☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

祝!沢田研二62歳

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆

イメージ 1

ライヴ音源♪「君だけに愛を/ジュリーwithD.T.B.W.B」(1977.5)

■もっと、懐メロを聴く■ ⇒《懐メロ邦楽》 
■もっと、GSを聴く■ ⇒《グループサウンズ》 


今日はジュリーの誕生日。
団塊の世代にあたる1948(昭和23)年6月25日生まれ。
あのジュリーが満62歳になりました。企業勤めなら既に退職している年齢。
18歳の時にザ・タイガースのメンバーとして芸能界にデビューしてから44年が経とうとしています。
ナツメロ歌手化せず、常に現役歌手として前向きな姿勢で走り続ける沢田研二。
学年でいえばワタクシより3年先輩にあたりますが、同じアラ還として尊敬の念を抱きます。
その姿勢は見習いたいものであり、一ファンとして誇りにも似た喜びを感じずにいられません。
ジュリーには、いつまでも歌い続けてもらいたいものです。

60年代はジャズ喫茶が多くある東京が羨ましく、
GSのライヴを観たくとも大阪に住むワタクシはテレビやラジオで我慢する日々。
しかし東京にもし住んでいたとしても、男性であるワタクシに人気GSを観に行く勇気があったかどうか・・・
70年代もジュリー人気は衰えず、同じ状態が続きました。ファンはまだまだ女性中心。
男性ファンが周りを気にせず、コンサートをゆっくりと観に行ける状態になったのは、
ある意味ジュリーもファンも大人となった90年代に入ってからでした。
20年以上は掛かったと思います。これって凄い事ですよね、ジュリーはスーパースターでした。
そんなジュリーやGSを、昔はTVやラジオからよくテープに録音しては楽しんでおりました。

そこで今日は誕生日というメデタイ日でもあり、
思い出したかのように録音したテープを久しぶりに探し出して聴いてみました。
今回聴いたのは70年代にテレビから録音したジュリーの音源です。
ほんの一部ですが、音源を当ブログにご訪問下さるジュリー・ファンにも懐かしんでいただこうと思います。
色々と事情もあり、基本的にはお気に入り登録者様限定記事として流します事ご了承願います。

最初に出てきたテープは、
大阪MBS毎日放送開局を記念して放送された特別番組「ザ・ライヴ・スペシャル!沢田研二vs宇崎竜堂」。
大阪千里丘ミリカ・ホールで催されたジョイント・スペシャル・ライヴ番組を録音したものだ。
カセットのインデックスには1977(昭和52)年5月22日放送と書いてあった。録音したことすら忘れてる(笑)。
初めての顔合わせとなったジュリーとダウンタウン・ブギ・ウギ・バンドという珍しい組み合わせ。
そのライヴから一曲。
ダウンタウン・ブギ・ウギ・バンドの演奏をバックにして歌うジュリーの「君だけに愛を」をどうぞ!

このあとのアップ予定としては、1971(昭和46)年のPYG時代のものを。
★1971年4月〜10月までジュリーがレギュラーを務めた番組「ドレミファ学園」からの音源。
★1971年5月31日に出演した歌番組「夜のヒットスタジオ」からPYGの音源。
これら二つの音源は、2回に分けて今日明日中にはアップする予定です。
こちらはお気に入り登録者様限定とさせていただきます。


♪君だけに愛を/ジュリーwithダウンタウン・ブギ・ウギ・バンド
http://voon.jp/modpub/swf/voice_player01.swf?id=ga3tjfltc7f3kpdv&c=9&t=1=10&v=127&objid=uomucek3rza6wd2i
1977年5月22日放送「ザ・ライヴ・スペシャル!沢田研二vs宇崎竜堂」より
(analog tape upの為noiseご了承下さい。)




☆☆☆沢田研二☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、4枚選曲歌手↓。
「今日の一曲」歌手別リストに登載、12曲収録↓


http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。
★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。


この記事に

閉じる コメント(38)

顔アイコン

まみさん/コンサート行かれたのですね、羨ましい。
文面から察するに、もしやジュリーあまり楽しそうではなかったのでしょうか(笑)。
ワタクシもヘンな話、家族以外の誕生日では6月25日という日を忘れた事がありませんです。不思議なものですねぇ。
これからも毎年新譜CDをリリースし、現役歌手で頑張ってもらいたいです。

2010/6/26(土) 午後 9:37 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ともきちさん/そうですね、今のジュリーの声を野太いなどと言ってはいけませんね(苦笑)。凄みがでてきたのですよね。確かに声量もあります。若い頃とはまた違う魅力もありますね。
ジュリー、いつまでも頑張って欲しいですね。応援しております。

2010/6/26(土) 午後 9:43 ★アナログ日記★ 返信する

ジュリー、とっても楽しそうでしたよ〜♪
ただ、お年の事が、気がかりで。
みんなを楽しませなきゃと、本当は、相当、無理をされてるのかも・・・なんて、勝手に想像してしまったんです。
特に、ダンスは、大変だから。でも、お見事でしたよっ♪

2010/6/27(日) 午前 0:05 mami 返信する

顔アイコン

まみさん/なるほどぉ〜、そういう事でしたか。う〜む、ジュリーはプロ意識が強いので年齢の事など考えないでファンを楽しませようとしてくれますね。やはりジュリーは素晴しいです。
しかしファンに要らぬ心配をさせてしまうのもどうかと。やはり年相応のコンサートをするほうが良いのかも。無理して身体を壊せば本も子もないですからねぇ、そうなればファンはもっと心配してしまいますよね。といってもロックですからねぇジュリーは、難しいところですね。

2010/6/27(日) 午前 10:35 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

初めまして・・初コメです。
ある所からたどり着きました。音源聞きたいがために、お気に入り入りました。これからも宜しくお願いします。
貴重な音源ありがとうです。

2010/6/27(日) 午後 2:31 [ - ] 返信する

顔アイコン

gyaraさん/はじめまして。ご訪問及びコメント有難う御座います。
色々と思うところもあり、限定記事などで投稿しております。
お手数をお掛けしますが今後とも宜しくお願い致します。

2010/6/27(日) 午後 9:52 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

7月に初めてコンサ-トへ行ってきました。生で聴くのもいいですね・・・ただ腰痛で座ってましたが・・・

2010/8/6(金) 午後 4:35 [ 徳川ひろみつ ] 返信する

顔アイコン

ひろみつさん/先月に行かれましたかぁ、それはいいですね。コンサート良かったですか。
ジュリーのコンサートは、ここ最近ご無沙汰なので羨ましいです。

2010/8/7(土) 午後 8:21 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

これもどこに書こうか迷いましたが、今冒頭で流れる「あなたへの愛」。当時から好きな歌だったんですが、今中年になってみると「危険なふたり」よりこちらの方を好きな私がいます。裕子夫人とのデュエットもYoutubeで見ましたがよかったですね。この73年ジュリーは「胸いっぱいの悲しみ」も含めて完璧だったと思います。

2011/1/23(日) 午後 11:22 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/「あなたへの愛」は当時から好きだったのですか、それは凄いですね(笑)。トップ・ページで流した音源は、ジュリーのアコギ演奏で二人がデュエットするYou Tube映像のものです。これは結婚前でしたが、見ている者を照れ臭くする映像でした(苦笑)。

2011/1/24(月) 午前 11:02 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

好きと言っても同時期の麻丘めぐみの「女の子なんだもん」を好きという感覚とは違いますね(笑)。なんとなくいいなぁという感じでしょうか。タイガース・PYGをリアルで記憶してない私は「許されない愛」からジュリーを覚えてますけど、その翌年のこの「あなたへの愛」はコドモ心にも響くほどの名曲だと思います。でも詞は当時よくチェックしてなかったですね。安井女史のレベルの高さがここでも窺えますね。
この映像、ジュリーが惚れこんで照れてるのがありありとわかるから視聴者側までも照れ臭くさせるのでしょう(笑)。妙に謙虚ですものね。

2011/1/24(月) 午後 1:21 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/73年当時では、確か樹愛さんは8歳前後ですからねぇ(笑)。
二人の映像では「君をのせて」が恥ずかしいです。ジュリーの目付きが違いますからね(笑)。こちらはお気に入り動画として記事に残したい映像です(苦笑)。

2011/1/24(月) 午後 1:55 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ご名答です(笑)。小2の3学期でしたが「あなたへの愛」をTVで歌っているのは記憶にないですね。ラジオからは流れていましたが。
それにしてもジュリーは一体何曲デュエットすれば気が済むんですか(唖然)?それこそ「ラブ・ラブ・ラブ」ですね(笑)。「君をのせて」も名曲なのにベスト20にも入ってないんですね。したがってこの歌は流石に覚えていないんです。

2011/1/24(月) 午後 8:43 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/えっ?記憶にないのに当時から好きだったのですか。それまた凄い話ですね(笑)。
ところでジュリーは、何曲もデュエットしているのですか?それは知りませんでした。しかし仲が良いのはいい事ですよね。

2011/1/25(火) 午後 2:48 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

違うんです、TVの歌番組で見た記憶がないまでで、「全国歌謡ベストテン」等ラジオのチャート番組では耳にしていましたので。で何曲デュエットしたかなんてワタシがアナログさんにお尋ねしたいぐらいです(笑)。ワタシがYoutubeで見たのは「あなたへの愛」だけですから。しかし今、毎朝必ず1回はかけています。(勿論当時のレコード音源です)癒しのメロディーですね。

2011/1/25(火) 午後 11:05 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/えぇ〜、僅か8歳の身空でラジオのチャート番組をチェックしていたのですか。番組名まで把握して聴いていたとは、それこそ凄い話ですよ(笑)。
ワタクシもYou Tubeで見たデュエットは「あなたへの愛」だけです。「君をのせて」はデュオという意味ではなく、彼女に向けて歌っていました(苦笑)。これがまた照れ臭い映像でした。

2011/1/26(水) 午後 6:03 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

やっぱり異常ですよね(笑)。歌番組とかラジオのチャート番組は全部母親がハマっていたので、自然と受け継いでいた感じです。(ちなみにこの全国歌謡ベストテンの73年の年間首位が「危険なふたり」でした)この年の終わり頃(「神田川」とか「あなた」が首位の頃)はノートにベスト30を毎週つけるようになりました。友達と遊んでいても、その番組の時間には帰宅してましたし。何にもならないと親に散々説教されましたが(苦笑)。
また「君をのせて」を歌う、それを公開する。流石全裸を披露したジュリー様のことだけはあります(笑)。どこにのせるんでし(以下自粛)・・・

2011/1/26(水) 午後 10:53 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/いえいえ、珍しいだけで異常ではありませんよ(笑)。そのように歌好きの子供はおりますからね。
ジュリーは妻子ある身でしたが、田中裕子に運命を感じたのでしょう。今だ仲睦まじく、相性はいいようですね。

2011/1/27(木) 午前 0:13 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

「君をのせて」Youtubeで拝見しました。これは傑作ですね(笑)。ヘタな歌謡映画より面白かったです。なんといっても裕子嬢が仔犬を抱きながらほとんど聴いてなさそうなのが(笑。それにしても若いですね)。これは昭和の終わり位だったんですかね、まだジュリーはエミさんと離婚する前だったのですね。確か「寅さん」で共演して知り合ったと聞いてますが。最初のお子さんももう30代でしょうね。

2011/1/27(木) 午前 0:18 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/これはいけません、You Tubeを見ていたら午前3時になってしまいました(苦笑)。序でに「君をのせて」の動画をブログに貼り付けておきました。二人とも若い!お気に入りの映像です。

2011/1/27(木) 午前 3:22 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事