ここから本文です
 エーッと、いま書かなければならないこと。やらなければならない事が目白押しで、大変です。

 まずは国際沖縄空手道・無想会の日本セミナーの「早期割引」は、この9月27日までです。

 さらに9月27日までにお申し込み頂ければ各会場の土曜日の午前の部の「初回限定セミナー」が「無料」っとなります。詳しくは下記のセミナーHPをご覧ください。

 次は技術面に関しては、「足を動かすな!」っということは、ナイファンチを例にとった場合に、移動する時だけでは無く、足を上げる、すなわち一般で言う「波返し」の際でも同様です。この部分を蔑ろにしてしまうと、ナイファンチの修行の意味がありませんので・・・、気を付けてください。

 祖堅方範師の「パッサイ(八十一戦)・小」の形の、完全解明を達成しました。
 松村宗昆直系の形であり、松村の形の三つの特徴が著名に表れている形であり、誠に見事です。
 ナイファンチ(内帆船・南方拳)、クーシャンクー(公総監)、そしてこのパッサイ(八十一戦)・小、加えるにチャンナン(江南?)の形は、すべて初動が同じです。松村の武士気質が如実に出ています。これについてはセミナーで解説します。そしてパッサイ(八十一戦)・大との関りも・・・。
 さらにこのパッサイ(八十一戦)・小の存在で、武術として伝承された沖縄空手の形には「コンテキスト」が明確に存在し、松村宗昆の時代の武士たちは、その存在を認識した上で、空手を修行していたのだ! っということが明確になります。

 いま棒の技術のために、日本剣術の剣の操作を研究していますが・・・。あまり、芳しくありません。空手の技術・形と同じく大部分が形骸化してしまっているのが分かりますが・・・。あろうことか、剣の振りに関して、問題である! っというのが大問題だと思っています。

「無料ご参加」お申込み、一週間を切りました!

 国際沖縄空手道・無想会の主催する「日本縦断セミナー’18、秋・初冬期」の阪・東京・沖縄の三か所で、二日間に渡って開催されるセミナーの初日午前の部が初回者に限り、9月27日までにお申し込みになれば、「無料」になります。 
 詳細・お申込みは、下記のセミナーHPをご覧ください。
 https://muso-kai.jimdo.com/
 
 下記の三会場の土曜日・午前の部が初回者に限り「無料」となります(定員に成り次第、締め切りますので、ご了承のほどをお願いします)。
 大阪セミナー会場:10月27日(土)の9時〜11時。大阪市北区天満2-2-17 中野ビル1F(注・遠方からの参加者の可能性が出てきましたので、開始時間を午前9時へ変更しました。悪しからず、ご了承ください)
 東京セミナー会場:11月3日(土)9時〜11時。BumB東京スポーツ文化館 マルチスタジオA
 沖縄セミナー会場:11月10日(土)9時〜11時。那覇市安里1-8-18 安里道場・ASATO DOJO

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事