☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・3 ◆File-No.9◆
「哀愁トゥナイト/桑名正博」(1977)


70年代の初め頃、ファニー・カンパニーというバンドが好きでレコードをよく聴いていた。
このバンドの音や方向性よりも、ヴォーカルの声質とフィーリングが大好きだった。
バンド解散後、ロック・ヴォーカリストとして活躍したのが桑名正博である。

そんな彼のソロ第2弾シングル「哀愁トゥナイト」は1977(昭和52)年7月にリリースされた。
桑名正博の個性を十二分に活かしたドライヴ感溢れる傑作ナンバーである。

ファニカン時代から感じさせた色気のあるヴォーカル。
フレーズの合間合間に発するかけ声や絶叫が非常に上手い。
その日本人離れした感覚は最高にカッコ良かった。

因みに声質の好みだけでいえば、
ワタクシのお気に入り男性三大ヴォーカリストは沢田研二、あおい輝彦、そして桑名正博である。

このような素晴しいヴォーカリストが世に出てこないのは非常に残念に思ったものです。
しかしロック歌謡の傑作「哀愁トゥナイト」の発表で、桑名正博の名前は徐々にメジャー化していきました。
ニューミュージックのブームに乗るかのように歌番組などにも出演。その姿には嬉しく思ったものです。

「哀愁トゥナイト」の作詞は松本隆、作曲は筒美京平が担当、荻田光雄がアレンジしました。
しかしオリコンには一週だけランクインの99位、たった0.2万枚しか売れない。
こんな名曲がナゼ売れないのか?あの頃は本当に不思議に思いました。

また「哀愁トゥナイト」を収録したアルバムが素晴しく、ミュージシャンも豪華そのもの。(LPは0.5万枚)
高橋ユキヒロ、高中正義、後藤次利、斉藤ノブ、羽田健太郎、桑名晴子、水谷公生、鈴木茂・・・
本来ならこの曲をフューチャーしたアルバム「マサヒロ・供を「昭和の名盤」として採り上げたいところ。
しかし時間など色々な都合もあり、シングル盤に致しました。

とにかく上手い!センスは抜群!大好きな歌手!
桑名正博は70年代を代表する最高のロック・ヴォーカリストの一人であろう。

■もっと、懐メロを聴く■ ⇒《懐メロ邦楽》 
■もっと、GSを聴く■ ⇒《グループサウンズ》 

お気に入り登録者様限定
お気に入り登録者さま限定⇒ 試聴別ロング・バージョンはこちらから







☆☆☆桑名正博☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、1枚選曲歌手。


http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-bl186.mp3(analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「哀愁トゥナイト/桑名正博」(1977)

トップ・ページへ戻る


■60〜80年代の歌謡曲をお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ邦楽」
■60〜80年代のポップスをお探しの方はこちらをどうぞ⇒「懐メロ洋楽」
☆沢田研二☆ ☆昭和30年代☆ ☆昭和40年代☆ ☆昭和50年代☆

http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。

★ブログ人気ランキング
↑↑ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。

 
   

https://image.shopping.yahoo.co.jp/i/i/asahi-record_00000739641

この記事に

閉じる コメント(36)

顔アイコン

ええ、年齢的には一応「青春ド真中」でしたがそんなに青春してなかったかも(苦笑)。15歳と2?歳では世の中を見る感性は全然違いますよね。私も買いたいレコードは当時かなりありましたが、新御三家については全く意見が一致です(笑)。80年代に入って突如歌がつまらなくなりましたね。特に五郎さんの失速を感じました。
桑名さんは私の中では「ロンリネス」がラストでした。この後急にTVで見ることがなくなって、(勿論音楽活動はしていたんでしょうが)派手な活動を続けるアンがDJ等で「正博さんが・・・」とかノロけてるとどうしても「アンの旦那」というイメージが強くなってしまいまして(笑)。「ペガサスの朝」は明治チョコCMタイアップでしたが、最初聴いた時にヒットを予感しました。

2010/11/21(日) 午前 7:33 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/80年といえば既に子供2人がいてバツ1になっておりましたよ(笑)。
桑名正博といえば「ロンリネス」の次に歌ったCMソング「追跡ハートエイク」という彼自身による曲がポップで好きでした。しかし、やはり初期の桑名正博が一番です。「セクシャル〜」はNo,1ヒットでしたが、あまり好きにはなれませんでした(苦笑)。

2010/11/21(日) 午前 9:35 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

なるほど・・・アナログさんと同い年の友和氏が結婚、J.レノンの暗殺といろいろニュースに事欠かない80年でした。私も桑名氏の新曲で最後に聴いたのは、正確には「追跡ハートエイク」でした。糸井重里氏の作詞でご本人の作曲のこの歌が最後のチャートイン曲(83位)でしたが、ずいぶん路線が変わったなぁという印象でした。私は「セクシャル」はそれなりに好きでしたが、次の「THE SUPER STAR」が(「時の過ぎゆくままに」の次の「立ち止まるな振り向くな」の如く(笑))いかにも2番煎じという感じでダメでしたね。現に36位と、結局一発屋で終わったような印象もあります。

2010/11/21(日) 午後 11:15 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/そうです、よくご存知で(笑)。三浦友和とは同年代で生まれも数日違うだけです。
ファニカン時代から聴いてきた桑名正博でしたので「セクシャル〜」だけが何故あれほど売れたのかが不思議でした。CMタイアップとはいえ他の曲も遜色ない、否それ以上の出来の作品揃いだと思っていましたので。
勿論「セクシャル〜」も嫌いではないですが、ワタクシは「THE SUPER STAR」のほうが好きかな(笑)。大ヒットは嬉しいのですが、桑名正博のロックに大ヒットは必要ないと思ってたので一発屋のイメージがなかったです。大ヒットは余禄みたいな感じかな。彼は流行歌手とは別物と思ってましたから(笑)。

2010/11/22(月) 午後 0:27 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

秀和さんから同じ「水瓶座」でいらっしゃると伺いまして(笑)。23歳の時に小5の少年から憧れられたらいかがですか、キモイでしょ(苦笑)?私はアナログさんの世代とコドモの頃からとても合うんですよ。同年代の従兄がいるせいもあるんですが、同い年のヒトに熱烈に片想いしていた時期もありました。
さて「セクシャル」の頃は化粧品タイアップもピークの頃でしたからね。これは前年78夏のカネボウ「Mr.サマータイム」資生堂「時間よ止まれ」の両方がオリコン首位を獲得したことに始まり、80年夏のカネボウ「ビューティフルエネルギー」(甲斐バンド)資生堂「蜃気楼」(クリキン)あたりまで続いた現象かと思われます。楽曲やCMのクオリティーもこの頃は高かったですし、「セクシャル」はやはりサビメロのインパクトが抜群で、それが2回繰り返される点に京平氏の技を感じたものです。イントロもよかったし。でもライバルの資生堂・柳ジョージとレイニーウッド「微笑の法則」の方がどちらかというと好きでした。とにかくこの79年がいい歌が一番多かったと、個人的には思ってるんですよ。

2010/11/22(月) 午後 10:55 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/そうでしたか(笑)。ワタクシが23歳といえばS50年頃になりますが樹愛さんは10歳ですね。片想い?憧れた時期があったのですね(笑)。子供は好きでしたのでキモイとは思いませんが、それがもし恋愛感情だったら少し引くかも(笑)。
化粧品CMタイアップ曲で大ヒットの流行は78年の夏から80年夏までの2年間だったのですか。思うほど長くはなかったのですね。確かにこの時期はTVからヒット性の高い良い曲がいつも流れておりましたね。CMとはいえ、目と耳を楽しませてくれたものです。
いい歌が一番多かったと仰る1979年といえば樹愛さんは14歳ですね。感受性の強い年頃でもありますね。

2010/11/23(火) 午前 10:55 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

友和のことですよ(笑)。当然恋愛感情とはちょっと違ってましたけど、こんなアニキいたらいいかなって憧れぐらいでしょうか(笑)。
化粧品タイアップのヒット曲はその後も数年続きましたが、「色つきの女でいてくれよ」「め組のひと」等の大ヒットが出た以外はセールス的には規模が小さくなっていったように感じます。一番盛り上がったのは80春の資生堂(竹内まりや「ふしぎなピーチパイ」)・カネボウ(渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」)・ポーラ(庄野真代「Hey!lady優しくなれるかい」)の三つ巴だったでしょう。全てベスト10に入りましたから。
79年はご名答、中3でした。まさにオトコのカラダになった頃です(恥)

2010/11/23(火) 午後 11:57 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/そりゃ当然友和の事でしょ、樹愛さんとは会った事もないのですから(笑)。23歳の時に少5の少年から憧れられたらいかがですか、キモイでしょ?と尋ねられたのでワタクシならばと答えたまでですよ。しかし健全な男同士なら憧れが当然であり、恋愛感情云々を発想する時点でアウトでしょ(苦笑)。
ところで化粧品タイアップのヒット曲を正確によく覚えておられますね、感心致します(笑)。そのあたりのレコードも全部買いましたが、マリアンがモデルをしてたCMで吉田拓郎の「サマーピープル」も化粧品CMではなかったかな。あの曲も好きでした。兎に角、化粧品CM曲はよく売れましたね。「セクシャル〜」もCMタイアップでなければ、あそこまで売れていなかったでしょうね(笑)。

2010/11/24(水) 午前 0:51 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

それがどうも、この時点で健全じゃなかったんです(苦笑)。そもそも友和ファンになったきっかけは「赤い疑惑」「ひまわりの詩」(同時に放送されてました)の頃だったんですが、その後レコード屋の「潮騒」のサントラで例の白褌を見て加速してしまい・・・目覚めてしまい今に至るというわけです。ジュリー同様仮面の告白します(笑)。

化粧品タイアップは、cherrycreekさんのブログに記事がありますので是非ご参照を。彼は私より詳しいですから。私は81夏資生堂「サマーピープル」はイマイチでしたね。あそこには大滝詠一「君は天然色」を持ってきてほしかったです(笑)。この81年からセールスに下降が見られ、矢野顕子「春咲小紅」とヴィーナス「キッスは目にして!」だけがベスト10入り、カネボウの圧勝でした。ちなみにマリアンがモデルをしていたのは80春「不思議なピーチパイ」もです。あの出来栄えは完璧でしたね。「セクシャル〜」タイアップでなければ1位はムリにしてもベスト20は確実だったと思っております。

2010/11/24(水) 午前 11:01 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/えっ!憧れではなく白褌を見て加速?目覚めて今に至る??(笑)。その道のホンマモンの話なら理解もできますが、ノーマルでそのような話題はチョット・・意味が判らないので・・(苦笑)。
「セクシャル〜」から飛躍され幅広くCM曲を羅列されておりますが、化粧品タイアップ曲は勿論当時から知ってる歌ばかりです。あの当時にレコードもほぼそれら全部といっていいほど買ったくらいですので大丈夫、判りますよ(笑)。ご教示有難う御座います。仰るように「セクシャル〜」はCMが無ければ20位あたりが妥当な線でしょうね。

2010/11/24(水) 午後 2:09 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

今更そう驚かれても・・・私全くの空想であんな小説を書いているわけじゃないんですよ、ハイ(笑)。でも「その道」に本格的に入ったわけでもないんです。桑名さんはタイプじゃなかったですね(笑)。遊び人風♂は昔から苦手でして。

2010/11/24(水) 午後 10:56 [ 樹愛 ] 返信する

顔アイコン

「いいとも」などフジテレビのお昼前後を録画して、自分の好きな人が予告無く出演してるのを見逃さないようにチェックしてるのですが、小堺さんのトーク番組に桑名さんが出ておられました。アナログ様がちょうど記事にされたのにあわせてなんともタイムリーでした。3日分の御出演は終わりましたが、酔ってる自分のビデオを観て酒癖が悪いのを自覚した、海よりも山派になってきた、通販でよく買い物をする等の話をされてました。

2010/11/25(木) 午前 6:30 [ ヒロ ] 返信する

顔アイコン

樹愛さん/別に驚いてる訳でもなく、そんなことは嗜好の問題ですのでどうでもいいです。まぁ、それはそれでいいんじゃないですか(笑)。その方面はワタクシ興味の対象外ですのでよく判りませんけど(苦笑)。

2010/11/25(木) 午後 0:12 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ヒロさん/ほぅ〜ヒロさんはマメですねぇ(笑)。
桑名正博のトーク、面白そうですね。酒癖が悪いと言ってましたか(笑)。
数年前に正月明けの十日戎で酔っ払っている彼を見かけましたが、目が据わってヘベレケでした(笑)。広めの屋台で夜中に呑んでいたのですが、一般の参拝者たちも彼を囲んで一緒に楽しく呑んでおりました。ワタクシも輪に混じって一緒に呑ませて頂きましたが、彼は気さくな酔っ払いでしたね。序にサインもして頂きました(笑)。

2010/11/25(木) 午後 0:31 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

トーク番組や雑誌なんかだと対談が好きで、気になる人が出演されてたと後で知ると気になって仕方がないんです(汗)。

うらやましいような桑名さんとの邂逅ですね〜。意外にも桑名さんはそういう場でしかお酒を飲まれないそうです。人が集まる時の潤滑油であって、家では飲まれないそうです。
12月のライブでは、若い頃毛嫌いしていた曲や、こんな曲あったっけ?忘れてた・・といった昔の曲もやるよと仰ってました。若い頃は反体制がロックの代名詞のようですが、年を重ね、来た道をもう一度辿ることもロックに感じますがいかがなもででしょうか・・?ピンクレディーしかり、いちいち揶揄されますが、私には素敵なことと写っています。

2010/11/26(金) 午後 7:47 [ ヒロ ] 返信する

顔アイコン

ヒロさん/ヤンチャしていた若い頃の価値観や嗜好など年齢と経験を重ねるとともに変わったりしますよね。原点に戻り自分自身を見つめ直す事は其々に意味のあることなのでしょうね。ロックというものを定義付けすればするほど不確定要素の強いものはないだろうし、単なるジャンルを指す意味と捉えるのも然りですので難しいですが、仰るように来た道を辿ることもロックという言葉が似合うように感じます。ある年齢に達し、来た道を戻るという行為は謙虚で勇気のいる行動だと思っています。

2010/11/27(土) 午後 2:13 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

本日7/15早朝に自宅で桑名氏が倒れたそうです。
すぐに病院に搬送されたらしいですが、脳幹出血の疑いで
呼びかけには反応するらしいですが、意識不明の重体だそうです
早く意識が戻り、元気に回復してくれるといいですね
まだまだ若いのですし最近、倒れる方が多いので心配です(^^♪ 削除

2012/7/15(日) 午後 10:20 [ hiko ] 返信する

顔アイコン

hikoさん/そうらしいですね、驚きました。
先ほどYahooトップページのニュース・トピックスで知りました。
手術が不能らしく、意識不明のかなり重体らしいですね。心配です。
桑名正博は大好きなヴォーカリスト。まだ若いのだから、絶対に回復してもらいたいです。

2012/7/16(月) 午前 10:17 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

倒れてから3カ月と10日、頑張って来ましたが力尽きてしまったんですね。
また日本の貴重なロック魂がひとつ消えてしまいました。とても残念です

仮通夜はもう既に済んでるようですが今日が本通夜で葬儀&告別式は明日だそうです
謹んでご冥福をお祈りいたします。 合掌 m(__)m 削除

2012/10/29(月) 午前 9:14 [ hiko ] 返信する

顔アイコン

hikoさん/>また日本の貴重なロック魂がひとつ消えて…
本当に仰るとおりですね、若くして残念です。
数年前に屋台で同席させてもらいましたが、彼の飲みっぷりがハンパでなく驚いたことを思い出します。男性歌手では特にお気に入りのボーカリストでした。
所有する彼のレコードを全て聴き直して偲びたいと思っています。

2012/10/29(月) 午後 2:26 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事