☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・2 ◆File-No.100◆
LP「5−1=0/ザ・テンプターズの世界」


1967(昭和42)年10月、フィリップス・レコードから「忘れ得ぬ君」でデビューした人気GSザ・テンプターズ
リード・ヴォーカルを担当したショーケンこと萩原健一が大人気のアイドルだったGSである。
彼らが1969(昭和44)年3月に発表したセカンド・アルバム「5−1=0/ザ・テンプターズの世界」

LP発売当時にヒット中だった最新曲「純愛」を含むシングル3枚AB面6曲の他、オリジナル作品7曲が収録されている。収録された10曲をメンバーの松崎由治の作品で占め、外国曲のカヴァーは収めない意欲的なアルバムだった。

内容的にはシングル・ヒット68年6月リリースのオリコン1位を獲得した彼らの代表曲「エメラルドの伝説」
続く10月リリースの4位B−「おかあさん」と12月リリース8位のA−「純愛」
その各B面曲だったB−ァ■繊櫚ぁ■臓櫚Δ離轡鵐哀襭橋福
アルバム用オリジナル新曲は、デビュー時から演奏レパートリー曲だった英語詞のA−「テル・ミー・モア」
第6弾シングル新曲として別テイクでリリースされたBー「雨よふらないで」
そして各メンバーのソロ曲が聴きどころ、
A−はサイド・ギターの田中俊夫とベースの高久昇が二人で歌うポップ・ナンバー「ベビー・チュチュ」
ドラムスの大口広司はファンタスティックなフォーク調のA−「夢の人々」
リード・ギター松崎由治のソロ大作A−「宮殿に通ずる長い橋」と、GSナンバーのB−「きどったあの娘」
リード・ヴォーカル萩原健一が歌うGSロック・ナンバーB−「この胸にだきしめて」がカッコいい。
見開きジャケの中は、各メンバーの美しい写真が綴じられており充実している。
テンプターズの魅力が凝縮された全13曲の傑作アルバムである。

このLPリリースと同時期に初主演映画「涙のあとに微笑みを」が公開され、
まだ人気も絶好調だったテンプターズ
前作ファースト・アルバムに続き、大ヒット曲が収録されたセカンド・アルバムもよく売れていた。

しかし、アルバムにシングル3枚分の曲すべてが収録されているというのは少々辛いところがあった。
シングルを先行買いしていたファンにとっては高くついたLP盤でもある。
      
SIDE:A                          SIDE:B
―祕Α            ´,かあさん
▲謄襦Ε漾次Ε皀◆      ´雨よふらないで
ベビー・チュチュ       きどったあの娘
と詭の合言葉         い海龍擦砲世しめて
ヌ瓦凌諭后          ´ニ佑燭舛療兄
Φ榲造膨未困訥垢ざ供     ´ξ泙里△箸鉾笑みを
                Д┘瓮薀襯匹療狙癲      
                             全13曲収録 1969年発表。 
  1969(昭和44)年3月発売。オリコンLPチャート存在せず、売上げ実売数不明。

■もっと、懐メロを聴く■ ⇒《懐メロ邦楽》 
■もっと、GSを聴く■ ⇒《グループサウンズ》 
    
お気に入り登録者さま限定⇒ 試聴別ロング・バージョンはこちらから

この胸にだきしめて〜ベビー・チュチュ〜夢の人々〜きどったあの娘〜涙のあとに微笑みをの5曲をダイジェスト・メドレーにした、ロング・バージョンをどうぞ。






☆☆☆ザ・テンプターズ☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、2枚選曲歌手。
「今日の一曲」歌手別リストに登載、6曲収録


http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-lp17.mp3 (analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「エメラルドの伝説/ザ・テンプターズ」(1968)



■60〜80年代の歌謡曲をお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ邦楽」
■60〜80年代のポップスをお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ洋楽」
☆沢田研二☆ ☆昭和30年代☆ ☆昭和40年代☆ ☆昭和50年代☆

http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「歌謡曲」「ポップス」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。

★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。


https://image.shopping.yahoo.co.jp/i/i/hmv_2598135      

この記事に

閉じる コメント(73)

顔アイコン

樹愛さん/一般的に知られているのは彼らの最大のヒット曲でもある「エメラルドの伝説」でしょうね。懐メロ番組などでもテンプの曲で流されるのはこの曲くらいですからね。

2010/9/6(月) 午前 9:40 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

「純愛」と言えば私の場合片平なぎさを連想しますしね。大体ワイルド・ワンズなら「想い出の渚」、カーナビーツなら「好きさ好きさ好きさ」だけとか(笑)。懐メロ番組の影響大ですね。ただし「今日を生きよう」は後年CMで流されたこともあり、ある程度は知ってました。

2010/9/6(月) 午後 7:52 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/世代的にもそういう連想になるでしょうね(笑)。それは仕方のない事であります。
テンプが歌った「今日を生きよう」は洋楽のカヴァーでした。しかしテンプが昔カヴァーして歌っていた事を、よくご存知でありましたね。おそらくCMで流されたのはオリジナルの方だったと思います。

2010/9/7(火) 午前 10:12 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ええ、「神様お願い」は黒木真由美とか(笑)。「今日を生きよう」は仰るようにオリジナルの♪シャーラーララララが流れてました(ちなみにフォーリーブス「踊り子」ここをパクってるような気がしてなりません)が、その頃になるといろいろ調べる段階に突入しておりまして(笑)テンプターズのナンバーということはわかってました。A面?「忘れ得ぬ君」と共にいいタイトルだと思います。

2010/9/7(火) 午後 10:29 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/「踊り子」はもろパクリでしたね。全く同じメロディーでしたので、リリースされた時は呆れてしまいました(笑)。

2010/9/8(水) 午後 5:50 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

私は昨日口ずさんでみて初めて気がついたんですよ(苦笑)。そこのメロは全く同じでも、全然違うムードの歌になっているのが不思議です。

2010/9/8(水) 午後 11:09 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

アナログ様「涙の後に微笑みを」における前田氏、起用の件ですが単にレコーディングに大口氏が「間に合わなかった」(笑)のが理由のようであります!
「涙の後に微笑みを」はライブアルバムに唯一、オリジナル曲で収録されていますが、まさに「GSテイスト」あふれる名曲ですよね!
さて「今日を生きよう」といえば、ブルコメの「北国の2人」のB面の「銀色の波」のイントロにも引用されていますよね
削除

2010/9/9(木) 午前 5:24 [ GSに一生を捧げる男 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/そうなんですか。しかし、あれほど露骨に同じメロディーを使った歌もそうは見当たりませんね。

2010/9/9(木) 午後 0:46 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

GSに一生を捧げる男さん/なんだ、単なる遅刻でありましたか(笑)。しかし、その場に前田氏がいて良かったですね。
ブルコメの「銀色の波」のイントロですかぁ。う〜む、確かにそう言われてみれば似ている部分がありますね(笑)。さすが鋭い!

2010/9/9(木) 午後 1:22 ★アナログ日記★ 返信する

おはようございます!前田富雄さんの「涙のあとに微笑みを」のレコーディング参加の件、私もあるサイトで読みました。おそらくGSに一生を捧げる男さんと同じものだと思われます。そのインタビュー前田さんが「だから、よく聴くとドラムの叩き方が他の曲とは違うでしょう?」のコメントが印象に残ってますね。それを聴き分けられるセンスが自分は欲しいですね〜(笑)。ドラムス体験おありのアナログ様はその違い、どうお感じでしょうかね?

2010/9/10(金) 午前 9:53 [ 秀和 ] 返信する

追伸です〜。CDの『ザ・テンプターズ・コンプリート・シングルズ』で皆さん話題の「おかあさん」から聴いてみました。「涙のあとに微笑みを」ですが…ふ〜む、なるほど〜!なにか、「違う人が叩いてるな」という感覚はありますね〜音に関してはシロウトではありますが…。それにしても、「おかあさん」はキャッチーですよ。「オーママ、ママー」はGS否定派(スパイダース・ワイルドワンズ以外)?だった子供の頃の私も覚えていましたから!(笑)。ラスト・シングルの「若者よ愛を忘れるな」は私よく口ずさみますよ〜!

2010/9/10(金) 午後 4:51 [ 秀和 ] 返信する

顔アイコン

アナログ様、秀和さんが「GS否定派」なら当時の私は「GS無関心派」といえるでしょうね!
今でまったく興味はがなかったものにはまる例として「ゴルフ」が例に挙げられますが(あのタモリさんがそうですね)GSもゴルフ同様に「中毒性」がありますよね!
さてテンブターズでありますが「出来るかい?出来るかい?」はあの「ヴィーナス」のパクリだと思うのでありますが、アナログ様、いかがでしょうか?
意外にも?指摘する人がいないのですよね(笑)
アナログ様は後期のテンブのシングルレコードをリアルタイムで購入されましたか? 削除

2010/9/10(金) 午後 5:39 [ GSに一生を捧げる男 ] 返信する

顔アイコン

秀和さん/やはり違う人が叩いている感じがしましたかぁ。一度じっくりとテンプターズの楽曲を改めて聴かなくてはなりませんね。プラス、スパイダースの「エレクトリックおばあちゃん」も聴けば判り易くなるかも(笑)。「おかあさん」はGS否定派にはウケたようですが、GS肯定派にはもう一つ人気の無い作品でありました。

2010/9/10(金) 午後 5:52 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

GSに一生を捧げる男さん/GSというのは当時は音楽ジャンルの一つと認められず、一般的には風俗の一種のように受け取られていたところがあります。小学生が夢中になれるような状況や音楽ではありませんでした。小学生ではGS否定派、無関心派が多いのは当然だと思います。範囲の狭い若者たちが中心となって各GS其々に特定のファンが付き、一時期だけ熱狂したのがGSという特殊な音楽だったように思えます。
「出来るかい〜」はイントロでありましょうか?う〜む、あまり気にもしませんでしたけどねぇ。似てるといえば似てるかもしれませんが(苦笑)。
ワタクシ、GSに限らずレコードは殆どがリアルタイムでの購入であります。GSの前期モノは慌てて後買いしたものもありましたが(それでもGS時代にです)、GSの後期レコードは99%リアルだったと思います(笑)。

2010/9/10(金) 午後 6:19 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

今トップで流してらっしゃる「涙のあとに微笑を」、タイトルは存じていましたが初めて聴きました。いい歌ですね〜これはB面にしては勿体無い出来栄えです。いずれにしてもGSで誰かのグルーピー(死語?)になれと言われたら迷わずショーケンを選びます(笑)。可愛すぎる!声援の大きさも尋常ではありませんがよくわかります。しかし一昨年でしたか、私書きまくっていたんですね(苦笑)

2012/11/3(土) 午後 9:49 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/「涙のあとに微笑を」はB面曲でしたがテンプターズの初主演映画の同名タイトル挿入歌でもありました。とてもいい歌だったこともあり、ファンにも人気の高い一曲です。
映画初主演で初めて本格的な演技をみせたアイドル絶頂期のショーケンでした。

2012/11/5(月) 午前 11:56 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

アナログ様、テンプタ―ズのCDーBO召この度
リリースされることになりました。
7枚組ということで未発表ライブ音源が含まれているのでは?期待したのですが、残念ながら含まれてはおらず肩透かし!
迷わず購入は「ケン」することに決めた次第であります!(笑) 削除

2015/7/17(金) 午後 8:27 [ GSに一生を捧げる男 ] 返信する

> GSに一生を捧げる男さん、

ほぉ〜〜、テンプもCDボックス発売ですか。
しかしワタクシもGSさんと同じくケンしときます。
レコードは解散するまで買い続けたテンプですが、後にリリースされたCDもすべて手を出したので、今回のボックスは勿体無いからヤメです(笑)。

2015/7/22(水) 午後 9:06 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

アナログ様、テンプボックスはいかんせんリリースのタイミングが遅すぎますよね!
タイガースの初代ボックスのリリースは90年の12月でしたからねぇ!
アナログ様がおっしゃるように、テンプのレコードは全てCD化されていますすので、わずかなスタジオ録音のレアトラックバージョンだけでは購買意欲
がそそられませんよ(笑) 削除

2015/7/24(金) 午後 0:39 [ GSに一生を捧げる男 ] 返信する

> GSに一生を捧げる男さん、

なるほど確かにリリース時期が遅すぎですね。
数少ないGS音源ですから重複は仕方ないにしろ、
商売とはいえこう何度もされると嫌になってきます。
わずかなレアトラックで喜ぶのはマニアくらいのものでしょうね。
しかしタイガースでも同じ曲ばかり何度買わされたことか(苦笑)。
大好きだったGSですが、仏の顔も三度です(笑)。

2015/7/27(月) 午後 3:13 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事