☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・2 ◆File-No.68◆
「月影のメロディー/松尾ジーナ」(1972)


この女の子を憶えている人はどれだけいるだろうか。
70年代初めにCMやバラエティー番組で活躍していたハーフ・タレントの松尾ジーナ
キュートでチャーミングな可愛い女性でありました。

彼女は1971年暮れに「気ままなジーナ」というアイドル歌謡で歌手としてもデビュー、
CMでも流され小ヒットしました。
ちょうどアイドル・ポップスが登場した記念すべき年に、
作曲家としての森田公一が初めてヒットさせた曲でもあります。

このデビュー曲もアイドル歌謡として良く出来た作品でしたが、
それ以上に気に入り、好きでよく聴いたのが今回採り上げたレコード。
1972年5月にリリースされた彼女の第2弾シングル「月影のメロディー」です。

こちらも前作と同じく、阿久悠=森田公一コンビによる作品。
まったく売れませんでしたが、この典型的なアイドル歌謡メロディーが非常に素晴しい出来となっている。
Aメロ、Bメロまで完璧、そしてサビでのインパクトの弱さがB級アイドル歌謡のお手本のような傑作。
川口真のアレンジもイントロからエンディングまでアイドルしております、いいですねぇ。
19歳の松尾ジーナのボーカルもB級の香りを振り撒きながら可愛いらしく歌い上げており最高。
アイドル歌謡というジャンルが生まれ、その後に定着するB級カテゴリーの売れない作品群の中から、
傑作ナンバーが見い出されていくプロセスでの原型となる曲作りには感動さえ覚えるのである。
森田公一の才能が爆発する予感さえするほどの隠れた名曲というのも大袈裟であろうか。

いや〜チョット絶賛し過ぎましたが、
因って主観的「昭和の名盤」として松尾ジーナ37年前のB級レコードにスポットライトを浴びせてみる事に。
実はこのシングル、
A面の「月影のメロディー」だけでなくB面「そよ風に乗って」も可也の名曲なのであります。
当時、このような大好物のレコードが売れなかったのは残念でありましたが、
きっと現在ではB級アイドル歌謡愛好者には人気のレコードだと想像してしまうワタクシなのです。

●もっと、懐メロを聴く● ⇒《懐メロ邦楽》 
    
http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-bl150.mp3(analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「月影のメロディー/松尾ジーナ」(1972)

(著作権上,音楽の一般公開は45秒以内の為,別ロングバージョンは
 ファンの方、限定公開とさせていただきます。ご了承下さい。)
お気に入り登録者さま限定⇒ 試聴別ロング・バージョンはこちらから



この当時は多くのハーフ・タレントが活躍しておりました。
小山ルミ、辺見マリ、ゴールデン・ハーフなどなど沢山おりましたが、
松尾ジーナの人気はイマイチ、可愛かったのですけどねぇ。

時期を前後して「OH!モーレツ」のCMで有名だった小川ローザという美人で人気モデルがおりましたが、
TVや雑誌で松尾ジーナの名前を見るたび何故かいつも小川ローザを連想し思い出したものです。
松尾ジーナという二番煎じのような芸名は、派手な顔した彼女を二番手の地味な存在にしていたような印象。
ワタクシには芸名も損をしていたイメージがありましたがどうでしょうか・・・
ドラマでは特撮ヒーローもの「シルバー仮面」にレギュラー出演、しかし途中降板・・・





☆☆☆松尾ジーナ☆☆☆
「昭和の名盤」初選曲歌手。


http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「歌謡曲」「ポップス」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。
★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。


この記事に

閉じる コメント(17)

顔アイコン

6歳の頃から歌謡曲に傾倒していた私でも流石にこれは存じませんでした。恐れ入りました(笑)。この頃のこういうメロディー展開、たまらないですね。森田センセイは過小評価されていると思いますよ、名曲が多いのに。「気ままなジーナ」より私はこちらの方が気に入りました。鮎川さんの「私達」とほぼ同時期ですが、なんか雰囲気似てますね。

2009/12/14(月) 午後 3:51 [ 樹愛 ] 返信する

こんにちは♪
小川ローザは知っていましたが、この方は名前くらいしか記憶にないです。歌っていらしたのね。この時代は大物歌手が羽振りをきかせていたから、B級アイドルはあまりTVにも出なかった時代ですね。
流石、アナログさんは凄いと思います。こんなレコード、何処を探してもないでしょうね。

2009/12/14(月) 午後 4:57 kikuママ♪ 返信する

松尾ジーナ、覚えています。舌っ足らずな喋り方でしたよね。
シルバー仮面にも出ていましたか〜、それは覚えていませんでした。裏番組のミラーマンの方が人気がありましたが私は柴俊夫の方がカッコイイと思っていました。

2009/12/14(月) 午後 9:02 takichi 返信する

顔アイコン

こんばんは〜。
覚えてます〜、松尾ジーナさん。
B級の匂いがするタレントさんでした。
昭和歌謡のファンでしたらチェックしていると思います。僕は80年代に中古でレコード買いました〜それも100円だったのです、ラッキー気分です! 削除

2009/12/15(火) 午前 2:49 [ 昭和歌謡 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/「気ままなジーナ」もYou Tubeか何かで聴かれましたか。デビュー曲は確かパンストだったかのCMで流された、こちらも印象に残るアイドル歌謡でした。
「月影のメロディー」は鮎川由美の「私達」と雰囲気が似ておりますね。リリースは「私達」より1年ほど早いのですが、その間に森田公一は天地真理でビッグヒットを連発させ評価を得ましたね。

2009/12/15(火) 午後 5:53 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

「気ままなジーナ」は一部だけですが覚えてるんですよ。♪気ままな姿で「ごめなさい」(笑。と聴こえました)松尾さんってハイシーのCMに出てませんでしたっけ?
この頃のアイドル歌謡はB級だろうが聴いててウキウキしてきますね。やっぱりAメロ→Bメロ→サビ→Aメロと構成がシンプルだったことと、アレンジが凝ってるけど品のいいのが特徴ですね。森田センセイに限らず京平氏も他の先生方もそうでした。森田氏はこういうアイドル歌謡と並行して「あの鐘を鳴らすのはあなた」(これ当時売れてないんですね。驚きました)なんて名曲も手がけていたのは素晴しいことです。
「松尾ジーナ」という芸名で損をしたと書いてらっしゃいますが、どうしてもあの「再会」や「東京ナイトクラブ」の熟女歌手を連想させるからではないでしょうか(笑)?

2009/12/15(火) 午後 6:07 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

kikuママ♪さん/彼女の場合は、やはりタケダ・ハイシーのCMが一番有名なのではないでしょうか。
しかし、この当時では想像も出来なかった嬉しいお言葉・・涙ものです(笑)。こういうレコードを限りなく買っていたので、それは酷い目で見られたものでした。まぁ当然なんですが(苦笑)。ヘンタイ扱いまではいかなくとも頭がオカシイのではないか、金をドブに捨ててるようなものだ、とか色々周りに言われたものです(涙)。親には、折角稼いだ金をクダランものばかりに無駄遣いばかりしよって、このバカ息子!・・みたいなハハ。しかし、いい時代になったものです(笑)。

2009/12/15(火) 午後 6:12 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

takichiさん/松尾ジーナ、覚えておられましたかぁ。そぅ、舌っ足らずな喋りでしたが、可愛かったです。このようなアイドル歌謡はtakichiさんの好みの音楽ではないでしょうね(笑)。「シルバー仮面」にも出ていましたがワタクシは観てませんでした。

2009/12/15(火) 午後 6:32 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

昭和歌謡さん/中古でゲットですかぁ流石、歌謡マニアさんでありますね。しかし、たったの¥100ですか、マニアには松尾ジーナは人気が無いのでありましょうか?こんないい曲なのに(笑)。

2009/12/15(火) 午後 6:37 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

私はハイシーのコマーシャルは覚えていませんが、〜グンゼ パンティー ストッキング ヤング〜とかいうCMはよ〜く覚えています。今でも呪文の様に頭から離れません。

その後、後にも先にもテレビで一度だけ松尾ジーナさんが歌うのを聞きましたが、聞くに堪えない物でした。「月影のメロディー」はタイトルも知りませんでした。確かにキュートでしたが、余り長続きしませんでしたね。でもアナログさん、先見の明があられたんですよ。オークションにかけたら凄い値段になると思いますよ。 削除

2009/12/15(火) 午後 7:21 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

fluffyさん/ハイシーではなく、パンストの方を記憶されてるとは渋いですね。TVで歌う彼女をご覧になりましたか、素晴しい。聴くに堪えれませんでしたかぁ(笑)。
上のコメントで昭和歌謡さんが仰っておりましたが、¥100で買われたそうですよ。価値無しのレコードのようです(笑)。

2009/12/16(水) 午後 1:53 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

渋いというよりも、私の地域ではハイシーは放送してなかったのかも知れません。

私も「愛は惜しみなく」や「愛でくるんだ言訳」等を2−3百円で買いました。昭和歌謡さんの場合は80年代ですから、今ならYahoo Auctionなら可也行くのではないかと踏んでおります。 削除

2009/12/16(水) 午後 9:32 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

fluffyさん/なるほど、たまたまタケダ提供の番組が放送されてなかったのかもしれませんね(笑)。園まりのレコードを中古で買われていたのですか。彼女の場合はヒットしたので安かったのかもしれませんよ。松尾ジーナは売れなかったので、もう少しは高くなっているかもしれませんね。¥400くらい?(笑)

2009/12/17(木) 午後 6:02 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

B面「そよ風に乗って」聞いてみました〜。
中古でレコード買った時は意識しませんでしたが、これはトッテモいい曲ですね。感動ものです。
得した気分になりました〜、アリガトゴザイマス!! 削除

2009/12/19(土) 午前 4:09 [ 昭和歌謡 ] 返信する

顔アイコン

昭和歌謡さん/なかなかイケるでありましょ。B面にしておくのは勿体無いような作品だと思います。けどA面としてリリースしても、きっとB級歌謡で終わるのでしょうね(笑)。

2009/12/19(土) 午後 6:43 ★アナログ日記★ 返信する

いましたね〜、松尾ジーナ、当時はとんでもなく可愛い女性でありましたよね。
残念ながら数年前でありましょうかね〜、週刊誌でヌード姿をさらけ出しましたが、その姿は余りにも無残おでも言いましょうか全く見たくもない代物でありました。
アイドル歌手でもあった安西マリアもヌード姿を週刊誌で見せておりましたが、こちらも全く同じでありとんでもない代物でありましたよ。使い古しの古ナスビとでも言いましょうか(^。^)♪・・・夢を壊さないで下さ〜い!

2010/1/23(土) 午前 0:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

セシモンさん/はぃ、彼女はB級の雰囲気ではありましたが可愛かったでありますねぇ。
な、なんと、彼女は熟女ヌードを披露したのでありますか!!
それは知りませんでしたぁ。どのような姿であろうと一度見てみたかったでありますぅ〜、残念・・流石セシモンさんお詳しい。

2010/1/23(土) 午後 1:01 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事