ここから本文です
 戦国時代の雄である、武田信玄の幟でも有名な「風林火山」に、「動かざること、山の如」っという言葉があります。
 今回の沖縄スペシャルイベントで感じたことは、「山は、動かすことが出来る(かもしれない・・・!?)」っと感じたことです。

 下記の会員諸氏のブログにもあるように、「武術としての空手」っと「武術としての空手の形」を知りたい、学びたいという空手修行者の存在は、確実にあるということです。

 なぜか?

 それは、下記の沖縄同好会・代表氏が記した「ドンキホーテにはなりたくないっという、直球一本勝負のようなブログの内容が、すべてを物語っていると思います。

 空手には、それこそ、数えきれないほどの流会派が存在します。
 さらに空手を修行する人々には、それぞれ社会的な立場や地位があります。それに加えて、流会派における、立場もあります。さらに年齢の違い、性別の差、経験の違い、などなど、数え上げたらキリがないほどの違いが存在します。

 でも・・・、ある程度の経験を積んだ空手家には、必ず、自らが学んだ形が・・・、自らが練習している業・技が・・・本当に使えるものであるのか? っという思いが、あります。ブッチャケっていえば、「形って、踊りや体操以外の、意味があるの?」っという疑問です。

 問題は、個々人の立場で、その自分の疑問や思いを無視しなければ、組織の中で遣っていけない! っということの、一言なのでしょう。
 さらに言えば、自分が今までやってきたことを、自らが否定することは辛い! っということでもあるかと思います。

 そのよう時に、上記の違いを一緒くたにして、「に会えば仏を殺し、師に合えば師を殺」・・・、果ては、「己に合えば己を殺す」ことこそが真の修行である! などと謳っても、多くの人はついてこれるはずはありません。

 今回の、縄スペシャルイベントで明確に理解できたのは、大部分の空手家は、自らの修行している空手と、空手の形に大きなr疑問を持っている。っということは確実なことなのだ・・・。っということです。

 では次は、この疑問を持った多くの空手家たちに、いかにして「武術として伝承された縄空手の再興」っを謳う、国際沖縄空手道・無想会の存在を理解してもらい、いかにして彼らが学べるようにするか!? などなど方法論も日米の弟子たちが、国際会議の中で討論してくれたことに、大いなる希望を感じました。山は動く(かもしれない!?)のです。

ドンキホーテにはなりたくない
無想会 沖縄同好会

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事