車&バイク好きな美容師です。。。!

ちょこっと独り言!車・バイクの遊び場です。。。!

全体表示

[ リスト ]


第十章。。。縁 優しさ。。。


 私は全てに否定しません、そういうことを言うと無責任だと評価され、『いい加減だ!』とか『逃げているんだ!』と批判する人もいるかもしれません。。。
 もしかしたら協調性というものも『仲良しこよし!』で『皆で渡れば怖くない!』と皆と同じ様にしていることで意思がないと感じられ人の間違いを否定せずに無関心と思い感じる人が居るのかもしれません。。。
 もしかしたら、間違いを否定するのが面倒でアドバイスをせずに楽を選んで無関心に思える肯定的な態度で協調性だけ表現し嫌われたくない一心で同調しているだけなんだと評価され嫌われる人達も存在するのかもしれません。。。
 先ほどの子供の教育で偶然を必然に置き換え余裕を持つことと同じで、どうしてそのような現実を迎えたのか、全ての現実を受け入れ否定せずに肯定し何故どうしてと説明できたなら肯定する理由が解り教訓となり嫌われずに、その人の為と本来の良さが映り出されるのではないでしょうか。。。
 マザー・テレサの『愛の反対は憎しみではなく無関心です』という無関心とは、表面でしか人を評価しなく誤解して愛情の裏側が無関心で気にしないことと表現されているのかもしれないと思いだしたのです。。。
 日本語に訳した人の訳し方にもよりますが、もし、まだマザー・テレサが生きていたのなら、無関心とはどこまでが無関心で、無関心をきちんと説明できたなら関心がないということではなく、関心を見せないだけの見守る愛情である無関心もあるのではないかと聞いてみたいと思うのです。。。
 私は、人と人との縁とは、縁が円でグルグル回るフチであり、グルグル回るフチのご縁が存在する意味は、実は愛情の裏側が無関心ではなく、いつしかグルっと回って反対側に行った否定から生まれる憎しみという無関心に見える見守るという影の愛情なのではないかと思うのです。。。
 無関心とは、本当に関心がない事なのでしょうか。。。
 人生に憎しみを持つことは、人に嫌がらせをする行為や嫌な事を言う行為も、実はその人が成長するために必要な出来事で、先ほどの事故の例や親の無償の見守る愛と同じで、実はその人に気が付いてもらいたいと思う気持ちから行う行為で現実を迎えるのだと思うのです。。。
 嫌なことを言う事は気持ちの良いものでもないし、パワーも使い疲れる事で実は、気づいて欲しいと思う優しさではないかと思うのです。。。
 そうした憎しみもまた、いつしか憎しみの原因である事に自分が気がついた時には、気づかせてくれたと感謝して愛情に代わるのだと思うのです。。。
 そうして考えると、無関心から憎しみと表現されるものの、実はその人に気づて欲しいと教えてあげようとする優しさで無関心に見える愛情も存在するのだと思うのです。。。
 本当に関心が無くなるのであれば、自分の人生に関与しなく縁もなく、知る由もない無縁であると思うのです。。。
 縁がある以上何かの意味があり現実に嫌なことや辛いことが起きていると思うのです。。。
 そうして考えると知る由もないと現実に愛情がなければ無縁で縁すらも無く人生で知り合うことも無いと思うのです。。。。
 そうして考えると、憎しみもまた、本人が気が付き成長できた時には憎しみもまた自分を育ててくれた愛情と感謝できるのではないでしょうか。。。
 愛情とは、そうした見えないもので、本来自分の人生に必要な現実を迎え成長する為の出来事で全て愛情だと思うのです。。。
 そうした無関心という裏側の愛情もそのまま説明できなく理解できなければ憎しみで終わり、如何に人生の舞台に必要で演出効果だったんだと説明できたなら裏側の無関心も表に現れ愛情に成り得るもので失敗が財産であり成功に繋ぐ架け橋であり失敗と成功との関係性と同じものなのではないでしょうか。。。
 そうして考えてみると、愛情とは、自分が愛を求めるものではなく、相手が愛を与えてくれるかで、幸せと同じで如何に自分で幸せを感じ取るものなのではないでしょうか。。。
 そう愛情とは、誰かに何をしたのか、では無く誰に何をしてもらえたのかなのだと思うのです。。。
 如何に相手を尊重し思い相手の事をどれだけ考え優くできるかで、如何に相手ににどれだけ尊重され優しくしてもらい感謝され感謝できるかなのだと思うのです。。。
 説明無しの無関心に感じる一方通行の愛情はお節介と思われ自己満足のマスターベーションのエロと思うのです。。。
 そうした無関心に感じるエロを無関心ではないと説明し、お互いの意思の疎通ができ、お互いが納得でき無関心ではないと感じ見守る愛情と理解し合えばエロがエロスに成るのだと思うのです。。。
 エロとは、マスターベーションで説明無しの自己満足で一方通行のストーカー的な愛であり、エロスとは、相手にきちんと説明し納得し満足し合うことで、お互いが幸せに成れる相思相愛の愛ということだと思うのです。。。
 そうして考えてみると、全ては自分の為にではなく、人の為にすることが大事なのではないでしょうか。。。
 そう正に、自分の為にという我が生まれることで欲深くなり争いが生まれ愚痴不平不満が生まれ憎しみというものが生まれるのだと思うのです。。。
 欲深くなることも追求心や向上心からくる欲は良いと思うのですが、人を押しのけ自分だけが良ければという欲深さは本来の人と人との信頼関係をも崩し戦争までも起こしかねないと思うのです。。。
 全ての仕事も同じで、仕事を義務としてするから苦しく辛いもので、仕事を多くの人達に喜んでもらう為にしているのだと思う目的意識があれば、好きなことをしているという意識から苦しくも辛くもなくなり幸せと感じるのだと思うのです。。。
 仕事に対する欲深さは、自分がお金儲けしたいという我が生まれれば必ず崩れるもので多くの人から感謝もされることなく憎まれ終わり、人に喜んでもらう為に追求しより良く多くの人に喜びと感動を与えたいという気持ちから来る欲深さは、多くの人達に感謝され喜んでもらうことができ、結果お金が集まるということに繋がるのだと思うのです。。。
 私がこの美容の仕事に就く前の高校生のときには、近所のスーパーでアルバイトをしていました。。。
 そのスーパーで年末の大売り出しで数人で売り上げ競争をしようということになり私は一番年下なので売り上げが伸びにくい乾物商材の担当になりました。。。
 先輩たちは、お菓子やパンといった人気商材を売ることになり私は一番不利でしたが、なんとその日の売り上げが確か12〜3万円以上と好成績を上げたのです。。。
 店長さんからもビックリされ『どうしたらこんなに売れるんだ?』などと聞かれたことがあります。。。
 只、私は乾物の良いところを説明し子供連れであれば『子供にあんこ食べたくない!』などと聞き、お母さんに『小豆を煮てあんこにして食べさせてあげたらどうですか!』とか『この、お麩をお味噌汁に入れても美味しいですよ!』などというように自分だったらこうして食べたら良いかななどと食べることが大好きなのでどう料理したら良いか想像し商品の良さとお客様の年代や家族構成を配慮してお勧めして喜んでもらいたい一心で説明した結果勝手に売れてしまい、更にお客様の紹介で多くのお客様に支持され売れ上げが伸びたのです。。。
 その後も大手フランチャイズのお弁当屋さんでアルバイトをしていました。。。
 その頃は、まだ高校生で、売上を上げ仕入れとの関係で利益をだす事が商売という観点も持たずにアルバイトをしていました。。。
 そこで働いている年配の方たちから基本的な料理の作り方やのコツを教えてもらい料理に興味を持ち今も料理が大好きで趣味にもなっているのも私の人生の必然で演出してくれたのだと思うのです。。。
 そして、幼少のころから食べることが好きなことから、多くのお客様に満足してもらえたらと本気で思い、自分が勝手にお弁当のライスを多くしたり、おかずを一品足してみたりサービスしてお客様に喜んでもらえた結果、お客様に好評を得て大盛況で売上も上がりました。。。
 お客様に満足し喜んでもらいたいという思いから、バイト先のお弁当屋さんの東京支部の社長様にお願いして新メニューを作リたいと相談した結果、売り上げも上がっていたことから新メニューも作って頂きました。。。
 そして利益率や仕入れという仕組みも、そこで知ることもできました。。。
 更にその結果として、多くのお客様に知らず知らずのうちに喜んで頂き、売上も上がる事に繋がったのだと思います。。。
 そうした事で、売上も鰻登りで、東京支部の社長様から、高校を卒業したらお店を持たせてやるから入社しないかとも言われたことがあります。。。
 今では当たり前のイートインも高校生のこの時に、お客さんがこの場で食べてくれたら良いなと、横のスペースで洗える食器にお弁当の料理を出して食べてもらえば、お弁当の容器の無駄もなく経費削減で、更には私のようにいっぱい食べる人にはライスのおかわりやおかずの追加も出来るので、自分でお弁当屋をするならと35前に考えていたのです。。。
 そうした経験の元、今でも利益を上げるだけの、お金儲けしたいという気持ちではなく、本当に多くのお客様に綺麗にカッコよくストレス解消に癒しに満足して喜んでもらいたいと美容の仕事に就いています。。。
 今考えても今の美容師より、そのままお弁当屋さんになった方が金銭的にも裕福だったかもしれません。。。
 ですが、今でも美容室に初めて来店するお客様や久しぶりにご来店されるお客様や御紹介を頂いたお客様の紹介した方もされた方も、売り上げを考えずに多くの人達に喜んでもらいたいと、他店では体験できない私の完全オリジナル炭酸ヘッドスパをサービスさせて頂き多くのお客様に満足して癒しと冷やしをお客様に体験して頂く事と『ジェットコースター型体験炭酸ヘッドスパ』と自負し提供しています。。。
 余談ですが、シャンプーの語源はヒンズー語の『押す』から来る癒しの『マッサージ』の意味で使われるようになり、お湯や薬草を使用し頭皮のマッサージをすることで洗髪商材の商品名や施術名に変化してきたのです。。。
 アメリカでは洗うという『シャンプー』の施術を『wash』とメニューには記載しています。。。
 私の店にはマイクロスコープを設置し頭皮の悩みを解消するように頭皮や身体の説明をしお客様の求めている施術をするように心がけています。。。
 人間としての考えではなくオスとメスの考え方で物事を捉えるような説明をしています。。。
 簡単にいつもの炭酸ヘッドスパの施術で頭皮をマイクロスコープで見ながら説明しながら説明しています。。。
 先ず髪の毛が何故あるのか? そう、皆さんもご存じと思いますが毛髪は脳を守るためにあります。。。
 その脳を使えば使うほど大事だと判断し白髪も増えます。。。
 そもそも白髪は何故あるのか? と言うと黒い髪より心がしっかりしています、マイクロスコープを見るとそうした髪の毛の状態が見えてお客様に理解してもらいやすいのですが、髪の毛の構造は海お寿司ののり巻きと同じで、具材にご飯に海苔で出来ていますが、その具こそが心にあたる毛髄質(メデュラ)で、その周りのご飯粒が表皮質(コルテックス)で、毛表質(キューティクル)で構成されていて、白髪を見てみると心の部分が白くなっているのが解り空気の層のように守る為には最適に出来ているので白髪は丈夫だと言われています。。。
 そして恐怖というストレスが血管を収縮させて脳を委縮させ身体が反応し恐怖のあまり一夜にして白髪になったなんて話も聞いたことがあると思います。。。
 将棋でいえば駒を指すように、ここ一番という時に防衛本能で白髪を増やしだんぼうる段ボールや発泡スチロールみたいに脳を守ろうとし白髪が増えるのです。。。
 だから毛を抜く行為や頭を使うと防衛本能で白髪が増えるのです。。。
 そして男性脱毛症に関しては男性ホルモンのテストストロンというホルモンが分泌されると筋肉の増量には良いのですが髪の毛をなくす原因にも繋がります。。。
 何故! テストストロンが脱毛に繋がるのかと言えば、男と女と考える前に動物としてオスとメスに置き換えて考えてみてください。。。
 オスは外に出て獲物をしとめ狩りをする動物で、メスは巣を守る為に存在します、そう! メスは巣を守り子育てに徹する為に守るという母性本能から腕力がない分、保守的に過去を記憶しそれらを教訓にします。。。
 オスは外で獲物と戦うことで腕力があることから戦略を考える為に攻撃態勢で過去のことよりこれからのことを考える性質で耳の位置から下の体毛が増え戦いに備え毛深くなり腕力で頭を守ることが出来るので毛髪を残す意味を持たずに禿げるのです。。。
 正に熊さんやゴリラさんのような骨格に腕力がありそうな人ほど髪の毛がなくなり体毛が多いのです。。。
 そして女性は腕力がなく脳を守ることが出来ないので髪の毛で覆い脳を守るという防衛本能から来るもので髪の毛は女性ホルモンで耳の位置から下が男性ホルモンなのです。。。
 更に男性脱毛症も、おでこから来るものと頭頂部から来るものがありますが、頭頂部から来る脱毛は2足歩行動物にしかみらえれず、4足歩行動物ではゾウやラクダのように背中が禿げてくるで、重力に負けて皮膚が下がり一番負荷がかかる部位が禿げる傾向にあるのです。。。
 そうしたことで、炭酸が血管を広げる効果によりロングブレスダイエットや加圧トレーニングと同じように脳を騙すことで健康を作るのと同じように炭酸の効果で血管を広げ安心したと脳が誤作動し白髪が減少するのでしょう。。。
 更には、おでこが後退する減少も、人間が進化した動物で如何に顔を広げて人生を送れるかという人達は顔をより良く覚えてもらうために顔の面積が広がるという現象が起きてくるのだと思うのです。。。
 余談が長くなりましたが、私は、カットやパーマも重力に負けない究極のヘアスタイルと、個々のお客様だけのオートクチュールとも言えるヘアスタイルを提供し、8〜9割自分の癖で作られる髪質や生え癖も見破りながら、その人その人の生活環境に合わせたヘアスタイルを提案し満足してもらえる仕事をしています。。。
 全ては口でどんなものか説明するより体験して頂く事が大事で体験後に気に入ってもらえれば結果は後から付いてくると思い昨年は366日に休みもなく最終時間もなく深夜遅い時間までご予約頂き私の仕事もお客様に喜んで頂き大好評を得ています。。。
 余談ですが、私は店の予約をLINEのトークや無料電話やフェイスブックのメッセンジャーで若い人やSNSを使いこなしているお客様から頂いています。。。
 そして、そうしたことに得意ではない年配のお客様やSNSに興味のないお客様にはショートメールでも予約のやり取りをしています。。。
 今の時代、ファックスを使っているのは日本だけで先進国とは言えない状況で、固定電話も実は古く古典的なものだと思うのです。。。
 ですから、私は今と言う時代をと予約は極力LINEやSNSで時間の無駄をなくしています。。。
 カット中や接客していない時には電話に出ることは出来ますが、炭酸ヘッドスパやシャンプー中やヘアカラーなどを施術している際に電話が鳴っても手を止めるということがお客様の満足度を低下させると思うので電話には基本的には出ません、ですが手を止めさせなければいけない状況もあると思うのです。。。
 例えば、この後5分後10分後に予約が空いていて5分後10分後の対応では遅いという場合は、その手を止め早急に対応しなければいけません、そうした場合には手を止める意味があると思うので、お客様には急ぎの場合は電話を20回以上しつこく何回も鳴らしてくださいと伝えています。。。
 もし午前中に午後の予約とか、明日、明日後日の予約であれば、今じゃなくても手が空いた時に対応すれば良いし、その場のお客様の満足度を損なうことはないからです。。。
 そうしたことを言うと今時ならインターネットで予約が出来るようにすれば良いじゃないかという方もいますが、私の店はマンツーマンでオートクチュールのような個々の個性を生かした施術で時間を提供しているので、その人その人の時間に内容が様々で多くのスタッフが助け合い仕事をこなすやり方で予約を一定の枠に入れる訳ではないので自分の頭の中にある個々のお客様のデータの記憶で理解し予約予定を自分だけの頭の中で組むので一定の枠には当てはまらず、更には予約が埋まりキャンセル待ちのお客様にキャンセルになった場合に隙間なくピンポイントに来店して頂くようにするには予知予測と第六感と現代の瞬時に繋ぐ便利な文明と融合しなければいけないと思いインターネット予約のような誰でも対応できる一定の既成した枠には予約を入れられないので自分の記憶と意識でコントロールしています。。。
 そうしたことで、大塚家具のニュースのように時代遅れにならないように今の文明を生かした仕事をしています。。。
 正にホリエモンも『今時、電話してくる奴とは仕事はしない!』などと言っていました、これも同じように手を止めさせるという無駄をなくして効率よく仕事を多動力として生かしたいし、効率の悪い会社や人達とは仕事をしたくないということなのだと思うのです。。。
 確かにその通りで、今という現実が正しく昔の古臭いものを使うのではなく、今を使いこなしていないと時代遅れと判断され、そうした時代遅れな会社や人材と仕事しても進化しない会社と人脈と評価されても仕方ないのだと思うのです。。。
 『今、ファックスしました!』とか『今、LINEしました!』と確認の電話と言うほど無駄なことはなく、現代の文明を信じていないだけの時代遅れだということなのですから。。。
 ですがこうした進みすぎた人達がいないと時代は進化しないものですが、仕事の内容によっては、過去のデータで生きていく仕事もまだまだあるので一概には良いけれないとは思いますが、如何に現実から未来を想像しいち早く先取りして行くことも必要なんだと思うのです。。。
 そうしたことで、私の美容の仕事も髪型というヘアースタイルの形を造る意味でも同じように理想の身体を造ることに理想の人生を造るように、日々人体実験し多くのお客様に喜んで頂きたいとヘアーメイキングにボディメイキングにメンタルメイキングの相談を受けながら仕事に勤しんでおります。。。


 また話がそれましたが、子供のころに良く年上の方から『今の若い者は!』などと言われると、必ず『今は今なんだよ! そんな古いこと言ってたら時代遅れだよ!』などと言っていたのが正に正しく、今と言う最新の状況に敏感な人と、昔の栄光を未だに持ち生き時代遅れに気づかずにいる人との違いなんだと思うのです。。。
 仕事は愛情を持って多くの人に接する事で自分の為にするのでは無く多くの人々に愛情をどれだけ注ぎお客様に幸せを感じてもらえることが出来るかだと思うのです。。。
 ですが、そんな綺麗事では家族を養う事はできません。。。
 家族を養うという責任や自分の回りの支えてもらっている人達の為に仕事するんだと思う気持ちになれば自分の我をなくし人の喜びと幸せの為にやり続けると思えば自我ではなく人の為にと感じることができ感謝されるのではないでしょうか。。。
 私の今年の目標の『無である幸福感! 自分が幸せになってはいけないという幸福感! その先に何が見えるのか?』と意識し行動した結果で何かが見えてきて何かが解るはずと思い実行しています。。。
 そもそも、何故今年の目標が『無である幸福感! 自分が幸せになってはいけないという幸福感! その先に何が見えるのか?』なのでしょうか。。。?
 そう昨年の目標は『人に優しく!』という目標を掲げたのですが、良く考えてみたら優しくという答えだけしか求めていなかったのです、そう、今まで話した答えなんてどうでもよく如何にプロセスが大事なんだということに気づき今年は優しくする為のプロセスとは何ぞやと考えた結果、今年の目標に行き着いたのです。。。
 その優しさに行き着く事も友達にお酒を飲みながら『おまえは優しさが足りないよな!』と言われたのですが、その時に友達が私の欠点というか何が足りないのかを話してくれたのですが、何とその時に私はお酒に呑まれ記憶が飛びその時の大事な言葉を記憶から消え失せたのです。。。
 ですが、この現実が何を意味するのか? と自問自答した結果、人から聞くのではなく自分で自分の欠点を知ることが大事なのではないかと思いつき『優しさ』について深く考えるようになりました。。。
 と正に深酒で現実の記憶がその場だけピンポイントに消え失せた結果、優しさを追求し、このような文章を書くこともでき友達にも感謝することになり実感できているのも事実なのですから。。。
 また話がずれましたが、より良く人の為にと、やり甲斐を持つことが出来れば、お金を稼がなければいけないという苦しかった義務の仕事も、家族や支えてもらえている人達の喜びを実感し多くの人に喜んでもらい幸せになってもらいたいと考える事が出来れば、苦しさもなくなるのだと思うのです。。。
 そう思えて自分を見直すとこができれば、実は家族や支えてもらえてる人達に多くのお客様にと全てに喜んでもらい幸せになり、自分の周りに自然に多くの人達が集まり喜びを幸せに変えることができ、意識と行動の結果、お金も手にすることができるのだと思うのです。。。
 愚痴不平不満は全てネガティブで負の連鎖が始まるだけで、『これで良いんだ!』とか『これが正しいんだ!』と正の連鎖で引き寄せの法則を使いこなすことも意識次第で可能なのですから。。。
 そう考えれば、人生は思い通りにならないのではなく、思い通りにして行くもので、成るようになる人生が存在し、全ての環境を自分の見方にすることができ素晴らしい未来を迎えることができるのではないでしょうか。。。
 私の友達で、何時いかなる時もネガティブで人から敬遠される人がいます、私の周りの友達はそのネガティブな人から離れて行きます、ですがそうしたネガティブで人を引き寄せない人が何故現実に私の目の前にいるのかと、現実は全て正しく起きていると思えば、そうした嫌な人ほど自分が成長する為に、わざわざ人生をネガティブに演出しながら私の舞台で演技し私に教えてくれていると思えれば感謝の気持ちも生まれるのです。。。
 正に『人の振り見て我が振り直せ!』で反面教師とも言えますが如何に現実をどのように捉えられるかの振る舞いで今後の人生の結末が大きく変わるのですから全ての現実に感謝できるのです。。。
 そして多くの人の起きるネガティブは全て自分んで導いているのだと思うのです。。。
 そう、良く自転車を盗まれたとか、財布やスマホをなくして出てこない! なんてことがあると思いますが、私はその人の人生にネガティブの要因があり連鎖し起きた現象で日ごろの行いが災いするのだと思い、自分の人生は過ちから生まれ如何に反省し教訓としたのなら報われ今があると思うので、今現在では自転車に鍵をかけなくても盗まれることなく財布もなくすことなくスマホもなくしても必ず出てくると自負して世の中に人の為に貢献できるように心がけている結果だと思うのです。。。
 また話がそれましたが、そうして人生を考えてみると、自分に人生に起きる憎しみや辛いことを乗り越えることができた証が、憎しみもまた人生に必要なスパイスで、乗り越えた先の幸せになる為の百戦錬磨なのだと思うのです。。。
 人生はパズルで、何一つ無駄なことはなく憎しみもまた自分が気が付かない事に気が付かせてくれるスパイスで、相手に気づいて欲しいと思う優しい気持ちから言い争い憎しみを持つことに成るのだと思うのです。。。
 そうして気付いた時に感謝出来る無償の愛で、ご縁がある以上に自分が気がつかない事を教えてくれる為に起きている現象なのではないでしょうか。。。
 無関心とは、そうだったんだと気が付くまでの間の影の愛情で見守る無償の愛と思えば、無関心とは時間と重力と同じで全てに当たり前にかかる愛情と同じで、本当に自分に必要でなければ『知る由もない』という一生出会うことも無い無縁なのだと思うのです。。。
 余談ですが、愛情もまた、この世の時間と重力と同じで、全てに置いて関与しているもので、自分の人生に切っても切り離せないものが時間と重力と同じように愛情というものが存在し実は解決の鍵として存在ているのかもしれません。。。
 はたまた宇宙の構造と同じで御縁もまたグルグル回る円で構成され同じ意識の世界で愛情と表現されているのかもしれません。。。
 また、話がそれましたが、そうした無関心を無関心ではなく見守る無償の愛であると説明できれば、それも愛情なのではないでしょうか。。。
 もし、本当に愛情の裏側があり無関心だとしたら人との関わりを持つことが無く知る由もない無縁だと思うのです。。。
 先ほど話した、マザー・テレサの『愛の反対は憎しみではなく無関心です』と言った表現もまた、人生に最初から知り合うこともなく、縁もなく、知る由もない、ということで私は『愛の反対は憎しみではなく無縁です』だと思うのです。。。
 ご縁があり知り合うことの意味は、嫌なことや辛いことがあり、その人とは現実に嫌いになり疎遠に成ることも、そうしたことがあるからこそ気が付くという意味がある現実なのだと思うのです。。。
 実は嫌な役を演じてくれ今は縁がなくなったように見えるだけで、ぐるっと回って見守る無関心という裏側の憎しみが今度は嫌な役を演じてくれていた意味が分かった時には、元に戻り見守る愛情に気が付き感謝できるのではないでしょうか。。。
 そう考えると、現実に嫌な人や面倒な人にも、自分の人生に大きな意味があり縁が存在するのだと思うのです。。。
 ですが、そうした人達が何故いるのか? と如何に自問自答し現実と向き合い何故こんな状況に至っているかを考えれば必然に答えは出るのだと思うのです。。。
 そう正に、人は良く自分の事は一番良く分かっていなくて、他人が見た自分が正解で正しく、他人からアドバイスされる事を信じた方が良いと言いますが、正にその通りで、如何に自分を改め事が出来るかで、人生をより楽を経験することで挑戦することを面倒だと思い頑固になり改める事が中々難しく成るのでしょう。。。
 やはり、如何に自分を改革できるかで自分で気づかないことを教えてくれる人に感謝しなければいけないのだと思うのです。。。
 私は、嫌な人や面倒な人が自分の目の前に現れたのなら、私の人生に今必要で、何かを気が付かせてくれる為に今起きたチャンスなのだと思うのです。。。
 嫌な人が目の前に現れることで自分に気がつかせてくれる現実の現象で人生の舞台の振る舞いの演出と考えれば、そうした嫌な人にも感謝の気持ちも生まれ、正に『人の振り見て我が振り直せ!』と反面教師なのですから。。。
 そう思うと、避けて通るのではなく、自分から率先して何か成長できる人生を歩んだほうが良いと思うようになりました。。。
 自分が成長できるるチャンスだと思えば、そうした人達を避けるのではなく成長するために挑戦し辛く厳しい状況を乗り越えたなら、また1つ成長することができ、そうした人達を避けるのではなく向き合い感謝することも可能だと思うのです。。。
 やはり人生は如何に失敗と恥をかきながら成長する財産なのでしょう。。。
 後でもなく前でもなく今必要で起きている現実の現象が今なのだと思うのです。。。
 塾の林修先生が、『今でしょ!』と流行語にもなりましたが、気がついた時が旬で気が付かなければ行けない時で行動に移すべき標識の合図なんだと思うのです。。。
 そういう事を良くいうと、『そうかな?』『そんなこと無いんじゃない?』とか言う人がいますが、ただ単に現実逃避して現実から逃げているだけで、本来は『そうかもしれない!』とか『そうなんだ!』と自分と向き合い自分を改め、如何に『そう思えるか!』なのだと思うのです。。。
 その様に考え思えられれば、みんな神様だよ仏様だよと言うかも知れません、ですがものの考え方を1つ変える事の意識の持ち様で神様にも仏様にも成れるのですから。。。
 もし一万円札を落としたら皆さんはどう思うでしょうか! 頭にきて『畜生! なんだよ! 1万円落とした〜!』などと言って目の前にある缶を蹴ったら前にいた怖そうなお兄さんに当たり『なんだ、こら〜!』と言われ殴られるという結末にもなり負の連鎖が始まるかもしれません。。。
 ですが、どうでしょう! 落とした1万円を拾った人はもしかしたらお金がなく困り果てていてその1万円で随分助かり神がいたと感謝されるかもしれません、それとも、このお金で友達を誘って食事にでも行こうかなどと美味しく楽しく使ってもらえ神様がいたと感謝されることにもなり、たった1万円で感謝され神様にもなれるのです。。。
 そう! たった1万円で神様にも成れると思えば安いもので、如何にどう思えるかだと私は思うのです。。。
 また話がずれましたが、良く綺麗事だよと言う人もいるかもしれません、ですが綺麗事とは、先程も説明しましたが、他人の意見を聞き入れ全てを許し認める事ができ、その人その人の人生を良くも悪くも認め許し成長を見届ける優しさを説明できたなら綺麗事という無関心に感じる事も見守る愛情と成るのではないでしょうか。。。
 そうした無関心や綺麗事と同じ様に裏を返した考え方としては、無敵という言葉も考えさせられます。。。
 無敵とは、百選百勝と勝ち続けることと誤解している人が多いのかもしれません。。。
 知り合いの方に偶々無敵とは、敵を作らず敵なしと聞くことが出来ました。。。
 そして私は、無敵とは敵を作らずに全て見方にすることで勝ち負けではなく敵を作らずにして勝利する無敵なんだと教えられたのです。。。
 敵を敵として戦う姿勢で居れば相手を傷つけ自分も傷つき憎しみというものが生まれます、ですが敵を作らずに、自分を改め相手を全て許し認めることが出来たなら味方にすることも可能だと思うのです。。。
 ですが、全てを許し認め、仲良しこよしの協調性ばかりでは無関心と思われますが、協調性を持ち許し認め、如何に自分の個性を表現し説明できたなら、自分の個性を殺さずに協調性を持った素晴らしい環境も作れると思うのです。。。
 そう考えれれば、敵を作らずに戦わずして勝利をもたらす武田信玄が正しいのかもしれません。。。
 もしかしたら、武田信玄もまた、私と同じで現実に起きる現象を何故どうしてと掘り下げ考え、百選連勝ではなく百戦錬磨で学び人生を全うしたのかもしれません。。。
 武田信玄は、百戦錬磨で学び、『為せば成る為さねば成らぬ。成る業を成らぬと捨てつる人の儚さ』といったのかもしれません。。。
 この言葉は私の好きな言葉で、子供の頃に観た『がんばれ!!ロボコン』のエンディングテーマの『為せば成る、為さねば成らぬ何事も』であり、上杉鷹山の『為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり』もまた私の幼少の頃に現実に起きた潜在意識の贈り物で好きな言葉として今と言う現実を迎え人生を百戦錬磨し教訓となっているのです。。。
 ということは、やはり現実に自分の目の前に起きている事実を如何に受け止め自分と向き合うことが出来るかで、意識と行動の結果が現実であると然と受け止め自分と向き合い自分対話から自分の行き先を教えてくれているのではないでしょうか。。。
 『知る由もない』とう現実も、自分に必要でなければ現実に起きることがなく自分の環境に必要でないから聞かされないだけで、現実がその人その人の方向性を標識という道標を暗示して人生の舞台を演出しているのだと実感しだしたのです。。。
 やはり、その人その人の人生に必要だから起きる現実であり、昔の人が良く言う『人は人』『自分は自分』『自分の足元をしっかり見なさい』『今を大切に今出来ることをしっかりしなさい』という事が如何に現実が今後の自分に必要なほこ先を暗示し導いてくれる標識の合図なのかもしれません。。。
 そうして考えると、やはりシンクロニシティーや引き寄せの法則やマーフィーの法則の宇宙の法則も全ては、意識と行動の結果が現実を未来も過去をも生み出す事が可能で、引き算すると現実に未来に過去から時間という行動を引くと意識が残り、意識次第でどうにでも現実に未来に過去を創りだすことは可能なのだと思いだしたのです。。。
 昨年に流行ったポケモンGo現象もまた、現実に起きる現象は、この世の人達の意識が現実の足元を見るのではなく、バーチャルな世界の足元を見ている人類が多いと神様が現実を通して教えてくれているのかもしれません。。。
 正にリオ・オリンピックで体操の内村航平選手が現地でポケモンGoをして、通信データ量が50万円を超えてしまったとも報道でお聞きしました。。。
 これも正に、リアルな現実の足元を見ずにゲームの中のバーチャルな足元を見た結果であり、予選では得意な鉄棒で落馬をしてしまい、まさかの4位敗退という結果も現実が教えてくれた教訓であり、足元救われる現実を見直しなさいと教えてくれた現実で、痛い目にあった意識と行動の結果の金メダルなのだと思うのです。。。
 こうしたニュースも聞かされ私の人生に起きる現実を振り返って見ると何故自分に、こんなこと、あんなことが振る舞いとして起きたのか、それは私の人生に必要で起きることで気が付かされている標識の合図で潜在意識が教えてくれているのだと思うのです。。。
 更に、2016年7月に相模原で起きた、障害者施設19人殺害事件もまた意味があり、犯人の行動は異常に見えるが、実は彼は彼なりに自分が正しいと思いの犯行に及んだと思うのです。。
 何故かといえば、容疑者は、彼の人生の中で障害者施設で真剣に障害者と向き合うことで、この世の中で自分が正しく障害者が間違いで可哀想だと本気で思うことで、世の中には必要では無いと本気で思い安楽死をさせてあげようと犯行に及んだとしたら。。。
 彼の人生観から来る優しさが、世のために、幸せのほこ先である、多くの人に喜んでもらい楽をさせたいと本気で思い犯行に及んだとしたら、彼の行動は自分に対して間違いのない行動で彼は彼なりに正しい行動を取ったのだと錯覚しただけだと思うのです。。。
 ですが、本来の意味である幸せは何処から来るのかをきちんと説明してあげられたのなら、本来の幸せのほこ先が変わったのだと思うのです。。。
 きっと彼は自分が正しく障害者を可哀想だと思ったに違いないのだと思うのです。。。
 そう、障害者とは元々産まれた時から障害を持ち産まれたのです、視力が無く目が見えない人は、目が見える人と比べたこともなく見えない人生が当たり前でそうした人生も幸せであり、生まれながらにして、手がない足がない障害者の方も、最初から生まれ持った環境に不都合はなく他人と比べようが無いのですから。。。
 そうした命を授かった障害者は当たり前に幸せを感じ生きているのです、ただ圧倒的に五体満足の人達が多く存在していることで、障害者が少ない事で人数の多い五体満足の人が正しく、障害者が間違いだと感じてしまっているのかもしれません。。。
 そうして考えると人類は、ひがみを持ち、おこがましい生き物なのかもしれません。。。
 数の多さから言えば、人間よりゴキブリのほうが多いのであれば人類が間違えでゴキブリが正しいのかもしれません。。。
 人間のひがみやおこがましさが、こうした犯罪や事件を起こしているのかもしれません。。。
 五体満足に生まれ途中から不自由になれば、五体満足の当たり前の幸せが崩れなくなり不自由と感じるかもしれません。。。
 ですが、前世の潜在意識にある宿命が障害者として、この世に産まれた意味が必ずあるこも忘れてはいけません。。。
 もしかしたら、障害者の方が本来正しく、五体満足の人が間違いなのかもしれません。。。
 そうした事を考慮して考えて見ると、今回の事件も容疑者にきちんと何が良いのか悪いのかを説明出来れば良いと思うのです。。。
 大麻を吸っているから、そんな事したんだと世の中の人は言うかもしれません、ですが私は本来のほこ先を間違えていることの薄々気がついていて犯行に及ぶ為に、容疑者は自分を楽にする為に大麻を吸ったのだと思うのです。。。
 貴方は自分で思う正しいことをしたかも知れない、でも障害者が正しく貴方が間違いなのかも知れないと説明し、本来の多くの人に喜んでもらい多くの幸せのほこ先を修正が出来たなら。。。
 現実に誤ちを犯しても、その後の未来に自分を改め反省し多くの人に認めてもらい感謝され多くの人に喜んでもらい幸せにすることが出来たなら昔の犯罪の罪を慰め未来には過去を覆す事は可能なのだと思うのです。。。
 そうして自分の人生を振り返ると、何故どうしてと、こんな環境になり、今を迎え幸せを感じているのかが理解され今後の対応に意識して行動するほこ先が見つかると思うのです。。。
 アメリカの凶悪犯罪者が死刑執行の前に言い放つほとんどの言葉が『罪を憎まず、運命を憎む!』とお聞きしたことがありますが、これこそが自分でしてしまった事実は意識と行動の結果であり消せないけど、このような人生の舞台の役を持ち、そうした星の下に生まれたしまった舞台の悪役という運命を憎むということなんだと思うのです。。。
 人生とは年齢も関係なく、何時でもなく、現実に起きている事が人生の舞台の演出効果と気づき、如何に思えるかなんだと思うのです。。。
 若い時に気づけば、スポーツ選手の様に、その人その人に起きる現実が若い時であり、歳を取ってから気づけば、キンさんギンさんのように100歳を超えてから人気がでる現実を迎えるのだと思うのです。。。
 100歳を超えて1500メートルを泳ぐお婆ちゃんもいるし、90歳で100メートルを走るお爺ちゃんも存在する事も、80歳を超えてもボディビルダーといて日本チャンピョンになる人もいて、その人その人に歳は関係なく、その人のその人が成長できるタイミングで起きる現実で許し認めることが如何に出来るかなのだと思います。。。
 そして自分が勤めている時に、お客様として来店した鳥よしや磯丸水産の大手飲食会社のSFPダイニング株式会社の創設者の寒川隆氏と車好きに食べることお酒が好きなことが功を奏して御縁があり、寒川氏との出会いもまた自分の成長に必要で、当初5人で万博から始まり会社を大きくする為に自分でマニュアルを作りだし多くのお客様に如何に喜んでもらえるかの会社創りの経営理念を直接お酒を飲みながらお話しを聞かせてもらえる事や、幾つかの武勇伝を直接本人から会社が大成長しているときにリアルタイムで聞くことが出来たことも自分に必要な出来事で、会社を現会長の弟さんである寒川良作氏と一緒に大きくする過程や成り立ちの会社方針である兄弟との約束のしっかりとした組織を作る為に子供達は絶対に会社に入れないことにM&Aで会社を大きくし新陳代謝を図ることを鳥よし3号店のオープニングパーティで寒川氏に直接飲みながら聞く事もできました。。。
 更に寒川氏と他店の視察でお食事をご一緒させて頂きいくつかの彼らしい豪快な振る舞いで他店にはない徹底したお客様に社員に満足してもらえる優しさから来るマニュアル作りの必要性も知ることができました。。。
 私の美容室の開業にあたり寒川氏が私の店に特別にマニュアルを作りますよとも言われましたが、その時には私はマニュアルが協調性で個性を殺すものと思い込んでいて優しさのマニュアルというものに気づくことなく断ったことがありました、今思えば作って頂ければまた違う人生を歩んでいたのかもしれません。。。
 更に全店のフラワーアレンジメントをしている従妹にもお会いでき寒川氏の豪快な武勇伝の意味も後から考えると理想を追いかける理念が行動に現れていたんだと理解され出したのです。。。
 鳥よし新宿店で寒川氏とお酒を交わしお食事した際にも従業員が会長とは気づかずに個室に通して頂いた際に店長に会長が来たと言われたのか急いで従業員が寒川氏の所に挨拶に行くと何千人といる社員の名前を全て覚えていることも流石に社員思いの寒川氏だと感心したことも思えています。。。
  そうした寒川氏のお客様に社員にと多くの人達に喜んで幸せに成れる組織づくりを目の前で見ることも自分の人生に必要だったと確信することができ、正にナポレオン・ヒルの成功哲学と同じなのだと確信することになるのです。。。
 現会長の寒川良作氏とも寒川隆氏の紹介で一度お会いしたことがありますが、なんとも仕事に会社に熱心で一言で『熱い人!』という印象でした、更に私の誕生日が寒川良作氏と同じなのも何かのご縁があり現実を迎えているのかもしれません。。。
 このような現実を偶然ととるのか必然ととるのかの振る舞いで未来は確立されるナポレオン・ヒルなのだと思うのです。。。
 正にナポレオン・ヒル・プログラムの『思考は現実化する』の成功哲学もまた、アンドリュー・カーネギーとの約束により、現実が教えてくれたナポレオン・ヒルの功績なのですから。。。
 私の人生もこうした事が偶然ではなく必然で人生に組み込まれ聞くことができ、本を読呼んだりわざわざ学習したのではなく、自分に必要な事が次から次へと現実に起き教えもらえ偶然を必然に置き換えることで、こうした人生を感じる事が出来たのです。。。
 私とは間逆な人生をもつと思われる茂木健一郎氏は高学歴で書物により学習し記憶力の良さから私とは正反対の優秀で彼なりの素晴らしい人生を謳歌している人も存在するのだと思います。。。
 例をだせば、東大に入学することは記憶が良ければ教科書を丸のまま記憶すればだれでも入れるのですから書物から得た記憶が優先する人達も存在し私とは正反対な人生を送る人も存在するのですから。。。
 そう正に、否定すれば否定した人生を迎え、肯定すれば肯定した人生を迎え意識と行動の先には、現実も未来も過去をも創り上げることは可能だと思うのです。。。
 そうして見るとやはり、その人その人に必要な事が現実に起きていて、如何にそうした現実を許し認めることができ、意識して行動し現実を未来にし過去をも覆し自分だけの人生を全うるする為に現実が存在するのかもしれません。。。
 現実が全てを創り上げているのは間違いのない事実で、そうした現実は意識して行動の結果が現実であり、もしかしたら、この現実が実は意識から生まれていて、意識が現実を生み、意識が現実も人類も、宇宙すらも、この世の全てが意識から生まれているのかもしれません。。。
 人間は自分達が基本であると思い込んでいて、人間とは実は愚かな生き物なのかもしれません、人類は全ての物を受け入れることができたなら全てに感謝でき、全てを許し認めることが出来るのだと思うのです。。。
 先程も話しましたが、良いことばかり言っていると『綺麗事だよ』と言いますが、経験がない上辺だけの無関心な意見であれば確かにいい加減な『綺麗事だよ』になりますが、実際に多くの経験から産まれた意識を持ち本気でそう思うことが出来たなら、見守る愛の『綺麗事だよ』は論より証拠と本物と成るのではないでしょうか。。。
 人間は誤ちを犯し迷惑をかける動物であり、成長するには苦しく険しい試練という状況に立ち向かい乗り越えた時にこそ失敗という財産とともに教訓という成功の鍵を持つことが出来るのだと思うのです。。。
 人間は成長するために失敗を繰り返し誤ちを繰り返す事で、お互いに共存し如何につらい経験から見出した人生を見つけ恩返しが出来きたなら、本当の意味である綺麗事を感謝し心の底から表現することが出来るのかもしれません。。。
 意識と行動の結果が現実を創り、意識と行動という時間で未来も創ることも可能で、未来は無限大であるものの意識と時間で今という現実を迎えています。。。
 今の現実には無理であることも無限大である未来には限界を超える事は可能で、ノンフィクションをフィクションにすることも可能で意識と時間によって無限大に意識の世界が広大に広がっていて未だに解明されていない意識と時間と重力の世界が存在するのだと思います。。。
 知識も教養もない私の頭の中から広がる想像もまた、自分だけの経験の現実の顕在意識の奥底にある前世からの潜在意識という集合的意識の世界からの輪廻転生した記憶という贈り物なのかもしれません。。。
 そうした自由な想像力を膨らますと、人類が意識を持っているということも固定観念が邪魔をしているだけで、実は意識が人類を創り上げている既成概念が存在するのかもしれません。。。
 未だ解明されてはいませんが、実は意識という魂の根源の電気信号が全てを創り上げているのかもしれません。。。
 そんな意識が宇宙も銀河系も太陽も地球も生物も人類も金属もガラスも全ての物質を、この世に存在する何もかも、更には重力すら意識の奥底にある潜在意識の集合的無意識も死後の世界も現在過去未来へと時間を飛び回ることの輪廻転生するシステムも未来には存在するタイムマシンですら意識の世界に時間とともに引き込まれているのかもしれません。。。
 正に意識の世界が、この3次元に時間を足した4次元の世界の他に、心の奥底に存在する5次元の世界の並行宇宙が意識の世界と共存し輪廻転生し、時間という距離感に重力という現実を固定することない意識の5次元の世界が存在し現実を生み出し現代が生まれているのだとしたら。。。
 こうした話は理解できないのも未来の話で本当なのか嘘で終わるか、今という現代では解明できないだけで、遠い未来には確認でき解明されるかもしれません。。。
 そう現代では宇宙の始まりに神に時間に重力に意識というものは未だに解明できていないもので、それらを想像し今後の未来では現実に解明されるかもしれません。。。
 ですが、こんな話は現代では信じない信じたくないと言う人達も多いとは思います、確かに事実に立証されていなく現実的な話ではないのですから。。。
 ただ現実に現代では証明されてはいませんが、私の想像力で現代に仮説をたてる事は出来ます、これから起きる100億年先の未来には証明される時が来るかもしれません。。。
 今後、哲学は意識の心理学と物理学とを融合させ新たな哲科学の時代が到来するのだと思うのです。。。
 と、こんなことを言っても、『そんなこと無い!』とか『有り得ない!』などと思うかもしれません、ですが未来の事なので否定することは出来ないと思うのです。。。
 『もしかしたら、そうかもしれないね!』とでも、肯定するまでもなく、聞き流して頂ければそれで良いと思うのです。。。
 この先は、それこそ信じるも信じないも貴方次第で、奇想天外な固定観念を無くして読んで頂ければ幸いです。。。
 そう正に、数学と物理学がつい最近融合し同じ化学式を求めていた事実もあり、今後の発展で実は、心理学医学の世界もまた科学の世界もまたナノの時代を迎え物理学の頂点の超弦理論もまた万物の理論で全てが同じ物から誕生している宇宙の法則のシステムもまた意識と時間と重力の世界と融合し実は同じ意識の根源が万物の理論の根源と融合するのかもしれません。。。
 この現代では意識と時間と重力と宇宙が解明されていない現実ですが全ての事が証明される未来が必ず存在し万物の理論も確立される時が必ずやってくるのですから。。。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事