全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

さて、廻由美子さんが「火の鳥」で演奏しているピアノは、ベーゼンドルファー290(インペリアル)です。彼女はこのピアノをこよなく愛しているそうで、実際に録音のために使われたのは、松本のハーモニーホールの楽器です。
ベーゼンドルファ−290は、エクステンドベースを持っており、普通のピアノより低音部が9鍵多くなっています。このような拡張された鍵盤を持つピアノを弾く場合、低音部に左手が飛ぶときに、目測が狂いそうになり、ドキッとさせられることがあります。やはり無意識のうちに、いつもの鍵盤の感覚を体が覚えているのでしょうね。
このエクステンドベースを持つモデル290インペリアルは、ブゾーニがベーゼンドルファー2代目に相談を持ちかけたことによって誕生しました。ブゾーニ(1866-1924イタリアの作曲家、ピアニスト)は、バッハのオルガン曲を数多くピアノ曲に編曲したのですが、「パッサカリアハ短調BWV582」を編曲する際、オルガンのペダルトーンをピアノで表現するために、どうしてもピアノの超低音が必要になったのでした。
こうして生まれたインペリアルは、弦の数だけではなく、音を響かせるためのピアノの命ともいえる響板の面積も広げることになり、外枠の形も変化したので、他のピアノとの違いが一見してわかります。広い響板は中音域の音色にも影響を与え、中低音域の減衰がゆるやかになり、ベーゼンドルファー特有の音色を与えました。
廻さんの「火の鳥」では、インペリアルの唸るような、地響きのような超低音を聴くことができます。このインペリアルは、バルトークも所有していたそうで、ベーゼンは近代音楽でも活躍しているのですね。ベーゼンの響きは柔らかいので、古典的な曲の方が相応しいかと思っていたのですが、また考えを改めさせられますね。

ベーゼンドルファー290インペリアルのエクステンドベースが活用される曲目を挙げておきます。
1,バルトーク
 ピアノ協奏曲第二番(スコアに290の使用を前提とする記述)
 ピアノ協奏曲第三番(エクステンドキーの使用を暗示する箇所がある)
2,ブゾーニ
 もともとエクステンドキーの開発を求めたので、活用される可能性が多い。
3,ドビュッシー
 前奏曲集第一巻「沈める寺」
4,ドホナーニ
 ピアノ協奏曲(1889年、第一回ベーゼンドルファーコンクール委嘱作品)
5,マクダウェル
 ピアノソナタ第二番 ト短調「エロイカソナタ」
6,リスト
 超絶技巧練習曲 第11曲「夕映えの調べ」
7,マルティン
 ピアノ協奏曲第二番
8,ムソルグスキー
 組曲「展覧会の絵」〜終曲「キエフの大門」
9,ラヴェル
 水の戯れ
 鏡〜「道化師の朝の歌」
 夜のギャスパール〜「スカルボ」
10,ワーグナー
 歌劇「パルジファル」をウィーンフィルが上演する際、鐘のパートをチューブラーベルではなく、290インペリアルが受け持つ。

その他にも、演奏者のアイディアでエクステンドキーを使用したり、共鳴弦としての効果をもたらす曲が沢山ありそうです。とにかく作曲家というのは、常に新しい可能性を追求し続けているものなので、やはりみんな試してみているのですね。とくに、ベーゼンドルファーはウィーンで作られているので、ウィーンフィルのこだわりはよくわかりますね。
 ところで福岡ではまだこの290インペリアルを見かけたことがないのですが、どこかにあるのでしょうか?ご存知の方は教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。九州・山口でもいいですよ。 

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

自分でコメントつけていますが、調律師さんに伺ったところ、インペリアルはアクロス福岡のシンフォニーホールと、ウエル戸畑の大ホールにあるそうです。でもほとんど使われていないようで、残念ですね。弾いてみたいですね〜。

2005/12/13(火) 午後 9:58 [ mus*io*2013 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
本文中の「エクステンドベースが活用される」とはどのような意味でしょうか。
88鍵では弾けない、という意味でしょうか?
ドビュッシー「沈める寺」の楽譜を下記で確認したのですが、最低音はBであり、88鍵のピアノでも弾けるはずです。
https://edwardsmaldone.qwriting.qc.cuny.edu/files/2011/01/Debussy-La-Cathedrale-Engloutie-19101.pdf

2016/8/31(水) 午後 11:25 [ 陌生人 ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなり、申し訳ありませんでした!
ドビュッシーの「沈める寺」におけるエクステンドベースの活用についてですが、これは楽譜には書かれていませんが、最低音を更に響かせるために、低音を1オクターブ下げて演奏することが可能だという意味ではないでしょうか?
ベートーヴェンやシューベルトにもよくありますが、当時のピアノの低音が足りなかったので、やむを得ず1オクターブ上に書かれている場合があります。もしもっと低い鍵盤があれば、作曲家はきっとその鍵盤を使ったであろうと思われる時、私はあえて楽譜を踏み越えることもあります。
演奏は楽譜通りにするべきと考えられていますが、私たちはもっとその奥にある作曲家の意図を汲み取ることも大切なのではないでしょうか。
エクステンドベースはもともとパイプオルガンの低音を模倣して作られたものですが、オーケストラの低音楽器群と比較することもできると思います。ピアノでパイプオルガンやオーケストラを奏でるとイメージすると、演奏法が広がるのではないでしょうか。 削除

2016/10/9(日) 午後 9:28 [ museion2001 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事