☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・2 ◆File-No.98◆
「あなたに負けたの/小山ルミ」(1970)


さて、今回はどの歌手のレコードを聴いてみようか・・・
60年代から買い集めてきた大量のレコードの中から小山ルミを選び久しぶりに聴いてみた。
ハーフ系のイケてる女性が大好きだったワタクシは、もちろん彼女の大ファンでありました。
今日は彼女のシングル・レコードをブログに記録しておこう。

小山ルミは中学生の時に人気GSシャープ・ホークスの追っかけをしていたところ、
GSフォー・ナイン・エースのマネージャーだった上条英男にスカウトされ芸能界入り。
60年代後半に映画、テレビ、グラビアなどで大活躍したキュートな女の子。
そんな彼女が歌手としてもデビューしたのが1968(昭和43)年7月。
ビクターから「はじめてのデート」をリリースしました。
本格的に歌手活動を始めるのはビクターからユニオンに移籍した1970年1月。
通算2枚目のシングルとなる「ひとりぼっちのレモンティー」で再デビューを果たします。

今回は、この次にリリースされたマイナーな1曲を。
1970(昭和45)年5月に発売された通算シングル第3弾「あなたに負けたの」

小山ルミは好きなタイプの女の子だったので、レコードをよく聴いた想い出の歌手でもある。
ワタクシが小山ルミの歌った全作品の中で特にお気に入りだったのが「孤独の街角」(72年7月リリース)と「あなたに負けたの」。この2曲はどちらも全く売れなかったが大好きな作品だった。

「孤独の街角」は洋楽に日本語の歌詞を付けて歌ったカヴァー曲で、
以前に「昭和の名盤」の1枚として採り上げた作品。
今回2枚目の選曲となる「あなたに負けたの」
作詞:なかにし礼/作曲編曲:森岡賢一郎によるオリジナル・ナンバー。
この曲は森岡賢一郎の洋楽テーストなメロディーとアレンジが秀逸。特にアレンジがカッコ良くて好きだった。
唸るベースライン、ピアノ、ギター、どのパートも歌謡曲っぽくなく斬新なサウンド。
そのバック演奏に引けを取らない小山ルミのヴォーカルもソウルフルで素晴らしい出来だった。
40年経った今も色褪せないファンキーなR&B歌謡の傑作。
ヒットこそしなかったが、ワタクシにとっては懐かしい想い出の一曲であります。

しかし小山ルミの作品はとてもいい曲が多かったのに、
代表曲でもある「さすらいのギター」以外は不思議とレコード売れなかったなぁ。
歌手として小山ルミの評価が低かったのは残念なことである。
シングル13枚、アルバム4枚を残し、1974(昭和49)年4月に渡米。
翌年現地で結婚、そのまま芸能界から姿を消していった。
またいつか彼女の曲を「昭和の名盤」として、ブログに記録しておこう・・・

●もっと、懐メロを聴く● ⇒《懐メロ邦楽》 

お気に入り登録者様限定
お気に入り登録者さま限定⇒ 試聴別ロング・バージョンはこちらから





☆☆☆小山ルミ☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、1枚選曲歌手。
「今日の一曲」歌手別リストに登載、2曲収録


http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-bl178.mp3(analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「あなたに負けたの/小山ルミ」(1970)

トップ・ページへ戻る


■60〜80年代の歌謡曲をお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ邦楽」
■60〜80年代のポップスをお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ洋楽」
☆沢田研二☆ ☆昭和30年代☆ ☆昭和40年代☆ ☆昭和50年代☆

http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。

★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。

 
   

https://image.shopping.yahoo.co.jp/i/j/yamano_4107061462

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

こんばんは。
そう云えば、私は小山ルミが好きだったのに「さすらいのギター」くらいしか知りませんでした。

2010/7/11(日) 午前 3:36 tanzawa 返信する

顔アイコン

marimoさん/marimoさんが小学生の頃といえば80年代になりますね。小山ルミ?という名前のDJがおりましたか。う〜む、この小山ルミが一時的に芸能界に復帰したという話は聞いた事がないのですが・・・
小山ルミは74年に引退してからはアメリカ生活ですし、一度も芸能界に復帰はしていないと思います。おそらく、そのDJは同姓同名の人違いではないでしょうか。

2010/7/11(日) 午前 11:37 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

tanzawaさん/こんにちは。小山ルミお好きでしたかぁ、彼女良かったですよね。タレントとしては人気者でしたが、残念なことに歌手として歌は売れませんでしたね。「さすらいのギター」だけはヒットしましたので、この曲イコール小山ルミの印象が強いですね。

2010/7/11(日) 午後 0:00 ★アナログ日記★ 返信する

そうでしたか!胸のつかえが取れました。
名前もルミとカタカナだったのでそうかなぁって。。
アナログさんありがうございます!

2010/7/11(日) 午後 0:16 marimo 返信する

顔アイコン

marimoさん/いや、確実とは言えないので判りませんが、恐らく多分です。
しかし、ルミまでカタカナの同姓同名ですか。もしワタクシがそのラジオを聴いていたら、芸能界に復帰したのかとビックリして淡い期待をしたと思いますね(苦笑)。

2010/7/11(日) 午後 0:31 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

曲もいいけどジャケットがイカしてますね Wジャケで服着てるんだか着てないんだかわかんないいでたちで 中古市場では大変な高値を呼んでますよ

2010/7/11(日) 午後 10:47 [ mi_*o*110 ] 返信する

顔アイコン

mi_ko6110さん/そうなんですよね、見開きのピンナップ・ジャケになっており、色っぽいポーズのルミちゃんです。バックにあるヒットラーのパネルが気になりますが(苦笑)。
ほぉ〜、小山ルミのレコードが高値で売買されているのですかぁ。それは素晴らしい!

2010/7/11(日) 午後 11:17 ★アナログ日記★ 返信する

おはようございます。きのうはコメントどうもありがとうございました。ルミさん、「ザ・タイガース華やかな招待」での自然体の演技が粋でかっこいいです。ロサンゼルスで宝石商の旦那さんと今も幸せでしょうか。ボスこと上條英男さんに「BOSS」のブローチをプレゼントしたルミさんには幸せになってもらいたいです。

2010/7/12(月) 午前 6:51 [ 秀和 ] 返信する

顔アイコン

近年マニア人気が急高騰して中でも「あなたに負けたの」が一番値がつくようです 曲がいい上あのジャケではそれも当然でしょう しかしこの人ももう少し歌手として売れてもよかった逸材ですよね せめて辺見マリくらい売れてもよかったのに ゲバゲバのDVD買ったらこの人出てました それから友紀ちゃんも

2010/7/12(月) 午後 0:09 [ mi_*o*110 ] 返信する

顔アイコン

秀和さん/ご訪問有難うございます。小山ルミちゃん、タイガース主演映画に出ていましたねぇ。仰るとおりで自然体の普段のままのような演技をしておりましたね(笑)。結婚するとばかり思っていた加トちゃんと破局した時は驚いたものです。きっとロスで幸せに暮らしていることでありましょう。

2010/7/12(月) 午後 6:06 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

mi_ko6110さん/最近の中古市場には詳しくありませんので勉強になります。さすがお詳しいですね、有難うございます。小山ルミのレコード、大事にしたいと思います。
「ゲバゲバ90分」懐かしい番組です。小山ルミもそうですが岡崎友紀も同じく、この時期は若いアイドル系のポップスが売れませんでしたね。二人とも同じくらいの時期に、1曲づつヒットを放っただけ。仰るように、もう少し売れても良かったと思える歌手でした。

2010/7/12(月) 午後 6:14 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。私も歌手というよりドラマや司会の印象が。ジャガーズのカルトコメディ、進めジャガーズにも出てたしゲバゲバも見てました上半身ビキニでうつみみどりと踊った映像見た記憶が。朝の情報番組ヤング720で司会をして相手役の天才子役だった小柳徹が事故死して番組で号泣した時写真が以前ネットにありました。そしてなんといっても一番印象に残ってるのは当時恋人の加藤茶の車に同乗していて事故にあったこと。引退もこれが原因、なんて話ありますね。

2010/7/12(月) 午後 7:05 [ ろくりん ] 返信する

顔アイコン

追伸、あっ上にヤング720の写真ありましたね。これこれ、小柳徹と収録終えたあとの夜、横浜で小柳の運転していたスカイラインが横転、次の収録の日、一人で司会をした小山ルミは番組途中でたまらず泣き出したそうです。

2010/7/12(月) 午後 7:12 [ ろくりん ] 返信する

顔アイコン

futacoroさん/お久しぶりです。「さすらいのギター」がヒットするまでの彼女は歌手というよりタレントとしての活躍が目立ちましたね。キャリア前半はキュートでチャーミング、後半は大人の色気が漂いました。いい女でした、彼女。
人気者だった小柳徹が事故死した時は驚きました。各番組でも訃報を流していた事をよく覚えております。番組で彼の大きなパネルを横にして泣いていた女性がいましたが、それがどの番組で誰だったのかは忘れました。二人が司会をしていた「ヤング720」でも司会者が亡くなり悲しみに沈んでいた事を記憶しております。

2010/7/13(火) 午後 1:00 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

よろしく

2010/7/14(水) 午前 10:02 aka12aya70 返信する

顔アイコン

aka12aya70さん/ご訪問有難う御座います。
こちらこそ宜しくお願いいたします。

2010/7/14(水) 午後 2:36 ★アナログ日記★ 返信する

現在とは違いまして、外国人&ハーフ女性などは、まだ珍しい時代でもありましたので、小山ルミ嬢の可愛らしさはひと際目立っておりましたよね。
多くのこれらの外国人がその後はどうなったのかが気になりますがlルミ嬢は幸せでもあるようなので良かったと思います。

2010/7/14(水) 午後 3:11 [ - ] 返信する

顔アイコン

セシモンさん/はぃ〜仰るとおりでありますねぇ。当時のハーフというのは美しくイケてる女性が多かったですねぇ、お洒落だったし大好きでありましたよ(笑)。当時、ワタクシの周りにはアジア系ハーフは多かったのですが、欧米系ハーフ女性は非常に少なく貴重な存在でありましたよ。差別もありましたが兎に角美しかったです、ハイ。みんな狙っておりました(苦笑)。

2010/7/14(水) 午後 6:23 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

昨日、たまたま映画「ケメ子の唄」を観てました。パンチある女性ですよね。レコード色々出してたんですね。全然知りませんでした

2010/7/30(金) 午後 2:46 [ 徳川ひろみつ ] 返信する

顔アイコン

ひろみつさん/ザ・ジャイアンツですね。小山ルミは歌に映画にTVにと大忙しのタレントでありました。大好きでした。

2010/7/30(金) 午後 3:11 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事