身は メインと濾過槽を共通してるので空ですから。
まずは・・
イメージ 3
慎重に入念に 採寸して
アクリル板を オーダー。
次に ああ待ってたアクリルを適当に切ります
イメージ 4
こうなりました
これらのパーツを使って
イメージ 5
まずは シリコンシーラントで
電源を接着
そこにも
イメージ 6
こんな感じですね〜
イメージ 7
とりあえず その他の 切り出した透明アクリルを
何箇所かに 接着します
コントロールキャビネットは接着する訳にはいかないので
ずれない・外れないように するためです
う〜〜ん はめ込む感じですね
イメージ 8
透けて 透明アクリル板が見えますね
イメージ 9
配線をやり直す間に
自作カルシウムリアクターのお掃除
で 完成は こちら
イメージ 10
UP
イメージ 11
とりあえず 水槽周りが スッキリしました

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事