☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

1971年1月24日、No.1の人気を誇ったGSの王者ザ・タイガースが解散した。
彼らの青春の記録を残そうという企画が持ち上がり、リーダーだった岸部おさみ(現・岸部一徳)が中心になり計画が推し進められた。解散から1年半後の1972年8月、そして一冊の本が出版された。

「ザ・タイガース 日本の青春」
http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie25.JPG
メンバーは沢田研二、岸部おさみ、森本太郎、瞳みのる、加橋かつみ、岸部シロー
6人全員の協力のもとに回想やインタビューを中心に纏め上げられた豪華本である。
この本の中でメンバーの一人、森本太郎の日記を簡単な年表にして載せている。
当時からのタイガース・ファンの人たちの間では熟知され有名な「タローの日記」でありますが
タイガースの活動やメンバー間の様子がわかりやすく記載された貴重な資料でもあり
改めて想い出のタイガースの記録を懐かしく読み返していただければと・・・
またGSやタイガースを知らない世代の人たち、60年代当時の日本の世相や音楽シーンに興味のある人たちにも読んでいただく事により何らかの参考にでもなれば幸いであります。

ザ・タイガース
☆☆☆日 本 の 青 春☆☆☆
http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie27.JPG

タローの日記 1965年1月〜5月

森本太郎が日記を書きはじめたのは、昭和40年4月1日の日付からだ。それには特別、深い意味があったわけではないが、半年ほど前にサリーやピー、かつみと友達になったことがきっかけになった。太郎の日記は、いわばグループの日記だったかもしれない。その証拠に、彼の日記帳にはメンバーの名前が各所に書かれている。
※何らかの事情により年表日付に誤りがあるが原文のまま掲載しています。
※青字は年表以外(本文及び雑誌掲載文)より抜粋して書き足しました。


◆1965年(昭和40年)◆

1月 3日 岸部君宅でしんねんの顔合わせ(かつみ・ピー)。 5日 大阪フェスティバルホールにベンチャーズの公演を見に行く。 10日 バンドを作ろうという話をする。2月から本格的なレッスンをすることに決めた。
2月 5日から1週間、期末試験が始まり、バンドについては試験が終わってから、じっくり考えることにした。 13日 岸部君が僕の家に来た。バンドの話をしたが、春休みになってからにしようという事になった。
4月 1日 この日から日記を書くことにした。どこまで続くか、自信ないけど、自分自身の青春の記録として書き残したいと思った。
(4月1日、朝。春とはいっても、京都はまだ冷たい風がときどき吹いていた。 目下、春休み中。休み中は思い切り遊ぶことにしている。 午前10時起床。午前中は、家でブラブラしていた。午後、つい最近買ってきたベンチャーズのレコードを聴きながら、ギターをいじっていた。 4時ごろ、久しぶりに岸部君から電話があった。彼は建築の仕事で10日間ビワ湖のはずれの方へ出張していた。なまけ者の彼にはめずらしいことだと思う。 6時ごろ、四条河原町にあるパチンコ屋「たんぽぽ」で待ち合わせることにした。かつみや人見にも、とりあえず電話を入れた。「たんぽぽ」で落ち合ってから、近くの喫茶店で、ガールフレンドの話やバンド結成の話を1時間ほどした。そして、ダンス喫茶「田園」に岸部君とふたりで出かけた。そこで淑江や京子やすみ子たちに会った。踊ったあと、連中をつれて四条通りのにぎりメシ屋へ行く。すっかり話がはずんで、女の子たちと明日も会うことを約束した。 (帰宅10時半、今日は、めずらしく早く帰った。終身11時半)
4月 15日 姉勝子とふたりで滋賀県の上田耕三さん宅へバンドレッスンを見学に行った。オックスの福井君に会った。 18日 この日からバンドを作るための個人レッスンを始めた。この日「サマータイム」と「ダイヤモンド・ヘッド」をマスターした。 25日 北野中学校の同窓会があった。サリーとピーと3人で出席。ノド自慢大会に揃って出演した。「さいはての慕情」を歌ったサリーが2位。「片目のジャック」を歌ったピーが残念賞。ぼくは「チャペルに続く白い道」を歌って4位に入賞した。
5月 7日 ぼくの家の踊りのけい古場で揃ってレッスン。なんとなく全員やる気を起こしてきた。 正式なバンド結成は、あと1ヶ月ほどレッスンをしてからスタートしようという話をした。 16日 先輩の西村さんにバンドの話を聞く。 28日 ぼくの家でレッスン。そろそろ結成にこぎつけてもいい感じになった。とりあえずバンド名を考えることにした。







■60〜80年代の歌謡曲をお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ邦楽」
■60〜80年代のポップスをお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ洋楽」

http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を不定期更新で流しています。宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』

☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
★にほんブログ村 音楽ブログへ(応援クリック、ご協力宜しくお願いいたします)



この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

これは面白い企画ですね。携帯とかブログとかできる前は、男の子も日記をつけていたわけですか。かく言う私もつけてました(苦笑)。でもヒトに見せられる内容じゃなかったなあ(笑)。これちょうど私が誕生する前後なんですが、タローさんはこの頃何年生だったんですかね?中学は卒業していることはわかりますが、GFと夜会って踊った?これだけで不良少年ですな、当時は(笑)◆チャペルに続く白い道」って・・・確か西郷さんじゃありませんでしたっけ?ということは青春歌謡でデビューの可能性もあったんですね(笑)。しかし同じタローでもこれが・・・「麻生太郎の日記」じゃシャレになりませんなあ(笑)

2009/3/25(水) 午後 4:35 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/当時からのタイガース・ファンには有名な日記です。当時は男子も日記をつけていたり、文通なんてものをしている子もおりました。
森本太郎は4月で高校3年生に進級した時から日記をつけたようです。昭和40年の歌謡界は青春歌謡が花盛りでしたので、こういう選曲となっただけだと思いますよ(笑)
まぁ不良といえば不良になるのかもしれませんね(笑)

2009/3/26(木) 午後 0:49 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

私も文通ってやってました。今やってる子は絶滅したでしょうね。高校3年生ですか、舟木さんの世界とはかなり風情が違うような(笑)。まあ不良というのは半分ジョークですが、私の高3の時でも夜遊びってのはちょっと考えられなかったです。男同士で酒盛り&レコードを持ち寄って歌う(カラオケスナックは高校生には高いので)ぐらいはやりましたが・・・でも青春歌謡が花盛りなのに1〜2年後はGSやフォークの台頭、若者をめぐる流行歌も激変したことがよくわかります。

2009/3/26(木) 午後 10:58 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/文通をしていたのですかぁ、KOSUKEさんの歳でもまだそういうものをやっていたのですね。今はメールがありますからねぇ、手紙すら書かなくなっているのではないでしょうか。
60年代というのは1年が10年にも感じるような時代でした。今のように物や情報に溢れておらず、どんどん新しい物が出てきては目まぐるしく変わっていくというような変化に富んだ時代です。とてもいい時代でありました。十年一昔という言葉をしみじみと感じた時代でもありました。

2009/3/27(金) 午後 1:13 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

文通なんかやってる男は私の時代ではもう少数派だったと思います。今は手紙というものはほとんど書かれていないでしょう。携帯のあの会話みたいなメール。あれが日本人の文章力を著しく低下させているだろうと憂います(大袈裟ですがマジで)。確かに60年代(特に東京五輪以降)〜70年代前半の変化ってすごかったですよね。ちょうど私の幼少期にあたるんですが、テレビの画面なんかも1年毎によくなっていくような。まさに高度成長期を象徴していました。例えば69年の番組と74年の番組を比較しても画質や印象が全然違いますし、後者はそれほど昔のもの・・・って感じがしませんから。

2009/3/27(金) 午後 3:28 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/60年代は堂々と雑誌に何十人もの顔写真と住所まで載せた文通相手を募集するコーナーもありました。今なら個人情報を悪用されるでしょうねぇ。世知辛い世の中です。

2009/3/28(土) 午後 1:03 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

なるほど。そういえば大昔の明星とか平凡ってスターの住所が堂々と載ってましたね。よくストーカー事件とか起こらなかったなあと思います(笑)。今じゃ会社でさえ「個人情報」で住所録は作りませんから。ちょっと「個人情報」も行き過ぎではないかと思っているのですよ。

2009/3/28(土) 午後 1:29 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/そうです、以前も書きましたが堂々と載っておりました。しかしスターの住所が掲載されていたのはよくて60年代くらいまでで、70年頃にはもう殆ど載せてはいませんでした。色々と問題も出てきたようでしたからね。それでも読者や一般人の住所や写真はまだ平然と載せておりましたからノンビリした時代であります。

2009/3/28(土) 午後 5:55 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事