虫撮る人々

虫、クモ、その他小さな生き物を撮る人々の輪が広がるといいなと思う

全体表示

[ リスト ]

 「死滅拡散」とは、何と悲しい響きでしょう。年を取ると感傷的になります。でも、晩秋に見つけた卵から、家の中で累代飼育すれば、死滅拡散の呪縛から逃れることができるかもしれません。
 しかし、野望は潰えました。3匹の幼虫のうち、蛹化できたのは2匹。

 こちらは見慣れたシジミチョウ系の蛹の形です。蛹化したてなので、まだ幼虫の色が残っています。
イメージ 1

 しばらくすると、こんな色に。
イメージ 2

 もう一つの蛹は、全然雰囲気が違います。ウラナミではなかったのかも。何になるか楽しみにしていましたが、その後、明らかに生命反応がなくなりました。
イメージ 3

 最初の蛹は、12月に入って羽化しました。つまり、累代は不可能になり、死滅拡散をたった1世代、引き延ばしただけに終わったことになります。
 来年こそは、冬期の累代を成功させて、都心の春の公園に放してやりたいと思います。
イメージ 4

イメージ 5




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事