☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・2 ◆File-No.96◆
「僕はおまえが好きなんだ/にしきのあきら」(1973)


天地真理ちゃんに続いてCBSソニー・レコードの歌手を聴いた。
現在も歌手・タレントとして活躍するスターにしきのあきら(現・錦野旦)。
1970(昭和45)年5月にCBSソニーから「もう恋なのか」でデビュー。
にしきのあきらもデビューからレコードをずっと買い続けた歌手の一人。いい曲が多かった。

デビュー時のキャッチフレーズは「演歌の貴公子」「ソニー演歌のナイト」。
確かにデビュー曲と2作目「愛があるなら年の差なんて」は演歌調の歌謡曲だったが、
ワタクシには彼が歌うと演歌には聞こえなかったな。
ルックスもアイドル系だったし歌唱力も素晴しく、ポップスが似合う歌声でしたので
どこが演歌なんだ?なんて思ったもんです。ホントいい声してました。
デビューした70年という年は宇多田ヒカルのお母ちゃんである、藤圭子が爆発的に売れた年。
大ヒットを連発する若くて綺麗な演歌歌手・藤圭子は、演歌のアイドルなんて呼ばれ大人気だったので
おそらく彼女の人気に肖り男性版・藤圭子のセンでも狙ってのことだったのでありましょう。
結局は第3弾シングル「空に太陽がある限り」以降は路線変更、ポップス調の作品が多くなっていく。
その中から今回はデビューから3年後の1973(昭和48)年3月にリリースされた通算11枚目のシングル。
作詞作曲:浜口庫之助、編曲:竜崎孝路による「僕はおまえが好きなんだ」
大して意味の無い軽い内容の詞を、軽いノリで歌った軽快な歌謡ポップス。
歌詞に登場する「チャコ」という名前が、やたらと耳に付いた楽しい作品でありました。
その「チャコ」とは、当時にしきのあきらが飼っていた手長ザルをモデルにしているそうです。
(スターさんからの情報。有難う御座いました)
「好きだ、好きだ」「チャコ、チャコ」と連呼しては、タイトル通りそのままのストレートな表現はスッキリしていて気持ちがいい。こういう単純な歌謡曲は、結構好きだったので当時よく聴きました。
明るく軽やかに「僕はおまえが好きなんだ」を歌うにしきのあきらでしたが、
それでもどこかニヒルでクールな感じがしてカッコ良かったものです。
しかし1973年は新御三家などの若いアイドルたちの時代でもあり、にしきのあきらの人気は落ちていくばかり。
「僕はおまえが好きなんだ」はオリコン最高位39位、4.9万枚の売上げをする小ヒットに終りました。

にしきのあきらといえば現在のようなオシャベリではなく、無口でクールな二枚目というイメージだった。
とにかくハンサムでカッコいい、スマートな大人の魅力を振り撒いていたのだ。
ヘアースタイルも個性的で、長髪の1:9分け。ヘタすれば宅八郎か竹村健一。
珍しい髪型してましたが、あんなの似合う男性などそうザラにはいません。
本当のハンサムだからこそ、なせる業。
彼は歌手がダメになってもオンナで喰っていけるだろうな、なんて思ったりしたものだ。
ホント、イイ男でした。


●もっと、懐メロを聴く● ⇒《懐メロ邦楽》 

お気に入り登録者様限定
お気に入り登録者さま限定⇒ 試聴別ロング・バージョンはこちらから





☆☆☆にしきのあきら☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、1枚選曲歌手。


http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-bl176.mp3(analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「僕はおまえが好きなんだ/にしきのあきら」(1973)

トップ・ページへ戻る


■60〜80年代の歌謡曲をお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ邦楽」
■60〜80年代のポップスをお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ洋楽」
☆沢田研二☆ ☆昭和30年代☆ ☆昭和40年代☆ ☆昭和50年代☆

http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。

★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。

 
   

https://image.shopping.yahoo.co.jp/i/j/yamano_4107070123

この記事に

閉じる コメント(42)

顔アイコン

ええ、3年生だったんですがこの年代にはにしきのさんはアイドルの範疇ではなかったですね(笑)。「ピポピポ旅行」、確かに題がね・・・でも買われたと(笑)。いい歌だっただけに勿体無かったとは思います。勿論にしきのさんはイケメンだったんですが、それまでのスターとはちょっと傾向が違うハンサムさのような・・・「体が重要」と書くとヤラシイですが(笑)、俳優も歌手も長身のスターが増えた気がするんですよ。松田優作や草刈正雄がそれを象徴していたと思うのですが。

2010/6/28(月) 午前 7:48 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/はぃ、買いました。買い続けていた途中が抜けるのもイヤでしたので。
3年生くらいですと大ヒット曲くらいしか覚えていない子供が多い中、KOSUKEさんはマイナー曲まで知っており覚えているところが凄いですね。
スターに関する見方や感想は人其々にあると思いますが、流石なかなかの深い分析ですね。

2010/6/28(月) 午後 2:48 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

どうもありがとうございます。でもそこはコドモ、限られた歌手だけだったんですよ(笑)。にしきのさんもこの翌年から「花の唄」でしたっけ?突如地味モードになってしまって歌番組で見かけることも急減しました。全く出なくなって忘れてた頃にあの大麻事件でしょ?でもこの頃も「がんばれ元気」の主題歌とか出してたんですね。やっぱりヘアヌード出すんでも20代の時にやってほしかったです(笑)。どんなに体型が変わってないと言っても、芸能人運動会で活躍していた頃の方が断然カッコよかったと思いますし。今ナツメロで出てきても若作りしすぎでかえってオヤジに見えますので(笑)

2010/6/28(月) 午後 3:56 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

にしきのさんも最初の頃の曲は演歌っぽいのが多かったですね。でも確かに演歌の匂いはしません。

私が一番よく歌う、と言うよりも口をついて出てくるにしきのさんの曲は「愛があるなら年の差なんて」です。最近もついシャワーで歌ってしまいました。多分一番演歌っぽいからでしょうか?個人的には「僕はおまえが好きなんだ」は頂けませんでした。以前の演歌っぽい曲に比べ精神年齢が随分下がった様な、、、。でも「城ヶ島慕情」は何でにしきのさんがご当地ソングを?青江三奈さんじゃあるまし!と思った物です。それにしてもにしきのさん、随分紅白に出られましたね。ライバルの野村真樹さんの方が歌が上手かったと思いますので、もう少し活躍して欲しかったです。でも厳しい芸能界でお二人とも活躍されておられるのは凄いです。 削除

2010/6/28(月) 午後 7:42 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/「花の唄」もいい曲だったと思います。マーガリンだったかのCMソングで頻繁にTVで流されておりました。ワタクシ彼のバラード系の曲も好きでしたね。
本人は体形などに拘りがないようですが、現在の奥様が許さないそうです。奥様の厳しい管理とチェックの下、体形を維持しているらしく、好物の甘味類も食べさせてはもらえないそうです(笑)。過去を振り返り健康面を考えてみると、今は奥様に感謝しているそうですよ。

2010/6/29(火) 午後 6:06 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

fluffyさん/彼の曲では「愛があるなら年の差なんて」がお好きではないかと思いました(笑)。そして「僕はおまえが好きなんだ」はダメであろうと・・これも予想どおりであります(笑)。
>この曲で精神年齢が随分下がった様な・・・
それはワタクシも当時思いました、同感です(笑)。
この曲の前にリリースされた「城ヶ島慕情」もワタクシお気に入りの曲だったのですよ。というか彼のナンバーは殆どがお気に入りなんですけどね(笑)。しかし野村真樹もにしきのあきらも既に40年選手、頑張っておりますね。

2010/6/29(火) 午後 6:20 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

「花の唄」紅白でも歌ってましたね。いい歌だったと思います。そのCMとは(後にグッバイも出た)味の素「マリーナ」でした。(にしきのさんのCMってそれしか覚えてません)私が印象に残ってるのは(秀和さんお読みでしょうか?)75年に関東ローカルでピーターが司会をやっている歌番組が毎晩あって、その中でピーターがにしきのさんに迫っていたことです(笑)。体型維持に拘ってないとは意外でした。若さで勝負?の郷ひろみも石田純一も相当ストイックらしいですよ。今の奥さんは存じませんね。武原英子の印象が強いので・・・
ところで私はライバルの野村さん、「一度だけなら」以降の歌を全く知りません(笑)。売れなかったんでしょうが、歌番組に出てた記憶が全くないんですよ。

2010/6/29(火) 午後 7:45 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

やはりアナログさんは全てお見通しです。全くその通りです。「城ヶ島」まではよかったのですが、「僕はお前に」では急に歌が幼稚になった気がしてそれ以降は好きな歌はありません、というよりも余りテレビで見なくなってしまいました。

ここでまたアナログさんにお願いなのですが、にしきのさんの最初の三曲の売り上げを教えていただけますでしょうか?お時間のある時で結構です。デビュー曲では野村真樹さんの方が圧倒的に売れていたと思ったのですが、、、? 削除

2010/6/29(火) 午後 8:09 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/そうそう、マリーナでしたか。現在の奥様は、スターは太ってはいけないが信条だそうです。最近、週刊誌で読みました(笑)。野村真樹はその後もTVで歌ってました。2,3曲は小ヒットしたと思います。演歌系の小ヒットですし、子供には難しい大人の歌でしたから記憶にないのでしょう。

2010/6/29(火) 午後 9:40 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

fluffyさん/そうですね、徐々に彼の露出は減少していきました。大袈裟ですが、後期はレコードでも買わないと聞けない歌状態でしたね(笑)。
野村真樹の「一度だけなら」は25.0万枚のオリコン10位。それに対し「もう恋なのか」は15.3万枚の24位です。次の「愛があるなら年の差なんて」7.7万枚の35位、「空に太陽がある限り」30.8万枚の4位でした。

2010/6/29(火) 午後 9:50 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

「一度だけなら」の方が10万枚も売れていたのに最優秀はにしきのさんだったんですか、同じ位の売上だと思ってました(歌謡大賞は野村さんだったようですね)。私その第二弾「愛があるなら...」も記憶にないですし、「チャコ」の前の歌で結構知らないのがあります。一方野村さんですが、演歌系の小ヒットは確かに物心ついた頃のガキは興味を持ちませんね。「信じてほしい」「歌舞伎町の女(笑)」??です。

2010/6/30(水) 午前 8:32 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/にしきのあきらにしろ野村真樹などは記憶にないのは当然でしょう。彼らのヒット曲以外を5歳やそこらで覚えてる事のほうが不自然だと思いますよ(笑)。

2010/6/30(水) 午後 2:24 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

そうですよね〜でも「一度だけなら」は幼稚園の時一度どころか相当聴いた記憶があるんですよ。コドモ心に「掃除当番をサボったことを一度だけなら許してあげる」みたいに解釈していました(苦笑)。野村さんは歌手デビュー前、私が当時住んでいた社宅の前の「高崎競馬」で騎手候補生だったらしいんです。レコ大もこの70年が最古の記憶でした。ちょっと長くなりましたのでこの辺にしておきますね♪

2010/6/30(水) 午後 10:38 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

お忙しい中いつもご好意に甘えてしまい申し訳ありません。

にしきのさんの「もう恋なのか」は随分テレビで見かけた記憶があるのでもっと順位も売り上げも行っているかと思っていました。でも「愛があるなら」は最低だったのですね。「空に太陽がある限り」の方が「一度だけなら」より売れていたのも意外でした。貴重な情報有難うございます。

今年はGabyも死ぬし、Federerもフレンチ、ウインブルドンで早く負け、今年は厄年みたいです。まあFedererは関係ないですね。でもアナログさんの記事を読ませて頂いたりや投稿させていただく事で気を紛らせています。先日Cat Protection Scoietyに行って猫と遊んできました。因みに猫の養子縁組をする所です。 削除

2010/7/1(木) 午前 0:25 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

KOSUKEさん/「一度だけなら」はよく売れましたので、耳にされたと思います。
出だしが印象に残り覚え易く作られた作品でありました。

2010/7/1(木) 午後 6:03 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

fluffyさん/いえいえオリコンでしたら直ぐに判りますので、いつでも申し付け下さい。にしきのあきらの最大ヒットは「空に太陽がある限り」でした。あとは似たり寄ったりの売り上げです。
猫と遊ばれましたか、いいことですね。また養子縁組されるのですか?ワタクシはいつも拾ったネコちゃんを育ててきましたが、fluffyさんの家の近所には、あまり野良猫はいないのでしょうか。ノラの子猫はお嫌い?

2010/7/1(木) 午後 6:21 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

はい、ではまたお言葉に甘えさせていただくと思います。有難うございます。でもにしきのさんの人気が続いたのも逆に大ヒットが少なかったせいかも知れませんね。大ヒットを何曲も持つ歌手よりも(真理ちゃんの様な)地味でも紅白には沢山出られておるのがそれを証明していると思います。

猫の養子縁組は来年当たりにしようかなと思っています。今だにGabyに毎日話しかけているので今はちょと無理でしょう。Fluffyという名前も実はGabyの前の猫の友達の名前です。お隣の猫が良く遊びに来るので私物化してしまいました。Fluffyは多分こちらの猫で一番ポピュラーな名前と思います。毛深い、というくらいの意味ですが、私は余り毛深くはないと思うのですが、、、(笑)。

オーストラリアは皆責任を持ってコンパニオンアニマルを飼いますので、野良猫、野良犬はまず見かけません。いらない子猫が生まれるとCat Protectionや動物愛護協会に持っていって、そこで欲しい人が養子縁組上にサインをします。そうですね、野良猫は苦手な部類ですね。すみません、歌謡曲と全然違う話題になってしまいました。 削除

2010/7/3(土) 午前 1:24 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

fluffyさん/仰るように、ある程度の売上げをコンスタントに続け活躍するほうが良いのかもしれませんね。しかし、にしきのあきらは何度も紅白に出場しておりましたねぇ。
ネコちゃんは来年あたりですか。毎日話しかけられるGabyチャンは幸せ猫ですね。fluffyさんの愛情を感じます。日本は捨て猫が未だ多いです、お国柄の違いでしょうか(苦笑)。

2010/7/3(土) 午後 0:10 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

はい、やはり人間コンスタントなのが一番いいことなんでしょうね。でも芸能界では大変可也難しい事だと思います。

捨て猫があまりいないのもいらない猫を貰ってくれる協会等があるからでしょうね。人口密度も日本の百分の一以下ですから猫も幸せですね。Gabyにカンガルーやコアラを見せてあげられなかったのが心残りです(笑)。でも気の強い彼女の事、多分襲っていたかもしれません。

私は一度なんでもそうですが好きになると嫌いにならない(なれない?)性分なので困った物です。 削除

2010/7/4(日) 午後 0:46 [ fluffy ] 返信する

顔アイコン

fluffyさん/仰るように、そうかもしれませんね。
どの世界でも安定を続ける事は難しい事だと思います。
猫も人間も広大な土地での暮らしはいいですねぇ、羨ましいです。

2010/7/4(日) 午後 2:21 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事