☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・2 ◆File-No.95◆
「ちいさな恋/天地真理」(1972)


1971(昭和46)年は歌謡界にアイドル・ポップスが登場した記念すべき年。
それは南沙織のデビュー曲「17才」が大ヒットした事から始まりました。
10代の歌手によるテイーン・エイジャーに向けたポップス歌謡。
実際には翌72年に歌謡曲とは違うジャンルとして確立していくのでありますが、
そのアイドル・ポップスの時代に頂点を極めたのがソニーの白雪姫こと天地真理でありました。

70年7月、視聴者参加番組「ヤング720」に出演したことがきっかけとなり、翌71年4月にレコード会社CBSソニーと正式契約。歌手としてデビューが約束された矢先の7月に出演したドラマ「時間ですよ」で注目され、
1971年10月に「水色の恋」でレコード・デビュー。歌手・天地真理が誕生しました。
♪白雪姫〜みたいな〜心しかない私・・と歌い大ヒットしたわけですが、
続く第2弾シングル「ちいさな恋」はデビュー曲を凌ぐ54.7万枚を売上げ、オリコン第1位を獲得。
これは真理ちゃんのシングル最大ヒット「ひとりじゃないの」に続く2番目の売上げとなった作品であります。
作詞:安井かずみ/作曲:浜口庫之助/編曲:馬飼野俊一。1972(昭和47)年2月リリース。
ハマクラ先生らしいフォーク調のメロディーをアップテンポに歌った真理ちゃんの人気は爆発!大ヒット。
ワタクシも大好きだった一曲であり、
当時人気を競っていた南沙織や小柳ルミ子のファンまでもがレコードを買ってしまったという作品です。
この「ちいさな恋」以降発売した5作品がチャートの1位を獲得。
それまでの歌謡史上、初めての事であったと思います。
この事からも判るように、如何に天地真理の人気は凄かったか!
第3弾「ひとりじゃないの」がリリースされると、小学生の低年齢層までファンは広がり、
天地真理は子供からお年寄りまで幅広い年齢層に愛される国民的スーパーアイドルとなりました。

アイドルといえば天地真理、と言われた時代。
決して美人というわけでもない天地真理でしたが、大好きでしたねぇ。彼女の明るい笑顔は素晴しく良かった。
彼女の歌も大好きで、レコードはデビューからずっと買い続けました。
いつもニコニコ真理ちゃんスマイルは、観ている者を明るく楽しい気分にしてくれたものです。

●もっと、懐メロを聴く● ⇒《懐メロ邦楽》 

お気に入り登録者様限定
お気に入り登録者さま限定⇒ 試聴別ロング・バージョンはこちらから




☆☆☆天地真理☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、1枚選曲歌手。
「今日の一曲」歌手別リストに登載、3曲収録


http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-bl175.mp3(analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「ちいさな恋/天地真理」(1972)

トップ・ページへ戻る


■60〜80年代の歌謡曲をお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ邦楽」
■60〜80年代のポップスをお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ洋楽」
☆沢田研二☆ ☆昭和30年代☆ ☆昭和40年代☆ ☆昭和50年代☆

http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。

★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。

 
   

https://image.shopping.yahoo.co.jp/i/j/yamano_3202100558

この記事に

閉じる コメント(54)

顔アイコン

白雪姫の場合はブームが去った後悲惨な状況が待ち受けていましたしね。75年になるや否や恋人と逃避行。年末の紅白では3人娘のトップバッターで落選するとは誰も想像していなかったのではないでしょうか?(しかもあとの2人はレコ大で歌唱賞を獲りましたし)ちょうどその頃でした。青函トンネルを掘っている現場で彼女が出てたのですが、ずーっと暗い顔をして一瞬たりとも笑わなかったんです。親とも「これはおかしい」ということになりましたし、TV局にも相当問い合わせが来たでしょう。でも翌日クラスでそのことはちっとも話題になりませんでした。

2010/6/27(日) 午後 8:55 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/75年になるや否やに真理ちゃんが恋人と逃避行するスキャンダルなどあったのですか?
「木枯らしの舗道」を歌っていた頃になりますね。確かまだ真理ちゃんシリーズも放送されていた頃でしたが、仕事にブランクを空けるような、それも恋人とですかぁ!う〜む、それは覚えておりませんです。

2010/6/27(日) 午後 10:51 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

正確にはもう少し後、「愛のアルバム」(私これと「初めての涙」を全く覚えてません)の頃、75年春でした。これ結構芸能週刊誌とかワイドショーで大騒ぎになったんですよ。真理ちゃんシリーズもこれによって終了した記憶があります。もう完全に百恵・淳子の時代に移行してましたしね。この人気急降下の挽回を試みたと思われる「さようならこんにちは」は、作詞がなんと安井女史と山口女史の共作で京平センセイを起用しましたね。私この歌好きでした。

2010/6/28(月) 午前 7:41 [ 樹愛 ] 返信する

似たような?ケースかな。榊原郁恵さんが午後6時のNHKの子供向けの情報番組に昭和53年の4月頃に出たときにレオタード姿で何やら柔軟体操をしているところを、どういう意図かは忘れましたが結構長い時間映したことがありましたが、その時郁恵ちゃん、まったく笑わなかったのですよ。いつもの郁恵スマイル?を見慣れた高3の私の目にはすごく違和感がありました。まあ、郁恵ちゃんの場合はその時だけなんですが。今でも妙に覚えてます。アイドルも大変なんですね!(笑)。

2010/6/28(月) 午後 0:32 [ 秀和 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/そうなんですか。その頃も常に真理ちゃんは意識して観ておりましたが、そのようなスキャンダルでの大騒ぎは全く記憶に無いのです。あの当時、彼女に恋人が発覚したという事すら知りませんでした。

2010/6/28(月) 午後 2:36 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

秀和さん/郁恵ちゃん、レオタード姿の仕事がイヤだったのですかね。
興味はありませんでしたが、デビュー当初は水着でポチッと突起物を見せていた郁恵ちゃんでしたのに(笑)。
子供相手に笑顔を見せない郁恵ちゃん、アイドルは大変なのですね。

2010/6/28(月) 午後 2:54 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

細かいこと(彼氏がどういうヒトか)は全く覚えてないんですが、やっぱりハードスケジュールから逃げたかったんでしょうかね。休みが美容室へ行く半日、なんて状況だったらしいし。普通の神経だったら参っちゃいますね。
秀和さんが書かれている郁恵ちゃんの件、当時大ファンだったにも関わらず存じませんでした。わりとお天気屋な面は薄々感じてましたけどね。しかしレオタードで柔軟体操を結構長い時間って意図も意味不明ですが(笑)

2010/6/28(月) 午後 3:49 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/まだ人気もあった真理ちゃんに恋人が発覚していたら、かなりの大騒ぎになっていたと思いますが、ワタクシ全く記憶にございません(苦笑)。

2010/6/29(火) 午後 5:48 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

アレッ・・・おかしいですね。私の幻覚でしょうか(苦笑)。ともかくナゾの休業期間を経て復帰した彼女に、世間は冷たかったですね。最初こそ夜ヒットに出たものの、あとはワイドショーとかナツメロしか出番はなかったです。「3時に会いましょう」で「初恋のニコラ」を歌ってる頃、世間は聖子(「青い珊瑚礁」)一色。痛々しいものを感じたものです。まだ「コラーッ」のお姿は想像できない頃ですが(笑)。で半年後ぐらいに「週刊明星」かなんかに「消息不明」みたく書かれたんですね。(彼女のシングルはこれ以降知らないのですが、全部持ってらっしゃるアナログさん、ラストシングル「私が雪になった日」で正解ですか?)それで忘れてたら数年後に日活ロマンポルノ「魔性の香り」で再復活。もう唖然を通り越しました。

2010/6/29(火) 午後 7:39 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/いやワタクシが覚えてないだけでしょうね。ただ「愛のアルバム」「初めての涙」「さよならこんにちは」・・と出す新曲ごと普通に「夜ヒット」などの歌番組には出ておりましたので、スキャンダルの印象がないのです。忘れているだけかもしれません。ラストは「私が雪だった日」です(笑)。

2010/6/29(火) 午後 9:18 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

「愛・つづれ織り」でも夜ヒットでてましたね。この回、真二さんもでておられ真理ちゃんは「テレビで観てました」と仰ってました。

2010/6/29(火) 午後 9:30 [ ヒロ ] 返信する

顔アイコン

ヒロさん/はぃ、真理ちゃん出ておりましたね。原田真二も出ておりましたか(笑)。この時の真理ちゃん、大人になっておりました。久しぶりの真理ちゃんでしたので何歳になったのかな?と不図思い、逆算して真理ちゃんの年齢を数えた記憶があります(笑)。

2010/6/29(火) 午後 10:07 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ご教示どうもありがとうございました。「私が雪だった日」・・なんか松鶴屋千とせの♪俺が夕焼けだった頃・・・わかんねぇだろうなぁを想い出してしまいました(すみません)。私は75年の真理ちゃんというと、逆にスキャンダルの印象で「愛のアルバム」「初めての涙」とか覚えてないんです(笑)。若大将が作った「愛の渚」は結構聴きましたが。しかし「愛・つづれ織り」も冒頭に♪×月○日 晴れ とかヘンな歌だなぁと思ったのを覚えてます。どんな歌手も売れてる時はいい歌が来るのは共通ですね。しかし水泳大会にも出なかった方が突然全裸で激しい絡みをジョニー大倉と演じたのには参りました。「もう後がない」と思ったんでしょう。

2010/6/30(水) 午前 8:38 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/よくよく考えてみると真理ちゃんは年齢問題が発覚した早い時期からずっとスキャンダルに塗れていました。ある事ない事をマスコミは書き立てておりました。人気者の真理ちゃんはマスコミの格好の的となっておりましたが、信じられない内容の事ばかりでしたからね。真理ちゃんの精神状態をマスコミが潰ぶした一面もあると思いますね。
その75年も、よく思い出してみると真理ちゃんシリーズが終了してから彼女は初めての長期休暇を貰い海外旅行をした事があります。それもマスコミはスキャンダラスに書いたのでしょう、同伴者を恋人だとか逃避行だとかと色々と・・(笑)。おそらくKOSUKEさんは、その事を覚えているのではないでしょうか。それ以前からも、ずっと真理ちゃんには付き物の三文記事も多くワタクシは気にも留めませんでしたのでスキャンダルとは思わなかったのかもしれません。
映画「魔性の香り」出演は驚かされました。その後すぐに彼女はAVにも出演したのですよ。「危険なレッスン」というビデオで、こちらはもっと過激でした(苦笑)。

2010/6/30(水) 午後 2:53 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

そうそう、「空白の1年はト×コ嬢だった」とかね・・・当時意味わかんなかったですけど(笑)。白雪姫ならぬシンデレラは引き摺り下ろしたいのが世の常でしょう。
でその件です!その長期休暇での海外旅行が「彼氏」とか「逃避行」というふうに書き立てられてたんですよ。
「危険なレッスン」・・・タイトルだけは聞いたことがありますがAVだったのですね。確か「魔性の香り」の翌年結婚されたとのことですが、当然その前でしょうね(笑)。週刊コミック誌のグラビアなんかにも相当出ましたし、畑中葉子より騒ぎになったんじゃないでしょうかね?主題歌歌えばよかったのに(笑)

2010/6/30(水) 午後 10:43 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/この長期休暇の事を仰っているのなら、これはスキャンダルのうちには入りませんでした。面白可笑しくした、いつものマスコミの手口です。真理ちゃんの実際本当のスキャンダルは、やはり「愛の渚」以降におこした行動や発言だったでしょう。これ以来彼女は本当に休業してしまいました。
「魔性の香り「危険なレッスン」どちらも真理ちゃん、やや太り気味の頃だったのが残念でした。畑中葉子?目じゃないですネ(笑)。

2010/7/1(木) 午後 6:13 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

そうだったのですか〜私はこれで紅白×になったのかと思い込んでました。「愛の渚」が久々にポップな路線だったので、これ以降シングルが出なくなってしまったのは残念でした。週刊誌に書かれた内容も「ラジオ番組出演中突然美容体操を始めた(別にいいじゃん(笑)と思いましたが)」とか。
そのヌード系、確かにムッチリした肉体が印象に残ってます(笑)。畑中さんも男性陣の体を熱くしたのは間違いないですが、白雪姫と比較すること自体失礼かもしれませんね。

2010/7/1(木) 午後 10:12 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/いや〜、あくまで一連の報道をスキャンダラスに思わなかったり、畑中葉子には全く興味も趣味ではなかったりというだけの個人的な見解と感想ですので、真理ちゃんに対する見方は人其々ありますから実際のところはマスコミが正しかったり、畑中葉子の方が衝撃的だったのかもしれませんし・・(笑)。仰るように「愛の渚」で休業状態になった時は、ファンとして残念でありました。

2010/7/2(金) 午後 6:20 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

デタラメな記事(犯罪ではなかろうか)が、日本初のスーパーアイドル天地真理さんを5年で程度で破壊したことは残念です、そのことは ユーチューブの天地真理1 2 3 4、で 真実を仰っていますね。 人の噂も75日と言いますが、天地真理さんのは消えなかった。 本当に 嫉妬の矢の数だけ「裁判」を起こしていれば良かったかもしれませんね。 人を貶める・貶す記事を書いた記者は、今 何をしているのでしょうか? まともな 生き様は出来ないでしょう。 詐欺的な嘘の記事で、日本中の天地真理フアンは、欺されたまま 40年後の現在も活字だけが横行していますから・・・
天地真理さんの、あの歌唱力を何故 評価しないのか?不思議でなりません。→ http://anotoki.seesaa.net/

天地真理 春の風が吹いていたら
http://750268295.blog112.fc2.com/

ユーチューブ/http://www.youtube.com/watch?v=pdkiogdOMEc

アナログ日記さま、いつも ご来訪を頂き 有り難うございます。

2010/8/29(日) 午前 0:34 音太朗 返信する

顔アイコン

荼太朗さん/どんな些細な事でもスキャンダラスな内容で記事にされていた真理ちゃんでしたね。人気者に付き物とはいえ、気の毒になるほどでした。年齢層や思い入れ度などによりファンの対応は様々だったと思いますが、まだ若かった真理ちゃんは非常に辛かったことでありましょう。まぁ、そんなスキャンダルには全く気にしなかったワタクシにとって、真理ちゃんは永遠のアイドルであります。

2010/8/29(日) 午後 9:35 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事