☆昭和の名盤!アナログ日記☆

昭和の時代!ゲストブック☆沢田研二の世界♪「すべてはこの夜に」(1984.6)〜詞:曲/佐野元春/編:井上鑑。

全体表示

[ リスト ]

☆☆☆黄金の60年代!栄光の70年代!☆☆☆
☆☆☆昭和の名盤!アナログ日記☆☆☆


イメージ 1

Vol・3 ◆File-No.26◆
「廃墟の鳩/ザ・タイガース」(1968)


8月6日。広島に原爆が投下されて66年。
平和に対して敏感にもなるこの時期。
数曲のメロディーが頭の中に流れ、自然と口ずさんでいる。
その中の一曲がザ・タイガース「廃墟の鳩」
1968(昭和43)年の秋に発表された第7弾シングル。
大ヒットした「花の首飾り」に続く、トッポこと加橋かつみのソロをフィーチャーした作品。
作詞:山上路夫、作曲編曲:村井邦彦。30.3万枚を売り上げ、オリコン最高3位を記録した。

当時、泥沼化していたベトナム戦争などの世界情勢や社会背景に対して、
人類の平和を願い求めて歌われたGSメッセージ・ソングとして話題になりました。
原発や震災被害を含め、現在の時代が抱える色々な問題も依然昔と相も変わらず。
皮肉にも未だ色褪せず永遠のメッセージ性を持った作品である。

もともとは「ノアの洪水」というタイトルだった「廃墟の鳩」
美しいメロディーとトッポの高く澄んだボーカルが印象的で大好きだった作品。
GSとしてはやや堅苦しいタイトルでしたが、とてもいい歌でした。
B面のジュリーが歌う「光ある世界」もファンタスティックで壮大な作品。こちらも傑作。
一応は両A面扱いだったシングル。ジュリー・ファンも納得のジャケット裏でした。
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/25/0000551625/52/img504d0a1bzikezj.jpeg

この時のタイガースは新曲「廃墟の鳩」のキャンペーンのため、
10月3日にメンバー其々がばらばらになって全国各地に飛び立ちました。
ピーは福岡、タローは仙台、サリーは大阪、ジュリーは札幌。
そしてトッポは広島に。

《トッポの日記》
9時15分、広島の町に着いた。ボクには戦争の体験はない。
だが「ヒロシマ」という言葉の持つ響きが、ボクにすぐ「原爆」を思いださせる。
ボクは原爆ドーム附近を歩きまわる。静かだ、そしてとてつもなく平和だ。
日本最大の廃虚である原爆ドーム・・・だが、とても明るい、からっとしてる。
戦争を知らないボクたちのファンとも話してみた。
だがみんな戦争に対する意識が強い。
戦争をしてはいけないという意識が、広島を暗くじめじめした廃虚にではなく、
明るい平和な町にしているのだと思う。爽やかな気持ちだった。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/18/68/music1960_70/folder/1816042/img_1816042_37534758_14?1312599727
広島・午前10時/トッポ

「花の首飾り」「シーシーシー」と連続首位を獲得してきたタイガース
この「廃墟の鳩」では前2作に比べ、レコード売上げが半数近くに急落。
GSブームも、そろそろ翳りが見え始めた昭和43年の秋でした・・・・


★WMPが表示されず音源が聴けない場合があります。
試しにバーの左端横すぐ近くの何もない空白部分をクリックしてみて下さい。
↓音源が聴ける場合がありますので、一度お試し下さい。
http://groupsound.cocolog-nifty.com/music/00-bl203.mp3(analog record upの為noiseご了承下さい。)
♪「廃墟の鳩/ザ・タイガース」(1968)

■もっと、懐メロを聴く■ ⇒《懐メロ邦楽》
■もっと、GSを聴く■ ⇒《グループサウンズ》 

アナログ・レコード試聴別ロング・バージョン
お気に入り登録者さま限定⇒ ♪廃墟の鳩/ザ・タイガース




☆☆☆ザ・タイガース☆☆☆
「昭和の名盤」ファイル・リスト登載、3枚選曲歌手↓。
「今日の一曲」歌手別リストに登載、10曲収録↓。



http://groupsound.cocolog-nifty.com/jpg/julie24.JPG ☆沢田研二の世界☆ ジュリーのアルバム曲を 不定期更新で流しています宜しかったらどうぞ! 『試聴はこちらから』


☆昭和の名盤!アナログ日記☆では、より多くの方に閲覧して頂けますように、
以下の音楽ブログ内サブカテゴリー「懐メロ邦楽」「思い出の曲」「GS」のランキングに参加しております。
想い出が蘇えった方、懐かしんでいただけた方は↓クリック宜しくお願いいたします。
↓↓ブログ人気ランキング参加中です〜。

★ブログ人気ランキング
↑↓ご訪問の際にポチッと押していただくと嬉しいです〜。
★blogramランキング参加中!(コチラも宜しくお願いします)

この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

12歳の少年が 月100円の小遣いを貯めて
買いましたよ^^; トッポが好きだったのかなぁ(笑)
何故。。。買ったかは記憶に無いが 買って持っていたことは
確かである(笑) メローディーも覚えている♪

2011/8/7(日) 午前 5:48 Bossa Lary 菩娑羅鯉 返信する

顔アイコン

ソルボンヌです。
花の首飾りより廃墟の鳩の方が好きです、この曲の持つメセージが好きでした、しかしこのジャケットバッファロースプリングスフィールドのパクリで^^トッポの所はニールヤングが写ってて、スティーブンスティルスもいたバンドです、光ある世界はサンケイホールでクラッシックと共演して録音されたとありますが、そうするとディープパープルがロイヤルアルバートホールでクラッシックと複合したアルバムよりタイガースの方が先にやっていたことになりますよねぇ〜〜^^

2011/8/7(日) 午前 10:54 [ sun*et*ld2*23 ] 返信する

顔アイコン

この曲、大好きです

2011/8/7(日) 午前 11:20 [ ひろA ] 返信する

顔アイコン

タイガースのコンサート、楽しみですね。
ジュリー、来年はどんな仕事を予定するのかな?タイガースは
今年コンサートするし…。今後の活躍がとてもたのしみですね。 削除

2011/8/7(日) 午前 11:32 [ hiromi ] 返信する

ある意味、有名なジャケットですね〜
きっと確信犯でしょう〜
それも話題作りのひとつかと。

両ナンバー共に今でも色褪せないメッセージソングだと思います。

2011/8/7(日) 午後 8:41 Lv♪エルヴィ♪ 返信する

顔アイコン

アナログさんこんばんは。
トッポの澄み切った声が空に響き渡るような、素晴らしい曲です。
ヒューマン・ルネッサンスを聴くといろんな思いが交錯して
涙が出てしまいます。

2011/8/7(日) 午後 9:31 sig*n*ru8 返信する

顔アイコン

らりるれろさん/素晴らしいです。
月100円ですと少しずつ貯めて、やっと1枚のシングル盤が買えますね(笑)。
「廃墟の鳩」には、当時12歳だった少年の心を動かす何かがあったのでしょうね。

2011/8/8(月) 午前 11:00 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ソルボンヌさん/「花の首飾り」や「廃墟の鳩」は、トッポの美しい声によく合った作品でしたね。
当時、何かの雑誌でジャケットのパクリ記事が載っていたことを覚えています。
あまりにもソックリだったのでビックリしたものでした。あのタイガースがねぇ・・てね(笑)。
D・パープルは「ロイヤル・フィルハーモニック〜」でしたっけ?あれは確か70年頃でしたね(笑)。

2011/8/8(月) 午前 11:07 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

ひろみつさん/このナンバーお好きですか。
「廃墟の鳩」をはじめ、タイガースの曲は素晴らしい作品が多いですね。

2011/8/8(月) 午前 11:16 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

hiromiさん/もうすぐツアーが始まりますね。楽しみです。
そうですね、来年はメンバー其々どのような活動をするでしょうか。
ジュリーをはじめ、メンバーたちの更なる活躍に期待ですね。

2011/8/8(月) 午前 11:18 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

Lv♪エルヴィ♪さん/仰るとおり確信犯ですね、このジャケットは(笑)。
しかしタイガースの方がジャケ出来は良かったと思います。素材が美しい。
両面とも素晴らしい作品。お得なシングル盤でした。
タイガースのレコードは全般的にB面も良い曲ばかりでしたね。
纏められた「kicks」、傑作ポチ。

2011/8/8(月) 午前 11:23 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

シグナルさん/こんにちは。
そうですね、美しいトッポの歌声とタイガースのコーラス。内容も素晴らしい作品です。
「ヒューマン・ルネッサンス」は傑作アルバムでしたね。
このLPを貸し借りしていたクラスメートも多かったです。

2011/8/8(月) 午前 11:28 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

当時シングルを買いました。確か両A面扱いでしたよね。でも現在はもう あの声は出ないみたいです。それでも唄い続けているのは かつみにとって 花の首飾り と廃墟の鳩は財産と言えますね。TG時代があったから今唄えるんです。 削除

2011/8/8(月) 午前 11:40 [ みこ ] 返信する

顔アイコン

みこさん/シングル買われましたか。いい曲でしたね。
両A面扱いで凝った美しい裏表ジャケでした。
現在のトッポは全盛時の声が出ないそうですね。他の方からも聞きました。
しかし他の歌手同様、年齢的にも仕方がないと思います。
トッポの代表曲ともなるタイガース時代の2曲は、彼にとって一生の財産となっておりますね。

2011/8/8(月) 午後 1:47 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

廃墟の鳩 トッポの声も曲にあって いい歌ですよね。

TGコンサートの日とトッポの同窓会コンサートが
重なっている日がありますが、それぞれの会場で
タイガースの曲を歌っているなんて TVの番組なら
中継で繋ぐこともできるのに・・・
繋ぐことができたら ホントの復活ですね。

2011/8/8(月) 午後 9:43 [ PEEナッツ ] 返信する

顔アイコン

PEEナッツさん/はぃ、タイガースのナンバーは完成度が高い傑作が多いですね。
なるほど同時TV中継なんて発想が面白いですね、さすが。
そうなれば嬉しいですが、生放送に期待ですね(笑)。映像を想像しただけで楽しいです。

2011/8/9(火) 午前 10:47 ★アナログ日記★ 返信する

顔アイコン

大昔明星に、ジュリーのタイガース時代からの全シングルのジャケが掲載され、1枚ずつ彼がコメントを寄せるという企画がありました。そこで初めてタイガースの曲名の大部分を知ったのですが、この「廃墟の鳩」のジャケは凝ってると思ったものです。「シーシーシー」の次の曲なのに路線をガラッと変えたのも冒険だったんでしょうね。それにしても加橋さんも含め、メンバー完全復活でおめでとうございます。思えば「色つきの女でいてくれよ」の発売が82/2/5、31年が経ったのですね。

2013/1/21(月) 午後 9:48 [ 樹愛 ] 返信する

樹愛さん/タイガースのレコードは全般的に当時としては凝ったジャケが多かったです。
この「廃墟の鳩」もアート色の強い一際目立つ美しいジャケは話題になりました。
しかし実際はBスプリングフィールドのレコードからモロパクったジャケだったのですが、当時のタイガースの勢いや人気には如何でもいい話でした。
さて今年は芸能界を引退していたピーと途中脱退したトッポを含めたグループ復活は44年ぶりです。当時から熱く応援していたファンには懐かしく夢のような企画となりました。
できることならシローを含めた6人のステージ。それが本当の意味でのTG完全復活でしょう。
あとはシローの回復を祈るのみです。最初で最後のタイガースのステージに期待しています。

2013/1/21(月) 午後 10:32 ★アナログ日記★ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事